伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人ゲーム】ROBF 感想

アスガル騎士団様の「ROBF」の感想です

可愛らしい2Dグラや敷居の低さ(?)が受け日本でも流行したMMORPG
「ラグナ○クオンライン」の設定をそのままにモンスターを女性にして
セックスバトルで戦うという設定を盛り込んだターン制のRPGです
負けるとそのまま、女性化したモンスターに性的にやられちゃいます

モンスターが女性化していることと、話のネタが性的なものになっている以外は
かなり原作のエッセンスを残していまして、思わずにやりとする部分もあります
エロを抜いてもパロディゲームとしてある程度良くできているなという印象です

シナリオの範囲は二次職とかボスが追加され始めたぐらいのものにとどまっており
大型アップデート以後のネタはあまりカバーされていないので、注意が必要です
(会話では仄めかされますし、今後のアップデートで或いは……かもしれませんが)
あと、ネットで定番のネタもいくつかありますね、これも多少古さみたいなのがあり

セックスバトルということで戦闘からしてHな行為となるわけですが
それだけでなく負けるとお約束の敗北シーンになります、受け~ソフトM路線です
勝つと相手に止めをさすためのフィニッシュシーンとなりますけども
あまりそちらの描写は多くなく、淡白気味になっている部分が多いかなと思います
それ専用に用意されたであろう相手もいますけど、基本は敗北シーンがウリでしょう

RPGとしても良くできており、パラメータの割り振りやスキル、転職など
原作にある程度準拠した形で、攻略に自由度のあるゲームとしてできています
ある程度原作への知識がないときつい部分もありますが、取り逃しなどの意地悪はなく
じっくりとプレイすれば普通にクリアできるようにはできていると思います

ということで、ゲームとして、原作のパロディとして、モン娘ものとして
受け系の18禁作品としてかなり高レベルにまとまっている作品ではないかなと思います
正直、元ネタから色々想像していた私としては、それをネタにしたゲームというだけで
かなりヒットで、それが私のプレイしていた時代と丁度合うネタになっており
とどめはかなり気合の入った敗北Hシーンと、個人的にクリティカルなネタです
そんなわけでかなり偏った意見と思いますが、非常に楽しめた作品でしたと

盲目的な部分もありますが、この作品の雰囲気とかうたい文句に惹かれた方なら
間違いなく楽しめるレベルの作品ですので、琴線に触れるキーワードがあるのでしたら
手を出してみるのもいいのではないかなと思います、個人的にはかなりお勧めです


以下、ネタバレを含むので


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

【雑記】2013年4月4週目の私

皆さんも知っての通りこのブログは萌えゲーばかりの萌え萌えブログです

20130426.jpg

ということで一本は回避して2本+VITAちゃん
あれは、体験版が肌に合わなかったのと
実家で遊ぶ場合はノートパソコンになってしまう為
これからの戦いについて来れそうにない……と判断した為です

多分1つ飛ばしが先ですけども、取り掛かるのは明日からになりそう
フォトカノは9割積みます……

PageTop

LOVESICK PUPPIES 感想

COSIMC CUTEの「LOVESICK PUPPIES」の感想です

【あらすじ】
学園の厄介ごとを片付ける「相談室」に所属する「崇村虎太郎」の元に
退学スレスレの問題を起こした「空小路織衣」がボランティアとしてやってきて
1ヶ月間、相談室の上司として面倒を見ることになってしまう

最初はつれない態度の織依に手を焼くも、彼女の態度や事件の裏にあるものに
そして事件にあるものが気になった虎太郎はおせっかいを焼くことになってしまう
その後も、様々な事情の少女達が、虎太郎の管理する寮「ニーシュ」に集うことになり
嘗ては入寮者が1人しかいなかったニーシュは次第に賑やかになっていくことに
そんな折、ニーシュの取り壊しが決まったことを知らされて……


【システム】
・画面は16:9
・個別音声設定あり
・ショートカットキーコンフィグ可能
・緊急回避ボタンあり

進行上の便利機能はありません、共通は長いので少しジャンプが欲しかったところ
ショートカットキーに選択肢までスキップの機能があったので期待してみた見たら
ただ単にスキップが始まっただけというのはちょっと力がぬけました

