伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】さよならXP(1年後ぐらいに)

XPがちょうど1年後の2014年4月9日にサポート期限を切らすようで
散々延期してきてたXPのサポート期限もついに終わりが見えてきました
多分作った側が一番こんな長く生き残るOSになるなって思ってなかったでしょう
出た当時は散々弄られてOSは2000が安定とか言われてましたからね……それが13年

そんなわけでエロゲーの遺産がどうなるか見直すときがきたのかもしれません
2014年って、ずっと先だなと思ってたんですが今年2013年でしたね迂闊でした

以前の美少女ゲーム万能OSといえば98SEだったと思います
XPの移行に伴ってXP対応版みたいなのが出たのを覚えていますし
98SEの名が対応OSから消えてしまったのは自分の中でちょっとした事件でした

その後、XPの覇権が長く続いていたわけですが、それもついに終わりです
対応OSから次第にXPが消えていくことでしょう……でも7の64bit対応が定着するほうが
ずっと後になりそうなのは私の気のせいですかね……今も32bitとだけ明記しますし

私の所持するPCではこのブログの初期に買ったPCのみがXP対応になります
その時点でぎりぎりのタイミングで手を出した最後のXP機のつもりだったので
その視点から考えても長く持った方だなぁと思うわけですよ

現在のPCに変えるとき両親の実家にお下がりを送ったら壊れかけなのに
「既にPCは家にあるし……」とか言う親なので7の買い替えは難しそうですね
因みに現在の新PCはCドライブがSSDなのですが容量が128GBで後悔しています

実家は容赦なくCドライブに保存するので大変だなーと思ってたのですが
注意して使っているはずなのに容量半分切っていることに気づいて……
SSDを検討される方はCドライブのSSDは潤沢に用意しましょうってことで

閑話休題……現在リリースされるソフトともなればWindows7 64bitで基本は大丈夫です
ただ過去のゲームをやりたいなら相応の覚悟は必要だと思ってください
特にシステム周りが貧弱なメーカーだと危険性は上がります

べ、別にKISS×100のこといってるんじゃないんだからね
しっかり、性質を理解して楽しい美少女ゲームライフを!

PageTop

【体験版】ひとつ飛ばし恋愛 体験版 感想

ASa-Projectの「ひとつ飛ばし恋愛」の体験版の感想です

【プレイ時間】1時間
【Hシーン】なし
【内容】シナリオ序盤

幼馴染や妹という近しい関係の定番どころではなく
その友人や後輩といった1クッションを置いた関係にあるキャラ
他の作品であればサブヒロインとして攻略不可になりそうな娘たちが
メインヒロインとなる、変化球気味のラブコメというところでしょうか

体験版では彼女らの出会いが描かれています
元が近しい仲ではないことと出会いの印象が大抵悪いところから
いきなり仲良くなることは泣くどれも微妙な距離というところで
現時点ではサブキャラに当たる幼馴染や姉妹のほうが目立つ状態
攻略不可というある意味最強の属性をすてたサブヒロインたちが
ここからどのように恋愛に発展させていくかが気になるところです



【ヒロイン】
■園原碧里
妹「三枝紅」の友人である、喧嘩はするもののなんだかんだ仲が良い
街に帰ってきたときに電車で遭遇し、よだれをたらすところを見てしまう
紅の友人であったこともあり、奇妙な縁で結びついていくことになる
妹も良いキャラしてますが、さすがにビジュアルの中心にいるだけあるのか
体験版の範囲でも十分にヒロインらしい活躍を見せてくれる

よだれは顔芸はこういうのでいいんだよ的なお手本だと思います


■蒼木夏芽
姉三枝メグの友人であるおっぱいが素敵な先輩
無愛想である為、周囲から恐れられるが根は優しい先輩である
むしろ過剰反応する周囲の態度に違和感を覚えるレベル

今回は本当に紹介程度で終わってしまっているため目立たないものの
この娘に関しては十分にヒロインとしてのオーラがある感じもアリ
全うにメインヒロインの性質を兼ね備えているかなと思います
そもそもの姉がサブとして完成された立ち位置なのがありますけど

一応幼稚園時代の友人が再婚で姉になったという設定があるが遠まわしすぎる


■玉森桜
勉強もスポーツも出来男女かまわず人気がある女性
幼馴染の「五味渕千乃」のもう1人のお幼馴染であり親友である
桜にとっては現状で千乃が一番ということで和樹とは微妙な関係
体験版時点では千乃の幼馴染だからつるむといった程度の関係であり
この時点ではまだまだ千乃の方がヒロインらしい存在感を示している
一番コンセプトに近いとことをついているヒロインかなと思います
それゆえに体験版で魅力が見えないというのは皮肉なところ


■寿りさ
いとこである「羽田野阿知華」の舎妹を自称するハイテンションキャラ
いとこは年上なので舎妹である、りさとは和樹は同学年になる
年齢で態度が変わる解りやすい小物臭が1つの売りであろうヒロイン

