伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

星逢のプリズムギア 感想

Elysionの「星逢のプリズムギア」の感想です

【あらすじ】
日本の「サードオニックス社」が「コクーン」と「パワーギア」という革新的な技術を開発
コクーンの発明はエネルギー事情に苦しむ日本を救い、インフラにまで食い込むものとなった
パワーギアと呼ばれるパワーアシストスーツもそれまでの技術から一線を画した機能を持ち
そのエネルギーを供給する規格としてコクーンの普及を後押しすることになり世界に広まった
かくして今の世界はコクーンとパワーギアなしでは成立しない社会になっていた


「高原秀」はパワーギア装着者の養成学校「日紅学園」へ幼馴染「百瀬未衣」と共に入学する
そんな秀を出迎えたのは学園トップのパワーギア装着者で有名な「紫藤アゲハ」だった
アゲハは秀のパワーギアの整備技術を買い、入学早々に秀をチームの勧誘に来たのだった
秀は一躍学園の有名人になってしまうが、アゲハのギアバトルへの誘いを断ってしまう

秀には過去の事件が原因でギアバトルを避けるようになっていた
しかし、アゲハや未衣の励ましや自分の中にくすぶるギアバトルの情熱
そして、女性初のギアバトル制覇者として名をはせる神崎睦美の妹「神崎皐月」や
皐月の妹として生活するアンドロイド少女の「神崎ルチル」の出会いもあり
秀は嘗て捨てたギアバトルへの夢を再度追いかけるようになっていく……


【システム】
・画面は16:9
・ヒロイン別音声設定有り

システムは最低限、分岐も最低限なので攻略は困りません

ヒロインは4人いますが、ルートは3つとなっています
攻略できないわけではなく1ルートで2人のヒロインが担当します
ただ、4人ヒロインがいるのに強制で2人を相手するルートは好みが分かれそう


【雑感】
近未来の技術でバトルするギアバトルで頂点を目指すスポーツ青春モノ
人間に技術の革新をもたらした「コクーン」の謎に迫るSFモノの二本柱
といっていいのか、全体的にはどちらにも振り切れていない感じがする作品でした

また、バトルモノをするにはライバル的な存在とかが不在になっていますし
戦いのエフェクトとかが凝っているわけでもなく、全体的に描写が薄めですね
基本はバトルを通して成長していく男女を描く青春物と見るべきでしょうか

どちらかというと主人公が精神的弱い部分のあるヒロインを助けていきながら
自分も成長していくという部分はライターの得意とするところで本作でも健在でした
この辺りもろにいつもの感じなので、苦手な人は注意が必要かと思います

とりあえず凄い壮大な設定があったけど、すごく狭い世界で解決する
何だかんだで学園青春ラブストーリーで説明できそうな内容というところです
派手なバトル展開や、深い設定を期待すると物足りない作品でしょうが
流石に後者を期待する方はあまりいないとは思うんですけどね……


以下、ネタバレを含む感想



【ヒロイン】
■神崎皐月
ギアバトラーとして研究者として教育者として活躍する「神崎睦美」を姉に持つクラスメイト
人一倍努力家であり、学業成績は優秀であるが、実技は上手くこなせずに失敗している
本番で気を張りすぎて緊張してしまいへますることも多いが、パワーギアは他に原因があり……

ヒロインが2人で1つの神崎姉妹ルートにおいて、前半戦は皐月のターンとなります
皐月視点の秀への思いが完全に恋する乙女である辺りが、何かとラブコメをしています
コクーンの力を完全に発揮できないまでも、自分の戦い方を見出して成長していく皐月
皐月やルチルと共に戦う大会は非常に簡略化されているも王道の青春モノというところ

大会後の旅行イベントは皐月視点が中心となり、完全に皐月が秀を攻略していく感じですね
相変わらず主人公の事を少々たたえすぎているというのは今更な感じではありましょうか

Hシーンは皐月との回数の割りに密度が濃く、直ぐにシリアス展開に入ると思いきや……


■神崎ルチル
皐月の妹として学園に通うも、実際はパワーギアと同系列の技術で生み出されたアンドロイド
その性質から初対面の人間とはコミュニケーションが難しいはずだが、秀と未衣には懐く
性格は無邪気でマイペース、秀にもストーレートに好意を伝えるなど積極的にコミュニケーションをとる
しかし、その行動が、秀に積極的にアプローチできない皐月を焦らせる結果となっている

後半はルチルといいますか、ルーを中心としたコクーンを始めとした設定が語られます
過去に秀が出会った女性、未衣ルートで語られた事故の原因、皐月のパワーギアが扱えない理由
他のルートでは仄めかされる程度だった設定が語られる伏線の回収ルートになります
ヒロインとしては完全に皐月とルチルの両手に花状態でヒロインを選ぶまもなく3P展開です

謎の解明はともかく、山場となる事件を起こした黒幕がポッとで過ぎたのが少し物足りない感じです
バトル重視で無いとは言え、もう少し山場として盛り上げて欲しかった部分もあるのですが