攻略対象は5人、選択肢自体は解りやすいですが長い共通で少しずつ現れるので
意外と軸を決めていないと何処に分岐するのか確信が持てないという欠点はあります

クリアするとSPECIALが登場、回想とかが見られるモードです
Hシーン拡張パッチを当てている場合、追加したシーンが直ぐに全部見れます



【雑感】
初期とやりたかったことが違うのでは?と思う部分がちらほらとありました
序盤の展開にその残滓がちらほらと言いますか、アイデアの欠片が見られます
結局全ルート攻略しても物語の便利ツール以上になれなかったソラリス
相談室と学生会の関係や自主性を重んじる学園のシステム、ニーシュの解体

最初はもうちょっと入り組んだややこしい話になると踏んでいたんですけど
個別で触れられる部分はあるものの、最終的には小さくまとまったと言いますか
ぽっとわいた小さな問題に視点がずらされて終わってしまった感が強いです
個別はイチャラブ重視の萌えゲーといっても差し支えないものになっている気も
全体を見ればヒロインの成長物語という感じになっているのですけども
締めのもっていきかたが弱く、コレで終わってよかったのか?と思いました

体験版で描かれた部分ぐらいはシリアスな雰囲気が置かれていますが
ソーニャという存在が非常に大きくシナリオの雰囲気を大きく変えます
そこまでの流れからどうやって寮の関係を描いていくのかという
タイトルの雰囲気に似合わないドラマが展開されると思っていたのですが
そのあとは多少、凝ったネタや描写はあるものの普通のラブコメになっていますね

個別ルートでは個人の問題などはいくらか存在するも序盤程のシリアスは殆どなく
基本的にはヒロインとイチャイチャする内に話が終わると言う感じになります
ただ、全体的にネタを仕込みすぎているのか、シナリオが長くなり気味な部分があり
人によっては間延びしているような印象を受けるのではと思ったりします
特に終盤のイベントほど牽引力が弱まっているような感じがするのですよね

良くも悪くも序盤の展開と終盤の展開が全く違う作品になっています
全体を見直して、テーマを鑑みればある種の一貫性は感じるのですけど
序盤の展開で期待されるのはそこではないよなーと言った感じですかね

逆に序盤のシリアス部分が苦手で、キャラ達の掛け合いを楽しみたい
と言う方には少々長いですけど、全体を通してオススメできるかなと言うところです
ヒロイン自体にはずれは無いと思うので、そちらが気に入れば問題ないでしょう


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

終奏のオーグメント 感想

地雷ソフトの「終奏のオーグメント」の感想です
タイトルかわら解るとおり「追奏のオーグメント」のファンディスクです
同音異義語って厄介よねってタイトルです


【あらすじ?】
FDになりますので、詳しくは前作「追奏のオーグメント」参照のこと
軽く説明すると生涯独身で年老いてしまった主人公「河嶋秀弥」が
死神を名乗る「オーグメント」の力によって学生時代の60年前に戻り
幸せな人生を歩もうとヒロインと出会ったり事件に巻き込まれたりする話です
FDですのでヒロインと結ばれた後の事が書かれることになります

【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定

基本的にはシナリオを読み進めていくだけで良いタイプ
最初は「追奏~」のヒロイン3人の「AfterStory」と
サブキャラだった2人の女性の「専用ルート」が見られます
特定のストーリーを見ると他のストーリーが解放されていきます
内容はイチャラブだったり、一発ネタ的なのがあったりと
ストーリーによってボリュームや内容のふれ幅は大きいですが
10のストーリが最終的に楽しめるようになっています



【雑感】
総じてよくあるタイプの手堅いFDになっているかなと思います
ストーリーは多いですが、その分尺は短めになっており
1ストーリー単位であっさり読むことが出来る構成になっています

値段的にはロー~ミドルぐらいの低めの価格帯になっているので
割高に感じることはなかったです、ただ1ヒロインを重視すると弱いです
特にメインのアフターに期待するとボリューム的にもきついかなと


以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

【体験版】妹ぱらだいす!2 体験版 感想

MOONSTONE Cherryの「妹ぱらだいす!2」の体験版の感想です
サブタイトルつけると長いので書きません
因みに18禁未満閲覧禁止サイトだからリンクをここにしてねの指示に従っていますが
リンク先直ぐに見られる本作のバナーがもろに18禁仕様なので注意してください

【プレイ時間】30分
【Hシーン】あり
【内容】序盤+Hシーン


前々作「妹ぱらだいす」の続編となるお話は前作のヒロインの子供たちがメイン
ヒロイン達の面影を残す娘達と、唯一の男性である兄「恵一」の夏休みが始まる
ということで、世間体を鼻で笑うように七瀬系の兄妹のHな夏物語が展開されます

