伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サノバウィッチ 体験板 感想

ゆずソフトの「サノバウィッチ」の体験板の感想です

【プレイ時間】2時間
【Hシーン】あり
【内容】シナリオ導入部+Hシーン


【体験板のあらすじ】
相手の心や想いを五感で感じ取ることのできる体質を持った「保科柊史」は
クラスメイトである「綾地寧々」の集めていた「心の欠片」を取り込んでしまう
寧々は「魔女」と呼ばれる存在で、魔法を使うために心の欠片を集めていたという

取り込んでしまった、心の欠片を取り出すには、柊史の心の穴を埋める必要が有るという
柊史の持つ五感で人の想いを感じ取る体質は、今は亡き母から受け継いだ魔法であり
それ故に、人とのかかわり合いに疲れやあきらめを覚えた柊史の心には穴があるという

欠片を取り出すためには、柊史の気持ちを前向きにして心の穴を埋めることが一番
柊史は魔女であると知った母親の話を父から聞いて、自分の心持ちを変えようと
寧々のみが所属するオカルト研究部に入部し、欠片を集める手伝いをしていく

そして、「因幡めぐる」からはクラスに馴染めるように相談を受けたり
教師から男子の格好をしている女の子の「椎葉紬」のフォローを任せたり
先輩にあたる学生会長の「戸隠憧子」からは次の学生会長の後任について相談を受けたりと
様々な依頼を受けていくことになり、その中で、柊史は日々の充実を覚えいくことになり
憧子の依頼の際に受けた感謝から、取り込んだ心の欠片の一部を取り出すことに成功する

しかし、順調に進む心の欠片集めの中で、同じく心の欠片を集める存在がいることを知り
そして、寧々の他に学園に存在するもう一人の魔女と接触して一体「何葉紬」なんだ
というところで体験板は終わり、Hシーンを見るか、見ないかの選択に移行します


ヒロインの紹介と舞台や設定の説明をし、シナリオが動き出した辺りで終了ということで
作品の紹介の体験板としては必要なものは全部見られるような構成になっています
しかし、ヒロイン4人の登場と、交流イベントという内容の割に尺が長い気もしますね
丁寧とも言えるのですが、少しヒロインが揃うまでが長く後のヒロインほど印象が薄い気も
会長と紬については、これからが本番という感じなので、そのあたりは消化不良ですね


悩み相談モノ+魔女という設定ですが、導入部はともかく現状は前者が殆どを占めます
悩み相談の内容は何故か女の子同士の関係に関する悩みとかそちらに偏っている印象です
狙ってそういう構成なのか、たまたまなのかは謎ですが、コレはコレで個性はありますね

現状魔女要素と悩み相談が別個のものといいますか、魔女設定が空気なのが気になり
どうしても、地味な悩み相談の展開に尺が割かれているのが今後どうなるかでしょうか
紬の追加で話が動き出すと思われるので、それ次第ですが、現状話の展開がゆっくり気味
ということ以外は、あまり読めないシナリオっていうのが現状の印象ですかね


【ヒロイン】
■綾地寧々
クラスメイトで2年のアイドル的存在、みんなの人気者であるが、特別親しい人はいない
部員が一人のオカルト研究部に所属しており、女子の悩み相談を聞いている
実は魔女で魔法のため悩みを聞いてその結果膨らんだ心の欠片を回収している
魔女の契約の代償として発情する体質で、隠れてその性欲を解消している
基本的に何事もそつなくこなす優等生だが、実は酷い自爆体質にあり、色々ためこんでいる

ギャグ担当件、お色気担当ということで、意外とひどい扱いをされています
本作の一番の特徴にして唯一の特徴と言ってもいいほど色々と役を嵌められていますね


■因幡めぐる
学園はじめの数日を病気で失敗してデビューに失敗して、微妙に孤立気味だった後輩
その件についてオカルト研究部に相談に来たことが縁で、ともに行動するようになる
先輩である柊史にも物怖じ図ズケズケと言ってくるが、コミュ能力は低いらしい
何かと寧々とスキンシップをとるなど、そういう成分を補給するキャラでもあるのかも
目下は、あまり柊史との関係が深まっていきそうな兆しは今のところ見えていない


■椎葉紬
男子の格好をしているが、趣味など含めて基本的には普通の女の子である
教師の頼みを受けて、その格好ゆえ浮きそうな紬のフォローを頼まれることになる
男子の格好をするのは女の子の格好をすると吐いてしまう体質の為らしいが……
その体質とはまるで、寧々の魔法の契約の代償のようであるが……
と体験板では正体が読めない娘ですがOHPではモロに魔女だって描いてますね、ハイ


■戸隠憧子
学生会長を務めている、3年生の先輩、寧々が二年のアイドルなら憧子は3年のアイドルである
気取ったところはなく、柊史にも気さくに話しかけてくる、誰にでも優しい人気者の先輩
学生会を引退するに至って次の会長が決まらないことからオカルト研究部に相談にやって来る
現状は話せる気さくな先輩以上ではなく、今後どう関わるのかが不明なヒロインになっています
3年で会長引退ということもあって部活とは関わりにくそうですが、一番読めないヒロインです



【Hシーン】
クリア後に見ることが出来ます、選択式で、何回も選択することで全部を見ることが可能
メインヒロイン1回ずつ+サブヒロインの和奏のシーンという5シーンが見られます
紬のみ本番シーンで他は前戯やベッティング的なプレイにとどまります
サブについては攻略可能なのが彼女だけか、他がどうなるかまでは現状不明ですね


【全体通して】
体験板の内容としては十分のボリュームがあり雰囲気をつかむには十分な内容だったかと
ただ、設定の説明、寧とめぐるとの交流や柊史の成長は丁寧に描いているとは思うのですが
作品として興味が惹かれるかというと……長さの割にシナリオの方向性とかはわかりにくく
ヒロインも後半に動いた2人は、正直どう動くか未知数みたいな感じになっていました

デザインやセリフやらで可愛いとは思うものの紬と憧子の魅力はいまいち伝わらない
なんだか体験板の尺の割に今後の参考に知りたい情報が足りないように感じましたね
このままお悩み相談となるのか、魔法が強く絡んでくるのか、上手く互いを引き立てるのか
その辺り含めて、体験板ではどうなるか殆ど読めませんでしたということで……

ヒロインとのイチャラブあたりにはハズレがないので多分手を出すと思いますけど
正直なところ、話として面白くなるのかなぁというのは期待半分不安半分ですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。