伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LOVELY×CATION2 感想

hibiki worksの「LOVELY×CATION2」の感想です

【あらすじ】
両親の転勤を受けて、学園は変えたくないと1人暮らしを始めることにした主人公
マンションの引越しも無事に終わり、自分の住む街を見て回ることにする
同じマンションということでお世話になった人から進められ神社へ行くと
神主におみくじを半強制的に引かされ、恋愛運が非常に良いことを知らされる
半ば無理やりに納得さられ、何となく恋愛をしようと意識するようになる主人公
果たして恋愛運を活かして恋人を作ることはできるのであろうか?


【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定
・ラブリーコール
・パラメータによるHシーンの分岐あり

ラブリーコールはヒロインは複数用意された名前の呼び方を選択すると
ヒロインが実際に読んでくれるというものです、バーチャルコールで見た!
というのはともかく美少女ゲームだと珍しいシステムになっています

攻略対象となるヒロインは4人、ルート自体はゲーム序盤に決定して、同時攻略は不能
日々の行動によって主人公のパラメータを成長させつつヒロインと恋愛する
どこか懐かしい雰囲気を持ったゲーム性が特徴となる恋愛シミュレーションとなります

本作はメインとなるシナリオは最低限で、MAPを選択して行きアイテムを集めたり
ヒロインと会ったりすることでイベントが進行していくタイプとなっています
ヒロインを攻略すること自体の難易度は高くないものの、Hシーンを回収したり
イベントのコンプリートを狙ったりすると手間が増え戦略性が出てきたりします

割と序盤にヒロインが確定してしまう仕様となっており結ばれるまでの描写は軽く
ヒロインとのイチャイチャやパラメータで分岐するHシーンに対して力が割かれています
シナリオなどは最低限という形でそちらを強く期待すると肩透かしを食らうでしょう

テキストも日常の掛け合い笑わせてきたり興味を惹かせたりるといった展開は無く
割と最初から提示されているヒロインの持つ問題を一緒に解決していく形になります

対してHシーンはイチャラブなどを押したゲームとしては非常に豊富になっており
回数で言えば下手な抜き重視のゲームよりも上回ってしまうほど充実しています


因みにパッチを充てないと差分を上手く回収できないようなので
Hシーンのコンプリートには必須なようです、充てておきましょう


【雑感】
ゲーム性だけでなくテキストとかキャラの設定もアレやコレやなゲームを
意識してると思うのはゲーム部分の印象に引っ張られすぎでしょうか
仕様上、ただシナリオを読んでいるだけのゲームにはなりえないので
ぶつ切りのエピソードとなるのは仕方ないのでそれにあわせたのでしょうか

と言いつつも個別に入ると浮気は出来ずほぼパラメータ上げしかないので
個別のシナリオをしっかり書くことも可能だとは思うのですが
ある程度周回が必要なゲームでもあるので手軽さをとった感じでしょうか
因みに分岐自体は4月8日からはじまって12日には確定するぐらい早いです

ヒロインとのイチャイチャとHシーンが始まってからが本番ということで
ラブラブなHシーンを楽しんだりするには良い内容になっていると思いますが

システムの都合もあるでしょうけど、全体的にシナリオやテキストが弱いです
恋愛して惹かれていく描写などは描かれているものの、テキストに遊びが無く
当たり障りのない話題を繰り返しているだけで非常に印象が薄かったです
シナリオもヒロインの悩みを解決していく普通の恋愛モノというところです

そもそも適当に進めていくだけでも個別のEDを迎えることが出来るレベルです
メインのシナリオは最低限のものとしてアイテムによって発生するイベントや
パラメータによって変化するHシーンなどに力を割かれているのだと考えると
やりこみ時に邪魔になるであろう遊びの部分が影響されないメインシナリオが
長々と存在してしまうのはマイナスですし、コレぐらいがいいのかもしれません

イチャラブについてはヒロインの魅力と相まって楽しむことが出来ました
ヒロインは王道的なキャラばかりですので、大化けするようなことはありませんが
印象で気に言ったキャラがいれば裏切られること無く愛でることはできるかなと

ジャンルを考えるとエロの濃さはかなりのもので抜きを重視した萌えゲーと言うより
萌を取り入れた抜きゲーみたいなバランスに感じました、微妙にニュアンスが違います
ヒロインが可愛いのが良いのは勿論、Hも濃いのが良い人にはうってつけの内容でしょう

ゲーム性のある作品ですが、イベントコンプなどを考えないと難しくはなく
ゲームの長さ自体もそこまで長くないのでお手軽に楽しめる作品ではないかと
いきなりの画面で敷居の高さを感じる人も触ってみればかなり印象が変わるかと