体験版としてはキャラの紹介を兼ねた「序盤を体験する」と
Hシーンが見られる「Hシーンを体験する」の2つのモードがあります
プロローグの内容は30分程度、Hシーンは全キャラ分あります
ただ、Hシーンは1回終わるごとにタイトルに戻るので結構面倒ですね


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・断面図あり
・発射カウントダウンあり
・アニメあり
・Hシーンの選択肢自動選択あり

基本的なシステムに加えて、細かい設定が結構出来ます
特殊な部分でいうと相変わらずですがHシーン周りの充実でしょうか
断面やカウントは好みが別れそうですが、切ることはできます



■桃花
両親不在の夏休み中に家事を取り仕切るみんなのお母さん的存在
唯一、恵一と同じ母(綾)から生まれた妹であり、正真正銘血のつながった兄妹
周囲に遠慮しているが、兄のことを強く慕っているような態度が見られたり


■理々奈
理央の娘であるしっかり者の妹、胸は相変わらず大きい
真面目で兄に対しても厳しく当たり、場合によっては足が出る
エッチなことに免疫がなくシモネタを振られると弱い


■柚子
日和の娘(多分)、ドジだけど意地っ張りな面がある妹
見た目は非常に幼いが、他の妹と同じとしになっている
階段を下りるとき油断したり何もないところで転んだりとドジをして
パンツを見せる機会が多いため対策として白タイツを履くことになる
兄に依存していた日和と違い、どちらかというと兄に対しては反抗気味


■千春
小春の娘(多分)、運動神経が抜群でパワフルな妹、ものを壊すほど
兄に対する行為を包み隠さずストレートに伝えてくる妹その1
姉妹の中では兄と趣味が近く一緒に遊ぶことも多い
機能性を重視して(?)パンツをはいていないことがあったり


■しずく
みちかの娘で母と同じく読書が趣味、あとは兄がいれば良い
無口なクールビューティとして、学園では非常に人気がある
しかし、家では兄に対して関係を迫るような危険な発言をする困った妹
千春と同じく兄に対しての好意が明白だがこちらはより危険な雰囲気がある


【Hシーン】
桃花:初体験
理々奈:洗面台の上で胸を弄りながら
柚子:寝ているところを悪戯
千春:口
しずく:足(ソックス→裸足)

Hシーンの役割分担的にも「妹ぱらだいす」に近い感じですかね
桃花のみアニメーションでのHシーンが収録されています


【全体を通して】
「妹ぱらだいす」の続編ということで前作とキャラや設定でかぶる部分が多くあります
見た感じ「柚子」と「千春」の立ち位置が大きく変わっているのが一番目に付いた変化でしょうか
わざとかぶせている部分はあると思いますが、どこで差別化するのかポイントでしょうか
可愛いヒロイン達とお気楽にHが楽しむ目的なら、ヒロインが気に入れば大丈夫だとは思います
一応言っておくと、貞操概念とか世間体とかそういうゲームではありませんとだけ

PageTop

ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記 感想

HEAT-SOFTの「ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記」の感想です

【あらすじ】
「有明忠之」には2人の対照的な性格の双子の姉がいた
冷たく当たってくる「いそら」と何かと甘やかしてくる「咲耶」
どちらも慕っていたがあるハプニングをきっかけに姉を女性と見てしまい
理性が持たないと思い、1人暮らしをはじめようと考えるようになっていた

その報告を受けて、忠之を強く引きとめようとする咲耶
そして今まで、思いを抑えていたいそらもとある誤解が元となって暴走
忠之は家の中で2人の姉によって監禁されてしまうことになる
さらに、女性の体を味あわせてあげようと考えにいたり始めて……

かくして家の中に閉じ込められながら姉2人にエッチな行為を強要される毎日
果たしてこの壊れた関係の先に待つものは?

