伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

少女ラムネ 感想

【ブランドHP】たぬきそふと

【概要】
「立川清(姓名ともに変更可能)」は子供の頃の駄菓子屋での体験を今の子供にもして欲しい
……要約すると小さい女の子とふれあいたいという熱い思いからサラリーマンを辞めて
田舎で儲からない駄菓子屋を営みながら、その生活にある程度の満足を得ていた

少ないながらも可愛い女の子の固定客も生まれ、彼女達の食べた後に残る容器などをオカズに
自分の欲望を満たしていた清であったが、固定客の一人「狭山千恵」が起こした事件を元に
3人とより近い関係となっていくことになり、さらなる欲望を満たす機会を得ることになる
最初は比較的理性的だった清であるが、仲が深まっていく毎に本性を現していくことになる


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・再開機能あり

特筆するのは再開機能でしょうか、前回のプレイを途中で終えていると
「前回の続きから」の様なものを選択しなくとも勝手に開始するようになっています
場合によっては逆に邪魔になりそうですが、普通にプレイする分には便利機能でしょうか


【その他、仕様とか】
ヒロインは3人、内2人に短い分岐がありEDとしては5種類というところになっています
本当にあっさりとした分岐なので、ヒロイン分のエンディングがある程度の認識で良いかと
選択肢は素直にヒロインの名前がついているものを選べば、問題なく分岐できます


【雑感】
かなり幼く見える女性のことが大好きな主人公が色々と暴走しておいたするお話です
Hシーン数はかなりあるものの、本番行為はかなり少なく、イタズラや前戯などが多いです
本作はキツめのプレイもしますし、ヒロインに対して優しいと言い切れないプレイも多く
そういったプレイを楽しめる人は良いですが、あくまで仲良くしたい人には向かないかと

若い子に変態的な欲望をぶつけるのを楽しむ人向けで、それにピンとくる人向けですかね


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

姉と幼なじみは中がイイ! 感想

【メーカーHP】アトリエかぐや

【概要】
「高橋洋輔」は二人の姉に誂われながら可愛がられ、幼馴染の世話になりながら暮らしていた
ある日、地質学者の父から届いた鉱石サンプルを不用意に開けたことで、ウイルスに感染
そのウイルスは片思いをしている人が恋わずらいとも言える軽い発情状態に陥るといもうので
本人の欲望を発散することで治療できるが放置しておくと症状が常在化してしまうのだという

幸いにしてその場に居た4人は誰も片思いなどしていないということで場は収まるのであるが
勿論問題はそう簡単に解決するはずもなく、結局は欲望を発散するために関係を結んでいく
果たして、この恋煩いウイルスの存在は4人の関係に一体何をもたらすのであろうか?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・Hシーンアニメあり
・Hシーンの効果音ごとの設定あり
・Hシーンフィニッシュ固定あり


【その他、仕様とか】
ヒロインは3人、一人毎に3つのEDが用意されており+ハーレムでEDは10
攻略はお馴染みの初体験の相手によって分岐するタイプとなっています
姉2人で童貞卒業しないと幼馴染の初体験ルートという感じの構成になっています
初体験の相手の個別に入った後、フィニッシュで中を選ぶか外を選ぶかで分岐
この3つの分岐がそれぞれのヒロインに用意される感じになっています
ハーレムは3人と関係を結ぶように平行して進めれば登場します、いつものです


【雑感】
安定の路線というべきか、年上の女性に誂われながらも可愛がられるやつです
過去年上路線といえば全員年上でしたが、今回は幼馴染がアクセントとなります
結局Hなことをやって普通逆だろうという感じで、後で恋人になるのはいつものノリ

処女とか独占とかに拘る人には全く向いていませんが本編中は一途なヒロインですし
難しいことは考えずにHなヒロインとひたすらHなことをする話と見ればよいかと
年上のヒロインにリードされたい人向けという感じで、その路線は安定しているかと
良くも悪くも安定路線で、このチームの作品が好きなら安心して手が出せる内容かと


