伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】つかまったら即、逆レイプ学園 ~死に狂いで俺を犯しにくるオンナたち~ 感想

ディーゼルマインMfさまの
「つかまったら即、逆レイプ学園 ~死に狂いで俺を犯しにくるオンナたち~」
の感想です

【あらすじ】
ごく一般的な家庭の子供として育ててられてきた主人公「城坂コウ」は
親が海外赴任をすることになり、1人で暮らすことを余儀なくされてしまう
その為、全寮制の学園入る事を条件とされたコウは、名門の「鳳上院学園」に
父親の上司が学園町の友人ということで、コネを使って転入することになる

鳳上院学園は共学になったばかりで、女子が多いはずと胸を躍らせるコウ
その予想を超え、学園には男子が少ないどころかコウを除いて1人もおらず
事実を知り居心地の悪さを感じるコウは学園生活に不安を覚えるようになる

その日の放課後、更に追い討ちをかけるような事態がコウを襲うことになる
コウは「鳳上院美紗妃」の思いつきの催しのターゲットとして選ばれており
奴隷にしたものは、なんでも1つだけ望みをかなえるという狂ったものだった

学園中の女子から狙われることになったコウは、美紗妃に三日間で落ちなければ
転校を受け入れるという条件を突きつけられて、三日間の逃亡生活を余儀なくされる

果たしてコウは無事にこの狂気のイベントから逃げ切ることができるのか?


【ヒロイン】
■鳳上院美紗妃(ミサキ)
本作の黒幕にしてメインヒロイン、学園の経営者の娘で、学園の女王
学園では絶対的な権力を持ち教師もミサキには逆らうことは出来ない
このたびの狂ったイベントも、ミサキの思い付きの下で行われることになる
周囲をけしかけつつも、いざという時は自分が勝者になる事も考えている様子

さすがにメインヒロインというべきか、他よりもシーンが多く用意されています
プレイは集団で責めるシーンが多く、自身が余り手を出さないこともしばしば


■黒宮雫(シズク)
クラスの委員長を務める少女、ミサキのやり方に反感を抱いている
好きな相手以外とは関係を持たないと公言しており、コウを助けてくれる
その言葉からも解るように少し夢見る少女という感じで親しくなることで……

ヤンデレというべきか、距離感を間違えたら爆発する地雷ヒロインというところ
ミサキとならんで後日談らしきシーンがあるのでもう1人のヒロインともいえる
最初のシーンは普通に関係を結ぶので比較的ノーマルなシーンとなるのも特徴
それにしても、この期間中にいきなり性格壊れるのはどうなんですかね……


■佐倉蜜柑(ミカン)
最初から積極的な態度でコウに接近してくる後輩
甘えた態度で、可愛らしい姿を見せてくれるが、それは計算によるもの
コウの前では良い顔をしているが、裏では色々画策している

最終シーン以外、顔面騎乗、オナホとスジャータとならんで特殊気味のプレイです


■四条蕾(ツボミ)
コウのクラスの担任、授業はしっかりとこなし、物分りの良いフリをしているが
裏ではこのイベントを楽しんでおり、あわよくばコウに手を出そうとしている
イベントに関係なく、若い男のコウを狙っているように見えある意味一番性質が悪い

シーンはヒロインで一番少ない2シーンしかなく、ある種ハズレルート的な扱いである
プレイは大人の魅力と言いつつ油断しているところを襲っているシーンばかりである
選択肢一発でENDに直行する辺りがこのヒロインの怖いところなのかもしれない


■上坂紅亜(クレア)
ミサキがゲームを始める前から関係を迫ってくる欲望に素直な先輩
周囲の女生徒たちを先導して襲い掛かってくるなど、厄介な相手である
イベントがどうとか以前に誘惑したり襲ってくる、少し天然な人
そんな身でありながら一番コウを襲うことに精力的な困った相手である

プレイはストレートに集団に襲ってきて逆レイプという感じです

■スジャータ・サライ
異国の王族の娘であるらしい留学生、コウに対しても明らかに好意的ではない
王族という身分で、願いにも興味がないらしいが世間知らずのみである為か
学園のイベントとして真剣に取り組んでおり、負けず嫌いも相まって参戦する
最初は嫌々だったが、段々とコウを追い詰めることに楽しみを見出していく

