伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】TOKYO天魔 感想

WILD FLOWERさまの「TOKYO天魔」の感想です

宣伝に書かれている通り女○転生風のRPGです
ツクールがベースですが各要素がかなり作りこまれており
全体的にそれっぽさが良く出ていると思います


【あらすじ】
ある日の休日のこと、暇をもてましていた主人公「祐」は
全国1位をとると呪われるという噂のあるをゲーム「SLAVE QUEST」を
あっさりとクリアし、賞品として謎のアプリ「TENMA」を手に入れる

翌日のこと、バイトへ向かうため地下鉄構内で突然の停電が起きる
どうやらTOKYO全体が停電になってしまったようで駅から出るように言われる
しかし出ようとしたとき、異形の生物に襲われそうになってしまう祐
そんな時、携帯電話が光、彼を守るためにきたという女性が現れる

なんとか目の前の怪物を撃退する祐、助けてくれた相手に事情を聞くと
祐は「TENMA」に選ばれた人間でそれを持って世界を救う存在だという
そして世界を救うために祐は天使と悪魔と契約しながら戦っていくことになる
契約の方法とは悪魔や天使と交わることで……



正直導入からの話の流れはかなり強引だと思います
祐が最初に襲われパートナーに接触したことで初めて悪魔の存在を知ったのに
次のシーンでは既知の情報のように悪魔と天使がTOKYOに現れたとか
イケブクロやシブヤは既に悪魔や天使によって支配されているとか
あまつさえ住人がそこの支配者について愚痴とか言っている状態で

そもそも、TENMAの関わる以前から天使や悪魔がはびこった世界でないと
(一応、人間社会に溶け込んでいた話はありますが、いきなり認知されます)
説明がつかない部分が非常に多いのですけど、それはそれということで

取り合えずお話としては、天使と悪魔のえらいさんに何故いきなり
目立つような行動を取り出したのか、事情を聞きに行くことになります
とりあえずと書いていますが、現バージョンとしてはそれが全てです


【ゲーム内容】
■MAPとか
ワールドマップは街とその間をつなぐ線で構成された単純なものです
街の内部も基本は線がめぐらされているだけの単純なものになっており
ルート上にメッセージを発する人間やショップ、ダンジョンの入り口があります
街内部でも悪魔たちとはエンカウントするようになっており戦闘となります

ダンジョンは3Dダンジョンになります、オートマッピングつきです
ダメージ床、一方通行ぐらいの仕掛けはありますけど、意地悪なものは少ないです
基本的には街にあるダンジョンの奥にいるボスを倒せば、その街はクリア
次の街へ移動してイベントを進めていく……という感じになっています

■戦闘
エンカウントは街と3Dダンジョンにおいてランダムで発生します
戦闘はフロントビュー、基本はターン制の殴り合いになっています
主人公は武器のみ、魔物は魔法と特技も使えるようになっています
相手は全て悪魔、天使といいつつ女の子、魔物娘になっています

・交渉
戦闘をしていると時々、交渉イベントがが発生します
ここで交渉に成功すると敵を仲間にすることが出来ます
仲間にしたときの契約の際、Hシーンを見ることができます(スキップも出来ます)

契約イベントの発生条件は決められた敵パーティ(大抵は同種の2匹組み)で
まだ契約していない敵を倒したときです(2匹いたら1匹倒すだけでいいです)
これについてはツクールの事情が見えるというか融通の利かない仕様になっています

どういうことかというとミノタウロスという敵がおりまして
こいつが存在するパーティはミノタウロスが1体、ミノタウロスが2体
ミノタウロスが3体、ミノタウロスが1体+他の魔物が1体といったものです

このうち契約イベントが発生するのはミノタウロスが2体の組み合わせのみ
他の戦闘ではどうやっても契約イベントへこぎつけなくなっています
運が悪くそのパーティとあえないで手をこまねくことが多くあります

