伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】2012年エロゲ+その他個人的まとめ

あけましておめでとうございます!

うん、またなんだ……また、年を越した後まとめることになったんだ

2012年は振り返ると……何だったのかなーとぼやけた印象が
いえ、呆けているわけではなくコレと言った出来事が無い年でした

私のプレイした作品中で話すと、これぞという大ヒットは殆ど無く
全体的に見て悪くはないと思う、小ヒットがかなりあったという印象
小ヒットについてはコレは業界のレベルが前提的に上がっていることや
ユーザーのニーズをしっかり拾っているブランドが増えている感じで
逆に尖った作品を出すメーカーが減っているので、無難に収まった結果
大きく影響を与える作品が減っているのかなと勝手な憶測立ててみたり

最初の方を見ると非常にファンディスクが多いのですよね
しかもファンディスクで終わらず、更に次を匂わせる作品もあったり
ただFDもそれぞれに工夫が見られるなどして気合いが見られており
フルプライスでも納得できる作品も増えてきているので何だかんだで満足したり

しかし、安定しているメーカー程、冒険していないなと思う部分もあり
その辺り寂しくもあるのですよ、尖りすぎるのも困りものですけど
やっぱり意欲的な作品って見てみたいじゃないですか……

そう言えば2012年プレイ作品では欲望に正直なラインナップが多かったです
なんだかんだで増えているじゃないか受け、M路線と言うことでありまして
2013年もこの路線に期待したいところです、今年も暴走できるように
色々な方面で頑張って欲しいところです

それはともかく2012年で印象の良かった作品など適当にピックアップ
例によって長くなったり、ネタバレだったりなので略します





【2012年の7本!】
今年のトップは某くえすと終章!となる予定ですが出ませんでした……
10本選ぼうとしたら微妙に判断に困ったので7本にします

リンクはタイトルは本ブログの感想
()で囲んだリンクはブランドのOHPのトップに飛びます

悪の女幹部 フルムーンナイト(ルネ)
折角厳選したのに初っ端からリメイク作品ってどうなんだ
というのはともかく本編に追加要素を結構付けたリメイク作品です
シナリオの大筋と関わってないんですけどルナルバース13世がヒロイン化し
絶対無敵の女王からダメ人間好きの大人の女性に変わったのは美味しい

ルナルバース13世だけでなく他のヒロインもエピローグや追加Hで
ヒロインとしての魅力をアップさせていたのも良いところでした
全体的に萌えより偏った感じで私が無印に期待した方向性からは
大きく外れたましたが、この作品はこの進化で正解でしょう


デモニオン 魔王の地下要塞(アストロノーツ)
ゴニョゴニョあって出来たアストロノーツ第1弾
単純化された巣作りドラゴンとか身も蓋もないことを言ってはいけない
そこそこに遊べるゲームにハード系のエロということで手堅い作品かと
ゲームはあくまでエロゲーとしての範囲を超えるモノではないですが

基本は陵辱と調教であり以前までの気分でプレイすると少し合わないか
ただ、Hシーンのボリュームは十分にあることは確かなので以後も期待したい所
色々荒い部分もありますが1作目として次回作に充分期待が持てるモノでした
ただ、アスタロト様はもう少し格好を抑えてくれた方が嬉しかったです


えれくと!(アストロノーツ)
アストロノーツ第2弾は後期のBYを意識したような作品でした
サキュバスという設定は私的に思うところはあるのですけども
Hな女の子を書くという意味では、便利なのでしょうね

ヒット作であった「プリマ☆ステラ」に継ぐ作品が中々無い中
この作品で漸くそれらしい作品が出来たなと思います
Hの回数をしっかり抑えつつ、ヒロインの可愛さもしっかり書いています
萌えエロに対するエロ萌えみたいな感じでの作品の1つとして
2012年勢では個人的にヒットした作品でした


てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~(√nuko+H)
選んだのが抜き重視ばかりじゃないか!というのはともかく
選んだ中で一番素直にエロへの重点が置かれたのはコレです
非常に解りやすいゲームですのでそれ以上語ることはありません

