伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人】妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」 感想

夜のひつじさまの「妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」」の感想です
トップのバナーが18禁な気がしますので注意の程を

【あらすじ】
人数あわせの為と友人に合コンへ参加させられた「宮前康平」は手持ち無沙汰だった
そんな康平の前に「木乃花」と名乗る女性が、積極的なアプローチをしてきた
女性経験の無い康平は舞い上がってしまい木乃花の誘われるままに家に向かい
リードをされるままに、木乃花の胸による前戯を受けてしまうことになる
しかし、酔いが回った康平は、そのまま本番に行くことなく気を失ってしまう

木乃花との体験は夢ではなく、目覚めると木乃花の家のリビングであった
書置きを見て、買い物に出かけたらしい木乃花が帰ってくるを待っていると
木乃花の妹である「咲耶佳」が現れ、康平に対して忠告をしてくるのであった
その可愛らしい容姿からは似合わない言葉「お姉ちゃんはクソビッチ」であると

咲耶佳は康平に木乃花の正体を見せるといい、自分の部屋に誘った後
リビングに仕掛けられた隠しカメラで姉の様子を監視するように誘ってくる
咲耶佳の言うとおり、そこに映ったのは次々と別のを男性を家に呼んで
体の関係を持っていくクソビッチな木乃花の姿であった……

ショックを受けつつも木乃花に目を奪われる康平、それは咲耶佳も同様で
お互い気分の高まった2人は、初めて同士で結ばれてしまうことになる
思わず、咲耶佳と繋がり恋人のような関係になってしまった康平
木乃花との一夜の関係もあり戸惑う康平が迎える姉妹との関係の結末は?


【ゲームの内容】
ボリュームは控えめのADVですね、選択肢によって2つの結末に分岐します
咲耶佳に一途に行くと咲耶佳と恋人同士になる結末を迎えて
木乃花の誘惑に負けると木乃花と咲耶佳の2人の関係を持つ結末になります
どちらが正解というわけでもないですが、後者の方が色々見えてくるものがあります
咲耶佳ルートの場合は導入部がちょっと変則的な普通のラブストーリーって感じです

どちらの結末もクリア後にタイトルに項目が追加されます
コレを選択するとそれぞれの後日談となるおまけのシーンを見ることが出来ます


【ヒロイン】
■岩永咲耶佳
康平が合コンで出会った木乃花と一緒に暮らしている妹
木乃花をクソビッチと言い、康平に忠告してくることでお話が始まる
木乃花を慕う反面、木乃花のとる行動に整理がつかず色々と戸惑っている様子
そんな彼女を受け入れてあげることが出来るか否かがお話の分岐点となる
導入こそぶっ飛んだ咲耶佳であるが受け入れてあげればちょっと気の早い娘となるだろう
しかし、少しでも木乃花の魅力に負けこじれてしまうと……

■岩永木乃花
康平が合コンで出会った女性、康平に積極的に話しかけて来てそのまま部屋に誘った
経験が豊富であり、他にも多数の男性と関係を持っている、咲耶佳曰くビッチ
咲耶佳の言うとおり康平の事が好きなのも嘘ではないようでたくさんの好きを持っている
寂しい顔をした人が好きとのことで、合コンに顔を出した寂しげな康平に興味を持った様子
その性質や、ハメ撮りのシーンから過去に木乃花を変えてしまう経験があったようだが……
2人を振り回すキーキャラでありながら、肝心の部分が見えないヒロインである


【Hシーン】
・岩永咲耶佳:8
・岩永木乃花:6
・咲耶佳+木乃花:2

咲耶佳がメインということでシーン的には多めです
最初はお互い初々しく最後は主人公がリードという感じです

木乃花は2シーンが別の男とのシーンとなっています
康平相手だと木乃花リードですが、あくまで軽い受けレベルです
回想に含まれるのはあと1シーンありますが、ライト過ぎるのでスルー


【まとめ】
木乃花の関連で気になるところは色々とありますけども……
夜のひつじさまの作品中では比較的手を出しやすい作品になっているかなと
と言いつつもクソビッチなので他の男と寝ちゃいますし、あれですけどね

結末においては結構ご都合な部分もあるのですくわれている気もするお話です
特に咲耶佳なんかは後半普通のイチャラブになっている感じもありますし
多少引っかかるものの手を出しやすい部類の話では無いかと思ったりします

しかし、お姉さんリードはありますけど、受けとしても軽めだと思いますし
敢えてそちらの需要で手を出しても物足りなくなるかなーと思いますね
そんなこの作品で一番得られるものそれは軽いNTR耐性!……調教されてる!?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。