伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あま恋シロップス~恥じらう恋心でシたくなる甘神様の恋祭り~ 感想

MintCUBEの「あま恋シロップス~恥じらう恋心でシたくなる甘神様の恋祭り~」の感想です

【概要】
「花鳥幸和」の暮らす「星籠町」では旧暦の七夕の日、「星逢い」と呼ばれる祭りが行われる
星逢いが迫ったある日のこと、幸和たちの前に町に伝承が残る神様「まんじゅう様」が現れる

まんじゅう様の言葉を解する「日下穂積」曰く、まんじゅう様を目覚めさせた幸和の周囲の人は
「気枯れ」と呼ばれる精気を失った状態となり、エッチなことがしたくなってしまうのだという

この事態を収めるには「星逢いの礼」を成功させ、まんじゅう様を封印する必要がある
しかし、星逢いではなく星逢いの礼とは何か正体がわからないまま、日は過ぎていき
気枯れによって発情した周囲の女の子に迫られる状況に振り回されることになっていく

星逢いの礼とは?そして、この事件をきっかけに急接近した女の子の中で幸和が選ぶのは?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・前の選択、次の選択肢へのジャンプあり
・絶頂カウンターあり
・Hシーン選択肢固定あり

欲しいシステムはほとんど揃っています、まるで抜きゲーのような便利機能もあり
プレイする上でストレスとなりそうな部分はないかなと思います


【仕様とか】
ヒロインは4人、選択肢が解りやすいので、集中してヒロインを選べば分岐できます
また、ヒロイン4人の誰にも分岐しないともう1シーン見ることができるようになっています


【雑感】
タイトル通りヒロインとひたすら甘いトークとラブラブエッチを楽しむ作品となっています
一応、まんじゅう様関連など、最低限の設定フォローはあるのですけども、基本はイチャラブ
難しいことは考えずに、気になる可愛いヒロインたちのラブアピールを堪能しましょう
ということです、この説明だけで胸焼けした人は注意が必要です、糖度はかなり高いですから

極力雑音が混ざらない構成になっており、ストレスなく楽しめるようになっています
ただ、萌えゲーとしてはHシーンが多めの作品となっているところが特徴となっており
変にHシーンが多いと気になると思う方は、微妙に引っかかるところがあるかもしれません
プラスに考えられる方には、作品の雰囲気が気に入れば裏切られることはない作品かと


以下、ネタバレを含む感想です



続きを読む

PageTop

キシ×カノ 感想

ぷちうさの「キシ×カノ」の感想です

【概要】
震災の被害を受け、海外からの支援を受け復興した御剣場市は、西洋風の街並に生まれ変わり
支援国からの多大な支援と誘致活動を受けた結果、治外法権のような状態となっていた
従来の警察機構が迂闊に手出し出来ない状態となり、結果、独自の治安維持を担う存在として
「騎士団」が設立、運営されており、騎士を養成する学園も生まれる結果となった

「桐谷総一」はそんな騎士を養成する「エッジワース騎士養成学院・御剣校」に通う学生であり
「騎士の祭典」と言われる「エッジワース騎士養成学院総合武芸大会」の優勝者の証である
「名誉騎士」を目指し、同じ寮に住む4人の女性に囲まれながら、訓練の日々を過ごしていた

そんな「騎士の祭典」に今年から新たな競技が追加されたことになり話は意外な方向へ
5対5のチーム部門、1対1の個人部門に加えて新たなペアで挑む部門が創設されることで
総一を想っていた4人の女性はより過激に積極的にアプローチしてくる事になる

過激なアプローチを受け、ヒロインたちの想いを知ることになった総一は誰を選ぶのか
そして、騎士の祭典で活躍して名誉騎士になることができるのだろうか?


