伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年美少女ゲーム総括

2014年も無事終わり、感想も無事(?)出揃ったのでまとめでも書こうかと思います

今年の反省点ですが、去年と同じようなところで駄目な感じで反省することしきりです
特に終盤のダレ具合が仕事の忙しさとか関係ない部分で深刻になっていまして
モチベーション的にかなりやばい部分があったことを告白せねばなりません

やりたいことが増えた割りに、やれる時間が減って、同時にこなせる器用さを失った
その変化についていけずこの体たらくと、まあ、ただの愚痴にしかならない話です

2014年ですけど、改めて見返すと結構気に入った作品は多い年でした
爆発力に欠けますけど良作という点では豊作といっていい年なのかもしれません
それだけ、自分達の強みを知って、それを出せるブランドが増えたのでしょうか

その分、ユーザーとしてもブランドとしても冒険の少ない感じになっています
それがそのまま、今年のような圧倒的トップはないが、良いのは多いにつながるのかと
まあ、完全に個人の触れた範囲の話に過ぎないわけで、多くは語れないのですけど

2014年は東京を離れ通販に頼らざるを得ない状態になってしまったり
雑用に遠出する必要があったりという周囲の変化に振り回される要素が増えたので
そこに適応してなんとか2015年は、余裕を持って遊んで行きたいですね

商業は54、同人は無料含んで30本の84です感想書いてないのもありますが誤差ですね
そろそろ同人要のインデックスを用意するべきかなと思う今日この頃です

では、以降の総評?はネタバレも多少あるので隠し手おきますね





【2014年の8!】
2013年は5本できりがよく、2014年は10本とも考えたのですが、考えにつまり8にしました
縁起がいいので丁度良いかなと思います、まあ基本好きに語りたいだけだしいいよね

■大図書館の羊飼い Dreaming Sheep
このブランドではいつものヒロインごとのエピソード集ですけど、満足度は高め
ヒロインの可愛さ、作品の空気、そして短いながらまとまったエピソードと
非常にこなれた感じのする作品ですが、それが良く出来ているのだから悔しい
これは、そもそもこの作品のキャラが雰囲気が好きだというのが根底にあるのですが
しかし、ところどころで上手さがひかる、長年トップを走る強さを改めてみた感じです


■BALDR SKY ZERO 2
タイトルどおりBALDR SKY ZEROの続編にして完結編とも言える内容で
最終シナリオは完結編にふさわしい盛り上がりを見せる大ボリュームとなっています
スケールが大きく、後半はスーパーロボットな感じのノリになっている気もしましたが
その勢いで楽しめば良い作品となっているのではないかなと思います
ただ、BALDR SKYのスピンオフというより、ファンのやりたい放題2次創作って感じでした


■しゃぶらレンタル
かぐや枠といいたいところですが、実際良かったです
レンタル系第二段であり、姉モノであり、しゃぶられることに主眼の置かれた作品
これぐらいテーマを絞ったほうが、作品ごとの特徴が出てきてよい感じですね
良くも悪くも安定路線を守っているだけに、こういう差別化がいいアクセントになります



■LoveSweets
これは、周囲の評判が良かったので手を出したのですが、良く出来た萌えゲーでした
萌えゲーは個人的に結ばれるまでの過程、特に結ばれる直前の雰囲気が好きなのですが
その辺りをしっかりと丁寧に書いており、結ばれたあとも甘く描かれていました
キャラ同士の掛け合いも良く、ヒロインが気に入れば安心して楽しめる作品でしたね


■隠恋ぼ~二人だけのヒミツの時間
ロリ系故に好みが分かれそうですが雰囲気ゲーとして、非常にすばらしい作品でした
音による夏の田舎町の空気と、少女達のつややかな肌と寝汗が非常に雰囲気を出します
難しいシナリオもなく、ヒロインとの関係に浸れる点もこの作品にはあってました


■PRIMAL×HEARTS
前半の盛り上がりに対して後半が個別の小さい問題に収まってしまうのはいつもどおり
ただ、この作品ではヒロインの魅力が強く推されていた事と雰囲気があっていたことで
萌えゲーとして丁度良い按配になっており、濃いめのHシーンも含めよいバランスでした


■なないろリンカネーション
一周目をクリアしただけの感想なら個人的に2014年トップといってたレベルでした
それぐらいメインヒロインの為にシナリオの全力が傾けられた作品となっていますね
他のヒロインも、しっかりと魅力的に書かれているだけにもっと見たい衝動に駆られます
ただ、この作品は正直、これで完成してしまっているのがもどかしいところですね