シナリオとか読むのに疲れ、もっとシンプルに可愛い女の子と恋愛したい方向け
またヒロインが気に入った方は勿論のこと、イチャラブとHシーンを気軽に楽しみたい
という需要に対しても少々変り種ですが良いゲームなのではないかと思います



以下、ネタバレを含む感想




【ヒロイン】
■成川姫
立ち寄ったレストランでウェイトレスをしており、目を惹かれた少女
クラスメイトとなりバイト以外の明るく快活な一面も知り惹かれていく
アウトドアや対戦型のゲームといった活発な趣味が多く勉強も得意ではない
最近は危機感を覚え始めて女性らしく可愛くなろうと努力をしている

Hに関しては恥ずかしがりやな部分もあり、他のヒロインより戸惑う部分もある
しかし、回数の多さやプレイの濃さは全ヒロイン髄一といういじめを受けている
最初は拒否するものの段々と受け入れて、最後には過激なプレイも
ということで段々とエッチになっていく女の子って感じで抜き部分が
強い作品ならではの描写だなと、しかしここまで過激なプレイをするほどになって
終盤で凄い初々しい恋人関係の問題で悩まれると凄く困るのですけども
そのギャップも多分魅力です、Hシーンよりキスが後になる系のギャップです


■韮崎日向
同じマンションに住む、家の娘で後輩となる少女
小さいなりだが運動神経は良く陸上部のホープとして期待されていくことになる
幼い頃に母親をなくしており、父親と二人暮らしをしていることから
意識せずに、自分で全てやってしまおうと無理している面がある
その助けになってほしいと父親に頼まれ、そして自身も日向に惹かれていく

優しい先輩から、お兄さん、そして恋人といった順当なステップアップ
最初から親しげにな雰囲気で順風満帆と言った感じのシナリオになっています
素直だけど甘えるのが下手な少女を思いっきり甘えさせてあげましょう
でも、やることはやります、体系のためか抱きかかえるようなものが多いですね
自転車のウェアみたいなのは好みですが脱がせすぎたと思います

ご飯を炊くのが失敗するのはともかく何度繰り返してもできないと言うのは
あるあるネタを越えて、主人公のポンコツっぷりに深刻さを覚えるのですが
結果的にヒロインといちゃつけるネタになるんですけど、うーん


■出水和琴
見晴しの良い場所として教えてもらった場所「岬波神社」で巫女をしている先輩
学園でもトップクラスの美人と言われ文武両道と男女問わず人気が非常に高い
言い寄るものは多いが「学園最強の鉄壁」と言われ、いまだ突破したものはなし
しかし、堅い性格ではなく本人自身は好奇心旺盛でちゃめっけも持ち合わせている
「学園最強の鉄壁」ってセンスがこのゲームらしさといいましょうか
最近の萌えゲーなどと一線を画す点だと思います、ただの思い込みです

年上と言う部分もあるのかHシーンでは何かとリードしてくれるというのが
抜きゲー産エロゲーヒロインらしい面であると思います、ありがとうございます
足とか顔面とか胸とか下手なドS(笑)キャラより押さえるべき点を押さえていると思います
学園最強の鉄壁ゆえにHシーンが一番少ないと言うのが少々残念でした
因みにどうやって学園最強の鉄壁を崩すかと言うシナリオではありません


■吉野谷星音
美人でスタイルが良いものの愛想が悪いことから孤立をしている長身の少女
演劇に興味があるが感情表現が得意ではないため、演技が上手いとはいえない
さらに人と接することも得意ではないために、どうすることも出来ず1人でいる
オタク趣味があったり、見た目にたがわず多くのものを食べたりとギャップが多い

クーデレキャラということで終盤の爆発が期待されましたが本当の最後まで出ません
しかし、表情には出ないものの言葉で精一杯愛情を表現する姿はよかったと思います
もうちょっとギャップで見せてほしいところでしたが、頬染めるような表情も好きです

巨乳キャラということでおっぱいなシーンが多めになっています
ただ、数値見てみると日向以外はどれも巨乳カテゴリーなんですよね
おっぱいも素敵なんですが一番のウリは口で吸われ続けるシーンだと思います
最後のシーンといい口でのシーンが印象深いのですよねこのヒロイン

唯一、パラメータに関係なくHシーンで途中ENDに行ってしまうヒロインです
前作でも似た条件でとちゅうエンドになってしまうキャラがいたようですね
メインヒロインにHシーンがないゲームみたいに、一種の恒例イベントを
狙っているんでしょうか?この要素のせいで真剣に攻略に悩んだのは秘密です


