伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

プリズム◇リコレクション! 感想

クロシェットの「プリズム◇リコレクション!」の感想です

近未来の街を舞台に、街をアピールする☆☆☆部の仲間たちの奮闘を描くお話

ヒロインは4人、個別ルートに分岐するとほぼ選択肢はなく一本道です
一度の選択肢で分岐するほど単純な構造では流石にありませんけども
狙ったヒロインについてはまず間違いようがないレベルのものです
共通ルートが結構長いので繰り返しは難ですがスキップもあるので
そこまでストレスを溜めることはないと思われます、基本は読んでるだけです

Hシーンは1人7回ずつと、このジャンル(萌え)で考えればかなりの分量
前作よりもヒロインが減ったことで相対的に上がったとみられますが
その裏側はともかく準・抜きゲーぐらいに認定してよいレベルになっています
回数だけでなく1シーン1シーンも結構濃く絵もしっかり描かれています
やりすぎて登場人物のイメージが損なわれるのではと心配になるレベルです
あくまでエロゲーと割り切ればいいですが、少々やりすぎ感もあったり

7シーンもある為ひたすらエロを繰り返すだけと思いきや
シナリオの分量もかなりあります、1ルート1ルートがかなり長いです
イチャラブをしっかり入れつつもそれ以外の部分でも充実しています
画面演出もカットインを使い動きを見せるなどつくり込みが見られ
かなり気合を入れて作られた作品であるなというのは感じ取れます

システムに不便はなく、萌えもあり、エロもあり、ボリュームもあり
絵は個人の好みもあるでしょうが、好きな人には十分な質を保っています
今の萌えゲーの必要とされる要素をしっかりそろえたように見えます

ここまでお膳立てがあるのですが、良く出来た作品かというと……
なんだか素直にうなずけない部分が多々あるのが、正直なところでした
気合が入っているのは解るのですが、上手く機能しておらず空回りしています
話に上手くのめりこむことが出来、全体的に退屈と感じる部分が多かったのです

一言で言うとシナリオなのですが、ヒロインとの関係と進展を見ると
Hシーンの多さで少々阻害されている部分はありますけど悪い印象は無いです
ただ、それでもこの作品のシナリオが微妙と思ってしまうわけには
ひとつの作品として必要なそれ以外の部分が起因しているように思われます

まず問題だったのは何より日常のテキストが非常に冗長であることです
共通ルートは基本こればかりなのでボリューム以上に長く感じました
個別ルートでもキャラが集うと同じ流れとなってしまうので疲れます

日常のテキストは☆☆☆部のメンバーが集って会話することが多いのですが
本題を進めていくうちに脱線していって何の話題だっけ?となって終了したり
散々脱線したのを無理やり戻してぐだぐだのまま終わるという事が多いです
もし、ライターがギャグ系のテキストに強くそのトークで引っ張れるなら
いいのですが、本作はそれに類するようなものではないと感じました

キャラクターは楽しそうに会話していますがプレイヤーが楽しいかは別問題です
仲良く談笑しているグループを見て楽しそうだなとか混ざりたいなと思っても
何のクッションも無くその場にほうりこまれてしまえば困るのは明らかで……
結局、なかなか進展しない会話を早く終わらないかと待つことのみです

他に多く尺が割かれていることとして図南市についての設定説明があります
これは☆☆☆部自体が図南を良く知ってもらうことが目的なのですから
自然な流れではあるのですけど、テキストで伝えられても魅力はわかりませんし
そもそもプレイヤーが良く知ってどうするのかというのが疑問になります

これがシナリオの仕掛けにのために必要な設定であるというならば
もう少し話をまとめてほしいと思いつつもアリではあると思うのですけども
ネタバレになってしまいますが残念なことに殆ど活かされることはありません
真剣にこの辺りの設定を理解すれば、おそらく良く練られているであろう
図南の設定は理解できるかもしれませんが、シナリオの理解にはつながりません


また、シナリオの山場を作るために設けられたのであろうシリアス要素も微妙です
カミカゼ☆エクスプローラーに引き続き、敵の立ち絵といったものは存在しません
それどころか味方であろうとヒロインと一部の親しい人物を除けば立ち絵は無いのです
それで戦闘などされても盛り上がりようもありません、印象に残りません
正直、シリアス関しては他の要素と違い手を抜いている部分があると思います

あくまで萌えをウリとするならシリアスはそこそこでいいとは思うのですが
わざわざ、☆☆☆部などという荒事から遠い集団を用意してのお話で
こんなアンバランスな(結果的にはしょぼい)存在を用意したのはなぜかなと
☆☆☆部に大きな仕事を舞い込むとか、ちょっとした事件に巻き込まれるとか
そういったものでもよかったと思うのですけど……少し大げさすぎるかなと

後はHシーンですかね7シーンはさすがにこのタイプでは無茶があったかなと
広範に固まる関係もありシリアスな場面の前後でもやってしまうことがあったり
正直、ヒロインや主人公の理性を疑うような場面が何度かありました
過激なHシーンは良くも悪くもイメージを変えてしまうものですからね