プレイはマニアックなものが多めで、言葉攻め(罵倒)されるシーンも多い



【攻略メモ】
・ミサキ
最終日の逃げるシーンで階段を往復するなど時間稼ぎをすると
グラウンド、1階、3階を通せんぼされ屋上へ行くことになりエンディング

・シズク
4回目の選択肢で「委員長を昼食に誘う」と
5回目の選択肢で「保健室」が選択肢に出るので保健室に行く
最終日の逃げるシーンで中庭に逃げるとエンディング

・ミカン
1回目or3回目の選択肢で3階を選択してミカンに襲われた状態で
4回目の選択肢で「体育館に逃げる」を選択するとエンディング

・ツボミ
6回目の選択肢でドアの鍵を確めるを選択するとエンディング

・クレア
最終日の逃げるシーンで保健室へ逃げ込むとエンディング

・スジャータ
最終日の逃げるシーンで食堂へ逃げ込むとエンディング

・ハーレム
6人のエンディングを見た状態で、6人と関係を持った状態で
最終日の逃げるシーンで体育館に逃げ込むとエンディングへ
6人というのはプロローグも含むのでミサキとクレアは選択せずとも良い

具体的には
・3階(MAP選択)
・トイレ(MAP選択)
・生徒指導室(MAP選択)
・委員長を昼食に誘う
・保健室(MAP選択)
を選択した状態で、最終日の逃げるシーンで体育館に逃げ込むこと
最初の3階と3回目の生徒指導室は順番が入れ替わっても大丈夫です

また、条件を満たしていないとノーマルエンディングへ向うことになります

・EXTRA
いつもの、ハーレムクリア後に、タイトル画面に登場


【Hシーン】
・鳳上院美紗妃:5
足、取り巻きに口で責められる、顔面騎乗+騎乗位、素股→騎乗位
・黒宮雫:3
本番(ノーマル)、胸、騎乗位
・佐倉蜜柑:3
顔面騎乗、オナホール、騎乗位
・四条蕾:2
足の逆関節で挟む、騎乗位
・上坂紅亜:3
口(モブと2人で)、騎乗位、騎乗位(モブに股間を弄られながら)
・スジャータ・サライ:3
尻を舐められながら手、首輪をつけられながら足→モブが手で弄る、騎乗位
・ハーレム:1+1
他4人のヒロインに弄られながらシズクが騎乗位→ミサキが騎乗位
6人のヒロインに弄られる(口+逆アナル+顔面騎乗+乳首責め)

本編20シーン+EXTRA1シーンの21シーン
ミサキはさすがメインヒロインなのか5シーンで他は3シーン
といいつつも、ミサキの1シーンはモブに襲われるだけですが……
シズクのみ最初のシーンが初体験なのであまり逆レイプ感はない

基本は逆レイプであるが、Mではない感じのプレイというところで
足、オナホ、逆アナルなどはあるが、行き過ぎたプレイはありません
快楽で散々搾るという感じになっており、きついプレイが好きな人には弱いか
ただ、シズクの最初のシーンをのぞいて逆転はありませんので
きつい性格のヒロインに言葉攻めされながらリードされるのが良い人にあうかと


【まとめ】
話としてはストレートな感じで大きく外すことないかなと思います
3日間逃げ切るかつかまってしまうのかというお話です期間が短いので
端折っている感じもありますけど、Hシーンがメインなのでどうでもいいですね
そんないつもどおりといえばいつもどおり、という感じのする作品になっています

Hシーンできついプレイはなく、強めの受けの範囲で収まっているかなと
基本自分の欲望に正直な娘ばかりなのでシズクを除けばラブラブとはいえず
ヒロインの快楽のために良い様に使われるようなのが好きなら良いでしょう

マニアックな攻めを求めているに人には物足りないものの普通のプレイの範疇で
ヒロインにリードして欲しいという方にはちょうど良い塩梅の作品かもしれません
ヒロインは大目ですが、バリエーションはそこまで広がらなかったといいますか
尺に対してヒロイン数が多いので、特徴が出てくる前に終わってしまいますね

基本的には、想定どおりの作品という感じですので、雰囲気が気に入れば良いかなと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。