前回の評判を受けて生み出されたであろう顔芸キャラちょっとやりすぎ感もあり
コレを楽しめるか否か、ヒロインと見られるか否かがポイントとなりそう
どちらにしろヒロインの枠どころか女すら捨てている感もあるので
ここからどう着地させるのか気になる、見ていてはらはらするヒロインです

いとこである阿知華は良いキャラだと思いつつりさよりマシなものの
サブヒロイン臭が凄いです、ただこの娘がヒロインしているほうが見たいなぁと


【まとめ】
テキストは相変わらずのハイテンションですが灰汁が強くなった印象も
りさの顔芸もやりすぎ感もあったり、メタな発言も多かったりと
人によっては好き嫌いが分かれるものになってしまった感じもありますね

ヒロインについては未知数な部分が多いですね
姉妹はもとから人気が出そうなサブぐらいのオーラなのですけど
幼馴染については完全にヒロインを食ってしまっているのが……
狙い通りなんでしょうけど、特に桜に好感を持つ要素もあまりなく
という感じでライターの手腕にかけなければいけないのはなかなか博打です
りさは……うん、面白いキャラだとは思いますけど扱いが難しそうです

これならメインより1つ飛ばしたヒロインたちのほうが……
と思ってしまうのは作品の狙い通りなのでしょう、多分

と、体験版ではまだまだ未知数な部分も多く、作るほうだけでなく
製品に手を出すほうも挑戦が必要になりそうな作品だなと
共通のテキストについてはいつも楽しませてもらうのですけど
終盤で少々弱くなる部分もあるのでどうなるのか……

といいつつ多分手を出すとは思いますので期待半分不安半分な感じです

しかし、現時点の印象でサブヒロインは良いキャラばかりなので
シナリオのどこかで拾ってほしいところですね(コンセプトの否定)

PageTop

聖エステラ学院の七人の魔女 感想

アストロノーツの「聖エステラ学院の七人の魔女」の感想です

【あらすじ】
過去の火事により身寄りをなくした「犬上勇稀人」は
学園長の代理を名乗る女性に名門「聖エステラ学園」に誘われ
母の記憶を求め施設を離れ学院へと足を踏み入れることになる

聖エステラ学園は人里から大きく隔離された場所に存在する学園で
良家に容姿としてにもらわれる為の人間を育てる為の施設という側面を持っていた
人身売買の片棒を担ぐような行為をしている学園組織に
そして、閉鎖的な学園で後ろ暗い楽しみに娯楽を見出す学園生たちに
辟易としつつも日々をすごしていくことになる勇稀人

学園では「魔女」と呼ばれる存在がまことしやかに語れていたり
夜な夜な出会った女性とのみだらな行為を夢見てしまったりと
不思議なことが起こり始めていた、果たして学園生活の先に待つものは?

と、上流階級の人間に養子として引き取られることを目的とした
閉鎖的な学園で起こる不思議な出来事と、全容の見えない学園という施設
勇稀人は出会った少女たちと親しくなっていき、魔女について知っていくことになる

【システム】
・画面は4:3
・個別音声設定あり
・攻略制限あり

攻略対象は8人、マップを選ぶのと単純な選択肢で分岐するので難しくはないかと
多くのシナリオで終盤に選択肢があり間違うとヒロインが陵辱されてゲームオーバー
正しい選択肢を選らぶと陵辱もなくハッピーエンドへと分岐していくことになります

MAP選択式の為、シナリオジャンプなどは存在しないようです

メインヒロインはマップ上で一定回数選択することで
杏里はテストで期待に応え続け誘いを受けることで
和子は誘いに毎回乗ることで個別に分岐します
和子はメインを一途に攻略すると最後まで選択に行かないので
別のヒロインを選んで、期間を少し伸ばす必要があります

ヒロインを全員攻略するとMAP上にしらせが登場します
しらせは一度でも選択するとしらせルートへ分岐します
ただし、MAP選択画面から呼び出したデータでは登場しませんので
多分最初からはじめる必要があると思われます

しらせをクリアするとEXTRAが解禁されます


【雑感】
ということでメーカー違いますけどタイプ的には6姉妹が一番近いでしょう
学園でありながら閉鎖された空間であり、そこに特殊な力をもつヒロインがいる
シナリオは普通に純愛に発展することもあるがどのシナリオも陵辱に分岐する
前は6姉妹だったけど今回は7人の魔女ということで1人増えた形ですね

それはともかく、オススメとしても6姉妹が好きな層になりますかね
とりあえずエロありきって感じで純愛だろうと陵辱だろうと言う感じです
ただし、不思議な設定はあるものの怪しい雰囲気は6姉妹ほどありません

学園モノか?といわれると謎ですが基本的に雰囲気はマイルドに作られいる印象
各ヒロインでシーン数はそれなりにあるのですが、シナリオを読ませるためか
どうしても終盤に偏ってしまいがちで、回数は多いものの使いにくさはあります
メイン格にはBADは義務のように陵辱プレイが入っていますが必然性は弱いです
とりあえずサブキャラの教師連中に陵辱されて終わりという形になります

