伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GirlsForM  Vol.3 感想

毎回やっているので今回もやるG4M全話の雑感など

Girls for M (ガールズフォーム) Vol.03 [雑誌]Girls for M (ガールズフォーム) Vol.03 [雑誌]
(2013/04/19)
不明

商品詳細を見る


■Jhoshi Kneesoックス!
巻頭カラー、タイトルどおりニーソックス+足コキ
おとなしそうな娘の覚醒って言うシチュは好きです
愛情は無いですけどプレイ自体は軽めな気もします


■eclosion
人妻×ショタということで、だらしない体が少々マニアック
ただの痴女行為ものと思ったらプレイ自体は尿道とか尻とか濃い目です
最後は女装ネタに走ったりとシチュエーションも豊富

■ドミ姉
某キュアキュアな日朝ヒロインっぽいコスプレネタ
話のねた的には白っぽいけどデザイン的には青だなぁと
足とかひっくり返したりありますけど基本は尻多めですね


■僕はキス・キス・キスがしたい
前作の続編になる管理ものってことでノリは同じ
普段は散々翻弄する立場なのにキスには慎重な先輩可愛いって話
キスだけでやられちゃうのっていいですよね好物です


■最高のママ達
オネショタもの、ヒロインは2人と言うことで複数プレイ
プレイ自体はかなりマイルドで受けの範疇ですかね


■秘密基地のおひめさま
LOの再録と言うことでやっぱり苦しい状況なんですねー
ロリと失恋したおっさんの心温まるお話……かなり異質
無邪気さゆえ時々する無茶なプレイはあるものの
元からG4Mのために作られた話ではないとはいえ弱いですね


■すてぃぐま!後編
前作焼印とかで飛ばしていたマンガの後編
今回も痛い系のプレイが多く、男の扱いもかなり酷くなっています
女性にまともな扱いされるなんてぬるい人にオススメのハード路線です
直前の話ときつさのレベルが違いすぎてテンションの置き場に困る


■体を返して代替メイド
女装メイドがSなお嬢様に掘られる話
手堅い内容ですけど話が短いので物足りない感じが


■跪いて悦べ
お嬢様を厳しくしかる家庭教師、しかし裏ではお手伝いさんに調教されていた
そして、その裏の顔は既にお嬢様に知られていて……尿道メインですかね
ページ数が少ないので急展開な感じがもう少しじっくり描いてほしかった


■ダスマデ病メナイ
ヤンデレモノ、輪ゴムで止めたり顔に乗ったり、プレイ自体は軽め
どこかで見たことあるなと思ったらお姫ちんの描いている人か
会話のテンポが妙に警戒、最後のオチが分かるような分からないような


■管理してさしあげます
やんわりした雰囲気のメイドさんに管理されちゃう話
どっかで見たデザインな気がするけどよくある範疇なのかな
いかにもなタイプじゃなくてふんわりした人に責められたい人にはいいかも


■スウィッチ
メガネの娘が恋心を抱いている人を掘るラブラブ路線
甘々プレイだけどしっかり掘ります、逆って言葉が良くあう


■闇への胎動
下半身が蛇の魔物娘モノ
ロールされたり謎の毒で快感を高められて一瞬でやられたり丸呑みされたり
最後は生まれ変わったりと基本が抑えられている印象
本番行為で無双できるのもそういう種族だからってことで
魔物娘は説明しやすいですよねってこと


■りぃんか~ね~しょん
電波な女性に事故死した元彼の転生体と思い込まれてしまい
思い出してもらうために昔はこんな激しいプレイをしてくれたのにと
嘗ての調教内容を男のほうにやっちゃう話、なかなかの複雑設定
いざ挿入すると女性のほうも半狂乱になるのでM度は低いです


■榊原さんは大変な少女を盗んでしまいました。
変態お兄さんが広告と関係ないJCをかどわかして変態しようとしたけど
反撃で倒されて通報されそうになったからマジ謝りして必死に説得したら
なんか足とかで弄ってくれることになっているうちにJCが目覚める話
目覚めた感触は歩けど続きは無いので足のプレイと顔に乗るだけです


■被恋妄想
クールだけで妄想激しい女性が付き合っている後輩の男の子に
妄想たくましい言葉責めをくわえる話、謎のハイテンションである
プレイ自体は大人占めですがあくまで絶対的優位に立とうという
ヒロインの気概は素晴らしいと思います、でもテンション高すぎ


■アイドルであそぼ
ショタ系アイドルがテレビの有力スタッフに体を身売りする話
2人の大人のお姉さんに責められると言うのは定番シチュですね
掘られるシーンがある分最高のママ達よりは濃い目でしょうか


■メロンブックスの冊子
「Jhoshi Kneesoックス!!」「すてぃぐま!」「最高のママ達」「闇への胎動」
「ダスマデ病メナイ」の設定画とかラフとか

■とらのあなの冊子
表紙と裏表紙のキャラ設定とラフと没ネタ集



前回の反動なのか今回はいくばくかおとなしくなりましたね
学園シチュエーション一辺倒だったのが変化したのはよいかなと思いつつ
全体的にあともう少し足りないと感じる消化不良な印象の作品が多かったです

雑誌にこうすれば正解というのは無いと思うのですが
それはともかくとしてまだまだ迷走している感じがしますね
なかなか難しい雑誌であるとは思いますが頑張ってほしいところです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。