伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真面目と囁かれるオレを幼なじみの理彩が性的な意味も込めて陥落していく話 感想

シリカゲル
「真面目と囁かれるオレを幼なじみの理彩が性的な意味も込めて陥落していく話」
の感想です

【あらすじ】
ハルこと「湯上春孝」は学園では学生会副会長を務めるちょっとした有名人である
ハルはラッキースケベに遭遇しやすい体質を持ち女子とのトラブルが非常に多い為だった
とはいえ、屁理屈ともいえる理論武装と、持ち前の処世術により問題に発展していなかった

しかし、そんなハルのラッキースケベを認めずに問題視する女性が一人……
クラスメイトであり幼なじみでもある「高藤理彩」は個人的な理由で認めていなかった
理彩はラッキースケベによって犠牲になる女生徒を減らすという名目の下で
ハルの矛先を自分だけに向けようと、なにかと付きまとっていくことになる

ハルはその性格から理彩の行為を煩わしく感じていたが、やがて惹かれていき……


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別の音声設定あり

最低限……ですけどルート固定の一本道なのでこれ以上もいらない感じですね
あと少し細かいところでセーブロード等のメニューボタンを教科書の栞で表現
メッセージウインドウが英語の単語帳みたいな形になっていますね
加点や減点はありませんが作風にあわせて形を変えるというのは結構好きです


【その他、仕様とか】
本作は3部作になっており、冒頭に登場する3人のヒロインのうち
今回攻略できるのは素直になれない幼なじみである「高藤理彩」となります
タイトルからして名前ついてますし、この辺りの作品に手を出す人が
わざわざ勘違いして手を出すことも無いと思うのですけども……一応ね


【ヒロイン】
■高藤理彩
ハルの幼馴染であり、ラッキースケベ体質を問題視している数少ない学生
幼なじみだが同じクラスになったことは少なく、ベタベタした関係ではなかった
ハルを危険視することなどから口うるさく注意してくるが端から見ると
それはハルへの好意が透けて見えるほど解りやすいツンデレ行為である

威勢よくハルに突っかかっていくが深い考えはない為あっさり論破される
基本的に真っ直ぐというかおバカな為、冗談めかした発言を否定しつつも真に受けて
そのまま突っ走っていき、段々と大胆な行動へ移っていくことになる……

ラッキースケベの被害者をなくすために、という建前でハルに近づいていき
被害を減らす為に、理綾がその被害を一身に受ければいいというハルの提案を受け
ネットの情報等で得た、様々なラッキースケベシチュ?を実践していくことになる
過激になっていく行為と、隠せなくなってくるハルへの想いはなかなかに可愛いです


【Hシーン】
相手は理彩のみで、全部で8シーン
自慰と口のみで1シーンずつありということで本番まであるのは6シーンになります

基本的には場所と服装を変えてバリエーションをそろえている感じになっています
ロープライスですし、回数などには特に不満はなく、濃い抜きゲーとは言えませんが
陥落していく話というタイトルに対してそこまで名前負けしてない程度にはあるかなと

陥落と言いますけど誘惑シチュとしてはどうなのでしょうね
一途に奉仕してくれる理彩に素直になれないながらも惹かれている様は見えますが
精神的優位は譲れないと意地を張って、理彩の優位に立とうとするのが難点です

結局のところ落ちてるジャンといえばそれまででそういうプレイを楽しんでいるものと見れば
色恋沙汰なんてめんどくせぇで済ませそうなハルが……って辺りを楽しめるなら或いはです
精神的優位に立つヒロインは残ったヒロインの先輩にかけてみるしかなさそうです

あと、細かいことかもしれませんが5シーン目は、前戯の時と本番で下着の色が違います


【まとめ】
所謂ヒロインが主人公(男?)を攻略していくタイプのお話になっています
お馬鹿で純粋な暴走ヒロインの理彩がぶつけてくる様は可愛かったですし
ネットの情報から大胆な行為を仕掛けていき、結果的にハルを落すという流れは
エロありきのコメディとして結構悪くない展開ではないかと思いました

しかし、本作は攻略される対象であるハルに多少の問題点が存在します
ハルは「俺は面倒くさいことが嫌いだ」の自己紹介から始まる今時な男の子です
要領がいい口が上手いという本編ではあまり感じ取れない設定の下ぶれない子で

シナリオの間ずっと、己の正当性をかざして、愚痴や悪態をついてる印象です
真面目はおろそか周囲に嫌がられないどころかすごいヘイト稼ぎそうな子なんですけど
という感じで、この主人公の性格が合うか合わないかというのはとても重要です
何故なら付き合っていても、キャラをぶれさせずめんどくせぇと言うわけですから

導入部やら語りやらでタイトルやらでライトノベルのそれを意識したタイトルだとは
思うのですけど、ここまで癖のある主人公をお出しするのはいかがなものかなと思う次第
ヒロインやラブコメとしての展開自体は結構好みな部分があるので好けども……

本作は3部作であり、今回のヒロインはサブ化し、主人公は続投していきます
もしヒロインに難があるなら、今回のヒロインはともかく他のヒロインは……
と希望を抱くことも出来るのですけど、主人公なので今後も避けられないのですよね

そんな感じで、主人公があう、あわないは今後の検討にも左右する重要な要素のわけで
難物な主人公をヒロイン達が攻略していく話なのでこういったキャラ付けなのでしょうが
何より主人公と付き合いが長くなるのはヒロインではなくプレイヤーなんですけど……
という問題点が浮かび上がってくるわけです……加減の問題もあると思うのですけどね

昔、やればできるけど、普段は無気力で平均以下ぐらいの主人公が多く見られましたが
その辺りに反発してか、中途半端に出来る子になっているのが悪い風に働いている印象
全体的に理屈っぽく相手を小ばかにしたような態度をとることが多いので鼻につくのですよね

と、主人公があうかあわないかが一番大きい要素になりそうなゲームですね
キャラ紹介を見る限り沙耶は気になるのですがそこまで付き合うか否かというところです

理彩は可愛いのですけど、採取的にハルの話ばかりになっているという
ハルが気になるという時点ではある意味製作者の狙い通りなのかもしれません

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。