伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

【同人ゲーム】Lv1勇者が女神・邪神と♀モンスター繁殖計画を始めました! 感想

蒼見鳥様の「Lv1勇者が女神・邪神と♀モンスター繁殖計画を始めました!」の感想です

内容はというとほぼタイトルで説明されています
女の子として育てられた勇者の「ユウシャ」が
天界を統べる女神「ニヴェア」と魔界を統べる邪神「ザナトリア」に導かれて
数を大きく減らした♀モンスターたちの繁殖を手助けするために
ユウシャが種馬として奮闘していくお話です

全体的にノリはライトでネットのネタやスラングなども多く登場します
その割にはHシーンなどは容赦がなかったりする同人ならではの濃い作品です

ユウシャはニヴェアとザナトリアの2人に良いように扱われていますが
Hシーンなどは♀モンスター攻め、ユウシャの受け一辺倒というわけではなく
攻めも受けも対等もありでさまざまなシチュエーションが用意されています

陵辱は勿論、鬼畜プレイといわれるような部類のものもあり
勿論受けやMなど幅広くシチュエーションが取り入れられていますし
ラブラブな合意の上でのプレイもあるという構成になっています
Mにしても明らかに苦痛だけ伴うだろうというプレイもあますし千差万別

全体を見ればHシーンのボリュームであればかなりあると思いますが
受けのみなど1属性だけを期待してプレイするには少々物足りないかと
また他のシチュが見るのも嫌という人にも厳しい内容になっています
シチュエーションの幅は広い為、モンスター娘に拒否反応がなければ
どこかで琴線に触れるシチュエーションがあるのではないかなと思います

とにかくエロがあればいいという方には良いですが
全てのシチュエーションを楽しめるのはかなりの上級者ではないでしょうか
昔のエロ特化系のゲームに近いんですかね、或いはアリスソフトみたいな
最近はニーズを汲んだ特化系ではなくバラエテの豊かさが売りという感じ

ゲーム要素も少々独特です、一応ADV+RPGのような形式になっています
基本はADVでエピソードごとに区切られたイベントを読み進めていくもの
途中でダンジョンを探索する「クエスト」セックスバトルする「戦闘パート」
あるいはちょっとしたミニゲームが入ったりといろいろと詰め込まれています
テクニックを求められるシーンは殆どなく、攻略は難しくありません
ただ、ランダム要素が強いので場合によってはストレスが溜まる部分もあったり

勿論繁殖が目的なので、♀モンスターと繁殖するのも重要な要素です
繁殖は簡易な調教パートみたいな感じでしょうか、ノルマを達成することで
より過激なプレイなどが可能になっていく感じで主人公の育成にも関わります
本編中にもHシーンはありますが、半分ぐらいはこちらのパートでまかなわれます

メインストーリーの長さはそこまででもないのですけど、やることが多く
それに伴ってイベントが発生していくので結構ボリュームはあります
同人ゲームと考えると割高ですけど、これだけ詰め込んだらとも思います

ただし、シチュエーションは幅が広く、全てを楽しめる人が少ないだろうこと
また、自分の好みでないジャンルも紹介しないと話が進まないこともあり
一部のシチュエーションだけ求める人にはやりにくい作品かもしれません

前提として♀モンスター(モンスター娘)が好きな人
色んなシチュがあるのでその前提があればどれか琴線に触れるシチュもあるでしょう
(目当ての♀モンスターがそのシチュ担当でない場合可能性もありますが)
その分、1つのジャンルに割かれているリソースは多くない点は注意が必要です
特定のシチュに嫌悪感を覚える人は回避できないシーンが多いので厳しいかもしれません
全体的に陵辱シチュエーションが多いかなというのがプレイをしての印象です
(一応スカ系のシチュエーションだけは選択で避ける事はできるようになっています)
もし、モンスター娘がいてとにかくエロがあればいい人には良い作品かと


以下、長々と細かいところを



【システム】
CGモードとボイスモードはあるも回想モードはありません
CGモードは表示に時間がかかりすぎですね、見る気がしません

ゲームとして説明が非常に難しいですが一応

■ADVパート
ユウシャ達の珍道中を書く読むだけのパートです
エピソードごとに分かれており、好きなタイミングで読むことが出来ます
順番もある程度前後することが出来ますし読まなくても進めるものもあります
EDを迎えてもエピソード選択場面に戻るので、それは味気ない気も

全体的にノリは軽くHシーンを除けばシリアスらしいシリアスは殆どありません
パロディネタやネット上のネタも登場するので結構人を選ぶテキストかなと
ただしHシーンなどになると基本は真面目になるのでそちらは安心していいかと


■クエストパート
ダンジョンを探索するパート、タイトルに「クエスト」と書かれています
ダンジョンというも、枝分かれしたすごろくみたいな単純な構造です
スタート地点から1マスずつ進んで、マスにあるイベントを消化します
マスには戦闘、宝箱、罠、EV、ランダムの項目があらかじめかかれており
進むとその通りに止まったマスのイベントを毎回消化することになります

マスは固定ですが、イベントは殆どがランダムに支配されることになります

宝箱はどうやって開けるかを選択させられます、判断する要素はなく
完全にランダムでリスクを負いたくなければ回避すると良いぐらいです

罠は回避することが出来ないので絶対挑むことになります
素数を選択するだけのプレイヤーが確実に回避可能なものもありますが
落とし穴や紐など完全にランダムなものもあります、不条理なレベル
マスが固定ですし進むルート次第ではマスも回避することはできません

