伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【PS VITA】イース セルセタの樹海 感想

ファルコムの「イース セルセタの樹海」の感想です

遅ればせながらクリアしました、ある程度要素つぶして25時間ほど
ファルコムの人気シリーズの1つである「イース」の最新作……
といっていいのか、かなり数奇な運命を辿っていたIVが
満を持して登場した感じになるのでしょうか、良し悪しはおいて

個人的にその頃は興味のない年頃だったので知識として
そういえば、妙に立ち位置のおかしいのがあったから、その為か
程度の感慨を持ってプレイしています、よって気分はほぼ新作ですね

内容は記憶を失って樹海から戻ってきたアドルが
領主の依頼を受けて樹海に再びに挑むうちに記憶を取り戻していくと
なんだか大変な野望に巻き込まれて解決することになるようなお話です
作られた時代が時代なのか、全体的にあっさり目な感じのする内容ですね

【システム】
ゲームは、7から続く3人パーティのアクションRPGになっています
ジャンプは実装されていませんので、ローリングしつつ進むタイプ
斬、突、打の3つの攻撃属性を仲間がそれぞれ持っており
敵の弱点によりキャラチェンジをしてつきながら進んで行きます

特に本作ならではといったシステムもなく、安定して楽しめる半面
VITAならではの新たな感動といったものはなかったりします
タッチで仲間への指示を飛ばせるけど解りにくいだけのような……

敵を倒したときにアイテムとお金をばら撒くのですが
コレぐらいタッチで取れるとかしてもバチは当たらないような
回収用のアイテムがあるとはいえ、限られた枠を取るのはうーん

アイテム回収に限らず、樹海間のマップ移動が面倒だったり
個別アクションのためにキャラを入れ替えるのが面倒だったり、演出長かったり
(オズマとカンリリカは使いどころ殆どないというのはご愛嬌)
相変わらず、悪意を感じる期間限定イベントがあったりと不親切な部分が多かったり
全体的に妙に手間取らされるなと思う部分が多い作品でしたね

最近の親切親切なゲーム設計に慣れすぎただけというのもありますが
救済処置を施すなら、この際、最初から何とかして欲しい部分も多いです
マップ移動とゴシップや指圧のコンボはかなりアレだと思います

と、気になる部分はあるものの、安心して楽しめるのは相変わらずで
7とか楽しめた人なら変わらず楽しめるのではないかなと思ったり
グラフィックも、すごく綺麗というほどではないもののパワーアップしています
ただ、表情とか変わらないのですが、プロローグのアドルが倒れるシーンで
無表情になってしまっているのは、最初からつまづいた感じでぐんにょりします


【シナリオ】
プレイヤーとしては樹海の人々の事情に本当に巻き込まれているだけで
最後まで、敵側に対して何も感じることなく悪いやつだから倒していた
見たいな印象があったり……正直、余所者で事情ありとはいえ罵声浴びせる
樹海に住む街の人々のほうが印象悪いという……個人的な部分ですけどね

敵側に変なバックストーリーがあって長々というのも面倒ですけど
それにしても、もう少し因縁の関係を暖めて決戦として欲しかったところです

仲間ももう少し、なんらかのイベントが欲しかったですね
正直、6人は多すぎる気もします、パッケージにいないフリーダさんとか
斬属性と女性のバランスの為にいるんじゃないかって存在感で……

もともと一人旅に+カーナな内容だったようなので
無理に拡張しても、出来ることは限られているのかなという気もしますが
登場時ぐらいしか目立ったイベントがないので基本的に薄いんですよね
ボイスもほぼ軽いつぶやきしかなので、印象に残る部分もなく、薄い
いえ、ふふーんだけはやたら耳に残っているんですけどもね

そして、リーザさん、ヒロイン……だったって感じですかね
今回は思い込みで勝手な判断をして事態を悪化させているだけで
それ以外特に何の活躍もしていないという……レオ将軍のほうが目立ってる
那由多の軌跡のクレハさんもかなり軽い扱いの娘でしたけど
この娘については本当に何もしてないよなーと、邪魔はしましたけど

今風に、メインキャラとか色々個性がつけられそうなメンツを増やしたけど
お話的には大きく改変するわけにも行かないので、それほど出番はなく
結局大きく関わることも鳴く薄い感じなったのかなとそんな印象です
そんな風に思うわけですけど、元をそこまで知らないので憶測になりますが


【まとめ】
安心して楽しめるアクションRPGではあると思います
そこまで長編ということもなく、クリアだけならテンポを崩さず遊べるかと
イベントはいつものお使いですが、マップ移動が不便な分面倒でしたね
タイミングをもらすと取れない系の要素についてはトロフィーに集約されたので
トロフィーを狙わなければそこまで神経質にならず遊べるのは良かったと思います

お話は過去のリメイク的な部分もあり、見た目は色々と新しいけど
根底の部分でどこか古めかしさがあるかなという印象です
全体的に食い足りないというか、もう少し濃い味付けが良かったかなと

がっつり遊ぶ長編ではなく、色々と寄り道が出来る中編アクションRPG
というところで、プレイすればそこそこ手堅く楽しめるかなと思います


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。