fc2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

【雑記】KISS×100 感想を書こうとする話

年末にKISS×∞を買いました
KISS×○○○シリーズが100から700まで入ったお得パッケージです

……といっても個人的には×200以降は全てプレイ済みであり
CDが複数枚の作品がDVDパッケージになれば良いかなとか
あまつさえWindows7対応とかしてればうれしいなと思ったのですが……

特にしておらずデカイパッケージがムダに増えるだけという有様に
といっても幸いかな初期作品であるKISS×100は未プレイなのでありまして
これだけでもプレイ出来ればすごく高い買い物だったと誤魔化せるかなと
更に言えば今はネタが無いので特別編として弄ろうと心に決めたのです

そんなわけでKISS×100スタート

おしまい

終了

【まとめ】
注意書きとか動作環境はしっかり確認しましょう
一応補足しておくとWindows7の64bit版でインストールしようとしています
64bitだと正常に動作しない可能性があるとは書いてあります(中の資料に)
一番の人気作である×200と×300も怪しいんですよね……どうしよう、これ


PageTop

【体験版】ラヴレッシブ体験版 感想

SMILEの「ラヴレッシブ」の体験版の感想です


【プレイ時間】1.5時間
【Hシーン】なし
【内容】シナリオ序盤


2月14日のバレンタインデー主人公「大神要」は学園で人気のある
4人の女性から同時に告白を受けることになります
2月14日に皆で告白して3月14日までに誰と付き合うか決めてもらう……
という勝負を行うことにしことを4人は告白とともに伝えてきます
あまりに積極的な彼女らの態度を見て、こうなるのは必然だったと
彼女たちと出会ったおおよそ1年前の4月のことを振り返ります

体験版はヒロインとの出会いと惹かれていくまでの話が描かれます
ヒロイン4人による1ヶ月間のアプローチ合戦?などは描かれません
その辺りは本編なのかシステムとともに見せる第二体験版があるのか
というところで今回はあくまで導入部+ヒロイン紹介というところです

ハイテンション且つマイペースな幼馴染「結月仔虎」を中心とした掛け合いと
ころころと変わる立ち絵、そしてパートアニメーション?がポイントでしょうか
とりあえず雰囲気を掴むには十分な体験版かと思います

ヒロインが個性的でノリも良いとは思うのですが
出会い以上に大きなイベントが無い為この尺では少々平坦に感じる部分も
最初の方は良いのですが後のほうになるとだんだんとダレて行きました
個人的な好みでいえばヒロインのイベントが1巡多かったように感じました

節目となるイベントがあればよかったのですけど体験版の範囲では無く
全員で集合するようなイベントがあってもノリが一定なので効果は得られず
全体的に変化の少ない作品であるように感じてしまいました
本編でも同じノリでありつづけるなら正直つらいかなと思います

パートアニメーションは手が動くだけなのでしょうかね
マシンスペックのせいか仕様なのか動かすとき残像を見せるアニメも……
アニメーションについては一番板についているのがサブの「兎束みみ」の気も
正直頭をかきむしらせる為に生み出されたシステムなのでは……

アニメーション自体はさすがにe-moteと比べるべくでもないですけど
立ち絵を多く動かすなどの工夫は見られるのでコレはコレでという感じで

あくまで導入部のみなので他のシステムなどは確認することが出来ません
その辺りは製品でとなるのか第二体験版でとなるのかというところ


【ヒロイン】
■結月仔虎
幼馴染であり両親不在の要がお世話になっている結月家の娘でもある
自由気ままに生きており、言動も自分の欲望に対して非常に素直
要にも最初からおふざけを交えつつも明確に好意を示している
本能の赴くままに暴走するが要にあやされるとおとなしくなる姿は
まさに仔虎というよりも猫の部類に思われる


■音無=Ophilia=玲緒
高等部で編入してきた少女、仔虎とは幼少の時代に面識がある
性格がすれておらず非常に素直な性格で超お嬢様ながら気取った部分がない
表情が豊かでギャグ顔のバリエーションが他よりずっと多いヒロイン
4人の中で見ると個性は弱めであるがその分全うにヒロインをしている


