伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】ヤンだ私に精液(おくすり)ちょうだい♪ 感想

softhose-sealさまの「ヤンだ私に精液(おくすり)ちょうだい♪」の感想です

「日向守」はハードボイルドに憧れ一匹狼を気取る、少し面倒な学生だった

そんな守の周囲には少女が3人いた
シャイな性格の世話焼きな幼なじみ「春原結衣」
おにいちゃん大好きな甘えんぼの義妹「日向あかり」
言動が電波なゴスロリ娘「華埜井澪」

そんな彼女に囲まれつつも、ハードボイルドを気取っていたある日のこと
地面に落ちていた恋愛成就のお守りをゴミ箱に捨てたら罰当たりであると
自称恋愛の神様が現れ弁解の余地もなく呪われてしまうことになる

曰く「周りの女の子から熱烈な愛情注がれてしまう」呪いを受けた守る
その呪いを解くには「誰か1人を真剣に愛すること」であるらしい

そんな神様からの忠告を、世迷いごととして軽く流していた守だが
周囲の女性が突如スイッチの入ったように暴走し始めるようになり……

果たして、守はこの呪いを解くことが出来るのであろうか?


【ゲーム仕様とか】
・画面は4:3
・一部Hシーンにアニメーションあり
・キャラクター別音声設定あり

選択肢はルート分岐とED分岐の2回のみなのでコンプリートは楽かと


【ヒロイン】
■春原結衣
守の幼なじみで、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる、巨乳
ハードボイルドにも一定の理解を示してくれるが、それは守への思い故
シャイで思いを伝えられずに居る為、その想いは報われずに居る

呪はその反動からか陰鬱になり、後ろ向きな発言が多く見られる
手段も、他と比べて薬を使うなどの絡めてを使う等自信のなさが見られる


■日向あかり
守の義理の妹で、無邪気で明るいお兄ちゃん大好きっこ
兄妹ではなく異性としてのひめたる想いを持っているが割り切っている

もとより兄に甘えているが、呪いによりより過激なスキンシップを望み
体の関係を求めてくる等、兄妹の壁も気にしない状態になってしまう


■華埜井澪
公私関係なくゴスロリ服を着ており、発言も電波な近寄りがたい女性
口では抵抗するものの本気で拒否しない守が唯一の話相手である

普段は強く主張をしない控えめで大人しい性格だが呪では刃物を取り出し凶暴化
発言もかなりアレになり近寄りがたく……それは平生からでしたね


【Hシーン】
・春原結衣:7
・日向あかり:7
・華埜井澪:6

序盤3シーンぐらいが、呪により暴走したヒロインのプレイで
残りが一応本番シーンと、その後のGOODとBADのEDみたいな感じです
意思を無視して半ば強引にというプレイなのでM向けと言えなくもないですが
主人公がハードボイルドを自称して、解説してくれる為入り込みにくく
どことなくコメディ的な茶化されている感じのシーンが多い印象です
シチュエーションといえば確かに受け的なのですけども……うむぅ

本番以降も含めてヒロインのハイライトが大体消えているのが注意すべき点で
全体的にこう、なんていうか、全うに楽しみにくい雰囲気がありますね



【まとめ】
全体的にコメディ色が強かったですね、血も流れませんし全体的に軽いです
呪の名目でテンプレ的なヤンデレ描写を貼り付けてコメディ的にした作品
という感じで、ヤンデレゲーとして期待すると、物足りない作品かなと

ヒロインも殆ど平生を紹介されることなくいきなり呪われた状態からなので
そのギャップというのを感じることが出来なかったのが残念な部分でした

せめて導入部で呪われる前の学園生活を書くぐらいしても良かった気がするのですが
キャラで書きましたが、結衣が報われない部分や澪が浮いている部分を書いて
主人公との交流を書けば、まだ、主人公に惚れている理由やスイッチがわかりやすく
ネタとはいえ呪について、いろいろと考えることが出来たと思うのですが

呪描写については良くも悪くも主人公のキャラで薄まっている気がしますね
ネタ的なキャラ付けですけど、微妙に判断力が高かったりするのですよね
もとよりコメディを狙った作品な気がするのでコレぐらいでよいかもしれませんが
タイトルの関係上やっぱりヤンデレ的な描写が求められる気もしますので
そちらを期待する方には要注意といった感じの作品になっていますね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。