そういうプレイが苦手であくまでヒロイン独占がよい方は
雰囲気からして手を出す方はおられないでしょうが注意が必要です

陵辱もアレですが、主人公中心にしても複数プレイがありますので
正道も純愛とは呼びにくい感じです、無駄にHシーンの主人公の顔が悪いですし
逆にエロがあれば主人公だろうとおっさんだろうと関係ないって方には
楽しむだけの要素は揃っているのではないかなと思います
ただ、せっかく設定を作っているのだからもう少し凝って欲しかったですね


以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

【同人】もんむす・でりしゃす! BREAKFAST 感想

トキノゴキリさまの「もんむす・でりしゃす! BREAKFAST」の感想です

お話はもんむす・くえすとに出てくる敵によってルカ達をはじめとする
もんむす・くえすとのキャラクターが性的にも物理的にも食べられる話です

JAVAスクリプトを用いたブラウザノベルということで話を選択して
お話を読んでいくだけのシンプルな内容になっています

話の基本パターンとしては大よそのところ決まっていて
丸呑み→恐怖を覚えながらも快楽付け→快楽に落とされたまま消化
という流れになっており、逆転とか救いとかはありません
そもそも魔物娘に敗北したところから話が始まりますしね

やられるのはルカだけでなく、妖狐、ゴブリン娘、サラ、セシルとなっており
全体の比率で見ればルカが多いですが女性がやられるシーンも相応にあります

お相手となるのは
アルマエルマ、ラミア、アリスフィーズという人気どころから
クモ娘、ミミック娘、クラゲ娘、ランプの魔女、スフィンクスと
なかなかマニアックな面子が揃っている感じになっています

基本的には前章の面子で固められていますがゲストイラストとして
ブロブ娘が中章から出張してくる形になっております
また、ゲストイラストも同様にノベルが収録されています
相手は、アルマエルマ(2回目)、ブロブ娘、ゴースト娘という構成

ノベル自体の尺はそこまで長くなく、短編のSS程度でしょうか
たとえばアルマエルマの場合は50クリックほどで終了するものです
イラスト+SSをノベル形式で楽しめるぐらいのお手軽さになっています
ねちねちとした描写を期待するとあっけなく感じるかもしれません

胸等を使った性的なプレイはなく己が消化器官を使ってのパワープレイ
魔物娘だけでも敷居が高いですが丸呑みプレイのみ上級者向け作品です
ただ、エッチなもんむす二次創作を求めるとやけどをするかもしれません

PageTop

ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!! ~嗚呼、素晴らしき孕ませ世界~ 感想

softhouse-seal GRANDEEの「ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!!」の感想です

タイトルどおり、お馴染みとなった「ぜったい~」シリーズの作品であり
シリーズ最初の作品「絶対遵守強制子作り許可証」と設定を同じくにするものです
設定やキャラにいくつかのリンクがあるのでプレイ済みだとより楽しめます

お話は相変わらずオープンスケベな主人公が許可証を片手に周囲に粉をかけて
気づいていたらヒロインとラブラブになってそのまま身を固めることになります
主人公は勿論、ヒロインもどこかネジがぬけたようなキャラクターになっており

最初は無理やりやられて嫌悪していたのに最終的にはデレるという流れなので
やることやっている割には、ぎすぎすした雰囲気にもなりません
この辺りは良いか悪いかは各自の裁量にゆだねられる部分ではありますけど
基本的には抜きゲーでありばかげーである為に細かいことを気にすると負けです

また設定から男性の比率が非常に少ない為、主人公を除いて男性は出てきません
独占ハーレムというご都合主義設定を狙った作品であるというのは解ると思います
そういうのが好みな人には実に良く楽しめる作品となるのではないでしょうか

Hシーンは無理やりするシーンもあるものの基本的はノーマルなプレイになります
マニアックなプレイは少なく大抵は足とか胸程度のものになっています
無理やりといっても欲望の赴くまま強引にという感じではなくのりで押し倒して
やってしまうものの最終的には感じるので、ワカンという感じのスタイルです
タイトルのように子作りが目的なので妊婦のプレイはあるものの多くはありません
あくまで女の子といっぱいHすることを目的とした作品と見る感じになるかと

相変わらずというべきか、安定した作風になっているかと思います
過去作品が好きで、そういうのがお好みなら今回も問題なくいけるかなと
そうでなくても、難しく考えず可愛い女の子と好きなだけHしたいかたにお勧め
しっかりとした恋愛シナリオを求めたり、あるいはハードなHを望むと弱いですが
可愛い女の子ととりあえずイチャイチャして、エロゲだしHもしっかりしたい
というスタイルの方には向いているかと思います
ただノリは独特ですので体験版で雰囲気を掴んだほうがいいと思いますが……


以下、ネタバレを含む感想



続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。