■鷹羽涼
大人びた容姿と雰囲気から誤解はされるも一年後輩となる中等部の学生
ただし、学力は非常に優秀であり麒麟児として学園に名前は知れ渡っている
一般的には天才少女ではあるが理解できないものに対して惹かれる部分があり
それが原因で変な道に足を踏み入れようとしているちょっとおばかな面もある


■竹澄真桜
和み系の先輩、例によって見た目は一番幼く先輩に見えない容姿をしている
自身がぬけておりほうっておけないタイプだが本人は人をかまってあげたいタイプ
基本的には可愛がられる運命にあるようだが仔虎や坂又三姉妹には慕われているようで
お姉さん役をやるには相性があるのかもしれない



【全体通して】
基本的に軽いノリの掛け合いで楽しめるのですが
変化が無く途中から飽きを感じてしまったのが気になるところでしょうか
結構個々の交流は多めにとられていたのですが、ヒロインがどういう経緯で
要に惹かれたのか解らなかったりするのは私の読みが甘いからでしょうか

出会いはあるものの、出会った直後かららこちらに惚れているように見られるため
展開の変化的なものがあまり見られなかったのも気になるところです
関係の変化の無さが体験版で感じた平坦さの理由の1つなのかなと思いつつ
それが故に正直なところ体験版の尺ですら一巡ぐらい長かったかなと思いました

気になる部分はあったのですが、ヒロインやテキストのノリは気に入ったので
2月の状況次第では手を出したいかなと思う作品でした、強めの検討ということで

PageTop

【雑記】2012年エロゲ+その他個人的まとめ

あけましておめでとうございます!

うん、またなんだ……また、年を越した後まとめることになったんだ

2012年は振り返ると……何だったのかなーとぼやけた印象が
いえ、呆けているわけではなくコレと言った出来事が無い年でした

私のプレイした作品中で話すと、これぞという大ヒットは殆ど無く
全体的に見て悪くはないと思う、小ヒットがかなりあったという印象
小ヒットについてはコレは業界のレベルが前提的に上がっていることや
ユーザーのニーズをしっかり拾っているブランドが増えている感じで
逆に尖った作品を出すメーカーが減っているので、無難に収まった結果
大きく影響を与える作品が減っているのかなと勝手な憶測立ててみたり

最初の方を見ると非常にファンディスクが多いのですよね
しかもファンディスクで終わらず、更に次を匂わせる作品もあったり
ただFDもそれぞれに工夫が見られるなどして気合いが見られており
フルプライスでも納得できる作品も増えてきているので何だかんだで満足したり

しかし、安定しているメーカー程、冒険していないなと思う部分もあり
その辺り寂しくもあるのですよ、尖りすぎるのも困りものですけど
やっぱり意欲的な作品って見てみたいじゃないですか……

そう言えば2012年プレイ作品では欲望に正直なラインナップが多かったです
なんだかんだで増えているじゃないか受け、M路線と言うことでありまして
2013年もこの路線に期待したいところです、今年も暴走できるように
色々な方面で頑張って欲しいところです

それはともかく2012年で印象の良かった作品など適当にピックアップ
例によって長くなったり、ネタバレだったりなので略します



続きを読む

PageTop

ガンナイトガール 感想

きゃんでぃそふとの「ガンナイトガール」の感想です

【あらすじ】
2034年、世界のどこかで戦争が4年前から行われているも
直接の被害はない日本の田舎町においては現実味が薄い話であった
しかし、とある事件を境に町から人が消えていき町の学校は休校

代わりに自衛軍の工兵の訓練学校の学生達がやって使うことに
その授業に参加することになってしまった主人公「桧森絢斗」は
忌避していた軍の人間ということで最初は警戒していたものの
普通の少女である学生達との交流もあり心を許していくことになる

そんな日々もとある事件を境として大きく状況が変わることになる
田舎町に再び起きた戦闘機の墜落事故、次の日に失踪した「高遠小夜子」
小夜子が前日に残した意味深な言葉から、疑念の積もった絢斗は
独断で事件を追っていくことになり様々な思惑に振り回されることになる
果たしてこの田舎町で何が起こっているのか、小夜子の行方は?