Hシーンはルチル単体は1シーンのみですし非常に短いです、その分3Pが2シーンあります
この辺りは、頑張ったかなと思う反面、一人ひとり楽しみたい人には微妙かもしれません


■百瀬未衣
秀の幼馴染、身体がまず先に動く元気少女、小さい自分の身体には少しコンプレックス有り
基本的には気の置けない関係という部分はあるが、ところどころ好意が見え隠れする言動も……
秀がギアバトルを止めるきっかけとなった事件の当事者であり秀に復帰して欲しいと思っている
ジュニア時代からの知り合いであるアゲハに対しては何かと警戒をしている様子である
しかし、多くのシナリオでパートナーとなっている辺り相性はよいのかもしれない

嘗ての事故から自分の右手を怪我させてしまい、ギアバトルの道を諦めた秀を心配している
それを乗り越えて、幼馴染としてではなく恋人として……という定番のお話ですが
それ以外一応、家族をテーマとして扱っている部分があります、未亜もその流れでしょう
未衣を育てた両親の思い、未亜の設定や最後の締めなど比較的しっかり描かれたお話でした
とりあえず普通の恋愛ゲーでもやれそうなアゲハ、設定説明の多い神埼姉妹と比較して
バランスの良いお話になっており、一番まとまっているシナリオではないかなと思います

Hシーンも単独では最大の4シーンです、コスプレもありで頑張っているレベルですね
と言っても最近は萌えゲーだとこのレベルはあるので多いとはいえないのですが……

しかしAで未亜とEで未衣はともかくBCDはどういう名前がついていたんでしょうね……


■紫藤アゲハ
学園でナンバーワンの実力を誇るパワーギア装着者
クールな見た目に反して情熱家であり、かなりのパワーギア馬鹿
自分の実力を最大限に発揮してくれる相手として秀を何度も勧誘する

先輩と共にギアバトルのパートナーになって戦っていくお話
その途中で、ギアバトル一筋という感じのアゲハも恋する乙女となって……
特にシナリオの伏線なども無く、秀に好意を示す女性が現れて焦ったり
家庭の問題によって荒れたりと、実は心に弱さを抱えた年上の女性みたいな話
バトル中の告白についてはコレがやりたかったんだろうなぁ位のノリです

こんなノリなのでさぞやイチャラブは多めでエロも……と思うのですけど
イチャラブはともかくHシーンは1回という最近ではお目にかかれないレベル
他の娘は4シーンとか、3Pとか頑張っているだけに……基本不遇な人ですね




【Hシーン】
・神崎皐月:3
・神崎ルチル:1
・皐月+ルチル:2
・百瀬未衣:4
・紫藤アゲハ:1


ルチルとアゲハの1シーンが燦然と輝きます、全体的に薄いかと思いきや
何故か未衣はそれなりにシーンがあったり、3Pシーンを標準搭載だったり
ヒロインによって、かなり扱いに差があるのですけど……3Pはそれなりですが
基本的にHシーンの濃さを期待するゲームではないと思うと言いかと思います


【まとめ】
設定は凄く壮大ですが、全体的に尻切れトンボで、一応神崎ルートで伏線は回収した感じです
全体を見て特におろそかにされたのが、バトル描写というのが非常に痛いところになります
一応どのシナリオでもギアバトルが絡むんなんですから、一瞬で決着がついたりするのは痛い
そもそも、魅力的なライバル不足で、まともに戦う相手が高屋敷と未亜だけというのが……

睦美さんとかも活かせそうな設定はあるのに、パワーギアきるとモブと同じ立ち絵化したり
ライバルというか全体的に素材から不足しているような感じでしたね、故にバトル中心の
アゲハ先輩があまり盛り上がらないというHシーン以外も不遇の仕様になっているのですが

ということで少なくともギアバトルというスポーツを細かく描写するものでないのは確かで
どちらかというと青春を傾けるためのシンボリックな何かぐらいに捕えると良いかなと
とりあえずスポーツをやっているけど具体的な描写は軽い青春スポコンモノという感じです

未衣と未亜徒家族の描写とか、神崎姉妹の2人の関係とか楽しめる部分はあったのですが
この辺り別にギアバトルの外の出来事であるというのがなんとも切ない部分ではあります
ライター的にバトルをそこまで期待してなかったんですが、無いほうがまとまったのでは?
と思わなくもないです、描くなら演出含めてしっかりと描写をするべきだと思いました

突っ込みどころはあれど一応シナリオとして締まってはいるものの
設定をアレもコレも欲張りすぎて力尽きた印象、ギアバトルに関してはあからさまです
ということで、ギアバトル関連についてスポ根としてバトルとして期待するのは厳しく
それを無視して、普通の青春恋愛モノとして楽しむなら或いはという感じです

正直ギアバトルなど出さずコクーンという不思議な技術に振り回される
ラブストーリーぐらいに抑えた方が締まりもよかったのではないかなと
未衣や神崎姉妹の終盤の展開を見て思いました、ヒロインは未衣が可愛かったです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。