伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】王様はおねショタの夢を見る 感想

excess mさんの「王様はおねショタの夢を見る」の感想です

ゲームの女の雑魚敵にやられたり、巨大化した女性につぶされたりと
少しマニアックなシチュの絵を描かれているサークルさんが
2D格闘ツクールを使って大勢のお姉さんに襲われるゲームを作りました
という感じで、やっぱりこういうジャンルの作品を作るのは行動力ですね

同人ゲームでも、普通のエロゲーでも珍しいアクションゲームで
ベルトロールアクションと呼ばれる系のゲームになっています
といってもラインは1つですし、連打力が求められるシーンは無く
実際触ってみるとまったく違う感じのする、ゲームになっているかなと
因みに、2D格闘ツクールで作られたもので、色々問題があるのはご愛嬌


【ゲーム】
■基本部分
アクションパートの操作は上下左右のみと非常にシンプルです
こちらの通常攻撃は非常に低性能で、隙も大きいものになっています
それに対して敵は大勢で襲ってくるのでひとたまりもありません
序盤こそ何とか捌けますが、難易度が上がっていくと敵の妨害もあり
まともに攻撃されず一方的に襲われて、追い詰められていくことになります
いえ、それが目的だとか、ある種真実なのですが、まあとりあえず

それを覆す為に相手の攻撃時にタイミングよく攻撃すると
カウンターが発生します、これは非常に強力な攻撃で
雑魚敵ならどれだけ耐久力が高い敵でも一撃で倒すことができます
これは周囲を巻き込む効果もあるので、上手く発生させれば一発逆転
という感じで、この攻撃を極めればテンポよく進めることができます

道中ではアイテムが発生しそれを使うことで有利にゲームが進みます
カウンターは相手の攻撃を覚悟するリスクがある攻撃なのですが
アイテムはほぼ一方的に攻撃をすることができるものが多く強力です
後半は特に敵の攻撃が激しく、まともに反撃できないことが多いので
アイテムを使って切り抜けるというのが結構重宝される手段になります

ステージは7つ、一応ストーリーとしては1から7まで連続していますが
最初から7ステージを遊ぶこともできますし、順番は問われません
1ステージクリアごとにタイトルに戻ってステージ選択画面に戻りますし
いつでも終盤ステージなどを楽しむことができるようになっています


■難易度
難易度は後半ほど強い敵が多くなるのである程度難しくなるものの
そこまで大きく難易度は変わっていないかなと思います
さすがにラスボスはある程度のアクションが必要ですけども
基本さえ抑えればコンティニューしつつ最後まで行くことは出来るかと
アクションが苦手な人でもある程度根気強くすればクリアは可能かと思います

ポイントは相手の攻撃タイミングを覚えやすいキャラのカウンターをきわめて
強敵との対峙でそのカウンターしやすい相手と巻き込んで倒してしまうこと
苦手な相手なら下手にカウンターを狙わず通常攻撃で攻めること
相手の呼び動作で特殊攻撃を覚えること、アイテムを大切にすること
このあたりでしょうか、まあ、これぞという必勝法はありません
しかし、カウンターを極めれば生存率や爽快感が一気に上がるかと思います

ただ、敵の行動は基本的にランダムなので、上手く回らない場合も多いです
敵が5,6体固まって時間差を掛けてきたり、妨害攻撃を繰り返したりと
糸口をつかめないような状況になることも少なくありません、防戦一方です
ある種、複数の人間に襲われるのはこういうことだなとリアリティを感じたりも
基本的に極めるというより場の対応力を上げ、生存率を上げるという感じですね
この難易度でも足りない人はHARDモードが用意されています、不条理レベルです



■気になった部分
気になった部分は各ステージが結構長く感じてしまうこと
実質長いのかは計測してないんですけど、そう感じる構成になっています
各ステージは、いくつかのシーン(この数が結構多い)に分かれており
このシーンで何体か敵を倒すノルマをこなしたら次のシーンへという形
これが何回か繰り返しているとボスまで到達するという形です

その何回か繰り返すというのが非常に多く感じてしまいました
基本的にある程度敵を一定数倒すと次のシーンですがプレイヤーにはノルマが見えず
ある程度シーンをクリアするとボスなのですが、そのシーン数もわかりません
背景はある一定の周期で変わっているのですが、それも表面はゴールが見えません
と、終わりが見えにくいステージで延々と雑魚と戦うのはなかなかに厳しいです

敵のバリエーションは結構多いと思うのですが、最初から使いすぎていて
その結果、相対的に少なく感じる結果になっているとも思いました
最初から見ている敵が、何度も出て、またこの敵かーとうんざりする場面も
もう少し登場を絞ったほうが、素材が生きたのではないかなと個人的に思ったり


■おまけ
ステージをクリアするとEXTRAの解凍パスワードが手に入ります
このフォルダには各ステージの裏話や台本が入っています
最終ステージではEXTRAモードを楽しむパッチも入っています

EXTRAについてくるハードモードをクリアするとCGが閲覧できるようになります
ちなみに、パスワードを並べてたて読みしていくと真実が明らかに……


【エロ】
敵に押し倒されると襲われます、描写的にはヒロインから一方的にというところ
一枚絵のカットインもありますが、アクションチップによる描写が殆どです
相続力を働かせるとより楽しむことができるのではないかと思います
そのまま体力を0にされると敗北シーンに移行します、雑魚はここでカットインあり
雑魚全種類についても用意されていますので、期を見計らって負けましょう

ボスは一部の攻撃でもカットインが入ります、それ以外は雑魚と大きな差はないですね
負けシーンは、相手がセリフをはいてくれるのですが、最後の一言はすぐ消えるので
そこは少々もったいないかなと思ったりします、一応見えるんですけどね

あとおねショタということもあるのか、そこまで女性の肌色率は高くないです


【まとめ】
女の子に押し倒されて力で負けちゃってよってたかってやられちゃうっていいよね
ということで、その辺りに興奮できる人なら問題なく楽しめる作品だと思います
偶に不条理な感じで一方的にやられますが、それもご褒美ですという感じで

ゲームとしてはもう少し、って部分は結構あるんですが、クリア不能ではないですし
何を求めるかですが、本格的なアクションを求める方はいないでしょうし……
ご褒美まで遠く、面倒に感じるのならEDITを使えば、自分の理想のステージも作れます
一手間掛かりますが、救済処置は随所に用意されているので問題ないかなと思ったり

※ただし、ツクールの仕様か、スクリプトの問題か進行不能バグがいくつかあるので
そのあたりについては注意が必要です、あとパッチは充てましょう

ゲームとして、見た場合手放しに進めるものではないですが、アイデアは面白いですし
作成者の作りたいものを表現する手段としてはしっかりと成立しているかなと思ったり
こういったニッチなニーズを満たす作品はあまりないので興味があれば是非
単に受けゲーとして期待する人もショタに抵抗がなければ問題ないかと思います
シチュがツボに入ればすごく楽しめる内容のゲームになっているかと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。