【仕様】
攻略対象は5人、ルート制限ありである程度攻略順が決められています
選択肢は複雑でないので軽く意識して選択すれば分岐は可能かと
シーンスキップもあるため、有効活用すれば時間も短縮できます

ヒロインの萌えもHシーンもそれなりにありますが基本的にはシナリオ重視かと
自衛軍という設定や兵器の話も出てきますが魅せ場としていくつか登場するも
作品の中心となるほど燃えにも尺は割かれていないように思えます


【雑感】
どちらかというと軍やラボの思惑に振り回されつつも弱いなりに
主人公やヒロインが成長していく様を描いている作品になっています
故に少年少女の弱い部分を描くことが多く、シリアスではギスギスする部分も

特にこのゲームでネックとなるのが、主人公「桧森絢斗」の存在
絢斗は裏でうごめく陰謀について何の影響力をもてない無力な存在であり
ほとんどのシナリオでは空回りをして周囲を混乱させるという役どころに

また、年頃の少年ということを意識しているのか幼稚な部分があり
かなり頭に血が上りやすく、暴走しやすいという見ていて疲れる男の子です
下手に行動力がある分、周囲を戸惑わせそのたびに諌められて恥をかいたり
それを受けてイジケたりと見ていて、胃の痛い困った存在になっています
この物語でヒロインとの関係を深めるには絢斗のような強引さが必要だった
というのもわかりますが、もう少し落ち着いてほしかったなと思うのも確か

全シナリオを通してかっこいい主人公像とは、程遠い存在なのは確かであり
こういった幼さが前面に出された未熟な主人公が苦手な人には辛いかと思います
マシになることはあっても反転してカッコいいキャラになることはありませんので
最低限体験版を触るなどして主人公との相性を見たほうがいいかと

主人公を除いても基本的に登場人物が単純に良い子ではないことも注意が必要で
何か気に入らないことがあれば悪態をついたり暴言を吐いたりということもあります
そんなわけでシリアス部分では何度となく雰囲気が悪くなる部分もあります
それがウリといえばウリでもあるのですけど、好みは分かれる部分であるかと

暗雲立ち込める展開は多いものの、各シナリオの結末の後味は悪くないです
最後まで救われない系の話ではないのでそのあたりは安心して良い部分かと
まあ、これが設定を考えるとご都合主義な感じを強めている気もしますけど
とりあえずプレイヤーを鬱にさせるためのゲームではないということで

ミリタリー部分については詳しくないのでパスしておきます
近未来ということで、多少ファンタジー入っていますし、真剣に考えるものでもなく
個人的な基準であからさまにそれはおかしいだろうという描写はなかったかと
全体的に軍やラボのやり方が甘いとかそういった突っ込みは基本スルーします

そこを除けばシナリオ自体は、それまでのシナリオで張っていた伏線などは
グランドに当たるシナリオでうまく回収されていたと思います
一度グランドをプレイした後ほかのシナリオを見ると色々気付く部分もあったり
とそんな楽しみ方ができるぐらいには整合性が保たれていたかとは思います

ヒロイン自体もそれぞれ個性的で癖がある中、しっかりと魅力は描かれており
シリアスで胃が痛い中でもヒロインは可愛く安心して見られ良い癒しでした
多少暴走する傾向にあったりするものの絢斗もヒロインには一途である為
イチャイチャする部分ではあまり害されることなく楽しむこともできました
(尤もこの一途さ故にシナリオをややこしくしている部分があるのがアレですけど)


個人的には体験版の印象そのままという感じで
私が期待したことは良くも悪くも裏切られない作品でした

ご都合主義に感じられる部分が多々あるものの、田舎町で起きた事件の範囲で
話をまとめており、シナリオ中に撒いた伏線をしっかりと回収しているので
メインに関わる部分では特に不満となる部分はありませんでした

また、大きな陰謀が裏で渦巻いているのですがそれをどうにかする話ではないので
その辺りに対して過度の期待をする人には物足りない内容かもしれません

ヒロインも他の作品ではなかなか目に掛からない面倒なキャラが多いのですが
なんだかんだで可愛いと思わせる部分も多く、どの娘もお気に入りです

主人公を許容するのが結構ハードルが高く、人を大きく選びますけど
それさえ気にならず、体験版の雰囲気が気に入れば手を出して間違いないかなと
多少、気になる程度でも手を出してみたら楽しめる要素は十分あると思います
少なくとも丁寧に作られたゲームではあると思いますので合えば楽しめるかと


以下、ネタバレを含む感想



続きを読む

PageTop