シナリオについてはオマケ程度なのは解りますけど
もう少しメイン以外のヒロインを掘り下げて欲しかったなと思いつつ
そういうのがしゃらくせー人には良い塩梅の作品かも知れません


聖もんむす学園(Vanadis)
某もんむすくえすとがモンスター娘にやられたいの最先鋒だとするなら
モンスター娘といちゃいちゃしたいの代表がこちらになるのでしょうか
棲み分けが出来る程ジャンルが育ってきた事に驚く今日この頃です

作品としてはテーマの選定で勝っていた作品と言いますか
種族間の問題と生徒と教師の関係、この辺りだけで膨らませ放題ですよ
尤も今までの作品でしっかりと種族問題をほのめかせてきたから生きる部分で
その集大成の作品であると考えると中々感慨深いモノもありますね

今後もこのシリーズを続けていくと言うことで頑張って頂きたいところ
でも偶にはアルラウネみたいな傾向の作品を出しても良いのよ


ウィッチズガーデン(ういんどみる)
E-moteという武器を抱えてやって来たういんどみる10周年第2弾
立ち絵だけで楽しむという上級者スキルを一般にも落としこんだ作品
終盤ともなればその動きに慣れてくるのですが、それでも素晴らしい
問題は今後このレベルが他の作品にも求められてしまいそうな所か

設定が面白いと思った部分があるモノの、その世界における
主人公が直面している事件の特殊性について上手く描けていなかったなと
周囲の全てが特別で、普通との差別化を図る事が出来ていなかったので
折角つくった設定が上手く動かずに終わってしまっているように思えました

普通の代表を作るなどして差別化を図って上手く盛り上げて欲しかったです
コレに限らずういんどみるは展開の緩急などを上手く使えたらなと思ったり

E-mote含めてヒロインは非常に可愛かったのでそこは純粋に良かったです


ガンナイトガール(きゃんでぃそふと)
最後の最後にやって来た、隠し球ということで
個人的に多分このライターの作品が好きなんだと思います
正直癖がありますし、ストレスの貯まる部分も多いのですけど
このギクシャクした感じが辛いけど楽しいみたいな歪んだ感じで

個人の好みはともかく、シナリオに撒かれた伏線をしっかり回収して
変な専門用語に逃げず納得する形に落としくれたのが好印象です
結局、本当の問題には何もできずに終わってしまうのですけど
その無力さというか主人公の立ち位置も統一されていますし
1つのテーマとしてしっかり抑えられているので仕方ないねと納得したり

設定の補完など1人のライターで書かれている強みが良く出た作品かと思います
ただ、主人公をもう少しだけ賢明にしてあげてもばち当たらないと思いますよ


【2012年の次点!】
エクスクラメーションマークを付けるような称号だろうか「次点」
なんとなく印象の良かった作品の垂れ流しに見えるかも知れませんが
コレでも少しは削りました……解りやすい2012年の傾向かなと

真剣で私に恋しなさい!S(みなとそふと)
超豪華なファンディスクというかどうなんでしょう
アニメの2期みたいな感じの存在です、そう2学期みたいな
新ヒロインや昇格ヒロインについては良いところを抑えていました
今後も続いていくようですが果たしてどこまで続けるのか


同棲ラブラブル(SMEE)
もとよりイチャラブゲーのファンディスクという暴挙、良いと思います
ファンディスクでも+αが多い昨今、多少割高感もありますけれど
抑えるところ抑えているので期待した部分はしっかりと見られるので良いかと


放課後☆エロゲー部!(MOONSTONE Cherry)
MOONSTONEはこちらが本体ということで、安定したお馬鹿なノリの抜きゲー
ヒロインは主人公の何処が好きなのかとか深く考えてはいけない
このハーレム状況を楽しむんだ、もちろんハーレムルートもあります
この作品では、シナリオが全体的に長めなのが多少欠点かなと思ったり
抜きゲーがボリューム抑え目な理由が少し分かった気がしました


