伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

KISS×800 KISSで学園崩壊? 02屋上編 感想

WINTERSの「KISS×800 KISSで学園崩壊? 02屋上編」の感想です

タイトル通り「KISS×800 KISSで学園崩壊? 01放課後編」の続き
というよりは、舞台設定が全く同じ(細かい部分は違うのですが)で
ヒロインが入れ替えられた感じでしょうか

【あらすじ】
「八百万九郎」は女子どころか男子にも友人がいない「ぼっち」体質であり学園に流れる
『授業中に、教師の眼前で、舌と舌を交じらせ合うキスを10秒以上続けた男子と女子は
今現在、自分が最も熱望する願いを、1つだけ叶えることが出来る』
という奇天烈な噂も縁のない話であった

しかし、その噂を実行する者が現れ、実際に願いをかなえた事から
学園中で噂の関心度が高まり、効力の失った噂に変わる新たな噂を待望されていた
九郎も、この噂をきっかけに自分を変えることが出来ないだろうかと
自身が興味を持っている女性に接触をしていこうと行動に移していくことになる

そして、九郎が興味を抱いている女性達は、それぞれに悩みを抱えているようで
上手くいかない現状をなんとか打破するべく、噂の力にすがろうとしていた
その中で、九郎と実行するのに都合のいい噂が流れ、思わず機会を得ていくい事になる

願いをかなえていく中で段々と過激になっていく噂
それに振り回されていくことになる、九郎とヒロインとの関係の行く末は?


【システム】
・画面は4:3

必要最低限……
音声のキャラ別設定もないですが、ヒロイン3人だけですし問題はないかと
選択肢は少ないので、進行形の便利機能がなくてもそこまで苦労しないかと


【雑感】
前回に続いてということで、細部は違うものの基本的な流れは一緒です
ヒロインは知人であるものの、恋愛感情はないというヒロインばかりで
噂の実行相手として接触を図り、噂を実行する関係に嵌っていくものの
主人公に対して、惚れていくという類の都合の良い展開は存在しません

むしろお目当ての男性に一途で、関係を結んだりとかなり地雷設定が多く
グッドエンドに属するものであっても、スッキリするものではありません
この作品にそういう正当な流れを期待するのがお門違いという感じでありまして
どちらかというと、ぶっ壊れた設定と流れ結末を楽しめるかがすべてでしょう

寝取り寝取られを前面に打ち出しています、正直ヒロインがヒロインなので
寝取られてもという気がしますけど、苦手な人は注意が必要だと思います
寝取りについては、一応想い人がいる裏で関係を結ぶって背徳感がウリでしょうか
プレイしていてもあまり実感がないですけど、そういうのが好きならということで

ロープライスで手を出しやすく、プレイした感触も手軽な感じですので
この狂った設定で楽しめそうなら、試しに手を出しても良いかなというところ
キスに重点を抜き重視の作品として手を出すには色々と癖がありすぎるので
このブランドのカラーをある程度理解したうえで手を出すのをオススメします


以下、ネタバレを含む感想




【攻略メモ】
最初にヒロインを選びます7人いますが、3人しか選びべません
ヒロインのルートに入ると3択の選択肢が2回もしくは3回登場します
そのうち1つでも間違うとBADのヒロインが乱交に走るルートに分岐
すべて正しい選択肢をすると、表面上は主人公が独占できるルートになります

■暁十六夜
『俺でよければ、力になりますよ』
『先生の為なら、どんなことだってします』
彼氏から、「もう結婚するまで、しない」と言われた

■水晶冥
『究極の兄妹愛だよ、それは』
『・・・全力で、努力するよ』


■比企珠里
『俺とつきあう、っていうのは・・・』
『正直、興奮する・・・かな』

【ヒロイン】
■暁十六夜
担任の女教師、学生の面倒見がよく美人である為、学生の人気は高い
婚約者がいるものの全く手を出してくれないことを不満に思っており
自分の事をかまってくれるようにと、奇跡にすがり九郎と関係を持つ

最後まであくまで婚約者の事を愛しているものの、関係には嵌る感じです
一番寝取り感が強いシナリオかもしれませんが、婚約者は設定だけで
特にシナリオ上でてこないので張り合いがないような気がしないでもなく
その代わり、最初の奇跡のあとに普通に婚約者と結ばれたとい言っていたり

結局2度目の噂の行為に及んだ理由って何なのでしょうかね
浮気していたことから、その辺りが関連することがほのめかされますが
2度目の奇跡についてあまり言及されないシナリオが多いのでなんとも


■水晶冥
学園の階段ですれ違っただけの少女、野球部のマネージャーらしい
兄に対して強い愛情を抱いており、リストラされた兄の為に噂を実行する
関係に及びつつも、最後まであくまで兄の為行動するぶれない娘だが
兄がまともであるため、グッドに進むと冥が他の男と関係に及ぶ事はない様子
しかし、EDになっても兄を諦めていないらしくどうすればいいんだ……

一応兄と主人公の容姿は似ているらしいが妥協する気もないらしい、ぶれない

そういえば、4番でエースの野球部に告白されて嫌がっていましたけど
この設定のキャラって前作ヒロインの思い人ですよねって……


■比企珠里
九郎の幼馴染で、幼い頃はよく遊んでいた数少ない顔見知り
再会した時は話せるもののそっけないがとある噂が流れてから接触してくることに
大のファザコンで、脱サラした父親の為に、噂を実行しようと関係を持つ
噂の実行後は、ひたすらに父親とただれた関係を持つなどかなりの地雷キャラ

母親にバレフォローする為に、再び噂を実行するようになり関係を持っていく
その後、何故か父親と関係をもたなくなり、九郎といい雰囲気になっていくことに
……噂にたいして九郎の願いが発言した感じですかね、色々と謎な展開です
唯一結末で正式に結ばれる珍しいヒロインですが、よりによってこの娘ですか


【Hシーン】
暁十六夜:9(うち2シーンが他人との乱交)
水晶冥:7(うち1シーンが他人との乱交)
比企珠里:7(うち1シーンが他人との乱交)
冥+珠里:2

おなじみのキスはあるもののいつもより密度が低めな気も
そもそもシーンが分かれているものの、噂の儀式というものが
だいたい3回のプレイで1セットとなっていまして
1シーンが長い作品なら3セットで1シーンとされそうなレベル

故に数字よりもHシーンは少なく感じたというのが実際のところです
よって回数としてはロープライスの抜きゲーとしてはそこそこですけど
ボリュームとして考えると物足りないかなというレベルですね

乱交シーンは所謂寝取られシーンという感じで消化ね
主人公そっちのけでヒロインが他の男たちと交わります


【まとめ】
Hシーンが顕著ですけど、少し物足りないような……
ロープライスに対する力加減ってメーカーによって違うものですが
本作はヒロイン3人いる事を抜いても少しあっさりしすぎのような気も
放課後編と回数はそこまで違わない気もしますが見せ方の違いかなぁ

コレに加えて普段以上に癖のある作風となっていますので
かなり人を選ぶ作品とであるという事は間違いないでしょう
元より放課後編に手を出してコレまでとなると、理解はあるでしょうが

3部作ということであと1作なので手を出すと思いますが
手軽さという面以外ではあまり800は肯定的に捉えにくいですね
シリーズが好きで、お手軽に楽しみたい需要なら気に入ったキャラのいる
どれか1作という感じではアリかもしれませんが、3作ともなると…・・・

まだ関係を持っていないヒロインは四季と呼ばれる少女のみですが
彼女を中心に3作目がどういう内容になるか少しだけ興味はあるので
がんばって最後の作品まで追ってしまおうと思います……

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。