伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年9月5週目の私

そんなわけで本番です

20110930.jpg

しかし、改めて見直すとそれ程でもない気がします
ただ、渡されたときの袋の大きさがすさまじく、帰りが邪魔でした
一般的に邪魔なのは袋ではなくそれをもつ私となるのですが

そして、ソフトはコレだけ買ったのですけどテレカは2枚という罠
テレカの時代は流石に終わりを告げようと言うのでしょうか
巨大特典はなかったのですが中規模の特典が結構あって
微妙に処理しにくいボリュームとなっていたりします

あと、買いに行く道中でyour diaryよりLunarisにしようかと
微妙に悩んだのですが取りあえずyour diaryに手を出しました
ルナリスについては日曜日ぐらいに間違いがあれば間違うかもしれません

しかし、今月フルプライスでも6本買っているんですけど
エロ成分に関しては後ろのローブライス3本便りになります
らぶ2QUADの健闘に少しだけ期待したいですね

取り合えずインストールが終わったらかぐや3本から攻めようかと

スポンサーサイト

PageTop

【雑記】今日は

なんとか感想が間に合った……間に合ってませんね

半ばリアルが修羅場で無理して1日1ルートという感じでした
「つれーわ、2時間しかプレイできねーわ、2時間しかプレイできねーわ」
あ、人間関係でなく仕事関係です、しってますね、そうですね

さて、今日は金曜日なので大量入荷日なのですけど
しっかり回収できるか非常に怪しいです
下手すれば日曜日にまで行くかもと言う感じです

こういうとき通販にしておけばと思うのですけども
ソフトが欲しいときに予約をするスタイルになったので
昔のように通販便りに出来ないのですよね

そんなわけで、運が良ければ今夜にでも……


そういえばIIDXの解禁イベントが始まりましたね
7つの大罪がモチーフとか古傷がうずくワードが満載です
カーディナルゲート以来のやっちまった感が凄い、応援しています

でも解禁できるのは最近のプレイ頻度からすると次回作になりそう
最近P†Pを漸くプレイできました、Hでボコボコにされました

Hでボコボコっていうとちょっとアダルトな感じがしますね


PageTop

D-EVE in you 感想

Twinkleの2作目となる「D-EVE in you」の感想です

ひょんなことから、アイドル養成施設「鳳央学園」で4人のワケありアイドルを
育成する事になった新米プロデューサーの「火浦錬」と4人のアイドル候補の物語

単純な選択肢でシナリオが分岐するADV
ヒロインはD-EVEのメンバー4人、サブなどのサービスはありません
4ルートとも分岐後は一直線でHシーン以外特に選択肢はありません
プレイする上で特に悩むことなくプレイできる作品かと思います

華々しいアイドルのイメージと違い、お話は手堅く、主人公錬を中心とした
プロデュースする大人達の話が結構なウェイトを占めていたりします
ステージで活躍するアイドルとの秘めたドキドキの恋愛というのは薄く
キラキラしたイメージでこの作品に手を出すと少々物足りないかも知れません

ただ派手さはないモノの、メイン、サブともキャラがしっかりと書かれており
人間関係や鳳央学園を中心としたアイドルの世界も堅実に描かれています
お話の展開もありがりながら丁寧に描かれており、しっかりと楽しむ事が出来ました
王道のスポーツもののようなノリでアイドルの成長物語が楽しめます

そんな王道の話を盛り上げているのは魅力的なキャラクターかと
個性的でバランスの取れた4人のヒロインはもとより、ライバルとなるサブヒロイン
そして彼女らを支えるプロデューサを中心とした大人な達が活躍します
ありがちな展開であるからこそ、彼ら、彼女ら脇役の魅力が光ります
正直このサブキャラの存在がなかったら、結構退屈だったのではと思う事も
それだけ彼らの存在と功績は大きいという事で……でもアイドルモノとしてどうだろう

アイドルモノと言うより、アイドル業界モノという感じのお話です
主人公がアイドルでも何でもないので当たり前と言えば当たり前ですが
ただ、この辺りはある程度解っておかないと、物足りない作品かなと
一部のヒロインはしっかりアイドルしていますが、それでもイベントは弱いです
周辺をしっかりと描いた分、「美しくて可憐で神々しい」アイドルを描く余地が無く
プレイヤーとしてはアイドルを目指す才能ある等身大の女の子が相手になります
裏から言えば当たり前なのですけど、あらすじで節に訴える
「~トイレにも行かなかった」アイドルというものも見てみたかったです