【システム】
・画面は16:9
・ヒロイン別音声設定あり


【仕様とか】
ヒロインは4人で、シナリオ中盤の選択肢1回で分岐します、特に攻略制限はありません
4人のエンディングを見るとタイトル画面にハーレムルートが登場します
サブヒロインが2人ほどいますがエンディングはおろかHシーンすらありませんので注意


【雑感】
ヒロイン全員が最初から主人公に好意を抱いてアプローチをかけてくるハーレム状態
騎士の祭典がきっかけとなりヒロインを選ばざるをえないという解りやすい状況です
剣と制服を身にまとったヒロインとイチャイチャしたいというのがこの作品の基本です

本作の基本的な目的としては騎士の祭典で良い成績を残して名誉騎士になることです
話の期間が騎士の祭典の間のみになっており、共通ルートまでに3つある部門の内
「部隊戦」が終わっており、個別ルートでは個人戦とツーマンセル戦のみとなります

作品の構造をシンプルにしすぎるあまり、シナリオ中でこなすイベントがあまり多くなく
結果、シナリオだけをみるとあまりにあっさり終わってしまう内容になっていました
実際のプレイ時間以上に、作品のボリュームが物足りなく感じてしまう作品になっています

ハーレムシナリオがあるように、ヒロインが付き合い始めても、他の3人は総一を狙ったり
と、ハーレム展開が好きな人にはヒロインとの絡みは楽しめる部分があるのではないかなと
最初に全員に手を出してしまうあたりは、かなり好みが分かれそうではあるのですけど
例え付き合ってなくてもヒロインの心は全員主人公のものとわかりやすく示している
環境ですので、ハーレムシチュが好きな人には安心してプレイできる作品ではないでしょうか


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

【同人ゲーム】LevelDrain2~尻尾に吸われるためのレベル上げ~ 感想

askotさまの「LevelDrain2~尻尾に吸われるためのレベル上げ~」の感想です

【概要】
勇者「エリック(変更可能)」と仲間の魔族「サラ」は旅の途中で魔王の幹部と出会い敗北
傷ついたサラは目を覚まさなくなり、エリックも力をほとんど奪われLv1になってしまう
今後の事を憂うエリックの前に、魔族の幹部が街の建物の中に入っていくのを見つける
その建物は風俗店が集まった風俗ビルで、その魔族はVIP会員専用の部屋の相手であるらしい
VIP会員になり幹部と出会うにはこのビルの風俗嬢にレベル100以上捧げる必要があるという

また、ビルの屋上で待つ魔族のことも気になるが、目を覚まさないサラのことも気になり
戦えたとしても今までの戦力では厳しい……果たして、エリックは魔族を倒せるのだろうか?

レベルアップをして、態々レベルドレインをしてもらいにいくという仕様が特徴的です
風俗という扱いから解るように、、相手から強制的にレベルドレインを受けるのではなく
レベルドレインを自ら受けに行くという形で敗北感ではなく、背徳感を売りにした作品です

風俗としいうことで、相手からしてもらうことになりますので、受け~M向けのプレイが基本
戦闘敗北系のような命を奪われるようなプレイはないのでM度は若干低めかもしれません
ただ、力のない相手に、骨抜きにされていいように扱われる誘惑や屈辱シチュが活きます
この辺りは、好みの問題という感じで、他とは一線を画すノリというのは確かかと思います


また、本作は、タイトルの通り前作の続編にして正統進化版とも言える内容になっています
しかし、前作のシナリオ(そもそも殆ど無い)を知らなくてもほとんど問題のない作品ですので
気にせず、こちらの作品から手を出してしまっても良いのではないかなと思います


【ゲームについて】
■目的
街を拠点として馬車に乗って、ダンジョンへ移動してレベルアップとお金を稼ぎます
ダンジョンからは戦闘中でないならアイテムでいつでも街に戻ることが可能になっています
稼いだレベルやお金で仲間を増やしたりキャラを強化して戦力を増強しつつもレベルを捧げ
VIPルームへの許可を得て、VIPルームで待つ魔王の幹部を倒すことが目的となります


■育成
レベルアップ時にステータスポイントとスキルポイントが手に入るようになっています
これを振り分けることでステータスのアップとスキルの習得が可能となっています
ステータスポイントは振り分けると、2度と変更することが出来ないようになっています
ただし、レベルダウンをしても減ることがないので、大幅な戦力ダウンとはなりません
HPとSPに気をつければレベルドレイン前と同じように戦える仕様となっています

