伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワルキューレロマンツェ More & More 感想

Ricottaの「ワルキューレロマンツェ More & More」の感想です

【あらすじ】
ベルティーユの決闘は「水野貴弘」と「希咲美桜」を一躍有名人にした
貴弘は有数の実力者にべグライダーとして誘われながらも決められずにいた
そんな中、「龍造寺茜」や「ベルティーユ・アルチュセール」と妙な縁が生まれていき
彼女らにはそれぞれ専属となるべグライダーが居るはずであったが……
また、貴弘を良く知る「柊木綾子」は嘗て諦めた騎士への復帰の道を示唆してくる
まだ自分の行く先を決められずにいる貴弘が選ぶ道とは?


本作は、ワルキューレロマンツェのFDとなっており
人気のあったサブヒロイン3人に本編の4人とは別派生で3つのシナリオという感じです
才覚に溢れた4人の騎士たちとはまた違った物語が繰り広げられることになります


【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定あり
・マウスジェスチャー機能あり

画面エフェクトは凝っていますが、足周りに便利機能は無く
最低限のところを抑えているようなモノになっています

本作ではサブヒロインのシナリオが展開される本編と
前作のメインヒロインのショートストーリーで構成されています

そういえば本作ではHシーンでお尻の穴のほうが無修正なのですが
これは修正ありなしぐらい選べたほうがいいのではと思いますね


【雑感】
新ルート3つと前作ヒロインのショートーストーリーという構成のFD
プロローグはプレイ済みの人はスキップするでしょうし、ヒロインは1人減っています
穴を埋めるショートストーリも短めということで、フルプライスで見ると物足りなさが
ボリュームもですが、見せ方も物足りなさを助長していないかなと思ったりします

お話としては前作があくまで大会を中心にした成長物語になっていたのに対して
本作では大会の外での話が多く、前作とは違った雰囲気にはになっています
どれも王道を踏む感じで悪くは無いのですが、ライバルに敗北からのリターンマッチ
という流れが、少しパターン化しているなというのが気になる部分でしたね
Hシーンのキスシーンに全員2枠割いてしまっているのも含めて、気になりました

ショートストーリーは短いのもありますが、前作の売りとなったHシーンのパワーダウンが
選択肢によってコスチュームが分岐するのは面白いのですけど、物足りません
その分、ヒロインとのイチャラブを重視しているような雰囲気がありましたけど
その方向にいくにしても、やはりボリューム不足がどうしようもなく響くという感じです
ショートストーリーがもう少しハッタリの効く内容だったら印象は違ったのでしょうが……

ということで、FDとして内容は悪くないものの全体的にボリューム不足
Hシーンも本編より抑え気味と物足りなさがどうしても出てしまうものになっています
描写一つ一つはしっかり押さえる部分を押さえていると思うのですけど
フルプライスに度の程度の内容を求めるか次第という感じでしょうかね


以下、ネタバレを含む感想になります



【ヒロイン】
■龍造寺茜
貴弘のクラスメイトで同郷の少女、その関係上貴弘とは友人として仲が良い
日々の鍛錬をかかさずジョストとしての実力も高い、リサなどに並ぶAランク
本シナリオではべグライダーの少女が転校することになり貴弘がべグライダーとなる
その際には、優勝候補の一角として噂されるなど、評判の高さが窺える

真面目でしっかりとした性格に見えるが、その実もろい部分のある茜は
貴弘の協力もあり優勝候補としても数えられるまでになっていた
訓練にも確かな手ごたえがあったものの、本戦ではいきなりスィーリアと当たり……

他ではあまり明るみにならなかった、彼女の持つ臆病さ、もろさが明るみになる
スランプ状態の茜が実家に帰ることになりそれに同伴することになる貴弘ということで
茜の家族と共に茜の故郷で過ごす日々ということで、他と舞台を大きく変えることに
基本ウィンドフォード学園ばかりだったのでこのシナリオは全体的に新鮮な感じでした

実家では茜が尊敬する姉、五月が登場するが、勿論美味しいイベントなどは無いですが
ワルロマは制服が特殊なのでわかりにくいですけど学生なんですよねーと気付かせてくれた
五月さんには感謝します、さらにFDがあっても流石にヒロイン昇格は無いでしょうが……



■ベルティーユ・アルチュセール
騎士としての甲冑姿が目を引く、美を追求しているらしい何かと目立つ女性
言動や態度から誤解されがちだが、実際はかなりの努力家で器の大きい人物
美桜に負けた事をしっかりと認め、ライバル視するなど素直で前向きである

お付きのアンの不調から、ベルティーユのベグライダーとなるシナリオ
特殊事情のノエルは別として、初めてのBランク騎士のサポートということで
あまり日の目を見る機会の無かった貴弘のべグライダーの才能の一端が……

シナリオでとにかく感じるのはベルティーユの器と資質の大きさという感じで
凄くスペックの高い娘だったということでしょうか、それを磨くのは貴弘という感じで
しかし、アリスというライバルが最終地点に出来てしまうのでジョストは地味め
べグライダーとして頭角を現すはずの貴弘もカイルに出し抜かれている感が……

ベルティーユ自体は、印象がギャグっぽいですがヒロインとなると
性格の真摯さや料理などの家庭的な面を見せたりと高スペックぶりを発揮します
胸はヒロイン中髄一の大きさになっており、巨○ファンタジーに出れるレベルです

