伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【体験版】PriministAr 体験版 感想

HOOK SOFTより8月30日発売される
「PriministAr」の体験版の感想です


【プレイ時間】1時間
【Hシーン】なし
【内容】導入部

【あらすじ】
2人だけの手芸部の部長を務めており「天馬春近」は自分の実力を磨くためと
他の部への手伝いをしており、周囲に信頼を寄せられる唯一の男子であった
そんな中文化部に所属する男子が「部活棟内での女子のスク水着用義務化」を謳い
女子に猛反発を食らって、文化部を男女別化するということでそれに関わらなかった
春近を除いて男子は文化部棟から全て追い出されることとなってしまう

春近はその批判を免れる唯一の男子となったものの、部員勧誘が殆どできず
部の存続が危くなってしまう、そんな春近を助けるため、幼馴染の「安芸かのこ」
よく部室に遊びに来る流々子先輩の妹でミス七舟としても有名な「継花三澄」
唯一勧誘に成功した新入生の少女「桐理つばさ」が入部をしてくれて事なきを得る

春近以外は学園でも有名な美少女で構成された新生手芸部はどうなっていくのか


【ヒロイン】
攻略対象はOHPなどを見る限り5人でしょうか流々子ヒロインじゃないんだね

■安芸かのこ
家族ぐるみでの付き合いがあり、何かと縁のある幼馴染
春近煮対しては何かと世話を焼こうとする面がある
恥ずかしがり屋なのかエッチなことに免疫がない部分も

■枝那森千里
3人が来る前は春近を除くと唯一の手芸部員であった少女
物静かでマイペース、いつも黙々と編み物をして部室にこもっている
感情表現がストレートで時々非常に大胆な発言をして周囲を驚かせる

■継花三澄
天才的な頭脳を持ち学園にトラブルを巻き起こす先輩である「流々子」の妹で
ミス七舟として知られる姉とは正反対の成績優秀、スポーツ万能の優等生
姉に非常に可愛がられており、自身も多少シスコン気味なところがある
流々子が春近を好いている関係で、三澄自身も春近のことをそれとなく知っていた

■木倉汐路
学園の理事を務めている参宮家の「参宮由芽」の従者をしている少女
由芽にたいしてなれなれしくえらそうな態度をしていた春近の命を狙うもとい
警戒してくることになる、基本的にはクールというか無愛想で由芽最優先の従者
体験版時点では、一度出会って険悪になる以上はないので詳細は不明な娘

■桐理つばさ
木に登って降りられないところで出会った少女、破けたスカートを直して縁ができる
そのまま春近の勧誘を受けて、そのまま入部唯一勧誘に成功した新入生となる
新入生であるが、発育は良くしかし愛らしく奔放な性格と男女に好かれる要素を兼ね備える
先輩であるはるちかと呼び捨てをするが、その自由さもまた彼女の魅力だろうか
体験版では終盤に登場するため、まだまだキャラクターが掴めない娘です


【全体通して】
雰囲気+キャラ紹介というかんじですね、とりあえず最低限の部員数をそろえて終わり
ということで、今後どうなるのかとかそういうものがまったく見えてこないのですが……
基本はお気楽な女の中に男が一人のモテモテ状態を楽しむ部活モノって感じかなと
メインヒロインだけでなく文化部全体に頼られる存在というのがウリらしいです

雰囲気はともかくキャラの紹介としても少し足りないかなと思います
特に汐路とつばさは出会って間もないので、あまり強い印象には残っていません
逆にサブ枠である流々子無双なのは体験版ではある意味仕方ないことか
それにしても三澄よりもよほどヒロインしているのはどうなのかなと思うわけで

体験版ではPITという独自のシステムを見ることができないのでそこは良くわかりません
ストロベリーノーツで使われた機能ということで、それが参考になるのでしょうか
とりあえずヒロインの可愛い部分を見せるところにに特化してるのは確かかなと
その辺りのノリがあえば製品版も楽しめるのではないかなと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。