伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】勇者が堕ちる時 妖花の罠 感想

ボサボサプロジェクトさまの「勇者が堕ちる時 妖花の罠」の感想です

こんなタイトルですが、くのいちモノです

【あらすじ】
「魔忍の里」で最強とされる「雷牙」は任務の最中部下が暗殺されてしまう
その後も、まるで里の情報が漏れているかのように殺されていく部下たちを案じ
雷牙は里の長に直談判するも突っぱねられて体罰を受ける仕打ちにあう

更に雷牙が可愛がる妹「桃香」を死の危険がある任務に就かせると聞かされ
忍の死を軽んじる心無い長の言葉に怒った部下たち諭され雷牙は謀反を起こすことに

人望の無い長はあっさりと倒され、殆ど犠牲も無く、謀反を成し遂げた雷牙たち
くノ一の長「琴乃」を頭に添えて、雷牙たちの魔忍の里に新たな体制へと変わっていった

魔忍の里が生まれ変わりしばらくたった日のこと、男忍の頭となった雷牙の下に
下忍から女忍の頭へ異例の成長を遂げた桃香が修行をつけて欲しいとやってくる
最初は断るも挑発されてムキになり、思わず勝負を受けてしまうことになる雷刃
そこで雷刃は、そのとてつもない桃香の強さに押され圧倒されてしまうことになる

桃香の強さの秘密は何なのか、そして挑発をして雷牙に挑んできた理由とは?
忍の暗殺の犯人とは?……まだ魔忍の里の事件は終わっていないようであった


【内容】
ゲームとしては忍の里で起きた事件を追っていくADVパートと
その行く手で障害となるクノイチと戦うバトルパートで構成されます

バトルパートでは何故か裸になって殴りあうことになります

相手は、偶に色仕掛やエロ忍法でこちらに攻撃を仕掛けてくることもあります
それが非常に強力で、それを対策なしで受けることでこちらは即敗北
或いは非常に不利な状況に追い込まれるという厳しいバランスになっています

と、多くの作品ではやられる運命にあることに定評があるクノイチですが
この作品ではやたらと強く最強の忍という触れ込みの主人公がボコボコにされます

バトルパートで敗北した場合、その先にまっているのは死であり
敗北してしまえばあいてクノイチによって容赦なくやられる運命です
強いクノイチにやられたいという人には素晴らしい設定だと思います


とシチュエーションは素晴らしいのですが、ゲームについては難があります


まず導入部となるADVパートが非常に長いのが難点になっています
流石に萌え系の美少女ゲームとかと比べると問題ないレベルのボリュームですが
即H的なものを求めるプレイヤーにとっては長いADVパートは問題ではないかなと
演出なども多く、悉く飛ばせないのもテンポが悪く、じれったさが増します

相手となるクノイチも2人と少ないだけでなく、どちらも身内というのも引っかかる所
特に設定を理解すると特に争う必要もないというのが気に掛かる部分でしたね
それが結果命を奪われる結末になるというのは、理解のしがたい部分ではあります

単純に如何にもな敵のクノイチというシンプルな図式でよかった気もするのですが
凝った事をやっているようで、妙に首をかしげるような流れになるのはどうかと

主人公の「雷牙」につていも普段は冷静で仲間や里を思った人格者なのですが
いざ戦いの流れとなると挑発に乗り非常に沸点の低いチンピラのようになっています
その辺り少々シナリオの設定や流れに無理を感じてしまう部分でしたね


本作のメインとなるバトルパートについてですが、コレもかなりの難物です
演出などがあり戦闘が長くなりがちなのもありますが、ゲームの仕様上
長期戦とする事が推奨されている為、非常に間延びしたモノになります

しかも、勝とうと思えば色々なすうちを管理しなければいけないので
戦闘中に行われるエロ演出はいつの間にか飛ばし気味になるかと思われます
更に言えばルールをしっかり理解できるまで何度と無く再挑戦させられる
というきびしめのバランスの為、長い戦闘を何度もやることになります

余程面白いバトルならともかく、エロ演出ありの殴り合いというところで
このバトルパートが楽しいものであるという印象はもてませんでした

因みにバトルパートは全部で3戦と決して多いとはいえない数になっており
クノイチのバリエーション豊かに持たせて色々な相手にやられたいと思ったのですが
ゲームが終わった頃には3戦で終わってよかったと思ってしまうほどです


とうことで、普段はやられる役にあるクノイチがとても強い作品
色仕掛やHな忍法で責めてくるという設定自体はとても素晴らしいと思います
それを演出する為の手段としてバトルというのも良かったのですが……