ランダムはその通り、5つのカードから選択し
選択されたカードにかかれたイベントが発生します
敵、宝箱、罠、モン素増減、何もなし、ステータスアップがあります

一番右のマスに止まるとクエストクリアーとなりユウシャが成長します
何度も挑むことが出来ますが、同じゴールだと二回目以降は殆ど成長しません
その代わり分岐があって複数ゴールがある場合はその分だけ育成が出来ます
戦闘に勝てない場合はダンジョンに戻ってゴールを制覇するのが良いでしょう

クエストパート自体長くても7マスまでであっさりとクリアはできます
ただし、クリアしないと成果はなく追い返されてしまうのが難点になっています
固定マスですので敵と会うタイミングも固定ですし、ランダム要素も毎回のこと
エフェクトがあるために、1マス1マスが結構時間が取られてしまったりと
何度も挑戦するのは出来るだけ避けたいと思わせるわずらわしさはありました


■戦闘パート
ADVの途中やクエストの道中で♀モンスターと戦闘になる場合があります
内容はセックスバトルですが、自動で進み殆どやることはなかったりします

プレイヤーが出来ることは戦闘前にアイテムを使用しユウシャを強化すること
戦闘中に的確なタイミングで魔獣化させること、戦闘を高速化させることです
あと救済処置?として強制敗北ボタンもありますね

一番重要なのが魔獣化です、ユウシャの攻撃前にZボタンを押すことで発動
レベルに応じた回避不可能の倍撃を相手に与えることが出来ます
ただし、使用後は防御が下がる為に使用するタイミングは必要となります
イベントでレベルが上昇して最終的には3回まで使用が可能のなります

最初はレベル1から発動して、2回目の使用でレベル2、3回目の使用でレベル3が発動
もっているレベルまでの回数しか一度の戦闘に発動することはできません
レベル1は2倍撃、レベル2は3倍撃、レベル3は4倍撃となっております
使用後はそれぞれ被ダメージが1.5倍、2倍、2.5倍となるのでただ使えばいいのではなく
ここぞというタイミングで使い止めをさしてしまうのが有効な手段になります
終盤の敵はステータスが高くてもコレが無いと勝てない場合が多くなります

運任せではありますがクリティカル発生時に魔獣化を発動させることが出来たなら
格上の相手でもあっさりと倒すことが出来たりしますので狙うのも一興でしょう
また、必中であることにも注目、回避がウリの妖精には容赦なく使えば楽勝です


■繁殖パート
♀モンスターと繁殖行為をして子供を増やすパート
1種のモンスターに対して複数回Hシーンが用意されていますが
登場させるにはノルマを達成する必要があります
そのノルマは基本的に繁殖数なので子作りが必要なります

ただし、子作りにはモン素とよばれるパラメータが必要です
これはダンジョンを攻略するか、ダンジョンのイベントで回復するか
一定時間後との回復で補給していくしかありません

このパートの進行はHシーンを見るだけでなくイベントの進行や
ユウシャの育成に含まれるものもありますのでエロ目的でなくても不回避です

Hシーンは同じ種族でも、イベントごとに扱いが違ったりします
相手にやられるものもあれば、徹底的にやってしまうものもあります
中でも陵辱村かなり激しい陵辱シチュエーションがあるために
人を結構選ぶのですけど、イベントの進行やユウシャの育成には必要なものです


【シナリオ】
特に語ることがない気もする5人のほのぼの珍道中?
陵辱などに入るまではシリアスな描写は殆どなく軽いのりでクリアしていきます
途中から天界編と魔界編に分岐して、それぞれの結末を迎えます
といっても同時攻略可能でいつでもプレイ可能なので分岐という気もしません
いくらでも引き返せる仕様ですので緊張感もなにもあったものでないのですが

そういえば、邪神ことザナトリアがやたらユウシャにラブラブなのは
あの魔王とかの影響を受けているんだなと思ったりもします

一応、明確な終わりが表示されるEDがありまして
それは大体のイベントを消化している必要があります
因みに言うと待っているのは陵辱中心のイベントです、ハイ


【Hシーン】
キャラ別に分けようとしたんですけど多いですし一発ネタも多いのでパス

相思相愛でのラブラブなプレイから、♀モンスター主導の攻めプレイ
攻めの範疇を越えて壊されてしまうようなプレイもあったりとM度高めのもあり
逆に徹底的にやってしまったり、ぼこぼこにしたり、とS度が高めなのもあり
満遍なくHシーンは入っているのでこの人にオススメという特化要素はなく
ただ、比率的に言えば陵辱成分のほうが多いかなと思います

ヒロイン?として言えばザナトリアとニヴェアがシナリオ上は目立ちますけど
Hシーン自体は他の♀モンスターというほどの差異はなかったりします
あえて言うならゆぐどら、次いでスラ子、番外でクチナシという感じで
まあ、どちらかというとユウシャでしょうね、ついてるだけの女の子ですし

個人の求める点では数シーン光るところはあるも他は少し……という感じで
求めるシチュは違えどこういう感想を抱く人は多いのではないかと思います


【まとめ】
とりあえず欲張りになんでも詰め込んだ作品という感じで
素材は良いですし、ゲームとしてはしっかりと作られています
モンスター娘に興味が惹かれるならどこからしらヒットする部分はあるでしょう
数打てば当たるという感じで全編において楽しむとなるとかなりの度量が必要です
雰囲気などは体験版でプレイしてみればある程度傾向は読めるのではないかと

過度の期待は出来ませんがなにかしら当たるところはあると思うので
モンスター娘好きで興味があれば手を出すのもありかなというところで
ただ、ゲームパートがあるのでお手軽に楽しみたい方のも微妙かもしれません

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ここの感想いつも参考にさせてもらってます

ななし | URL | 2013-05-09(Thu)20:36 [編集]


Re: タイトルなし

> ななし様
コメントありがとうございます
つたない文章だけの感想ですがお役に立てれば幸いです

RmG | URL | 2013-05-10(Fri)00:42 [編集]