以下、ネタバレを含む感想



続きを読む

PageTop

アームロック

D-EVE in youは祥子だけクリア
「そうそう、こういうので良いんだよ」って感じのゲームです

まだ1ルートですけど、手堅く安心して楽しめます

1つ前のゲームが少し外された部分があったので
直後にド直球な作品をプレイさせられると弱いです
そんな感じで上手く入り込んできたのがこの作品というわけで

私事ですが、ゲーム自体、プレイするタイミング的なモノがありまして
特に毎月何らかのゲームをプレイしていたりする場合は
プレイする順番とかが意外と重要な役割を果たしたりします
今日はカレーの気分みたいな感じで萌えだったり泣きだったり抜きだったり
その時の気分というのに私の場合は大きく左右されるのです


そんな屁理屈はともかくとして、手堅くて良質な作品というのが現時点での評価
回想などを見ると、サブには手を出せない雰囲気なので、少々不満ですけど
この辺りは、欲張りと言うよもり、それだけキャラが良いって事です
はい、言い訳ですね

PageTop

プリンセスX-僕の許嫁はモンスターっ娘!- 感想

Poison@Berryの「プリンセスX-僕の許嫁はモンスターっ娘!-」の感想です

ヒロインが全員魔物娘で、4人から婚約を申し込まれるという
特異なシチュエーションが話題となった作品ですが
このゲームの本質は実は、魔物娘と言うところでは、ないです
ヒロインは隠し含めて6人……サブも含めるともう1人と言うところ
あまり個別に分岐するという概念はないので微妙なところですが

まず、ヒロインの扱いにかなりの偏りがあります
もし、ヒロインとのイチャラブを楽しみたいという方がいるなら
パッケージを飾る4人の中ではナージャ以外は期待しないでください
取りあえずエロならいいやと言う人はプロ子までなら良いかもしれません
ただ、R・コマドリに惹かれた人や、てぐす御前を優先したい上級者には
決してオススメできる内容ではないとだけ言っておきます

正直シナリオのダシになっているのですよね、ヒロインと言うより
シナリオを語る上で必要な登場人物という感じでしょうか
ナージャにしてもプロ子にしても分岐の仕方など見るとそう言う部分もありますし
見た目としてはコメディ的な要素が強く、共通ルートはそうですけども
それだけのゲームではないと言っておきます、良くも悪くも……ですが
その部分が良く映るか悪く映るかでこのゲームの印象は大きく変わるかと

魔物娘というヒロインの物珍しさに惹かれて
ヒロインがちょっと特殊なだけのラブコメを期待すると厳しい内容かと
ある程度このライターの癖を知っていて、それを期待しているというなら
多少薄味ながら楽しめると思うので、そちら向けの内容ですかね

それにしても、R・コマドリ、てぐす御前派にはお薦めできない作品とだけ
取りあえず魔物娘とは別方向に尖った作品であると思います
甘く見ていると毒にやられますよという事で……そう言う問題かなぁ

以下、ネタバレを含む感想です、結構ネタバレ度高いです


続きを読む

PageTop

真剣で私に恋しなさい!S 体験版 感想

みなとそふとの「真剣で私に恋しなさい!S」の体験版感想です


【プレイ時間】2時間
【Hシーン】なし
【内容】プロローグ+誰とも結ばれないルート序盤


時系列的には前作の続きからスタートします
プロローグで新キャラである「松永燕」の紹介と
風間ファミリーを中心とした川神市のいつもの風景が紹介されます

プロローグ終了後、シナリオ分岐画面になり
各ヒロイン+αのアフターシナリオと
誰とも結ばれていないルートに分岐します
体験版では、本作のメインである「誰とも結ばれていない」ルート
の序盤部分をダイジェストでプレイする事が出来ます