以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

ゆきこいめると 感想

【メーカーHP】Front Wing

【概要】
寒がりで冬嫌いであることを自称する「陸崎瞠」が雪国に引っ越したのは数カ月前のこと
出歩く時は完全防備で、休み時間を暖房近くの席で過ごすなどしてやり過ごしていた
そんな瞠を謎の部活「ふゆ部」のメンバーが目をつけ、勧誘を受けることになってしまう
ふゆ部メンバーの熱意に押し負けてついには冬の良さを少し認めふゆ部に入ることになる瞠
毎日が騒がしいふゆ部で、冬の魅力に触れつつ過ごす先に待っている部員との関係は?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・前の選択肢に戻る/次の選択肢へ進むあり
・タッチパネル対応
・回想シーンのHシーン前後の省略選択可能

前の選択肢、次の選択肢はヒロインの一人「たるひ」でしか正直使いません
特筆すべきは回想でHシーンの前後の流れを入れるか入れないか選べること
即興で抜きを考えると前後は邪魔なのですが、経緯があった方がおもしろシーンも有りまして
こういう風に選べる機能があるのは良いことだと思いました、他でも欲しい機能ですね



【その他、仕様とか】
ヒロインは4人、最初の選択肢の1回でヒロインに分岐します、基本的には以降一本道
ただし、たるひのみ途中で選択肢が何度もあり、一部回収に重要な役割を果たします
サブなどの隠し要素はないので、あのヒロインとかは手を出すことができません


【雑感】
雪国の冬を満喫するADV、全体的にコメディ色が強く、シリアスは控えめな印象です
山場で落とすような描写も少なく、比較的安心して楽しめる作品になっていました
攻略要素もほぼ皆無で、ただ気に入った女の子とイチャラブする内容となっています
Hシーンが結構濃く描かれており、抜き目的でも結構侮れない内容となっています
萌え+Hシーンが中心となり、手堅くまとまった作品になっているかなと思います


以下、ネタバレを含むかもしれない感想です


続きを読む

PageTop

【同人】ましゅまろ☆いもうと☆さっきゅばす☆ 感想

【サークル名】DWARFSOFT

【概要】
「月川佳佑」が純真過ぎて将来を心配していた妹「月川沙紀」の正体はサキュバスだった
沙紀は魔女のサバトの日に力が増して、サキュバスの本性を現れやすくなるのだという
今はサバトの日のみだが欲求不満が貯まるといずれは関係なくなってしまう事が考えられる

例え血の繋がった本当の妹ではなかったとしても沙紀を大切な家族として想う佳佑は
父親が沙紀の症状の直し方を探しだすまで、無事に収めようと奮闘するのだが……


【全体通して】
選択肢でシナリオが分岐していく普通のADVですね、あまりBADな展開などはありません
ヒロインは沙紀の他にサブ的な立ち位置のヒロインが居ますがシーンが少なくEDも無いです
あくまでましゅまろボディーの沙紀に誘惑されながらHをするのがメインとなっています

逆レイプというキーワードがいくつか見られるのですが無理矢理やられている感は無いです
序盤の金縛りにされて襲われる数シーンはそれっぽいシーンとなっているのですけれども
あとは、誘惑に負けてこちらから襲ってしまうようなシーンが多くなっていますね

表面的にはこちらが望んでいないのに向こうから迫られてという感じで見れば痴女的な何か
と見られますが、相手の思うがままに絞られるようなプレイを期待する人には弱いかと
あくまでもHなことが大好きで誘惑して、いざ始まると素直に感じまくるというのが基本で
エロゲ一般でいうところのHな女性って感じに収まっているかなと思います、よくも悪くも

そういう積極的な女の子に迫られてという誘惑シチュ狙いならありな感じでしょうけども
少なくともサキュバスで逆レイプという言葉に胸を躍らせる人には物足りない作品かなと


【Hシーン】
沙紀:20
理璃:2
沙紀+理璃:2

2回戦がある場合はそれぞれ別にシーンで登録されますので、回数はこれより実際少なめです
サキと沙紀が別扱いの場合もあるのですが、解釈で分かれるのであえて明記はしません
無理矢理やられるのは精々5シーン程度で、後は感じまくりでやられている感じは弱いです
トランジスタグラマなましゅまろボディの沙紀とHするのが本作のほぼすべてとなります

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。