と、色々と理由はあるのですが何事に対しても配慮が過剰だったのではないかと
作品を良くしようとした結果、別の問題を発生させている部分が多く見られます
過去の反省を活かして進化してきたメーカーですが、気を回しすぎたのか
無闇に膨れ上がってしまっているのがどうにも仇になっているなと感じました


多少のネタバレをにおわせつつ全体の印象になりますが
しっかり作られているのはわかりますしシリアスパートはともかくとして
ヒロインとの関係などは初対面からのステップアップの不自然さはおいて
しっかりとかかれており、魅力などはしっかりと抑えられていたと思います
如何せんボリュームが多いことや、サービス?をやりすぎたことで過剰となり
一気に進めるにはきつい内容となってしまった感があります

しかし、30分アニメを小分けにしてみていくようにゆっくりと進めていくと
また違った印象を受けるのではないかと思います
全体の流れを見る限りそういったマイペースに楽しんでいく
萌えアニメや萌え漫画を意識しているように見られる部分もありますし
それに則れば、ヒロインといっぱいイチャラブが出来て
Hシーンもたくさんある理想的なゲームに化けるのではないかなと思います

EDを迎えるまで一気にプレイする人には厳しい内容
マイペースに少しずつ進めていくタイプの人には結構オススメ
ということで肩の力を抜いてゆっくり楽しみたい人向けの作品ですかね
萌えやエロはしっかり作られているので、ボリュームが多い中で
適当に間引いて目当ての部分だけ楽しめると言う方にも向いているかも知れません

萌えゲーとして楽しむ上での最低限のところは揃っているのですよね……
そこに更に加えた部分が、もろ手を挙げて賛成できる内容ではなかったというだけで


以下、ネタバレを含む感想






【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・「次のシーンに進む」「前のシーンへ戻る」機能あり
・テキストウインドウの移動可能
・シナリオ選択アリ

基本機能+次のシーン、前のシーンというところ
シーンは選択肢ではなく作品中で区切られた単位と言う感じです
よって、次の選択肢へ行こうと思えば数回繰り返す必要があります
多少面倒ですが選択自体は難しくないのでそこまで困らないでしょう

シナリオ選択は一度通過したシナリオの先頭へジャンプできるもの
「最初から」と「プロローグスキップ」と「ヒロインシナリオの先頭」のみで
ヒロインシナリオは一度分岐しないと登場しない為、使いどころは微妙
セーブデータを用意しない人には多少便利かなー程度ですね


最近は立ち絵の演出で趣向を凝らすメーカーは少なくないですが
本作においてはテキスト中のキャラの表情の変化は勿論のこと
別ウインドウを表示しての演出で動きをつけてメリハリをつけようと
という狙いも見られ、かなり作りこまれている印象を受けます

ただ、結果的にそれが効果を及ぼすかというと非常に疑問なところで
画面が忙しく切り替わってるなと思うぐらいの印象は受けるのですが
プレイヤーはキャラクターの動きまで地の文で描写されたテキストを
追うのに気をとられてこの演出にそこまで目をとられることが無いのです
精々動いてるなー頑張ってるなー程度で終わってしまうのが正直なところです




【ヒロイン】
■久我山このか
主人公「久我山昌信」の妹であり、図南に来るときに同居することになった
学園では主席を取るほどの才媛であるが、本人は非常にマイペースであり
真顔で危険な言動などが飛び出したりするかなり困った優等生である

漫画好きで少々オタク気質、兄から送られるマンガを楽しみにしていた
その利害関係を除いても、兄である昌信に対して強い好意を抱いており
兄妹という関係でなければ恋人と見られてもおかしくないような行動をとる
ある日を境に記憶障害をわずらってしまい、何にでもメモを取る癖がある

記憶障害と言ってもそれによってシリアスに描写される場面は殆どなく
むしろ男女の関係を結ぶ為のだしにされている気がするので空けども……
個別シナリオでは記憶探しなどこのかの記憶に感する部分がメインになります

テキスト共通ルートの問題点が、そのままシフトしてきたような印象です
かなり設定のつまったキャラなのですけど上手く活かされて無いなと
ひたすら、このかのキャラで引っ張っていくだけなのですが、流石にきつい
ヒロインの順番(ID程度のものでしょうが)的にはトップなのですけど
4シナリオでも一番動きの少ないシナリオなのでなんとも



■初咲雛乃
このかに主席の座を奪われた次席の少女、頭は普通に良い
その関係で最初はこのかに素直になれないが、基本は穏やかな物腰の娘
昌信のクラス担任となる「初咲詩子」の妹でもある

付き合い始めるまでの関係は本編を象徴するように迂遠ですけども
付き合い始めてからのイチャイチャは非常に良かった部分でした
Hシーンでは何故か尿担当と言うマニアックな一面を持たされることになる