神がかりクロスハート!(ういんどみる)
ういんどみる10周年の第一弾ということで、結い橋を意識して作られた作品
「ういんどみるの原点回帰」とは何か人によって違う気もするのですけども
ヒロインの萌えに重視した作品でありながらHに力を入れた作品と見ると
業界全体的にHシーンのボリュームが上がっている中でも充分差別化が図れたかなと

作品全体としては設定などはしっかり作られた手堅い萌えゲーというところで
抜きんでている要素もないのですけど、個人的にヒロインの当たりが多かったです


魔王のくせに生イキだっ!(Luxury)
ミドルプライスの抜きゲー、解りやすい設定は良いと思います
単純化された結果とはいえシナリオはともかく4魔王それぞれのEDは見たかったですね


エロティ課 誘惑研修始まるよ~(アトリエかぐや)
アストロノーツが唯一持ってこれなかったアトリエかぐやのお姉さん路線
1人ちょっとやりすぎたなと思うシナリオがありつつもこれはこれで安定株
今後も頑張って欲しいのですけど……さらに減っているような


ぜったい最胸☆おっぱい戦争!!(softhouse-seal GRANDEE)
恒例のぜったいシリーズですがシステムは単純になっています
変に主人公が暴走したり鬱になったりと言うのもないので安心して楽しめます
過去シリーズでも一番安心してヒロインとの関係が楽しめる作品かなと
あくまで抜きゲーといえばそうですが余計な懸念事項が無いのは大きいです

そういえば次回作の要望を募集していたのをタイミングを逃したのですが
現状を把握できるように、進行状況を視覚化して欲しいと頼んでおくべきだった
バトルロワイアルのアイテムと言い現在の状態をまったく確認が出来ないのですよね
最胸もどのヒロインと関係を持ったか?とか見れるとやりやすかったんですけど


『彼氏いない歴=年齢』じゃ、どうしてイケナイのよ!?(裸足少女)
少し面倒な抜きゲー、目指すところは解りますし面白い試みではあるのですけど
作品のシステムが上手くその要素と噛み合っていないというか殺し合っていました
しかし、INO氏の描く大げさめな胸を活かしたHシーンは良いですし
Hシーンのボリューム自体には文句はないので単純にHシーン目的なら充分アリです


少女迷宮(M-O)
何も言うな


あっぱれ!天下御免 [祭](BaseSon)
本編の仕様を改善するだけでかなり印象が違うんだなと思わされたFD
本編が本編だけにキャラに思い入れがないと有り難みは半減ですが
これだけの人数のヒロインをしっかり拾ってFDとしてまとめたのは見事だなと
ただ本編での自爆を何とか修復した感じに思わなくもありませんが



【2012年の個人的おすすめヒロイン】
・ルナルバース13世(悪の女幹部 フルムーンナイト)
・ユーフォニア・トリニティ(えれくと!)
・汐崎聖(神がかりクロスハート!)
・雪村涼乃(ウイッチズガーデン)
・風祭志乃(ガンナイトガール)

ロングのお嬢様キャラがツボなだけでは?と気付いてはいけない



【私的なこと】
体験版のやる回数が大きく減った2012年です
その代わり同人ゲーム感想が増えたり、回数が安定しなかったり
リアルが忙しいのもありますが、気力が萎えてきた部分もあり
そのしわ寄せが体験版感想に掛かってきています

まあ、頭の中では体験版なんて本人がプレイすればいいし……とか
検討からはずれるゲームの事語るとまとめに困るしとか色々あるんですが
そんなのが色々合わさって疎かになっていっているのが現状です

でもコレやらないと美少女ゲーム記事が減るので
見栄えの為にやっていたり……なんて筋の通っていない話でしょうか
そんな感じで今後も体験版感想は気が向いたら手を出す感じで

2013年の目標は取り敢えず「りんかねーしょん☆新撰組!」の感想を再構築
「ここより、はるか」の感想を書くの2本です、誰も得をしない……

ゲームとしては1月からオーガストが来たりと飛ばし気味なので
まだ暫くネタに困ることはないかと思います、今年もよろしくお願いします

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。