伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カテキョなお姉さんと僕 いけない個人レッスン 感想

U・Me SOFTの「カテキョなお姉さんと僕 いけない個人レッスン」の感想です
定番になった感もあるU・Meですけど、最近狙い撃ちにされている気がする
と、自意識過剰な事を考えてます、お手軽抜き路線で色々出してるだけみたいですが

【あらすじ】
「谷元陽二」は平凡な少年で、完璧超人な姉「谷元美月」にコンプレックスを抱いていた
現在でも学園でトップクラスの成績を持つ美月だが更に上を目指す為家庭教師を雇うという
そんな経緯で美月の家庭教師としてやってきた女性「森内ほのか」に陽二は一目ぼれをする

思いは募り、ほのかをおかずに陽二は自分を慰めていたが、それをほのかに見られてしまう
しかし、ほのかは陽二を軽蔑するでもなく可愛く思いHなレッスンをしてくれるようになる

陽二がほのかとのHなレッスンに嵌っていく一方で、美月はある悩みを抱えていた
そして、美月も思いがけず陽二とほのかのレッスンを見てしまい巻き込まれることに

果たしてこのHなレッスンの咲に待っているものとは?


【システム】
・画面は4:3
・キー設定あり

いつものU・Meということで特に代わり映えは無く
一部のエフェクトが重かったりしますし、テキストのテンポも遅かったり
快適とは言いがたいですが、設定を少し弄ればそこまで困らないレベル
でも、ずっと固辞するようなシステムでも無いなーって思うんですけどね

ちなみにゲームを終了したりしようとするとセーブをするか聞いてきます
未セーブだとありがたいですけど、常にコレだと微妙にわずらわしいですね

ただ個人的に「クレジット」が別枠扱いなのは評価している部分です、はい


ヒロインは2人でEDは3つということですが、基本はほのかがメインですね
分岐は選択05から始まるヒロイン選択だけで決まると思われます
片方を一途に選ぶと選んだヒロインのルート、2人に粉をかけると複数ED
という感じになっています、他に道中の選択肢でHシーンが分岐するものもあります


【ヒロイン】
■森内ほのか
本作のメインヒロイン、姉「美月」の家庭教師としてやってきた女性
一流大学を卒業したプロの家庭教師で、腕前の程はかなりのものである
自慰に走る陽二を年頃だから仕方ないと割り切る大物振りを見せたり
あまつさえレッスンとかなりの熟練者に見えるが経験済みであるも24歳である

レッスンの段階からわかっていたことだが、姉の美月にみつかっても巻き込んだり
あまつさえ弟を使って処女を散らせばいいと提案するなどかなり思考がアレな事も
そんなほのかですがEDとしては普通の年齢差を越えた純愛エンドになっています

Hシーンはお姉さんが教えてあげるということで、ガツガツ陽二を責めないものの
大人の余裕とテクニックで、陽二をリードしてくれる場面が多くあります


■谷元美月
陽二の姉で、明るく活発で社交的、成績優秀で向上心が強く努力家で人思い
と、陽二がコンプレックスを抱いても仕方が無いほどの完璧超人である
大学受験がせまり、努力すれば上に行けるということをネガティブな弟に示す為
大学のランクを上げ、家庭教師をつけることになった(それ逆効果です)
大学受験というワードが出ているので危険と思いきや設定は19歳!……え?

彼氏がいるが未経験である、彼氏は経験者のほうが良いと公言しており
そのためにHまで踏み出せずにいた、その結果、陽二を実験台にすることに……
基本的に彼氏の為、彼氏が居るという建前だが終盤は完全に陽二に嵌っている

足コキなど偶にSな顔を見せることもあるが初心ゆえ、余裕が無いプレイが多い
といっても、こちらはサブと言ってもいい扱いのヒロインなので回数は少ない
あっさりスルー気味だが特に裏設定もない近親プレイなので苦手な人は注意



【Hシーン】
・森内ほのか:9+1
・谷元美月:3+1
・ほのか+美月:4+1

シーンで+1とつけたのはエンディングのシーンで、エンディングに含まれるも
「Hシーン鑑賞」には登録されないプレイに対するものです

見るとほのかオンリーゲーみたいですが、妄想だったり
手だけだったりレッスンということキスとタッチだけだったり口だけだったり
と、あっさり終わるシーンも多いので、回数ほど多くは感じない印象です

基本的にはおねショタということで、ヒロインがリードするプレイが多いです
責めるというよりもリードということで、受けとしてもかなりライトな部類です
例によって陽二のあれが大きい為、本番になるとヒロインも楽しむ仕様になっています
ただ、陽二は快楽に振り回され余裕が無いので逆転という程でもないという
そのあたりのパワーバランスがおねショタでしょうか



【まとめ】
タイトルからして官能小説みたいだなーと思ってました内容もそんな感じです
内容はあらすじに書いたことが殆ど全て、Hシーンの相手を選んでいると
直ぐにエンディングまで行っている感じです、非常にシンプルな内容です

タイトル通りおねショタ路線を期待するならそこまで悪く無いかなと思います
ロープライスとはいえ全体的にあっさりしすぎな気もしますけども
ブランド的にはいつもどおりかなということで、良くも悪くも無くです

しかし美月の登場によって、倫理観とかヒロイン達の感覚が総じて狂って見えるという
あまり内容を阻害する事は無いのですけど、家庭教師のお姉さんというテーマに
ついでで近親要素ぶち込んでいるのは散漫具合が凄いというかなんというか
そんな微妙に狂った要素もありますが、基本は普通のおねショタものということで

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。