伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

妹のおかげでモテすぎてヤバい。 感想

HULOTTEの「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」の感想です

【あらすじ】
「浅坂トキヤ」はある日のこと、ふと見かけた女性に一目惚れしてしまう
妹「浅坂メグリ」の通う学園「聖茉莉花学園」の学生であると知ったトキヤは
メグリからの情報で学園の有名人である「白取叶」という名を知る

とはいっても聖茉莉花学園は女学園でありお近づきは難しいと思われたが……
どうやら来年より共学になり編入生を取るということで千載一遇のチャンス
妹のメグリの特訓の下、聖茉莉花学園の編入試験に合格するだけの学力と
イケメンと称されるだけの容姿を手に入れて、学園の門をくぐることになる

しかし、気弱なトキヤは、コミュニケーションも難しくとても告白などは出来ない
そんなトキヤを見たメグリは浅坂家に伝わる儀式「刻廻の儀」の使用を提案する
未来の縁を犠牲にして今に全てを掛けるという期間限定のモテ期状態にする秘奥義
周囲の反応から術の効果を実感したトキヤは満を持して叶に告白する……

結果は「ぜひ、お友達から始めましょう!」という意外な反応だった
更には、術の影響を受けた廻りの人々がトキヤにアプローチを掛けてくる
果たしてトキヤは最初の想いを貫き叶と結ばれることができるのだろうか?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・前の選択肢へ、次の選択肢へあり
・Hシーン選択肢の自動選択有り
・シナリオロックあり

欲しいシステムは殆どそろっています、分岐もシンプルで不便は感じないでしょう
前の選択肢へ、次の選択肢へはSKIPをマウスオーバーすると表示されます

シナリオロックはメイン4人をクリア後に、隠し、隠しクリア後にサブと二段構えです
ヒロインは4にん+1人+2人、構成は大体プレイしているとわかるかと思います
シナリオ構成は勝ち抜き式……というべきかヒロイン毎のイベントが順番にあり
ヒロインを受け入れるとそのヒロインのルート断ると次のヒロインのエピソードとなります
途中に相手に親切にしすぎると受け入れるしか出来なくなる仕様になっています


【雑感】
ストレスなくあそべる萌ゲーという感じでしょうか
最初から好感度が高いのでギャップを求めると物足りないかもしれませんが
ヒロインが一生懸命にアプローチしてくる姿は非常に可愛く描かれています
勝ち抜き形式ながらどのヒロインもそこそこ尺は長くとられており
殆どをイチャラブに注がれているので、お手軽に手を出せる作品化と

逆にシリアス部分などのシナリオに期待すると弱めというかんじですかね
山場が少ない為、個別ルートを続けてやっていくと少々物足りない部分もあり
自分のペースで気に入ったヒロインを攻略していくのがベストなゲームかと

仕様上告白を振るという行為が裂けては通れない部分はありますが
出来るだけ引きずらないように爽やかに終わっているかなと思います
ぎすぎすしたのが苦手でもそこまで気にする事は無いかと思います

メイン5人、サブ2人はしっかりフォローするなど抑えるところは抑えており
とりあえず雰囲気とヒロインが気に入れば安心して楽しめる内容かと思います

以下、ネタバレ含む感想



【ヒロイン】
■白取叶
トキヤが一目ぼれした女の子、聖茉莉花学園でも一番の美少女と名高い有名人
スペックも高くまさに高嶺の花というところであるが、非常に人当たりは良い
刻廻の儀の力を受けた上で告白したが上手くいかず友達から始めることに

メインということで本作としてはシリアス部分が比較的長いシナリオです
儀式の副作用がわかりやすく危ないので、シリアスも受け入れやすいですね
終盤は少しファンタジー要素が入ったりして戸惑う部分もありますけど
他と同じく基本的にはイチャラブなので、立場的に損というわけでもなく
儀式を緩和する為とはいえ積極的にキスしたりベタベタしてくるのは良いですね


■遠嶋舞奈
叶の友人でありトキヤともクラスメイトとなる女の子
トキヤとも積極的に絡んできたりして直ぐに仲良くなることが出来た
さばさばした口調でカラッとした性格と思いきや人一倍女の子をしている
頭の鉢巻のようなものはプールでもはずさないがパジャマだとはずす

最初の刺客だけあって、シナリオは軽めになっています
とにかく舞奈と初々しいカップルとなって楽しむお話になっています
どのシナリオでも大抵は儀式が問題になるんですけど流石にどうでも良い
というと失礼ですけど、別に個別に教えてもいいじゃないですかーと
いえ、問題点はそこでは無いんですけど、流石に問題が些細すぎて……うん
飲み会の幹事が日付調整に悩むような感じですね


■世永青葉
青葉なのにピンクなメグリとは友人関係にある後輩
ふわふわしているようで抜け目が無い鋭い娘でトキヤを冷や冷やさせる
元より興味は合ったが舞奈が振られたのを見て、アプローチを開始する
最初はからかっている部分もあったが、段々と本気になってきて……

小悪魔系ヒロインということですが、いざという時に見せる弱さも武器
ヒロイン中一番の巨乳だったり、糸目だったり、ちょっと黒かったり
何かと属性がつめすぎな部分もありますが、可愛い娘だと思います
舞奈シナリオが非常に些細だった反動か副作用が無駄に派手になっています


■水梨美也
みやなのに犬チックな、皆を静かに見守る物静かな先輩
身体の発育に逆転現象が起きている説もありスレンダーである
普段はあまり前に出ないが、トキヤとの縁は他よりも多め
叶に向うトキヤの最後のカベに相応しいヒロインとなっている
リボンはずすとモブっぽいとかいわない