■どうして、そんなに黒髪が好きなの?
ふざけたタイトルに反して、なかなか良くまとまった、神話ベースの恋愛ストーリー
構造上他のヒロインがメインヒロインの踏み台的な扱いになるのは気になりますが
それを置いても気にならないほどメインヒロインに魅力があったのでよかったです
でも、やっぱり咲耶は1st Seasonで攻略したいヒロインでしたね……と思う部分も


■キミのとなりで恋してる!
軽く読める青春ラブコメディということでよくまとまっていた内容かと思います
これぐらいなら変に長編にせずあっさり終わらせているのは正解かなと思うわけで
ミドルの価格帯のボリュームに良く合わせられているお手軽に楽しめる作品です
ヒロインも幼馴染2人が互いを高めあっておいて良かったです、先輩も好きですよ


■ギャル看守リナちゃんのM男化性教育指導
今年最後の伏兵ということでM枠から1つ、タイトルがおふざけ気味な作品ですが
シチュエーションなどは鉄板で安心して楽しめるソフトM路線の作品になっています
M向けといえば全体的に行き過ぎるかぬるい作品が多い中、このバランス感覚は貴重



【今年の次点】
■聖もんむすFestival!~お祭だよ全員集合!~
もんむすシリーズひとまずの完結編ともいえる学園のファンディスク的内容です
やりたいことをやりきった感じもあり、その後、新シリーズ含め音沙汰がないのが……
集大成的な作品で、過去作が好きな人ほど楽しめる内容になっているかなと思います
ただ、やはりヒロインが多すぎて、ヒロインごとに際ができてしまう点が難でしょうか
システムを含めておもしろくなりそうな要素はあったのに、微妙に攻略が面倒なだけ
という感じになってしまったゲーム周りも少し残念に感じてしまった次第です


■Re;Lord~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~
お手軽路線の遊べるエロゲーということで3部作の1作ですが、意外に楽しめたので
スマホ時代の申し子みたいなゲーム性ですが、こういう単純なのもたまには良いねと
変に重いより、軽く楽しめるのを好むのは年を取ってしまったがゆえんなのでしょうか
まだ、荒削りな部分も多く、以後のシリーズのブラッシュアップが楽しみではあります


■こいなか-小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-
イチャラブとエロを重視してそれを最初からアピールした正直な作品になっています
それにたがわず、わかりやすいテーマをしっかりとアウトプットしていた印象ですね
この位置にいるのは自分の好きなシチュがなかったという非常に勝手な話であります


■魔王のくせに生イキだっ!とろとろトロピカル!
なんだか毎回良い位置にいながら、微妙にはずしてくるこのシリーズですけども
今回も同じく、天使をはずしたファンディスクというやはり欠けている内容です
毎回不満はありつつも、なんとなく気に入っているシリーズではあるのですけど
流石に、同じヒロインというのは厳しい気もして、今後どう展開するかはきになります


■巨乳ファンタジー2if
巨乳ファンタジー2の都合の良い偶然の連続を極力排除してみたif作品でしょうか
世の中に評価されないが、実は優れた能力を持つ主人公が底辺から逆転していきます
飄々とした主人公が運で勝つのではなく、実力を評価されない不遇の存在が
一気に頭角を現し上り詰めていく様は、別の逆転劇としての楽しみ方を見せてくれます

ただし、2ベースなので、デジャヴ箇所が多くあり、ベースをプレイしていると物足りない
という感じがするのも確かで、そういう意味ではやはり少し落としてしまう印象です
もし、2をプレイしたことがないならこれは十分にお勧めできる内容になっています


■姪ドキッ!茶。
姉に続く路線は姪なのか?と、相手が年下であっても結局もてあそばれるお話です
今回は主人公の年齢が結構高く、比較的おっさん向けになってきた印象があります
こういう路線がクル辺り、プレイヤーの年齢層に変化があるのでしょうかね……
思う部分はありつつ、姉ほどこなれてはいないけど、姪の可愛さもなかなか悪くない
と思わせてくれる、少しおじさんにうれしい内容となっていました、年だねぇ


■紙の上の魔法使い
最後の最後にプレイ、瞬間瞬間でいえば結構盛り上がる部分もありましたし
一気に読めるエネルギーもあったので、いろいろしこりは残るもののこの評価に
感想を書く際に色々思う点があって、だらだらと描いてしまいましたけれども
それを語りたいと思うだけの魅力的な何かはあったのかなと思う作品でした
ヒロインとしてはどうしても弱い部分があるのですけどね、妃は惜しかった……



