伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぼくがボクに興奮するわけがないっ!~お姉ちゃんの弟女装教育~ 感想

アパタイトの「ぼくがボクに興奮するわけがないっ!~お姉ちゃんの弟女装教育~」の感想です

【概要】
外面は完璧で学校の生徒の憧れの的でもある「山村千紗」
しかし、弟の「真琴」の前では、弟を虐めたりするのが大好きな困った人物であった
ある日、真琴は自室で自慰行為にふけっていたところを千紗に押さえられてしまい
それをネタに脅されて、女装を強制されて、性的に虐められていきます

【システム】
・画面は4:3
・選択肢へ戻るあり

キャラ別音声設定もないので真琴の声が消せないのは微妙な部分でしょうか
選択肢へ戻るがありますけど選択肢3回で2択なのであまり活躍の機会はなく
偶にセーブ画面が開けられない部分があるので、そちらのほうが痛いですね


【仕様とか】
2択の選択肢が3つ存在し、それによって結末が2つにわかれるようになっています
片方はそのまま千紗がイニシアチブを握ったまま、犯されてしまうという感じの結末
もう一つは千紗とラブラブな関係になりましたという感じでの結末になります
どうやら全て下の選択肢を選ぶか否かみたいで、それ以外は犯される方になります


【Hシーン】
全部で16シーン
受け気味のプレイとして、手コキ、足コキ、素股、パイズリ、69、騎乗位
M向けなプレイとして、クンニ強制、スパンキング、双頭ペニスバンド

千紗自体も本番行為では感じますしGOOD ENDの方では真琴が上になります
全体的に受け~ソフトというカテゴリに入るプレイになっているかと思います


【まとめ】
女装モノと姉モノを混ぜたハイブリッドタイプの受けゲーでしょうか
プレイ自体は後半にペニバンなどの上級向けのプレイが登場したりするものの
基本的には姉に弄られている、虐められているの範疇で、酷いものはありません

そもそも、自慰行為を見られて言いふらされるのが嫌だから言うことを聞くって
むしろ、言いふらす姉の方が問題で脅しになってないと思うんですけど……
と、些細なことをやたら大げさに語っている気がしますけど、始終そんな感じです

女装と言いつつ股間のものを除けば見た目は、完全に女性のように見えまして
常にCG内にいます、細かい定義を無視すれば男の娘モノに近い感じですかね

こういった作品に言うのもアレですがシナリオはかなり適当な感じました
適当といいますかシナリオの流れをかなり端折っているといいますか
気づけば、姉に従属していて、気づけば恋人同士か、おもちゃ扱いです
そうなった流れや理由は全く語られずに場面転換で、そうなっているのです

前者の姉に従属するのはまだしも、恋人になるかおもちゃになるかについては
全く説明がなく、そこまでの流れに全く差がないので違和感が大きいですね
まあ、低価格系だとそういったいきなり分岐系は少なくはないんですけども
さすがに恋人同士になるようなイベントぐらいは用意しても良かったのでは……

シナリオの適当さはあるものの、姉にHないじわるされたい人向けの作品です
血縁が入るとやたら重かったり、痛かったりするのですが、これはライトです
1シーンのみペニバンがあるとか主人公が(ほぼ女性ですが)で常にCGに出てくる
という点が問題なければ、手を出してみても良いのではないかなと思います
ライトな受けシチュを求めている人には悪くない作品ではないかなと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。