【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定あり

基本的な機能のみ、選択肢は3つしかない単純仕様ゆえか
進行上の便利機能などは殆どありません
EDについては3つ目の選択肢で分岐するようになっています
多分他の二つについては特に意味が無いと思います

ヒロイン2人のシナリオをクリアするとEXTRAが出現します


【雑感】
ヤンデレで飼育ですがどちらも話半分でいいかなという印象

基本的には勘違いで暴走する姉とそれに巻き込まれる弟
という奇抜ネタを題材にしたコメディのような作品となっています

ヤンデレ成分はしっかりとありますがギャグ調な部分も多く
基本シチュは抑えているもののコメディと捕えるのがいいでしょう
特にいそらは顔芸が酷く、シリアスが直ぐに崩れてしまいます
実際にシリアスをしても普段がアレだからなーと言う部分もありますし

タイトルからしてアレですけど、流血沙汰も……と、期待する方には
残念ながらあまりそちらのニーズに応えられる部類の作品ではないと思います

もう1つの「弟飼育」については期待するような部分は殆どないかと思います
正直、姉が2人とも弟である「忠之」のことを好きすぎて。
なんでもしてあげたい、何をされても良い、状態なので強制される感じは弱いです
なんでもしてあげたいが高じたり、思いが暴走すると過激なプレイもありますが
軽い受け責めのレベルを超えることはありませんし後半は逆転シチュが多いです

性格の極端なお姉ちゃん2人に巻き込まれてのドタバタラブコメ
ぐらいのつもりで手を出すのが良いところではないでしょうか
タイトルの部分に過剰に期待すると肩透かしになるかと思います

これ以上深化すると好みが分かれることになりますが
個人的に期待した部分としてはもう少し癖のある作品だったので
こういう形で無難に収まっているのは少々物足りなく感じました


以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

GirlsForM  Vol.3 感想

毎回やっているので今回もやるG4M全話の雑感など

Girls for M (ガールズフォーム) Vol.03 [雑誌]Girls for M (ガールズフォーム) Vol.03 [雑誌]
(2013/04/19)
不明

商品詳細を見る


■Jhoshi Kneesoックス!
巻頭カラー、タイトルどおりニーソックス+足コキ
おとなしそうな娘の覚醒って言うシチュは好きです
愛情は無いですけどプレイ自体は軽めな気もします


■eclosion
人妻×ショタということで、だらしない体が少々マニアック
ただの痴女行為ものと思ったらプレイ自体は尿道とか尻とか濃い目です
最後は女装ネタに走ったりとシチュエーションも豊富

■ドミ姉
某キュアキュアな日朝ヒロインっぽいコスプレネタ
話のねた的には白っぽいけどデザイン的には青だなぁと
足とかひっくり返したりありますけど基本は尻多めですね


■僕はキス・キス・キスがしたい
前作の続編になる管理ものってことでノリは同じ
普段は散々翻弄する立場なのにキスには慎重な先輩可愛いって話
キスだけでやられちゃうのっていいですよね好物です


■最高のママ達
オネショタもの、ヒロインは2人と言うことで複数プレイ
プレイ自体はかなりマイルドで受けの範疇ですかね


■秘密基地のおひめさま
LOの再録と言うことでやっぱり苦しい状況なんですねー
ロリと失恋したおっさんの心温まるお話……かなり異質
無邪気さゆえ時々する無茶なプレイはあるものの
元からG4Mのために作られた話ではないとはいえ弱いですね


■すてぃぐま!後編
前作焼印とかで飛ばしていたマンガの後編
今回も痛い系のプレイが多く、男の扱いもかなり酷くなっています
女性にまともな扱いされるなんてぬるい人にオススメのハード路線です
直前の話ときつさのレベルが違いすぎてテンションの置き場に困る


■体を返して代替メイド
女装メイドがSなお嬢様に掘られる話
手堅い内容ですけど話が短いので物足りない感じが


■跪いて悦べ
お嬢様を厳しくしかる家庭教師、しかし裏ではお手伝いさんに調教されていた
そして、その裏の顔は既にお嬢様に知られていて……尿道メインですかね
ページ数が少ないので急展開な感じがもう少しじっくり描いてほしかった


■ダスマデ病メナイ
ヤンデレモノ、輪ゴムで止めたり顔に乗ったり、プレイ自体は軽め
どこかで見たことあるなと思ったらお姫ちんの描いている人か
会話のテンポが妙に警戒、最後のオチが分かるような分からないような


■管理してさしあげます
やんわりした雰囲気のメイドさんに管理されちゃう話
どっかで見たデザインな気がするけどよくある範疇なのかな
いかにもなタイプじゃなくてふんわりした人に責められたい人にはいいかも