【Hシーン】
・成川姫:11
・韮崎日向:10
・出水和琴:9
・吉野谷星音:11

ヒロインで多少回数が増減するものの最低でも9回以上
平均して10回と恋愛ゲームという土壌を考えると非常に多い回数
シナリオの尺もそれほど長いわけではないので密度もかなりのものです

主人公のパラメータによりHシーンの内容などが多少変化します
それぞれ一度でも達成すると回想で見ることが出来ますが、コンプは少々面倒です

胸、足、尻など多少マニアックなプレイがるもぶっ飛んだシチュはありません
野外とか学園内とかチャレンジブルな場所でのプレイも多い
恋愛や萌えゲーの範囲のプレイで出来る限り回数や濃さを頑張っている印象
イチャラブ推しの抜きゲーとしても十分に通用するレベルだと思います


【まとめ】
面白い試みがあるのに、上手く活かしきれていないなと思うことが多いゲームでした

まず気になったのがシナリオの弱さと言うか設定の甘さとか無茶さとかでしょうか
下手に親の都合で1人暮らしにさせるより、編入してきた設定でよかったのでは
と思うほど過去の1年間なにをしてきたのか疑うほど、何も知らない主人公であるとか
出会って1週間で恋人と疑われるほど仲良くなり3週間で結ばれ2ヶ月で将来を誓い合う
下手に時間経過を終えるようになっているので無茶さが出てきてしまっているような気が

パラメータの上げる作業も1週間で他のヒロインが退場してしまう為、消化試合感が強く
終盤に至ってはシナリオの流れを断つ存在になってしまっているような気もします
そもそもパラメータを上げる意味はあるのかなと思う場面が何度となくありました

Hシーンはノルマを設けるなら、必要な値とか視覚化したほうが良かった気もします
何となくパラメータが必要となるも、何が足りなかったのかわかりませんし
現在のパラメータもわざわざコンフィグを開く手間があるので何度も見ません
ゲーム部分をある程度拘るならこの辺りもう少し意識しやすくしてほしかったなと

アイテムの回収もそうですね、周回を通して回収したことのないアイテムとかが解ると
アイテムを集めるモチベーションなどが生まれやすかったのになぁとおもいました
イベントの回収とかも達成率で表示したり、トロフィーみたいなイメージですけど
集めることにもう少し直感的な楽しみが加わればアイテム群も生きてくると感じました
個人の我侭に過ぎないんですけどね、せっかく用意したのだからと思ったり


ヒロインについては、どの娘も良い子で、イチャラブを十分に楽しむことが出来ました
萌えゲー的なあざとさは余りありませんけど、抑えるところは抑えている感じです
絵も相まって、キャラが気に入れば良質の抜きゲーとして活躍してくれることでしょう
伝統攻撃的には出水和琴押しですね、リードしてくれるヒロインいいよねってことで

シナリオについては、最初から提示されている問題を一緒に解決していくと言う感じで
特に変化球はなく、乗り越えられて良かったねぐらいのお話になっています
山場となる部分もそれほど長くなく、変に落ちることもないですけど、盛り上がりもなく

メインはやはりヒロインとの恋人関係とその中にあるHシーンになると思います
とりあえずヒロインのこと好きになって恋人になってHしようぜってことです
わかりやすくていいことだと思います、それ以上はこの作品には蛇足なのかもしれません
ゲーム性と絡む部分もあるので辺にごてごて長いシナリオでも困るのでしょう

イチャラブとHシーンについては特に問題は無いレベルになっているかと
特に後者は下手な抜きゲーよりも濃く、萌え抜き路線としてはトップクラスかなと
絵師が好きで、絵師の抜きゲーを楽しみたいという狙いでも問題ない内容かと

ゲーム全体としては色々思うところはありますし、シナリオも弱いと弱点はありますが
それを補うだけの要素もあって、十分価値のある作品になっていると思いました
ただ、ゲーム部分についても進化して行ったら面白くなりそうな部分であると思いますので
今後もこのシリーズは作り続けて、順当に進化していってほしいと思った作品ですね


次回作が出るのであれば、その時は注目させていただきたいと思います
その前に、前作も機会があれば触ってみたいですね、アペンドも楽しみにしています

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日向ルートで告白と同時に速攻エッチして生で挿入 ぶっかけした辺りでついていけなくなった。 シナリオ雑すぎ

| URL | 2015-05-28(Thu)06:37 [編集]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

本作は付き合って結ばれてからの恋人関係が本番とも言える作品で
付き合って結ばれるまでの過程は特に弱い部分となっていますね

ここまでにこのネタ(告白、Hシーン)をやるというノルマが透けて見え
本来もっと慎重にこじれてもいい部分をあっさり超えたりしますので
付き合う前後位の関係が好きな方には物足りない作品かもしれませんね

RmG | URL | 2015-05-29(Fri)10:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。