逆に条件さえ満たしていればこちらに契約の意志が無くても交渉イベントになります
交渉しないを選べば良いのですが、ワンテンポ遅れるのは微妙なところですね

交渉については実は正解は限られており、中には特定条件を満たしておかないと
どれだけ頑張っても無駄ということも結構、多かったりするのです
ですから実際交渉を成功することが出来ないのに、交渉するか聞いてくる

あと交渉については殆どノーヒントで、前提条件があるときついのが多いのも印象的
数少ないヒントつきの交渉が実は現バージョンでは、成立しないという
そんなネタもあったりしますけど、もうちょっとパズル要素な感じで
これこれがあればとか暗に示してくれたらよかったのですけども……

・仲魔
契約に成功した魔物は8人(主人公を除けば7人)までならパーティに連れて行くことが可能
契約完了時パーティが満員ならスレイヴローズというルイーダ的な場所へ行ってくれます
スレイブローズに行けばいつでも仲間を入れ替えることは出来るようになっています

仲間はザコボス問わず最初はレベル1になっており育成が可能になります
武器防具などはありませんが、強化アイテムで大幅に強化されます
ステータスの伸びもよく、パラメータ配分しなくてもある程度戦えたりします

レベル1からスタートなので誰でもお気に入りの仲魔をつれることが出来る代わり
中盤以降加入する仲魔が軽んじられることが多いので、少し考えものかなと
ただ、難易度は緩めなので、特に育てた魔物が悪いからゲームをやり直し……
ということには早々ならないと思います、適当でも問題ないかと


・難易度
モチーフがアレなので不安になるかもしれませんが、かなりやさしめです
レベルアップで配分可能なステータスを貰いますが殆ど使わずにクリア可能です
主人公の力を偏重してあげればかなり楽になるかなと思います
中にはジャンキーのように個性的なのもいるのでネタに走るのもいいでしょう


・戦闘について
ニュートラルポーズだけですが、胎児する敵がゆらゆらとアニメーションします
正直このシーンが一番エロいって魔物もいたりします、妙に怪しい雰囲気です
あとHシーンは違いますが戦闘時には魔物娘の声が入っています
この辺りの力の入れようは非常に力が入っていると感心させられました

・パートナーについて
最初のアンケートの結果次第でパートナーとなるのが
ヤタガラスかフェンリルか分岐して、細かい部分で展開が違ったりする
最初の段階で仲魔にならなくても終盤でイベントが仲間になる救済もある



以下、コネタとまとめの話になります




【交渉について】
ヤタガラスルートなので一部が少し違うかもしれません
基本的にはアイテムか仲魔が条件だと思います

・ピクシー:「マジックウォーター」と500Gが必要、マジックウォーターはShibuyaで買える
・エルダナーン:「森のしずく」が3つ必要
・ウンディーネ:交渉の選択のみだがひねくれ気味の返答すること

・ネコマタ:ヤタガラス(パートナー?)がいる状態で交渉
・スレイン:IDカードスレインはダンジョンの出口の宝箱にある
・イレブン:基盤10枚でIDカードイレブンと交換、基盤は口裂け女、因みに「基盤」は誤字
・口裂け女:「黄泉返りの水」所持状態で「キレイ」を選択
・自縛霊:「護符」が10枚必要、宝箱あるいは自縛霊がドロップ

・ジャンキー:アリアンロッドがパーティにいる状態で交渉する
・JKジャンキー:飛べるおクスリは宝箱かJKジャンキーのドロップ

・フレイア:オイル所持で交渉(ダンジョンで入手)
・ナタタイシ:タイシの如意棒所持で交渉
・ミノタウロス(セラピア):スプリガンがパーティにいる状態で交渉する
・玄武:ソーマと異常回復薬が必要

・サキュバス:出現するダンジョンで手に入る淫魔の腕輪ありで交渉する
・雪女(つらら):ヤタガラスが仲間にいる状態で交渉
・エンジェル:エンジェルスイッチを全て押すこと……最新版で可能です