■スウィッチ
メガネの娘が恋心を抱いている人を掘るラブラブ路線
甘々プレイだけどしっかり掘ります、逆って言葉が良くあう


■闇への胎動
下半身が蛇の魔物娘モノ
ロールされたり謎の毒で快感を高められて一瞬でやられたり丸呑みされたり
最後は生まれ変わったりと基本が抑えられている印象
本番行為で無双できるのもそういう種族だからってことで
魔物娘は説明しやすいですよねってこと


■りぃんか~ね~しょん
電波な女性に事故死した元彼の転生体と思い込まれてしまい
思い出してもらうために昔はこんな激しいプレイをしてくれたのにと
嘗ての調教内容を男のほうにやっちゃう話、なかなかの複雑設定
いざ挿入すると女性のほうも半狂乱になるのでM度は低いです


■榊原さんは大変な少女を盗んでしまいました。
変態お兄さんが広告と関係ないJCをかどわかして変態しようとしたけど
反撃で倒されて通報されそうになったからマジ謝りして必死に説得したら
なんか足とかで弄ってくれることになっているうちにJCが目覚める話
目覚めた感触は歩けど続きは無いので足のプレイと顔に乗るだけです


■被恋妄想
クールだけで妄想激しい女性が付き合っている後輩の男の子に
妄想たくましい言葉責めをくわえる話、謎のハイテンションである
プレイ自体は大人占めですがあくまで絶対的優位に立とうという
ヒロインの気概は素晴らしいと思います、でもテンション高すぎ


■アイドルであそぼ
ショタ系アイドルがテレビの有力スタッフに体を身売りする話
2人の大人のお姉さんに責められると言うのは定番シチュですね
掘られるシーンがある分最高のママ達よりは濃い目でしょうか


■メロンブックスの冊子
「Jhoshi Kneesoックス!!」「すてぃぐま!」「最高のママ達」「闇への胎動」
「ダスマデ病メナイ」の設定画とかラフとか

■とらのあなの冊子
表紙と裏表紙のキャラ設定とラフと没ネタ集



前回の反動なのか今回はいくばくかおとなしくなりましたね
学園シチュエーション一辺倒だったのが変化したのはよいかなと思いつつ
全体的にあともう少し足りないと感じる消化不良な印象の作品が多かったです

雑誌にこうすれば正解というのは無いと思うのですが
それはともかくとしてまだまだ迷走している感じがしますね
なかなか難しい雑誌であるとは思いますが頑張ってほしいところです

PageTop

【雑記】2013年4月3週目の私

今週は一本……+1本
どっちもフルではないです

20130419

後ろにあるGfMはとらのあなとメロンブックスの分
特典目当てですけど、超簡易の設定集のようなもので
無理に買う必要が無いと思います

ちなみに明日アマゾンからもう1冊きます
つまり3冊です、前回は2冊でした
次回の4冊は阻止します

多分ここに写ってない方のソフトからはじめます

PageTop

【雑記】2013年4月の検討

トトリとRUN!RUN!マラソンとリアルの忙しさで
殆ど何も出来ていません4月です、リピュアリアも語りたいなぁとおもいつつ
明日から4月の美少女ゲーム戦線が始まるようです

個人的には、4月は正直空白の期間ぐらいのつもりだったんですが
なんだかんだで本数が揃ってきたなーと思いつつ
正直、かなり無理やり感のある4月勢の検討など……

指標
◎:絶対遵守
○:マスターアップ完了!ぐらいの信頼度
△:どぉしよぉ

4/19
■終奏のオーグメント:○
明日出る中で唯一買うソフト
実は先週まで出ることを気づいていませんでした
ファンディスク出るらしいって噂は聞いていたんですが
それがこの時期だとは全く思わず、滑り込みで予約

最近の傾向から買うのは20日になりそうかなーと思いつつ


4/25
■フォトカノ KISS:◎
積みゲーとしてメルル、朧村雅、ソウルサクリファイスがあった気もする
美少女ゲームよりよほど積み率の高い携帯ゲーですが
あまり感想らしい感想は書かないので誰も困らないのです


4/26
■ひとつ飛ばし恋愛:○
体験版ではそこそこの印象だったので牽引力は弱いのですけど
一応抑えておこうかなーと言う感じで、とりあえず買うと思います
個別ルートの弱さはそろそろ脱却してほしいところだったり


■LOVELY×CATION2:○
話題買い……謎の使命感に駆られた気もします
感想がやたら遅れることに定評のあるジャンルな気がしますけど
連休ならいけるから、と自分を信じることにしました


■魔導巧殻:△
体験版の印象としては正直微妙でした
前作はなんだかんだでプレイできたのですがこれはキツイ
慣れれば面白いのかなと思いつつ帰省時のメインでるノーパソは辛いなぁと
一種の恒例行事みたいな感じですが行事から降りるのもまた一興かな



心情的には全く盛り上がってこない4月戦線です
とりあえずDL系列で何かいいの来てくれないかなーとか
体験版を久しぶりにがんばって見るかなと思う次第

この中で当たりがあれば手のひらは返すつもりでいます(キリッ!

