伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

受け触手 感想

脳内彼女の「受け触手」の感想です

ネットでの1発ネタを本気でやってやるぜシリーズの新作は
無慈悲な陵辱役である触手を主人公に置き、ヒロインに襲わせること
これはオークがエルフに狩られる作品発売のフラグと見ていいでしょう

【あらすじ】
主人公「魔神三千雄」は見た目がグロデスクな触手であるが学生である
三千雄の存在になじんだ周囲の人々以外は恐れられる存在ではあるが
学園での生活態度は真面目で、将来の夢は医者である(頭は良くない様子)
しかし、母親や幼馴染の「依川やどり」妹の「魔神菜々美」の思いは
そうではないようで日々触手らしく振舞えと啓蒙を促してくる

そんな周囲と自分の思いに苦悩する彼が一番頭を悩ませるのが
やどりと菜々美の魔術を駆使した強引なアプローチであった

【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定有り

最低限……といっても選択肢が2つ,3つとシンプルな短編なので問題なし
攻略対象は2人で、触手ですがハーレムは構築しません
一応菜々美シナリオのほうにはBAD ENDもあるので注意しましょう


【ヒロイン】
■依川やどり
触手の三千雄を変態的に愛している、変態幼馴染
なんとか三千雄と結ばれようと、強引な手段で迫ってくる
三千雄の母を師事しており現在は魔術を駆使するまでになっている
女騎士のように陵辱されたいがむしろぐいぐい迫ってくる

行き過ぎるやどりの性格は何が原因か調べていくうちに忘れていた
過去の記憶がよみがえっていく……やどりが三千雄に惹かれるきっかけ
までは他の作品でも良く使われる設定のそれなのですが、そこからの脱線
最後の展開はぶっとんでいてSF的でいいですね……ということで
まあ、あのまま行ったらヤンデレ物のそれになるんでしょうけど



■魔神菜々美
触手の兄を愛する三千雄の妹、母のような魔女になるべく修行している
その夢は力をつけて触手の兄と2人きりで淫蕩な日々を過ごす為
言動だけ聞くと兄よりも触手のほうが大事なように思われるが
基本的には、やりと同種の三千雄を恐れずむしろ襲ってくる手合い

こちらは菜々美の秘密や魔法設定が中心のシナリオになっていますね
触手分は弱めでHシーンぐらいにしか活躍することはないです
エンディングはやどりと比べると大人締めで全うな展開になります


【Hシーン】
・依川やどり:5
・魔神菜々美:5

「受け」触手ですが、普段のヒロインに押される態度を示したもので
Hシーンについては受けなシーンは殆どありません、多めに見えて2シーン
一般的には魔神菜々美の1シーンぐらいではないかなと思います

ビジュアル自体は最初から快楽落ちした触手陵辱モノという感じで
プレイ自体はヒロインがノリノリで理性のハザマで戦う主人公という構図
ネタとしては面白いですが、ノーマルでも無理やりでも楽しみにくい印象
どちらかというと感じまくって楽しむヒロイン達を堪能するものかもしれません


【まとめ】
一発ネタをエロコメディとしてしっかり纏めているという印象

抜きゲーなどを期待すると弱いですがネタをネタとして楽しめる人なら
これはこれとして楽しめる作品になっているかなと思います

Hシーンはある程度予想できていましたが「受け」じゃ無かったのは残念
そちらを期待する人には弱いかもしれません、いや、受け分を強くするには
どうすればいいのか解らないですけどね、この作品の場合

タイトルとノリでピンと来たらどうぞという感じの作品です
ロープライスならではの挑戦という感じで、おふざけしたい人へ……
ぶっ飛んだお話という面では裏切られないと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。