既に話が済んだような状態なのに身内で殺しあっているシナリオに引っかかり
長期戦になりがながら、勝ち方を覚えるまでリトライを強いる仕様に疲れ
終わってみればHシーンは良かったけど、ゲームとしては勘弁という印象です

クノイチにやられるというなかなかないシチュエーションは間違いなくウリで
やられている各シーンは多少リョナ要素強めですが良かったとおもいます
ただ、ゲーム部分が苦手な方にはオススメしにくいない様になっていますね


以下、ゲーム部分について解説をしようとしたのですが長くなったので略します
あと、本作についての軽くネタバレがありますので注意の程を




【ゲーム】
基本的にADVですが章毎に1対1のバトルが繰り広げられるようになっています
戦闘中は相手が全裸になる為、攻撃時に胸が揺れたりします

HPとSPとエクスタシー(EP)というパラメータが設定されており
HPが0になるのは当然としてEPが100になるっても負けになります
そうなる前に相手のHPを0にすることが一応表面上の目的になっています

攻撃手段は基本的な攻撃、条件をそろえると術攻撃が可能になります

「攻撃」は最初は威力も命中率も心もとなく「気孔泉の術」を使って威力を上げます
蓄積毎に、150%、200%、200%必中、300%必中(最終戦のみ)と性能が上がっていきます
相手の回避力も防御も高いので蓄積を使わないと基本的には話になりません

「気孔泉の術」は上記のように攻撃の性能を上げるコマンドですが
4回蓄積を行うと便利な術が使えるようになります
因みに蓄積は他のバフと同じく効果にターン制限があります

「空帯雷の術」は攻撃力アップです3段階までバフ出来ます

「金剛鱗の術」は防御力アップです、重ねがけは出来ませんがターンの延長は可能です

「鎮淫心の術」はEPを数ターンの間自動的に下げてくれる術です

「観察」は相手を見るだけと思いきやEPを犠牲にSPを回復します

「天女衣の術」はHPを2/3回復します、つまり200固定回復です、蓄積が4必要です
使用すると蓄積がリセットされることになります

「縛雷撃の術」は術でダメージを与えます、追加効果で1回目は回避-、2回目は麻痺です
蓄積は同じく4必要、最初は使用すると蓄積が0、バフもリセットされる場合があります
2戦目以降はバフも蓄積もリセットされず継続して使える場合がありますが、条件は不明です


上記のコマンドを使って戦っていきますが
相手の性能はこちらを圧倒的に上回っているので倒しての勝利が不可能です
相手はEPが100になってもリスクは無く、それどころか強くなりますし
そのバフが簡単に出来てしまいます、更に蓄積の性能も主人公を上回ります
また偶に誘惑をしてきてこちらのEPを上げてステータスを下げたりします

一定ターン毎に奥義を使ってくるのでこれは対策しないと即死ですし
対策しても一気に不利な条件に持っていかれるほどの強力な性能を持っています

なにより強力なのが、ほぼノーリスクで使える回復でして50回復します
これは主人公の与えられるダメージの限界より少し少ない程度のもので
使うタイミングも完全な安全圏になっており、どういうことかというと
相手のHPを0にして倒す方法は殆ど存在しないということになっています

そんな相手にどう勝利するかというと実はもう1つ戦闘の終了する条件があり
それは、規定ターンを経過しても決着がつかない場合になっています
この規定ターン終了時の判定によって勝敗が決するようになっています

真の勝利条件がこちらで、それに気付かない限りクリアは厳しいと思います
細かい勝利方法については次の攻略の項目で解説します

因みに評価はランクが設けられE,D,C,B,A,Sとなっているようです
SとAがクリアで、それ以外は負け、すべての戦いでSを取るとおまけがあります


【攻略】
念頭に置くべきなのが、相手のHPを0にするのが勝利ではなく
規定ターン経過後のリザルトで高評価を得るのがクリア条件ということです

いえ、もしかしたら倒せるのかもしれませんが、私には無理でした

規定ターンとは3戦中最初2戦が100ターン、最終戦が37(?)ターンになります
最終戦のターンは正しくは奥義を撃った後、1ターン後と言う感じですね
ひとまずは100ターンまで戦えるように色々と工夫する必要があります