主に体験版の役割は新たな主要キャラの紹介で消化
クローンで現代に蘇った英雄「源義経」達+αが編入してきて
義経達が早く溶け込めるようにとパーティを催します

そんな中で、別件で編入してくる「松永燕」
そして、裏で色々怪しく動く九鬼家の面々と言うところ
まだ登場しない面々もいるようですが更に賑やかになります

前作で、気になっていた部分で、風間ファミリーの絆というか
何とも言えない空気があったのですが、その描写は現時点では弱まっています
皆が成長したのか体験版の尺故かは解りませんが個人的に好感触です

前作のノリが楽しめた人は勿論、前作でその部分が苦手だった人も
現時点のノリで行くなら何となく楽しめそうな雰囲気ですが果たして


【ヒロイン】
多いですので追加新ヒロインだけ

■松永燕
プロローグから登場した少女、義経達とは別時期に編入して
百代と同じクラスになり、直ぐに意気投合、互角の戦いを演じる
社交性豊かで直ぐに誰とでも仲良くなれる性格である

ふと出会った大和のことを気に入ったらしく何度と無く話しかけてくる
百代とは違った意味でマイペースで強引な部分がある姉キャラ
義経達とは別口でこの時期に川神学園に編入してきた理由は如何に


■九鬼紋白
九鬼家の末娘、飛び級で1年生として義経達と共に学園に編入してきた
故に、全ヒロイン中もっとも小さいヒロインとなります

九鬼家故、破天荒で豪快な部分があるが、義経達を気遣い
パーティの提案をするなど非常に面倒見が良い、断ると長宗部行きです
その見た目と反比例して、性格は一番まともではないかと思うほど
大人びている部分があるモノの、今後はやはり子供らしい部分もある
というのがきっと今後のウリになっていくのでしょう、多分


【全体通して】
前作の無印まじこいの貯金を持って漸く、風間ファミリー、川神市が完成した印象
個人的には前作では置いてけぼりを食らった部分だったのですが
今回の体験版ではすんなりと受け入れる事が出来、現時点では好感触です

相変わらずお金がかかっており、ただでさえ多いキャラに、豪華キャスト
序盤だけかも知れませんが、一部演出にアニメを取り入れるなど
気合いの入りようとお金のかけ方が相当なモノとなっています

本編のノリも、前作でなれたのか安定した感もあり、素直に楽しめました
前作を楽しめた人は勿論、前作で戸惑いを覚えた私も意外と行けそうな雰囲気で
今後暴走しないかと心配になりつつも期待しておこうと思います
ただ、1月は遠いよね、前作もそうだけど本編前まで情熱が続くのか心配です

PageTop

都合のよいセックスフレンド? 体験版 感想

Waffleの「都合のよいセックスフレンド?」の体験版の感想です

【プレイ時間】0.5時間
【Hシーンあり】
【内容】導入部

5人のセックスフレンドを持つものの
結婚はしたくない「荒浜遊」は

セフレの1人であり会社の同僚である「清水美沙子」に
将来の話……つまり結婚の話を持ち出される事になる
どうやら5人いるセフレの中で美沙子のみ認識が違ったらしく
遊の実情を知った美沙子は他の4人のセフレを呼び出して
今後についての話し合いを始める事になる

意外にも別れ話にはならなかったものの、いざ結婚するとなると
流石にセックスフレンドの関係を続ける事が不可能となる為
他の4人も結婚をするように申し立ててくる事に

そんなわけで同時に5人から結婚を迫られるようになった遊
5人のセックスフレンドのアピール合戦の先に誰を選ぶのか
それとも……

と言う感じで本当に導入部だけの体験版になっています
表面的なキャラを掴むには充分ですしおまけでHシーンも補完
エロ+コメディとしての雰囲気は充分伝わるないようかと思います


【ヒロインとか】
■清水千沙子
この物語の発端となった会社の同僚で、面倒見が非常によい
遊のアパートに来ては、掃除や洗濯など家事をこなしていた
遊自身も、最近では生活の面で完全に依存していた様子

唯一、セックスフレンドでなく、付き合いをしていたと認識していた
その為、急に遊の乱れた関係をしり混乱する事になるモノの
見捨てる事はなく、自分こそが一番優に相応しいとアピールしてくる
体験版の本編中で唯一Hシーンあり、プレイ自体はノーマル気味です