PageTop

【体験版】DominancE 体験版 感想

Empressの「DominancE」の体験版の感想です

【プレイ時間】0.5時間
【Hシーン】あり
【内容】いつものマサオ

聖少女氏の手がける作品では既に定番となっているスタイルで
本編の導入部の内容を主人公「マコト」の代わりとして
体験版専用キャラの「マサオ」が体験していくことになります
大筋は同じでもこちらはより扱いが酷く軽んじられる感じでしょうか

体験版だけでは本編の内容は不明ですが雰囲気を見るぐらいは出来るかと
ただこの体験版で使われるスチルは本編でも使われると言うことで
テキストは違えど本編も似たような展開が待っているとも見ることが出来ます
Hシーンは6シーン見られるのでHシーンの傾向を見るには十分かなと思います
といっても終盤になると雰囲気が変わって暴走することがままあるので
コレだけ見て大丈夫と判断するのは総計もいいところだとは思いますが……

茶番とはいえ、体験版のみのオリジナルなのでそれ目的でもいいかもしれません
本編のネタバレが怖い人にもそれほど困らない内容ではあると思います
結局、本編は蓋を開けてみないとわからないということで一長一短ですが

とりあえず興味はあるけど……という方は雰囲気を掴む程度には良いかも知れません


【ヒロイン?】
■希美子・マイザール
マコト(マサオ)を助けた船の船長で亜美の母親
一見すると温厚で落ち着いている雰囲気だが美しさと若さを保つ為
若い男を性的に食べてしまうことを趣味としている筋金入りの人
マサオは彼女に味が気に入られなかった為捨てられてしまうことになるが……

■亜美・マイザール
希美子の娘で母に負けず劣らずアレな女性であるが、性格は見た目どおりきつい
あまり相手の痛みを考慮することなどせず痛みを生じるプレイを強要してくる
お尻のほうに先に目覚めており、普通のプレイよりもお尻でやるほうが良いと言う

■イリーザ
希少な宇宙人であるというファーゼライト星人、マイザール親子に飼われている
比較的常識的な部分があるが、何故かマイザール親子の下から抜け出そうとはしない
体験版ではヒロイン担当と言うかHシーン3シーンで受けから攻めまでがんばる役割


■智子・ロマ・ルイス
体験版では出ません


【Hシーン】
希美子・マイザール:2
亜美・マイザール:1
イリーザ:3

希美子と亜美は序盤S担当なのか主人公が完全に受身に回る形になります
希美子はひっくり返されて尻を攻められるのと宙吊りにされて足を舐めさせられるの
亜美は普通に足で責められるプレイが収録されています

イリーザは道具での搾取、筆卸、あとサブキャラにやられると
受け~攻めまで幅広く対応させられるヒロインと言うところ

後々、この傾向も大きく様変わりしそうなのですけど
マイザール親子がS、イリーザがノーマル、智子がM担当
というイメージでしょうか、智子はまだ登場してないので未知数ですけども


【全体通して】
相変わらず体験版だけでは判断しかねる作品であるので検討は難しいです
今回は体験版の範囲でヒロインがひたすらやられているだけではなくて
設定上Sとされるヒロインがしっかりとその役割を果たしているので
最終的にどうなるかはともかく、ある程度は楽しめそうかなと思っています

ヒロイン以外にも癖ものな男キャラもいるので最終的には男女入り乱れての
ぐちゃぐちゃな状態でのプレイって感じになるのは目に見えていますけども
とりあえずのところはそのうち何割か楽しめれば良いかなと言うところで

既に5月戦線はやばいことになっていた気もしますけど手を出そうかなと思います
因みにこれ受け~Mの目線で語っていますので一般の視点から少しずれ気味です

そちらの視点ならいつもどおり変体どもの宴となるのは確かかなぁと
世界設定など見てなんとなく興味があればより楽しめるのではないかと(適当)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。