相手の奥義のターンも決まっています、1戦目と3戦目は30ターンの倍数
2戦目は40ターンの倍数になっています、いつでもターンは確認できます

つまり、1戦目は3回、2戦目は2回、3戦目は1回耐える必要があります
こまめに確認して、警戒するタイミングを図っておく必要があるでしょう

勝利条件の確認ですが、幾つかの評価項目がありそれで好評価を取ることです
つまり、各評価項目が優れていれば、途中の過程がグダグダでも勝利できるのです
コレをしっかりと抑えて、頑張って勝利条件を満たしましょう

・有効物理攻撃回数(10点)
通常攻撃をした回数です、10回以上で5点15回以上で満点です

・有効術攻撃回数(10点)
縛雷撃の術を使った回数です3回で5点、5回で満点です、意識しないと厳しいです
しかし、Sランクを目指すならば避けて通れない条件となっています

・最大ダメージ(10点)
戦闘中に与えた最大ダメージです50以上で満点になります
30~40でも5点はもらえますが、Sランクを取るなら50を越えたいです

・最終SP残数(10点)
200以上で満点だと思います、終盤タイミングを計って回復しましょう

・最高エクスタシー(10点)
エクスタシーをいかに抑えたかです、70までで満点90までで5点のようです
思ったよりゆるいようですが、上がると雷牙さんの性能があれになるので
基本的には上がり過ぎない方向で調整しておかないと話にならないかと

・VS有効物理回数(10点)
相手の攻撃より多く物理攻撃を行っているかです
相手は奥義で回数を増やします、こちらが奥義からのリカバーをしている間に
一方的に殴られることも多いので基本的に勝つ事は難しいと思います

こちらが数を増やす方法はHPが一定以下になると回復する性質を利用して
こちらの攻撃→相手の回復を繰り返して稼ぐぐらいかナーと思います
狙えそうなら狙ってもいいと思いますが、基本的には厳しいですね

・VS最大ダメージ(10点)
最大ダメージが相手より高いこと、一度でいいので高いダメージを出して
後は防御を固めて相手のダメージを抑えれば比較的達成しやすいかなと

・VS最小HP(10点)
最小HPは戦闘中に増減したHPで一番低い値のことです
相手は大体100ぐらいで回復しますので100前後で抑える必要があります
麻痺を利用すれば60ぐらいまで減らせますけど、それ以上はキツイです
逆にこちらが100未満とならないように調整するのが良いかと

・VS最終HP(10点)
最終ターンのHPで比較します、終盤のターンに回復してしっかり回収しましょう

・決闘勝敗(50点)
VS項目で勝利数の多いほうの勝ちです
勝ち点が大きいのでコレは確実に抑えておきたいです
引き分けで30、判定敗北で10、途中で敗北で0みたいです

と、なり140点満点です、100点以上でA、120点以上でSです
つまり、全部抑えないと勝てないこともありませんが、抑えるべきところは
しっかりと抑えてないと勝てませんという感じになっています、当たり前ですが

無理なく勝つためにAランクを狙うなら
VS最大ダメージ、VS最小HP、VS最終HPを抑えて、決闘勝敗も入手し80点をとると
これで俄然Aランク以上の勝利への可能性が上がります

つまり、
・一回だけでも良いので大きいダメージを与えて上回られないようにする
・最後の最後で相手のHPを上回るように回復する
・こちらのHPを下がりすぎないように回復する
この3点を意識するだけでも、クリアの可能性はぐっと上がるのです

残りは有効物理回数、最終SP残数、最高エクスタシーを抑えると100~110は狙えます
この辺りは目的意識を持って慎重に戦えばそれほど難しい条件ではないかと

更にSを狙うならそこにプラスαで有効術回数と最大ダメージをとるイメージです


まず、Aランクの取り方ですが
(1)最初に気孔泉の術を4回使用する
(2)次に空帯雷の術を3回掛けて攻撃力を最大にする
(3)相手に攻撃をして高いダメージが出るようにすること
(4)更に攻撃を重ねて100未満程度までHPを減らすこと

(5)(1)~(4)の作業を終えたら、HPやSPをキープしつつ行動します
気孔泉の術が切れそうになったら一度天女衣の術で回復を図った後
再度気孔泉の術を4回掛けて、元の状態に戻します

(6)(5)の際には空帯雷の術はもう必要ないと思いますので
ダメージが怖い相手なら金剛鱗で防御を上げるといいと思います

(7)奥義のターンが近づいてきたら(5ターン前ぐらいから意識します)
天女衣の術で蓄積を解除して金剛鱗の張替えと鎮淫心でEPを下げます
理想的には金剛鱗→鎮淫心→相手の奥義ぐらいのタイミングですかね