各ステータスを一定値以上振り分けると一部を除きボーナスが貰えるようになっています
これにより、ある程度固まった値を振り分けたほうが強力なキャラを作りやすくなっています
ステータスの振り分けは、このボーナスと、装備の必要ステータスの兼ね合いがポイントです
一度振り分けると二度と戻せないので、よく考えた上でポイントを振る必要があります

スキルポイントも、一度降ったスキルはレベルをドレインされても消えることが無いです
使用していない場合は、そのポイントになるレベルに到達されるまでは使用が不可能です


■戦闘
ランダムエンカウントのフロントビューの戦闘です、デフォ戦闘と変わりはないかと思います
ただ、主人公以外自動で行動します、その思考はFCの某クエスト4よりも酷いものです
例えば状態異常を解除する魔法を、誰も状態異常がいないのに適当に使ったりします
逆に状態異常の際は使わうとは限らず、使っても状態異常者にかけるとは限らない体たらく
敵がいったいで体力が減っているのにMPの9割を使うような魔法を使ってオーバーキルしたり
攻撃につながらない補助行動を連発して攻撃を全くしなかったりと非常にお粗末です

ゲーム最大の敵は前作と同様、こちらの味方のAIといっても過言ではないほどになっています
コレを補うためには、覚えるスキルを最低限にして余計なことをさせないようにするであるとか
状態異常回復など判断が難しい役を唯一操作できる主人公に任せるなどの工夫が必要です

石拾いや毒消しは地雷スキルかと思います、余分に石を拾いますし、ない毒を消そうとします
細かいことは、プレイをしてみて気づくしか無いです、スキルはリセット出来るのが救いですね


■ダンジョン
レベル5刻みで目標が定められたダンジョンがあります、後半は行くのに有料となってきます
各ダンジョンの奥にはボスがいます、時間沸きであり、そのダンジョンでうろつくと復活します
ただし、倒すとレアアイテムが入る可能性はありますが、クリアには倒すのは必須ではないです
シンボルが目について戦力に余裕があるならば戦っても良いぐらいのものかと思います

お金も経験値も稼ぎの面では圧倒的にLv45目標の武器商人の隠れ家が良くなっていますので
このダンジョンに通用するパーティをいかに早く仕上げるかが早解き及び効率化の鍵になります

ダンジョンはそこまで広くないものの、数はあるので、まともに挑むと結構なプレイ時間となり
更に、クリア後にはやり込みダンジョンもありますので、ゲームとしてボリュームが結構有ります


■風俗
レベルを払うことでHシーンを見ることが出来ます、このシーンはフルボイスとなります
軽いのはLv5から、Lv8、Lv10、Lv20、Lv25、Lv30,Lv49、Lv50と言った感じの刻みです
このゲームのLvは最大50です、因みにLv50のプレイは死ぬわけではないので安心してください
ただし、イベントの1つにそのままEDになってしまうプレイが存在するので注意してください

Hシーン目的以外にもシナリオの進捗に一定以上通う必要があります、必要投資なのです
レベルを100(修正前は150ぐらいいりました)あげるのはLv5刻みとかでも良くなっています
最低限のプレイの場合、LV50から一気に行くか低い内に繰り返して行っておくかになります

因みにコンプリート目的なら、とあるキャラ人るのアルバムを埋める為にLv50に8回到達する
というとんでもない作業を必要とさせられますので、コンプリートはかなり長丁場となります
裏技や補助なしだとそれこそレベルドレインのためだけに10時間レベルの稼ぎが必要です

アルバム目的+やりこみ目的でないなら、セーブロードなり裏技を使うなりがよいでしょう


以下、長文且つネタバレを含むので隠します


続きを読む

PageTop

ユリキラー 淫欲に堕ちる百合たち 感想

アトリエかぐや ChshireCatの「ユリキラー 淫欲に堕ちる百合たち」の感想です

【概要】
母校の「九条学園」に一ヶ月前に転勤してきたばかりの新任教師である「相田公平」は
「百合の花学園」という名前ばかりか校風までが変わりはてた学園に不満を覚えていた

