伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギャル看守リナちゃんのM男化性教育指導 感想

HERENCIAの「ギャル看守リナちゃんのM男化性教育指導」の感想です

【あらすじ】
セクハラや痴漢が重犯罪として取り上げられる時代「松井裕輔」は
酒の勢いで店員に痴漢行為をはたらいてしまい現行犯逮捕されることになる
そんな裕輔が連れて来られたのは刑務所ではなく「更生施設」と呼ばれる場所
そして看守として現れたのは軽いノリのコスプレにしか見えないギャル「リナ」だった

リナは構成のプログラムとして性を以って、男を改心させる施設であるという
その通り、リナは快楽により裕輔を一方的に責め散々に絞りとってく来ることになる
キツイ部分もあるが、その更正内容にどこか楽しみすら見出しそうになる裕輔
しかし、更正プログラムは決して甘いものではなく、だんだんと厳しさを増してくる
果たして、更正プログラムを受け続けた先に裕輔を待っているものとは?


【内容】
更正プログラムと称して、身体を拘束され一方的にもてあそばれる事になります
逆転はなく、毎日やってくるリナちゃんに調教され続けるだけの内容です
選択肢は一度だけありますが、1回分のプレイが分岐するだけになっており
その後の展開に何も影響をあたえることはありません、基本一本道です

ヒロインというか登場人物はギャル風の看守リナちゃん一人となっています
基本的には軽薄な雰囲気を漂わせていますが、男を転がすだけの技術を持っており
だんだんと調教されて逆らえなくなっていく様が割と丁寧に描かれていきます

プレイ内容は軽いMとも言うべきか、多少痛みを覚えさせるプレイがあります
肉体改造や破壊などのハードなプレイはないので、きつさはそれ程でもないです
まあ、針を尿道にとかは受け止め方次第ではハードになりそうですけども……

逆転もなく男は女には勝てないと思わされていく流れは非常に良いのですが
前作のリラクゼーション同様、あっさりと話が終わってしまうのが難点ですかね
更正が目的でそれが果たされた相手にそれ以上することはないのでしょうが
ここまでしたのだから徹底的に思ったのですが、あくまで更生施設ということでしょう
そこも、あくまでマッサージ屋だった前作と似た部分があります、ドライです


【Hシーン】
全部で16シーン
手に始まり口や足による責め、鞭、乳首責め、尿道責め、電気責め、オナホール
根本を縛っての騎乗位、逆アナル、ペニバン、一応、胸で挟んでもらたりもあり
受け~ソフトM的なプレイはほとんど網羅されている印象、緩すぎずやりすぎず
というバランス感覚で、想像する分には楽しめる範囲は守られている印象です

リナのキャラも、ふざけているようで男を調教するだけの技術は持っているようで
しかるべき時に言葉責めなどで、敗北感を味合わせるなど、しっかりとした娘です
過剰に演出せず上手く女性に主導権を握られてる様が描かれているかなと思います


【まとめ】
タイトルの「ギャル看守リナちゃん」で誤解されがちでですが中々ガチな内容でした
2000円を切るロープライスとして考えると十分すぎる内容の作品になっています
絵のレベルもさすがに高くクオリティも非常に安定しておりボリュームも悪くなく
逆転は当然なく、プレイも甘すぎることもなく、かと言ってやり過ぎることもなくと
ファンタジーしすぎない範囲でバリエーション豊かな方法で責めてきてくれます
強めの受け~ソフトMの作品としてこの価格でここまで充実しているのはそう無いです

内容は更生施設で、女性に二度と粗相できないように調教されるという内容で
本当にそこから逸脱することなく余計な要素もなく最初から最後まで続きます
よって、最後に訪れるのは考え方を改めさせられた上での卒業が待っているのみです
最後まで徹底的にやって落として欲しかった人(私とか)には物足りないかなと思います

しかし、余計な部分を描かず、更正施設の出来事を描く様はある種のこだわりを感じ
一貫性がある内容となっているので、これはこれで、ありな内容なのかなと思ったり
この辺りも甘すぎず、やりすぎず、バランスを上手くとっている感じもあります

タイトルやヒロインのデザインで避けるには少々勿体無い作品だと思います
受け~ソフトMのシチュで調教される内容が好きならば手を出して損はないかなと
ロープライスですが、侮れないクオリティで、気になるなら是非どうぞというところです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。