(8)奥義を耐え切ったら直ぐに気孔泉の術で復帰しましょう
HPがやばいようなら直ぐに回復、大丈夫なら再度殴っていきましょう

(9)あとは(5)~(8)からの繰り返しです

(10)相手の最後の奥義が終わったら、HPとSPの確保に走りましょう
採取的に上回っていれば価値なのでココで回復すれば良いのです

手順(1)~(5)はVS最大ダメージとVS最低HPを取得しています
手順(6)はVS最大ダメージで上回られない為の保険です
手順(7)と(8)は途中敗北とVS最低HPで負けるのを下げる為の手段です
手順(10)はVS最大HPと最終SPを取得する為の手段となります

この手順で、ある程度セーブ/ロードで回せばAランクは見えるかなと


またAランクが取れるようになるとSランクを狙える範囲だと思います
たとえば手順(3)で50ダメージを越えるようにトライしてみること

そして50ダメージが確保できれば、変に攻撃の回数を増やさずに
隙を見て縛雷撃の術を打って術攻撃回数を稼ぐように意識しましょう

この二点を抑えれば、おのずとSランクが見えてくると思います
要はAランクで無駄と思った行動を削って別の値を上げるのです


とりあえず対戦相手の軽い傾向と対策でも

■桃香(1回目)
基本に忠実にポイントを抑えていけば勝つことは出来るかと思います
攻撃力が低めなので防御アップはそこまで必要ないかもしれません
縛雷撃の術でバフが解除される場合があるので余裕があるときに使いましょう
この使用から計画を立てて術を使わないといけないのでSは意外とキツイです

とりあえず縛雷撃の術を打つ前にセーブして結果を見てから
ぐらいの慎重なプレイで戦いを進めていけばいいのではないかと


■琴乃
攻撃力が高いので防御が必要ですので、戦闘開始直後が少ない50ダメージのチャンス
奥義も威力強烈ですが、頻度が低いので隙を突いて攻撃術を仕掛けていきましょう
怖いのは奥義後にこちらが準備を整えるまでにダメージを喰らい最小HPが下がること
防御の術には余裕を持ちつつ回復を急いで行うようにしましょう

2回目の奥義終了後10ターン以上余裕があるので、HPとSPはしっかり回復しましょう


■桃香(2回目)
1回目の奥義で決着と短いので意外とあっさりSランクでクリアできるかもしれません
とりあえず最初の手順で相手に50ダメージ以上を与えてからがスタートです

奥義は相変わらず30ターンですが、回復が必要なので蓄積状態で奥義を受けること
流石に縛雷撃で攻撃をする暇は無いので有効物理回数を稼ぐほうが現実的だと思います
攻撃力が高い為最大ダメージが怖いです、最大ダメージを出した後は防御を固めましょう

30ターン目に蓄積がMAXである程度余裕があり、防御の術が掛かっているのが理想です
奥義終了後に回復の術を使えばあとは選択肢でイベントを乗り越えるだけです

奥義を受けた後のHPは最小HPに含まれないようです、バグですかね?
このバグがないとクリアがぐっと遠ざかるのですけどもね、このゲーム


【Hシーン】
桃香:11
琴乃:1

バランス的には完全に桃香オンリーゲーだったりします
一応、琴乃もしっかり1シーンあるのですがね
因みに、1戦目が2シーン、2戦目が1シーン、3戦目が7シーン
EDが2シーン(クレジットとノンクレジットがあります)となります

EDについては、すべての戦いでSランクを獲得する必要があります、プレイ内容は
桃香:手コキ、顔面騎乗+手コキ、足で首を絞めつつパイズリ、顔踏み、騎乗位+パンチ
琴乃:立位で素股→本番
EDはプレイのダイジェストで、今までの全部をやる感じになっています、ボイスつき

最初のシーンをのぞいたら主人公が死亡するまでやっており意外と容赦ないです
シナリオ上、桃香はそこまでやる理由もない気がするんですけどね……


【まとめ】
シチュエーションに惹かれたのでやってみました、なかなか尖った作品です
勇者なのにニンジャで相手くのいちだし、戦いになると全裸になるしと
色々思うところはあるのですが、男がくのいちに負けるというシチュがすくなく
トドメを挿されるというのはなかなか無いので、好きな人には良い作品かと

設定については先にも語りましたが色々首をかしげる部分はありました
琴乃が焚きつけるため雷牙の部下を殺すように進めるとかかなりアレですし
愛する桃香を汚した筈の雷牙に一度負けただけで去るとは考えにくいです
最終戦の桃香の行動については、もう目的そのものが不明でした
(殺されたかったというには、殺意全開ですし完全に雷牙の貧乏くじです)

