伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】犯されクエスト 感想

サークルPRISM様の「犯されクエスト」の感想です

昨日も今日も明日も何の変化もない1日を過ごすだけの毎日に
不満を覚えながらその日も「あなた」はいつものように眠りについた

体に痛みを覚えて、目を覚ますととあなたは見知らぬ森の中にいた
何故こんな場所にいるのかも理解できず、あなたは辺りの散策を始める
その先に何が待ち受けているとも知らず……


【ゲームについて】
ストーリーは最低限ですので特に語る部分はないかなと
とりあえず何の特徴も設定もない平凡な男性である「あなた」が
魔物娘のひしめく島を散策していくゲームになります

特定の場所へ近づくと警告的な文章が表示され
さらに近づくとモン娘に襲われることで戦闘になります
戦闘とは言っても問答無用に「犯して」くるモン娘を前にして
あなたが出来ることは、一応程度の抵抗のみになっています

戦闘は絶対逃げられず、絶対に勝つことは出来ません
「戦闘」は犯されることに対するポーズ程度の「抵抗」なのです
敗北後は後日談が語られ、GAME OVERとなりますがその場で復帰可能
再び散策を再開することが可能になっているお手軽仕様です
また、一度襲われたモン娘との戦闘は選択肢で避けることが出来ます

散策といいますが、このゲームは脱出するのが目的ではありません
そもそも、出口などは無くモン娘がひしめく島を歩き回ることしか出来ません

本作に用意されている39体のモンスター娘全てに襲われるとひとまずED
軽いテキストのあと再び探索を続けることが出来るようになっています
タイトルどおりモン娘に襲われることが目的のゲームというわけです

攻略要素自体も、どう倒すか(倒せないですが)
どこにモン娘が待ち受けているか探すのが主になっているかなと
最初はぽこぽことわいて出てくるモン娘ですけども
最後の数匹となると探すのに苦労したりします


【Hシーン】
モン娘は39体ということで39シーンあります
値段を考えるとボリュームはあるほうでしょうか?
どれも戦闘シーン+敗北後のエピローグという感じの構成
戦闘シーンは抵抗の仕方によっては多少テキストが追加されます

犯されというタイトルどおり基本的にはモン娘が主導のプレイです
魅了されて強制的に襲わされるなどの変則はありますけども
主人公が主導でモン娘を襲ったり犯したりということはありません

抑えるところは抑えていますが、モン娘ならではというプレイは少なめ
ただその中で妙に張り切ってマニアックな娘がいたりとアンバランスです
(ゾンビーはかなり上級者向けといえるキャラですね差分多いですが)


【まとめ】
犯されることが初めから決まっているのでゲームというより
特殊なシチュエーション集というところ、あえて言うなら散策要素でしょうか
「クエスト」ということで勝つか負けるかの戦闘を楽しみたい人にはあいません
あえて戦闘をRPGのようにやっていますが、実際はI/Fが特殊なだけのHシーンです

Hシーンについてはタイトルどおりただ犯されるのみになっています
戦闘というフォーマット上、ねちっこいプレイなどは弱いとは思いますが
戦闘で敗北するというシチュエーション含めて楽しめるなら良いかなと

散策要素についてはあっさり回想に含まれるのでそこまできつくないですが
終盤になると全然見つからずマップを無駄にまわることになったりするので
あまり楽しいという印象はありませんでした、少々面倒が勝った部分でした

モン娘は種族も39いるなかで妙に属性が似通っているものが複数至り
そう思ったらかなりマニアックなところをついて浮いているようなものがいたり
と結構好きに詰め込んでいるなという印象を受けるラインナップでした
絵はあえて言うまでもないですけど、バラバラで結構好みが出るでしょう

モン娘にただ犯されたいという方には絵などの好みはあるでしょうが良いかと
無力な男性が無駄に抵抗するもあえなくやられるというのが好きならなおよし
ということで「犯されクエスト」ですけど「クエスト」より「犯され」重視で
モン娘に抵抗が無く、絵なども問題ないなら十分楽しめる作品かと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。