【Hシーン】
交渉に成功すると契約がはじまり、そこで交渉相手とのHシーンが展開
基本的には前戯→本番という構成で2回戦になっています
戦闘中の契約イベントについては閲覧をスキップすることも可能です
再度見たい場合はスレイヴローズで閲覧が可能になっています
ただし、現時点ではレイスとのシーンは登録されないようなので注意

作品タグには男性受け、逆レイプとありますが特段多いわけではなく
むしろ積極的にヒロインに調教的なプレイを施すことも少なくないです
そういったシーンは半分はあるんじゃないかなと思います

受け描写についても、勝った後の契約のためということが多いのでなんとも
主人公もお調子者で、あいてにこういうプレイをしてとお願いして
わざわざMプレイと化している感じも有り、魔物娘ならではの逆レイプ
的なものはあまりありませんし、シチュ的にはあまり嬉しく無い感じですね

そういったシーンが無いわけでは無いが全面に押し出すものではなく
いろんなHシーンを各過程で該当のシチュも幾つかあるぐらいの理解でいいかと
しかし、一通りみないとどの仲魔が受けシチュかもわからないのですね……


【まとめ】
なんだかんだといいましたがゲームの品質自体は高かったと思います
バランスは大雑把ですけど、普通のRPGとして楽しむことも可能ですし
魔物が動いているところとかも、素直に感心した部分でした

ただ今の時点では絶対にオススメとはいえない部分があります
この作品が「第二部に続く」というメッセージで以後イベントが途切れるからです
それがアップデートで追加されるのか、別に続編が出るのかは不明
取り合えずの時点までシナリオが進んで作品が終わってしまいます

シナリオの導入についても設定について突っ込みいれましたけど
お話については未完な部分も含めて現状では評価できません
やる以上はどういう形でもいいからしっかりと完成させて欲しいところです

ということで、雰囲気としては大作を思わせる作品で
光る部分は多分にありますが、その一方で問題点もたくさんあります
その辺り、しっかりと腰をすえて作られていれば化けそうかなと
色々面倒な部分はあると追うものですが力を入れて頑張ってほしい作品です

2部以降が出ましたら、その時改めまとめの感想を書きたいですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

今日はRmGさん。

森の雫はどこで手にいられますか?
エルダナーンを倒して手に入れるしかないんですか?
イシュタルの館で二個手に入れましたが、それ以上は手にいられません教えてください

ロギー | URL | 2014-01-07(Tue)15:14 [編集]


Re: はじめまして

>ロギーさま

アイテムの効果を確認していただければ解ると思いますが
特定種族とはいえ仲魔の強化を促せる強力なアイテムです
故に購入などの救済処置はありません

エルダナーンのレアドロップを狙うしかにでしょう
ドロップの確率的には10%程度ではないかなと思います

RmG | URL | 2014-01-08(Wed)23:02 [編集]


こんにちは

はじめまして、このTOKYO天魔の購入を検討しており、色々調べていたらこちらのページにたどり着きました!
ひとつお聞きしたいのですが、体験版を落としてやってみたところ画面サイズが小さくてフルスクリーン等の設定も見当たらないのですが、これは製品版でも同じでしょうか?
フルスクリーンで見られたら完璧なのですが・・・w

ゲイリー | URL | 2014-02-21(Fri)15:14 [編集]


Re: こんにちは

>ゲイリー様
コメントありがとうございます
ツクールの作品ですので仕様上フルスクリーンは可能です

ゲーム画面でF1キーを押すと
フルスクリーンで起動という項目があります
こちらにチェックして再起動するとフルスクリーンになります

RmG | URL | 2014-02-22(Sat)01:37 [編集]


ありがとうございます!

ご返答ありがとうございます!
フルスクリーンにすることができました。
しかし画質が粗くなっちゃいますね・・・残念っす(´・ω・`)

ゲイリー | URL | 2014-02-22(Sat)12:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。