アリスは始終かませですけど、この娘もいい娘過ぎて勿体無いですね
さらにMoreな展開は……流石にやら無いと思いますけどエリミヤ含めて


■柊木綾子
ジョストに騎士として復帰するお話
後日談としては本編でもあったんですが、本編中の復帰はこのシナリオのみ
ヒロインのパートーナーとしてヒロインの成長を促す展開が多い中で
唯一、貴弘自身の成長が書かれているお話となっておりジョストも含め特殊
過去が在る程度語られる面も含めて本作の最後に相応しいシナリオかもしれません
この作品を終える頃にはエリミヤとアリスというヒロインが気になってるのですけどね

アリスにしてもエリミヤにしてもライバルのクライドにしても基本善人なのですよね
クライドは最初の登場こそあれなんですけど、後半は完全に騎士の道を目指すライバル
という感じで非常に爽やかなスポーツ青春モノになっていますね

ヒロインの柊木綾子はジョストの内容には直接関係無いのですけど
ジョストもヒロインとの恋愛もという感じになるこの話は
本作が掲げる恋もジョストも……に即した内容となっている気がします
因みに、胸の大きさはベルティーユほどではないですが大きかったり

ついでに、本編に求めていたのもこんな感じの理だよなという感じでありまして
甲冑+少女へのこだわりはわかるのですけど、やっぱりコレぐらい男の子な方が
こういうスポーツものは生きてくるなと、思ってしまうお話でした



■ショートストーリー
前作メインヒロインとの後日談にあたるお話
名目どおりショートであり、非常にあっさりとした内容
基本的にはヒロインとイチャラブするだけのシナリオとなっている
学生ならではのイベントが多く、本編からの反動かもしれない

一見関係無いような選択肢で、Hシーンのコスチュームが分岐する


□希咲美桜
貴弘がこちらに来てからの知り合いで、騎士時代の貴弘を知る人物
普通科ながら誤解が元でベルティーユとのジョストに応じることになり
貴弘の助力の下で勝利し、ジョストの類稀なる才覚を見せることになる

内容としては美桜、体育祭で張り切る
多分、体育祭の話と体操服が描きたかっただけではと思う

□スィーリア・クマーニ・エイントリー
1年、2年とジョストで優勝している学園最強の騎士で学生会長
学園でも有数の名家という隙の無い女性で周囲の憧れの的
実力者であるはずの茜はスィーリアの大ファンであったりする

貴弘のかつての師が、スィーリアの兄であることからある程度顔見知りで
騎士を止めた経緯を知っている為、何かと気をかけているほかにも
貴弘の腕を見込んで、べグライダーとなら無いか持ちかけている

忙しくてなかなか会えないスィーリアとプライベートビーチへ行く話
多分水着需要に応える形のお話になっているのかなと思います
基本的に、かわいいものが好きで乙女チックな趣味のある人ですが
導入部の非常に乙女であざといスィーリアがなかなかにツボです


□リサ・エオストレ
一年生から頭角を現した天才少女、人を寄せ付けない雰囲気だが
クールというよりどちらかというと子供っぽくすぐムキになる性格
常に傍にフィオナというナマイキな少女がべったりとついている

お話手してはリサ、バイトを始める……という感じになっています
本編では基本的に余裕が無かった事もあり、素直に甘える姿は良いかと
貴弘と共に、リサの成長の姿を見ていきましょうという感じです


□ノエル・マーレス・アスコット
良家の娘ながら非常に気さくで話し掛けやすい雰囲気を持つ女性
貴弘の腕を見込んでべグライダーを依頼してきた
騎士としてのランクとしてはBだが、大会には自信を匂わせる

家の仕事と学園生活の両立で疲れる慰安をかねて温泉旅館へ……
要は浴衣とか混浴とか卓球とか浴衣Hとかそんな肝心のプレイです
Hシーンの分岐が全裸ではなく、何故かバニーになるとい特殊仕様


【Hシーン】
・龍造寺茜:6
・ベルティーユ・アルチュセール:6
・柊木綾子:6
・希咲美桜:1
・スィーリア・クマーニ・エイントリー:1
・リサ・エオストレ:1
・ノエル・マーレス・アスコット:1

メインとなる3人については6シーンずつあり
しかし、糸を引く官能的な描写があるとはいえキスシーンで2枠あり
実際にHシーンとしてカウントされるのは4シーンだけでしょうか
茜とベルティーユは甲冑でのシーンがあり、尿もあり
対する綾子は甲冑のシーンが無いもののクリア後にエクストラとして
腹ボテ状態での母乳有りのプレイと多少マニアックなものが追加されます

変態的なプレイはあまり無いものの絵の描きかたが萌え系のそれではなく
やたらエッチな感じに見えるのは相変わらずという感じになってます
ただ、スカ的なプレイは無いもののお尻の穴にモザイクが無いのは好みを分けそうです

【まとめ】
Hシーンのパワーは下がったものの、萌えゲーとしてパワーアップした感じで
前作はHシーンが光る予想外の作品となってましたが今回は狙い通りの作品とう印象
濃いHシーンを期待した人には少々弱い作品かなと思わなくもないです

しかし、本作はFDでありながら、ヒロインをしっかり書きたいという思いがあるのか
3人をしっかり描いたはよいものの、結果的にフルプライスとなってしまい
前作よりヒロインが1人少ない、プロローグは飛ばす人は飛ばすという辺りから
本編よりも物足りなく割高に感じてしまう部分が出来てしまったかなと思います

また、全体的にあっさり過ぎたショートストーリもその思いを強めてしまった
この辺り作品がどうこうより見せ方やアプローチがまずいのではと思ったり

ボリュームで不満はあるのですけど、要所要所は抑えている感じでしたね
ヒロインとのイチャラブ部分は楽しめたので余計に物足りなさがある感じです
ショートシナリオがHシーン含めて2倍ぐらいあればかなり印象違ったんですけどね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。