儀式の影響を受ける前からトキヤへ好意を抱いているヒロイン
非常に些細なシーンだがそれが逆に美也の救いだったのかもしれない
なので、ビジュアルの一枚ぐらい用意してもいいんじゃないですかね……
結ばれてからの落ち着いた奥さん具合は個人的に非常に好みだったり

シリアスパートは転校のことが早くに解っているのでそちら重視になります
最初は別れを悲しんでいたが、何度となく延期されるうちに楽観ししてしまう
そこにいきなり前ぶりなしの転校決定、エピローグでもう一回フェイント
最後はいきなり場面移って再会する二人……って間髪入れる間無いんですけど……


そういえば転勤転勤さんざ言われて伸びたけど、ある日いきなり転勤が決定した
っていう同僚がいるのでそんな感じですかね世の中そんなものって感じですね
あ、メグリさん無理に儀式と絡ませる必要ないと思いますよコレは


■浅坂メグリ
トキヤの妹で、トキヤをイケメンに育てるだけの器量をもったハイスペック妹
兄を第一に考えて、通常は何かと助言をしてくれるお助けキャラとしての一面が強い
兄の自信のために良かれと「刻廻の儀」を行うことになるがそれが事件に繋がることに
元よりブラコン気味であり、片鱗を覗かせるが、序盤に紳士的な態度をとることで状況が変化
儀式の副作用便利すぎということで自体は加速していくことになります

浅坂家と白取家、そして「刻廻の儀」の謎があかされることになる最終ルートです
過去の悲恋などが明らかになりますが、こういうことがあった程度で終わるので
特に話が長くなることもなく、素直にベタベタ甘えてくる妹を楽しむことができます
最大の謎は2人を案内してくれた叶が何故裸になっていたかでしょうか巫女服でいいよね


■姫宮結莉夏
美也の親友である先輩、この作品の年上は控えめだが別格にちんまい系である
人の話を聞き後輩のよき相談役になってあげているムードメーカー
サブキャラとしていきそうだが、美也ルート以外は出番が少ないのが難点

基本は親友の好きな人に惚れちゃったどうしようなお話です
周囲に気遣ってな良い娘が多い中で彼女も多分にもれずという感じですね
それはともかく、年上ぶろうとするちんまい先輩好きにオススメな娘です


■相坂紗理奈
見た目が若々しい養護教師、腕前は確かである
少し表情からは読めない部分はあるが、お茶目で親しみやすい教師である
儀式によりトキヤに惚れてからは、時折やわらかい表情が見られるようになる

その雰囲気に反して大胆にアプローチしてくるさまはさすが大人の女性か(関係ない)
表情の動きは小さいものの、てれたり微笑んだりする表情は非常に可愛らしい
少し不思議系な感じですが、教師のヒロインでこういう属性は珍しいですね


【Hシーン】
・白取叶:4
・遠嶋舞奈:4
・世永青葉:4
・水梨美也:4
・浅坂メグリ:4
・姫宮結莉夏:1
・相坂紗理奈:1

メイン格は4シーンずつ、サブは1シーンずつになります
プレイ自体は普通のラブラブHで基本的に2場面で1シーンという感じです
内容自体は口でやるシーンもそこまで多く無いノーマルなプレイが多いかと
一応ヒロインによっては胸だったり足を使ったりというシーンもあり
濃さで期待するものではないですが、回数はそれなりという感じでしょうか


【まとめ】
無理なくまとまったイチャラブ重視の萌えゲーという感じです
シナリオとか設定に拘ると弱いですがヒロインが気に入って可愛い!したいなら○
Hシーンもそれなりにあり、サブも抑えており、システムも快適で安心して楽しめます
シナリオの分岐方式からボリュームの物足りなさが気になりましたが十分なレベルですね

気になったのはシリアスを始めとしたシナリオ展開がパターン化していること
何回遊園地行くのかって感じです、あと逐一絡んでくる「刻廻の儀」でしょうか
美也先輩についてはあまり必要なかった展開ではと思うのですが……

勝手な言い分とは思いますが、連続して攻略していると結構気になる部分でした
変に奇を衒うよりは良いのですけどね、もう少し展開に幅が欲しかったです

後も過去の悲恋はもう少し掘り下げても良いかなと思ったのですが好みの問題でしょうか
資料と叶の解説であっさり解決では少し印象が弱いかなと思いました
ビジュアルの一枚でもあればイメージの補完がはかどった気もするのですが……戯言です

とりあえず気に入ったヒロインとイチャイチャしたければ問題の無い内容
刻廻の儀の謎とか、叶に術が効かない理由とか気になるならちょっと辛い感じです
ヒロインはどれも可愛く書かれているので前者目的なら非常に楽しめるかと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小生はファンディスクで叶と二人一緒に自慰を表明するシーンに、とても興奮した、ごく平均的な一般人ですが、
この作品は神様設定が添え物ていどなのがよい
神の力で何でも叶えられるのでは話として面白くない
やはり人間の努力で栄光をつかみ姿に共感するのだ
多くのヒロインが、そんな力がなくても貴方を好きになったと言うくらいて、スパイス程度に神の力を押さえたことによる勝利であろう
それにしてもCUFFS系列と区別がつかんなこれ

| URL | 2014-08-20(Wed)19:54 [編集]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

コミケでFDが出たのですね……自慰表明が気になる年頃です
私も美也先輩がヒロインだったら不可避になっていたかもしれません

作品の雰囲気にあった設定の深さというのはありますね
重厚であればいいというわけでなく、本作は控えている感じでしたね

CUFFSっぽさは確かにありますね、明るい色遣いがそれっぽいのかなとか
コテコテ過ぎないけど大人しすぎないヒロインデザインがそう思わせるのか
ちょっと上手く説明できないですが、何となくおっしゃることはわかります

RmG | URL | 2014-08-22(Fri)02:08 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。