伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憑夜ノ村 感想

Astronautsの「憑夜ノ村」の感想です

【あらすじ】
旅行雑誌のルポライターをしている「皆本智樹」は田舎の村の特集を受け
自分の故郷である地図載ってすらいない故郷を取材の対象にしようと
後輩のアシスタント兼カメラマンを伴って山奥の「憑夜村」にやってくる

閉鎖的な雰囲気を持つ村であったが、智樹が村の人間であることを知ると
途端に暖かく智樹を迎えてくれて、アポイントなしで村長の元へ案内してくれた

村長である「上条雅利」も智樹達を邪険に扱わず優しく接してくれたものの
取材に対しては拒否をして、暗にこの村からすぐ出て行くように促してきた
しかし、そこに美しく成長した智樹の幼なじみである「上条栞」が現れて
助け舟を出してくれたことで、なんとか取材の許可を与えてもらえるようになる

尤も、田舎町に何があるわけでもなく、面白い話は全く聞けない状態だった
ただし、そのついでにと栞のことについて尋ねると村の人々は口をつぐむばかり
そして、栞は毎夜、智樹のもとに夜這いと称してやってきて淫らな行いしてくる

好奇心と不信感から村の実態を追う内に憑夜村の秘密を知ることになる智樹達
村外れに住む「佐藤源次郎」から度々話に出てくる「月女」と村の話を聞かされる
社会から隔たれた異常な空間となっている村に危険を感じて逃げようとするが……



【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声あり

最低限……選択肢は1回なので困ることはないと思います
UIが何故か全部日本語訳されているのですが「SKIP」を「加速」って
凝っているような、適当なようななんとも言えない個性ですね


【仕様】
基本ヒロインは2人で、EDは3つとなります、個別ENDがそれぞれというわけではないです
Hシーンもその他枠が1つあるものの、基本は2人のみで、数で言えば栞がずっと多いです
3人プレイもあり、他の男と交わるシーンも有りと、純粋一途は期待できませぬ

他の男に抱かれるシーンですが、そういう常識としてまかり通る舞台という事で
主人公を無視して進行するといったシチュはなく寝取られ的な要素は弱いかと思われます
しかし、ヒロインが他の男抱かれるだけでも我慢ならない方には全くお勧めできません
純愛+乱交ぐらいの塩梅なので、好みにあうかわないかはそちらで判断すると良いかなと



【シナリオ】
村の正体を知った後、栞にこの村の住人となるように誘われる際の選択で分岐します
「今は決められない」を選択すると「川中萌香」と村から逃げる脱出ルート
「契りを交わす」を選択すると、栞に誘われるまま村に残り、2人を好きにするルート
「何も答えずに黙っている」を選択すると、村に取り込まれず隠された真実に迫るルート
という感じです、栞単独的なルートはありません、一応脱出以外は栞がメインと言えますけど


【ヒロイン】
■上条栞
智樹の幼なじみである女性、美しく育っており、智樹は最初気付かなかった
村長の孫で「月女」という肩書き故か村人はおろか村長すらも強く出ることができない
智樹の前では色よい返事を見せるが……村に引きこむ為に裏で行動している
月女の立場ゆえ、処女ではなくテクニックにも長けており、智樹を誘惑する

村へ取り込むために手段を選ばないが、智樹に対する思いは本物であり
智樹が関わると私情の入った、癇癪を起こしたような行動をしてしまうこともある
月女としての役割は冷めた目線を持ちながらも、諦めて受け入れてしまっている
本作の問題の中心ではあるが、栞自身も村のシステムの犠牲者であるといえる

他の男に対しては、覚めたような態度で女王様のように性欲を処理するが
こと、智樹の前ではとろとろになってしまうギャップが可愛い娘です


■川中萌香
智樹の後輩でアシスタント兼カメラマンをしている
智樹を慕っている様子であり、今回の故郷の話を聞き、是非にとついてきた
明るく前向きな女性であるが、村で周囲の異様な視線に晒されて疲弊していく

脱出ルートのヒロインといいますか、現実社会を象徴する存在ですかね
そちらでは他の男に抱かれることもなく、普通に結ばれて終わります
村に取り込まれるルートでは他の男に処女ごと奪われますけれども
その時点で智樹自身が変質してしまっているので奪われる感じは弱いです

エロゲーとしてはともかくヒロインとして見ると扱いは栞より良いかなと
真実がわかるルートでは栞の思いを叶えてやろうと動いたり活躍の機会もあります
本作のヒロインのプロポーションはどちらも良いですが、こちらは陥没持ちです


【Hシーン】
・上条栞:14
・川中萌香:6
・栞+萌香:4
・その他:1

回想するを見れば分かる通り栞が圧倒的に多いです、ただ他の男との絡みも多く
夜這いで前戯だけで終わるシチュも多いので、数ほど差は感じないかもしれません
他の男との絡みは栞は3シーン、萌香は1シーン、3Pで1シーンとなっています
一応、その他は完全に他の男と名前も知らぬ女との絡みになっています
本番で相手するのは基本的に主人公みたいな感じで、避けている印象ですね
ただ、萌香のシーンのみは他の男達に無理やり奪われるシーンとなっています

よって、陵辱的なシチュを期待すると弱く、一部乱交的なシーンが有るものの
基本的にはヒロインとの合意の上でのプレイと考えておいたほうがよいでしょう
ただ、他の男に犯される事自体をほのめかす文言自体は存在しています


【まとめ】
値段はローとミドルの間ぐらいですが、ボリューム的にはこんなものですかね
少なくとも、物足りないと感じてしまうような作品ではなかったです


閉じられた村の因習を扱った物語ということで、雰囲気は良くでていました
脱出、迎合、真相と考えられるパターンはとりあえず抑えている感じですかね
しかし、意外と陵辱シチュは少なく、ヒロインはあくまで主人公のもの
みたいな感じになっていますので、奪われる屈辱的なのがありません

基本的にヒロインの可愛さ的なものを押していますし、ライトな方向性ですかね
ダーク方面を期待すると肩すかしな作品となっているかもしれません
Hシーンも同じような傾向で、キツイのを期待すると少しパンチ不足ですが
さすがに萌えゲーや恋愛ゲーほどぬるいわけでもないってかんじですかね

雰囲気は良く出来ていますし、シナリオも短いながらまとまっていますので
設定とか雰囲気で気になった人なら手を出してもいい作品ではないかと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。