男はゴミのように扱われるフェミニズム教育とは名ばかりの女尊男卑社会となった学園
それが百合教育と呼ばれる歪んだ教育方針で半ば意図的に生み出されたものであると知る

学園長に掛けあっても相手にされず、教頭の「瀬里沢巴」に脅されてしまう結果となるが
恩師である「早乙女英理」のアドバイスを得て、自分から学園を変えていこうと決意する
しかし、学園のことを探っているとクロユリと呼ばれる女生徒に襲われてしまうことになる

クロユリに囚われピンチのところを保険医「河合陽菜子」に助けられることになる
陽菜子は公平の悪友「スガ」と関係を持ったことで、男性の良さに気づいた女性であり
そのスガが学園の百合教育を探ったことで失踪した事を受けて、スガを探す協力者として
スガの口から何度か名前を聞いていた公平のことを頼ろうと、接触してきたという

スガは百合教育の秘密について執着しており、学園の正体を追う内に再会できる筈だという
そして、それは公平の追い求める学園が豹変した原因を探る目的と合致することから
公平と陽菜子は秘密裏に結託をして、学園の秘密とスガの失踪に迫っていくことになる

スガの失踪は、陽菜子の見立てでは、教頭の「瀬里沢巴」、その娘で生徒会長の「瀬里沢茜」
主任教師の「志藤真琴」が関わっているといい、公平は彼女らと接触をしていくことになる

果たして、学園を百合教育という名の下に女尊男卑の世界に歪ませた黒幕の正体とは?


ということで、学園の正体をつかむために、学園の有力者達を堕していくことになります
とはいっても、女尊男卑の考えが根付いたヒロイン達に男の良さを教える的なノリなので
陵辱ものという感じはないですね、基本はヒロインと関係を深めていく感じになるので
衝突から生まれる恋愛ものと見えなくもないです、言い換えればいつもの奴ってかんじです


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・「前の選択肢へ戻る」あり
・Hシーン選択肢固定あり


【仕様とか】
ヒロインはメイン格が3人で、それぞれシナリオが2つに分岐します
そしてサブヒロインがそれぞれ1つずつとハーレムの合計9ルートに分かれます
メインのシナリオ分岐条件については、恒例の一途に攻略するか他に手を出すかの違いです
サブの一人河合陽菜子は真琴ルートから分岐可能となっており、選択肢1回で分岐します
もう一人のサブ早乙女英理は全EDを迎えた後に最初から始めるとマップに登場します
それをクリアしもう一度最初から始めるとハーレムルートに分岐できるようになっています

ハーレムルート登場後は、1度別のヒロインを選ばないと英理ルートに分岐できないようです


【雑感】
ヒロインが同性愛の気があったり、女尊男卑的な考えをもつキャラが多い作品ですが
関係を持ってしまえば、いつもの少し(?)狂った世界設定の話を大真面目にやっていく
お馬鹿なノリの作品です、作品自体がコメディってわけじゃないんですけど、お馬鹿です

この作品におけるユリっていうのは、女性同士の絡みをひっくるめていっている感じで
更には百合教育の成果みたいな感じで、その関係が極端な描かれ方をしていまして
あくまで、男の良さがわからない凝り固まったわかりやすい攻略対象的なものです
一般的に言われるところの百合行為的なものを期待すると大きく肩をすかされるでしょう

逆に百合に対するカウンター的な作品かというとそれも違うところがあります
あくまで、学園のシステムがおかしいからそれをどうにかするために、動く感じであり
主人公自体、女性同士の関係に何の恨みもないですし、復讐なども考えていません

学園の秘密を探るために、女尊男卑な思想を持ったヒロインを堕とすという感じで
一応同性愛者という設定はあれども深く絡むのはあまりなく、あっても一部になります
あるにはあるので余程、そういったシーンが嫌い出ない限りは問題ないかと思います
逆に、そちらに期待する方には、明らかに一部ですのでおすすめは出来ないでしょう


と、基本的にはいつもの真面目に馬鹿をやるこのブランドらしい作品という感じですね


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。