この辺り、桃香視点で殆ど明らかになる設定ではあるのですけど
これって桃香の擁護じゃなくてクノイチ2人のひどさを見せているだけのような……
と思いもしましたが、その辺りは個人の好みなので適当にスルーということで……

ゲームとしては結構難易度高めというかルールを理解するまで時間が掛かりました
一戦一戦が長期戦前提なのも厳しいところです、3戦目ぐらいが個人的には良かったです
理解しても多少運ゲーというか、ランダム要素に振り回されつつのプレイでして
あまり精神衛生には良くない難易度になっていました、ルールが解れば多少
という気はしますけど、あと何戦もしたいかというと勘弁してくださいという感じです

Hシーンは割りと容赦なく殺しに来てさすがくノ一という感じもします
特に桃香のプレイは明らかに殺しに来ていて、他にはない感じのプレイです
軽くアニメもはいっており、ボイスつきなので、嵌ればオンリーワンな作品です

演出が長かったり、最初のシーンまでの会話が長かったりと面倒な部分もありますが
他にはないシチュエーションということで、惹かれるなら手を出してみるのもあり
ただ、ゲーム部分は少し癖があり、なれないと大変なので注意が必要です
ゲームが苦手だ、さっさとHシーン見せろって人にはあまりお勧めは出来ません
強いくノ一に飢えている逆リョナが軽く好きな方にはお勧めの内容といえるでしょう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした。

私は評価取れませんけど、充分に楽しめました。

こちらの記事は貴重な存在になると思います。

11-47 | URL | 2014-03-02(Sun)00:23 [編集]


Re: お疲れ様でした。

>11-47さま
コメントありがとうございます

わかりにくい記事で申し訳ございません

個人的にはAランクがとれるならSランクは射程無いと思ってます
リザルトを見て足りない部分をどうやって増やすか工夫すればあっさり
……相応のリトライは必要だとは思うのですけど

RmG | URL | 2014-03-02(Sun)01:48 [編集]


クリアーお疲れ様でした。

私もDMMさんで出ましたら、
この血と汗と涙で作られた記事を参考にさせていただきます。
でもそっか…Sランク取らないと、
全部のシーン見れないんだ…。
私には忍耐的な面で無理そうだから、Aランク狙いでいいかな…。

開発室 | URL | 2014-03-02(Sun)09:06 [編集]


Re: タイトルなし

>開発室さま
Aランクを安定して出せるようになったらSランクは見えるかと
ただSランク自体は新たなシチュが現れるわけではないのでそれもありかと
しかし、この最後のシーンはある意味見る価値あるとも思ったり

RmG | URL | 2014-03-02(Sun)10:07 [編集]


ありがとうございます。

わたしの初作品プレイ&
こんなに大きく取り上げていただき
ありがとうございます。

無名なので少しでも目立ちたいので感謝です。

公式にいろいろ情報あげましたので
ご参考にしていただけましたら幸いです。

今後もよろしくお願いいたします。

ボサ | URL | 2014-03-08(Sat)01:22 [編集]


Re: ありがとうございます。

コメントありがとうございます

申し訳ないことに本感想はその場のノリと勢いで書いた感じもありますので
逆に間違った情報でネガティブな印象を与えてないか心配しています
情報を参照させていただいて、記事の間違った部分は修正させていただきますね

RmG | URL | 2014-03-08(Sat)07:39 [編集]


はじめまして。まだ体験版だけしかやってない者ですが・・
あまりにも相手が強すぎる凄まじい戦闘バランスに仰天し、
情報収集してるうちにこちらへ辿り着きました。
もう主人公が雑魚にしか見えないw

HP0は・・やはり無理そうですよねぇ;
素直に持久戦を狙うしか無いか。

み | URL | 2014-03-13(Thu)22:28 [編集]


Re: タイトルなし

>みさま
はじめまして。
コメントありがとうございます。

そう見えてもしかたないのですが勇者は雑魚じゃないのです……
自慰もとい忍法と対戦相手が強すぎるだけなのです……

公式でもHP0で倒せないようにしていると明言されていたりしますので
もしかしても倒して勝てる可能性は無く、持久戦を狙うしかないようですね
確かHP60ぐらいにまで上げると最大バフでも1桁いくかいかないかだった気がします

RmG | URL | 2014-03-13(Thu)22:42 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。