伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【体験版】HHG女 神の終焉 体験版 感想

ういんどみるの「HHG 女神の終焉」の体験版の感想です

【プレイ時間】1時間
【Hシーン】クリア後にダイジェストあり
【内容】シナリオ序盤+Hシーン

【あらすじ】
目を覚ますと「明智久司朗」は記憶を失っていた
久司朗を「兄さん」と呼ぶ妹の「明智光理」に話を聞くと
3日前に行方不明になり発見されたときには記憶を失っていたという

光理との会話の中から徐々に記憶を取り戻していく久司朗
その話の中で、3人の仲の良い女性がいた事を知らされることになる
もっとも聖女に近いといわれる聖女候補「奇稲田撫子」
聖女騎士団の次期団長「フィアナ・アストレイア」
3つの能力(ギフト)を持つ天才として知られる「サリー・霧宮」
いずれも、元の学園を代表する有名な少女達ばかりであった

彼女たちと触れ合って、徐々にではあるが記憶を取り戻していく
そして、光理の中に眠る「メフィスト」と呼ばれる人格の接触と
何故か久司朗の命を狙う「零月」と名乗る相手との命のやり取りの中で
久司朗は本来の人格と自身の武器「高速思考」を取り戻すことになる

全ては思い出せないが久司朗は守護者が優遇される世界を間違っていると考え
能力(ギフト)ではない自身の「高速思考」を武器に世界を変える為に動き出す
その為に、自分に好意的に見える聖女候補の3人を篭絡し手駒にしようとする

どこかで聞いた話な気がするが、気にしてはいけない
メフィストがあきれている気がするが、気にしてはいけない

体験版では一度だけヒロインの誰かと休日を過ごすかのイベントをがあり終了します
クリア後はタイトル画面で光理とフィアナのHシーンダイジェストが登場します


と、タイトルから想像できる通り「Hyper→Highspeed→Genius」の続編になります
ヒロインはメフィスト以外がリセットして全く新しいメンバーに?
という感じですが、前作を知っていれば色々と思うところがあるキャラもいたり

一応初プレイでも、記憶喪失の久司朗と共に世界設定の説明はされますが
序盤の盛り上がり方や終盤の流れも含めて前作をプレイしたほうが楽しめる作品かと



【ヒロイン】
■メフィスト
光理から突如あらわれる人格であり久司朗の目的を達成する為のパートナー
記憶をなくした、久司朗をからかったり誘惑したりと色々楽しんでる悪魔
前の世界でもパートナーであり、今回の世界を壊す為にも力を貸してくれる
ギフトの「悪魔図書館」は、世界すべてのギフトについて記された図書館
久司朗の高速思考によってのみ有効に扱うことが出来る


■明智光理
久司朗の妹、メフィストにのっとられることがあるが、その時の記憶はない
久司朗の記憶を元に戻すべく献身的に頑張ってくれる心優しい妹
高いジーニアス計測値をもつが、いまだにギフトに目覚めてはいない


■奇稲田撫子
元「都立弥生学園」で聖女候補として育てられてきた少女
もっとも聖女に近い為「次期聖女」と既にいわれている聖女候補
育ちの良いお嬢様で、久司朗にも気さくに話しかけてくれる
現在は女子力を高めるべく、奮闘中であったりと普通の女の子
特別カリスマ性があるわけでは無いが強力なギフトを持つが故に
聖女として周囲に丁重に扱われている

ギフトは体験版中では不明(OHPで解りますが)だが
聖女の最有力とされるだけの力を持っている


■西九条綾媛
聖女候補である撫子の護衛として育てられた寡黙な少女
学園の会長で、久司朗の友人である西久条真之介の妹でもある
感情はあまり表に出さず、撫子のためにと日々行動をしている

因みに西九条真之介は前作の久司朗の教師と全く同じ名前である


■フィアナ・アストレイア
元「軍立聖エイプリル学園」の聖女騎士団の次期団長である少女
聖女騎士団は聖女を守るための組織だが、肩書きに反して非常に親しみやすい女性
久司朗にあからさまにアプローチをかけてくるが、何処まで本気かわからない部分も
また、多少記憶を戻した久司朗には自分が「アナ」であるという言葉を残す

■エルアリア・アストレイア
フィアナの妹、体験版では久司朗に一度接触をしてくるのみで情報はない


■サリー・霧宮
守護者の育成ではなく能力の研究に力を入れる「国立キサラギ魔導学園」で
「天才」と呼ばれていた少女、研究熱心で現在の興味対象は専ら久司朗のことである
性格はマイペースで独自のノリで話を進めていく

原則的に1人1つと言われた能力を3つ手にした「天才」として知られる
彼女の持つギフトは皆に知られており「修正天使」「論理回路」「鋼鉄乙女」の3つ
どれもが強力でありどれか1つでもあれば歴代なら「聖女」に選ばれたほどであるが
今の時代では他の聖女候補の撫子、フィアナ、更には光理の方が聖女の適正が高いとされる
そのこともあり、本人も聖女より研究に対して執心している様子である

また、久司朗は彼女のもつ3つのギフトに対して複雑な気持ちに駆られる


■オフィーリア・ランカスター
サリーをライバル視して、一方的に突っかかってくる少女
その勝負はヨーヨーなど、方向性を見失っているようだ
ジーニアスの名門ランカスターの娘だが天才であるサリーには及ばない

前作のパトリシア・ランカスターと同じくランカスターの出
ポーズも微妙にかぶっているが、のけぞりが足りない


■零月
マスクをかぶった謎の女性、世界を壊す久司朗の命を狙う、目的や立ち位置は不明
ギフトはOHPを見る限り……



【Hシーン】
クリア後タイトルで2つのシーンから選べます
・光理:教室の窓へ押し付けてバックから……
・フィアナ:机にもたれさせてバックから……

両方バックだった……


【全体通して】
前作より、更に久司朗のネタ度があがりコメディ成分が強くなった気がします
ピカレスクは何処へやら、何ちゃってワルな主人公のドタバタ能力バトルという雰囲気
前作の受けた部分を強調して、無茶だった部分は切り捨てた感じでしょうか
基本的なノリは変わってなさそうなので、前作が楽しめれば問題なさそうな雰囲気

プロローグで設定の説明などがあるため、今作から楽しむことも出来ますが
どうしても前作を意識してしまう内容である事は間違いのないようでしょう
パックもあることですし、興味があればそちらに手を出したほうがいいかもしれません

前作が必要か否か見極めるのも、この体験版で確認すればよいかと思います
体験版としては各学園のトップにサブとしてつくヒロインが殆ど紹介がなくて
キャラクターが殆どつかめてないのがちょっと物足りないかなというぐらいですかね
むしろ、エルアリアを出す為に少し作を伸ばした印象があるぐらいですが
取り合えず雰囲気やノリを見るには十分な体験版であるかなと思います

前作を楽しんだ身として、今作も抑えるつもり……ということで

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。