伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

絶対君主!小夜様! 感想

Mの時間の「絶対君主!小夜様!」の感想です

【概要】
主人公「崎河雅人」は誠実で真面目な性格ながら、失敗が多く仕事が長続きしないでいた
職を探していると、「ご主人様にお仕えしていただくお仕事です」という求人情報が目に入る
「ご主人様」や「お仕え」という言葉に惹かれた雅人は、その仕事の面接に向かうことにする

しかし、「お仕え」とは小夜の遊び相手、もっと端的に言えば下僕となることであった
下僕の素質を見出された雅人は、屋敷に住みながら小夜の遊び相手となる日々を過ごしていく
下僕としてからかわれたり、仕事で失敗をして怒りを買ってきついお仕置きされたり
と、過ごす内にロリコンとMの才能を開花させ小夜に仕える喜びを覚えていくことになる
そんな、少し歪んだ主従関係の先に待っているものとは?

【システム】
・画面は16:9
・音声設定は単体のボリュームのみ

音声はそもそも小夜以外ないのでボリューム1つで全く問題がありません
選択肢も3択が2回なのでそこまで、スキップ機能が充実していなくても困らないでしょう
バックログはホイールのみでは起動せず一度、右クリックでモードを切り替える必要あり
昔あった仕様ですが、最近見ないですし、一手間かかるので多少面倒な気がしますね


【仕様とか】
選択肢は3択が2回あるのみ、選択により終盤も終盤で分岐して4つの結末を迎えます
ほぼ結末が変わる程度ですので、シナリオが分岐するというほどでも無い気がします


【シナリオ?】
基本的にノリはコメディです、小夜の無茶な思いつきも、秘められたMの才能で乗り越え
仕事で失敗して、虐められたりしながらも、逆に楽しんだりと絆を深めていきます
そして、最後に急展開で小夜の危機に雅人……と、雅人と小夜との絆で乗り越えていく
遊び相手のつもりが、下僕のつもりがかけがえのない関係に……と書くと王道な気もします

ただ、終盤の展開は、二人の絆に終始しており、M向け作品としては大人しめになります
こういう女王様的なヒロインの女の子としての弱さを見させる展開というものについては
普通の恋愛ものとしてならともかくM向けの作品としてはどうなんでしょうと思ったり
絶対君主ということで、仕えるべき相手として、尽くす姿をよしとした作品なのでしょう


以下、少し長くなったので隠します




【Hシーン】
回想に登録されるのは14シーン
金的、玉責め、スパンキング、オナホール、顔面騎乗、おしっこ、紅茶にミルク
とマニアックなプレイが多い中で、足、手、口、本番、お尻と比較的ノーマルなのもあります
玉責めとおしっこプレイは複数回あり、、快楽よりもSM的なプレイが多くなっています

基本的にやりすぎないのですが、玉責めの最終段階だけはかなり痛そうなプレイです
他は、尺もあまり長いものはなく、あっさり終わるので、全体的に物足りない印象です
キツければいいとは言わないのですが、もう少しねちっこく描いて欲しい部分がちらほらと

アナルについては扱いがかなり特殊で、主人公が小夜を責める形になります
逆に主人公が掘られるシーンも有りますがこれは男が相手で、回想には含まれません
終盤の展開はこういう斜め上なプレイが多いのが、作品として気になる部分でした

本番行為あたりは、普通のラブラブプレイみたいになっていますが
アナルプレイの反撃で騎乗位されるシーンは絶対君主っぽいです、すぐ終わりますが


【まとめ】
マニアックな部分が押さえられているけど、全体的にノリ切れない作品でした
全体的に感じるのはM向けのキャラ設定のラブコメディってかんじです、コメディです
プレイ自体はソフトMぐらいの感じで、快楽責めや、ヒロインの着衣率の高さもあって
M向けと言いつつ気持ちよくなるのが目的な作品がいやって人には向いている感じです

といってもロープライスとはいえ、プレイが全体的に短い印象を受けまして
せっかくお気に入りっぽいシーンがあってもあっさり終わってしまうのが残念でした
個人的にはもう少しねちねちと責めてくれる感じが良かったですが、それは適わず

終盤はご主人様に仕える下僕としての資質が試される場って感じになっています
この辺りからは、ご主人様に仕えるために自分を捨てることに喜びを覚える感じで
ご主人様に仕える下僕のあるべき姿みたいな部分に共感できるか否かなのですが
個人的にはそこまで入り込める話でもなかったので、個人的には置いてきぼりで
なんか、M向けとは関係ない方向にいい話にまとまっていったというのが正直な感想です

この辺り上手く共感できるだけの、描写なり尺がアレば納得もしたのですけども
基本的には尺がそこまで長くない価格帯の作品なので厳しい感じがしましたね

可愛い絵柄ながらHシーンは意外とマニアックでソフトMぐらいの強度はある作品です
コメディ風のノリで、プレイの後味もあまり痛い感じのプレイも多くないため
ライトな路線でこういったM向けの作品がほしいならありかなというところでしょうか
その反面、入り込める作風でもないので、ディープなのが欲しい人には弱いでしょう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。