【同人ゲーム】
■気弱なおじさまにいっぱいHなことして泣きながらお射精させちゃいまーす
短い章エピソードを読んでいくだけの内容です、そして最後に待つ展開が
人生に疲れたMなおじさんなら簡単に落ちてしまいそうな素敵な空気がポイント
とにかく、空気が良く作られており、落とされる感覚が非常に良かったです
ゲームとも呼べない内容で音もないのにここまでと感心した作品ですね


■MRサクバス
2時間にもおよぶ映像作品です、その内容がサキュバスたちに男達がやられ絞られるだけ
と多分普通の映像作品としてはネタにしかならない内容が真剣に作られています
こういうシチュをストレートに濃厚にしてくれるのは少ないのでそれだけですばらしい
個人の熱の強さがこの業界を作っていくんだなと思った作品です、ありがとうございます


■ROBFS4U
2013年に出たROBFの続編?ともいえる作品
元より高レベルにまとまっていましたが、さらにブラッシュアップされています
今作はミニシナリオの集合体ではなく、一本道のシナリオもありまして
そこで主人公とサブキャラの力関係で多少の引っかかりも覚えたのですけど
BFという特殊ジャンルと王道のファンタジーを上手く合わせた作品であるかなと
BFゲーとしても育成が楽しめるゲームとしても前作同様おススメできる一本です


■少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らし
内容はアパートにいる痴女なお姉さんに囲まれてひたすらバカになるまで犯されるだけ
という超のつくド直球な時速170kmぐらいの抜き重視ゲームです、同人ならではですね
過剰すぎる演出は人によっては好みから外れそうですが、ひたすらやられたい人にずばり
難しく考えず楽しみたいという欲望に正直な人のための作品という感じですね


【ヒロイン】
2014年のプレイ作品で気に入ったヒロインたちです

・望月真帆(大図書館の羊飼い Deaming Sheep)
・音無櫛無(Love Sweets)
・天音しおり(隠恋ぼ~二人だけのヒミツの時間)
・天神平陽姫(PRIMAL×HEARTS)
・國棟美鈴(天精国取りセックス合戦!!)
・中津国女ノ咲耶媛(どうして、そんなに黒髪が好きなの?)
・知花涼香(キミのとなりで恋してる!)

もっちーはタイトルを改変しただけですね、間違いない……ということでもっちー好き
というのは置いておいて基本的にお嬢様が好きというのを隠そうとしないラインナップ
黒髪は銀杏と迷いましたが、鳳月さんじゃないほうをあげて起きます、私Mだしね
とはいえとなこい勢は正直迷いました、オススメさんも好きですしなぎさももちろん
ヒロイン全員が気に入っていたのですが、あえてHシーンが一番使えた涼香さんを推します



【私的なこと】
良かった作品の数で見れば結構当たり年だったのかもと思う2014年でした
その魅力というかうれしい悲鳴を上手くアウトプットできていたかは不明なのですけどね
しかし、同時に反省点も多く、特に、全体的に反応が遅れているなというのが一番
昔は気になったらその日のうちにっていうのが、多かったんですけど今年はなんていうか
まあ、忙しさと趣味の多様化が一番大きな原因ですが、この年齢で趣味の多様化とか……

というのはともかく、反省する点は多くありますが、多分反省しても変わらないので
マイペースに、気になった作品に手を出して、自分なりに楽しんでいこうかと思います
まあ、性分なので結局感想という名の何かとしてはアウトプットしていくでしょうが

作品としては手堅いところは相変わらず手堅く、上手く生かしているブランドもある反面
流行から取り残されてきている印象があるメーカーもいくつか見受けられました
萌えゲーといえど、いや萌えゲーだからこそそのあたり敏感でないと厳しい印象ですね
ですから、これは鉄板だと安堵して手を出した作品で小首をかしげることもしばしば
そこから修正していくメーカーもあるのでしょうが、次が踏ん張りどころかなと
思ってしまうメーカーも多かったです、色々時代が変わってきているのを感じます

あと個人的な好みとして、おっさんな感じを隠しきれなくなっている感じもします
変に青春するよりも少し枯れた心を癒してくれる作品に惹かれる今日この頃です
作品にもそういう感じの多くない?ということで、業界の高年齢化がきになるこのごろです

とりあえず2015年の発売作品を楽しみ二ということで2014年の総評を閉じさせていただきます

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。