ある種、黒幕となる人物に直接関わるシナリオになっている為に
他のシナリオと比べるとシリアスの比重が多いように思われます
もてあまし気味のシリアス設定はこのシナリオではそれなりな印象
昌信もこのシナリオでは凛々しく活躍……するんですが逆に不自然な気も
ただ、紗耶香シナリオを先にやっているとネタ割れがかなり多いために
この辺りかなり弱くなってしまう可能性があるので順番は注意ですね



■アイナ・アシュウイン
1年前に日本に着たばかりながら、日本が好き過ぎる少女
日本人でも知らないようなことも興味を示していたりしている
気づいたら日本のオタク文化に嵌る少女になっていた気もしますが……

表情が豊かで見ているだけでおもしろい和み担当といったところ
マスコットキャラとしては非常に優秀な人材であると思われます
ヒロイン勢では一番何故昌信に引かれたのか良くわからない娘ですね

個別に入ってから結ばれるまでの過程は奇妙ながらに面白く
この作品のイチャラブイベントでもかなり安定して読めたところです
ここまでで言えば全体から見てもかなり好きなシナリオになります

ただ、シリアスが混ざる後半戦はかなりアレな感じになっています
正直な話、昌信どころかアイナもいらないという状況に陥ります
更に中心となるのが名前だけの立ちえの無い人物がいっぱいと困った事態に
立場的には重要な人物ですが目立つのはどちらかと言うとヴェロニカ

ヴェロニカとの信頼関係を気づいていく流れはヒロインよりも丁寧で
正直ヴェロニカルートに分岐できるようにしたほうが良かったのではと
まあ、FD要員とかなんでしょうかねでるかどうかはともかくとして

とりあえずキャラはいいけど設定で損を負った印象がありました


■連城紗耶香
図南にやってきた昌信に親しげに話しかけてきた☆☆☆部の部長
部活一直線の少女で、押せ押せムードの多少強引な性格の少女
しかし、それはとある過去の経験からとっている態度であり
実際はかなり臆病なところがある少女……という感じで進みます

初見から不自然ほど仲の良かった、紗耶香と昌信の関係については
紗耶香の本質を理解すればすとんと落ちてくるものがありますね
これを踏まえて二段階の構えで仲良くなっていく2人がかかれています
恋愛関係に発展するまでの流れは4シナリオで一番自然だったかなと思います

ひとまず解決したと思ったら雛乃の問題が起きるわけですけども
雛乃さんってこんなキャラでしたっけ?とキャラのブレが大きいのも特徴

シリアス部分は他のシナリオの全体を軽くつまるようなシナリオ
このかの記憶探しをしたり藤倉親子の話に決着がついたりします
☆☆☆部の部長だけあって☆☆☆部の意義を感じ取れる内容であり
作品の設定が上手く活かされたなと思えるシナリオでした、
多少藤倉支長がちょろ過ぎないかとは思いますがこじれても困りますし
これぐらいの力加減が良いのでしょう

ライターの関係が全体的にインモラルな感じです
Hなことはいいですが多少鼻につくことがあったのは確かですね
特に中盤のイベント→Hシーン→イベント→Hシーン→イベント
の流れは萌えゲーとして見るとかなり異質な存在になっているなと



【Hシーン】
・久我山このか:7
・初咲雛乃:7
・アイナ・アシュウイン:7
・連城紗耶香:7

全員が7回ずつ、萌えゲーとしてみるとかなりの回数になっています
殆どが1シーンで2枚以上のCGを用意しており、絵もかなりHに描かれています
マニアックなシチュエーションは無いものの濃さはかなりのものです
ぶっとんだプレイはありませんけど、萌えゲーカテゴリーとしてみれば
かなり異質といっても良いレベルにはなっているかなと思います

ヒロイン全員のおっぱいが大きいのが特徴ですが
プレイは何から何までおっぱいと言うことはないので注意が必要です
といってもパイズリがまるで義務のように1シーンずつあるんですけども


【まとめ】
アイナや雛乃のイチャラブや紗耶香のHシーン
部分を抜き出せばそれぞれいい所はあるのですが全体で薄まってしまい
最終的には退屈だった、むやみにHシーンが多かった、おっぱいだった
という印象ばかりになってしまっている気がしました

イチャラブについては良質なものを全員が兼ね備えているので
そこを目的とするならば決して悪くは無いと思います
適当に間引いてプレイできれば楽しめる作品になるかなと思います

普段のそういったイチャラブを売りすとする作品ならば
シナリオがどうこう言わないのですけど、シリアス部分はさておいて
基本筋がそこまで破綻しているこの作品で強く、ダメな部分があると
感じてしまうのはなかなかに稀有な経験であるなと思ったり

何でもかんでもやり過ぎれば全体が薄まってしまい
本来のウリがぼんやりしてしまうんでしょうかね
要望をただひたすら足し算だけすれば良いというわけではなく
しっかりと取捨選択することが必要だと言うことでしょうね

作品の好みはともかく、メーカーの力はしっかり感じられる作品ですので
次の作品が好みに触れているようならば、再び手を出すとは思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。