伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】サキュバスに捕まった! 感想

ふらむそふとさまの「サキュバスに捕まった!」の感想です

【概要】
冒険者「マグナ(名前変更可能)」はサキュバスに敗北し犯されたあと捕まってしまうことに
今は気に入られ生かされているものの、いつかは絞り殺される未来が待つであろうと思い
なぜか協力してくれるクーと名乗る少年の助けを借りて、住処から逃げようとします
しかし、行く先には住処に住む魔物が立ちはだかり、マグナに襲いかかってきます
ということで、無事に脱出することを目指して、魔物を退けていくゲームです
要所要所に待つボス(モンスター娘)に負けるとそのボスに犯されるタイプになっています


【ゲーム】
人によってはRSみたいなとか、あるいはこの界隈の人ならデザイアダンジョンみたいな
と説明するととおりが良いかもしれません、基本的にはそれタイプのゲームです

一本道の3Dダンジョンのようにひたすら奥に進んで行くようなイメージです
一歩進む毎に宝箱やイベント、モンスターのエンカウントなどがランダムで登場します
当然後退も可能、スタート地点に戻れば拠点に戻り回復やアイテムの購入が可能です
50歩(?)進むごとにボスが待っており、100歩進んだ先にいるボスを倒すとステージクリア

会話イベントのあと、次の階層に移って再び前進していくことになります、全4階層です
ボスは8体という感じになっています、レベルもあっさり上がりますし1時間前後でクリア可能
パラメータ振り分けなどでキャラクターの育成を工夫する要素はあると思うのですけども
振りなおしも自由ですし基本的にはあっさり遊べる短編RPGみたいな感じになっています


【Hシーン】
・サキュバス:2(足→本番、舐めさせられる→本番)
・ワーウルフ娘:1(キス→本番)
・雪女:1(口→本番)
・魔女:1(手→本番)
・スライム娘:1(胸→本番)
・ハーピィ娘:1(足→本番)
・ドリアード:1(花弁攻め→本番)
・ドラゴン娘:1(舐めさせられる→本番)


全体的にあっさりめで、あまり濃厚な描写はありません
前戯的なプレイは大体、相手の責めなのですが、本番は受け要素が弱めです
本番行為自体は欲望に負けた主人公と相手との合意プレイみたいになります
一部は向こうが主導権を握っているプレイもあるのですがそう多くありません

基本的には受けも含まれるけど、ライトなもので、そちら目的だと弱いかなと


【まとめ】
全体的にライトな仕上がりの作品になっています、あっさり過ぎな気もします
特に、ボスはサキュバス以外戦闘前の口上も、戦闘後の口上もありませんので
負けない限りCGと強さ以外にそこらのザコと差別付ける要素がなかったりします
一応敗北すると、それぞれモンスターごとに個性付けされた性格はあるのですが
折角つけたのだから、戦闘前にしゃべるなりした方が良かった気もしますね……

良かったのは回想やCGがタイトルからいけて、普通のゲADVのように選択できる点や
テキストなどをCボタンでスキップできるなど足回りはそろっている点でしょうか
WOLFエディタのメリットってなによりここにありそうというエロRPG的な視点の感想です
バグらしいバグもないので安心して楽しめるという点は良いところかなと思います

基本は、魔物娘を酷い目にあわせるわけでも、合わせられるわけでもない感じ
中間を狙ったような按配の作品です、そう言う重要ならあるいはというところで
同人ならではの濃い、突き抜けた作品を求めるとどうしても弱い作品でしょう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。