■柳涼子
近所の喫茶店を経営する女性、付き合いは一番長い
遊と同じく結婚のことについては殆ど考えて折らず
セックスフレンドという割り切った関係にも納得していた

ただし、いざ結婚して、遊との関係が途絶えるのは嫌な為
他に習って結婚を申し込んでくる事になる
身体の相性が良く、セックス方面での良さがアピールポイント
傾向的に女性優位なプレイが好きな様子


■遠藤真希子
一般人も知っている、有名企業の社長
とある事件をきっかけに知りあい、そのまま関係が深まっていた
遊を気に入っており、自分の会社に入れてしまおうと考えている

ウリはなんと言ってもその財力であり他を圧倒している
HシーンはSMプレーで、真希子が受け側の人間
権力者がMというのは昔から良くあるネタという事で1つ


■星野小鳥
元気な女子学生、ちょっとおバカな娘
他と同じく結婚で、セックスフレンドの関係が危うくなった為
他と同じく結婚を申し込む、多分深くは考えていない

武器はなんと言っても若さ、特に真希子相手には武器になる
Hシーンは真希子とは別方向でM、多分露出とか野外が多くなる


■神島藍那
学園では生真面目な優等生を演じているらしい女子学生
普段が抑圧されている反動で出会い系サイトに手を出し遊と出会った
遊が結婚を嫌う理由についても察しており、妥協案を考えるも
周りの雰囲気がそうではなく、結果的に他と同じく結婚を申し込む

Hシーンは激しく乱れる傾向にあり、プレイ自体は普通であっても
非常に反応が激しい、あとメガネ


【Hシーン】
本編中に千沙子とのシーン
Hシーンの鑑賞でヒロイン全員のシーンあり
千沙子は鑑賞も本編中も内容は同じです
それぞれのHシーンの傾向が見られるかと思います


【全体通して】
導入部だけですが、難しい事もなく非常に解りやすい作品
主人公がどう見ても最悪の人間ではありますが
ヒロインの反応が悲観的ではないのとノリが軽い為に
笑ってスルーできそうなレベルになっていますね

値段はフルプライスではないので、気軽に5人のヒロインと関係を結び
各ヒロインのシナリオに分岐、或いはハーレムとなりそうです
お手軽に楽しめそうな雰囲気ですので、癒しのラインナップとして
個人的に期待したい作品です

PageTop

ワルキューレロマンツェ 体験版 感想

Ricottaの「ワルキューレロマンツェ」 体験版です

【プレイ時間】2時間
【Hシーン】あり
【内容】物語導入部

漸く出たかという感じのする体験版です

馬上で鎧を着て槍で突き合う「ジョスト」という
競技を題材にした学園青春スポーツモノというところでしょうか
「ジョスト」自体は実在する競技であるらしいですが
このお話で出てくるモノがどれほど正確かは知りません

かつてはジョストの騎士として生きてきた「水野貴弘」
ジョストの名門であるウィンフォード学園に留学していましたが
ある時期を境に、騎士を辞め、騎士をサポートする役である
「ベグライダー」を専攻しながら学園生活を送るようになっていました

しかし、ベグライダーでありながら、実際支える相手である騎士はおらず
このままでは学園から除名されてもおかしくない状況です
そんな状況でありながら、能動的に動くでもなく日々を過ごしていました

ジョストの大会が近づき盛り上がる頃、貴弘は突然
一昨年、去年と優勝し優勝候補でもある先輩「スィーリア」と
今年の優勝候補を自称する同学年の少女「ノエル」から
自分のベイグライダーをしてくれないかと頼まれます
有力者の誘いを受けながらも、しっかりとした答えを出せない貴弘

そんなある日、留学したときからの付き合いである「希咲美桜」が
名門のでである上級生の機嫌を損ねてしまい決闘を申し込まれます
美桜は普通科であり騎士としての経験はゼロという状況
決闘などしたら下手をすれば、大怪我の可能性もあります
貴弘はベイグライダーとして決闘まで美桜のサポートをしていく事になり
そして、美桜は騎士としてめざましい成長を遂げていく事になり
決闘の当日、素人ながら美桜は善戦をします、果たして決闘の勝敗の行方は?

ヒロイン二人にベイグライダーとして誘われるキャラ紹介パートと
美桜のサポートをしながら、ベイグライダーとして騎士としての情熱を
取り戻していく美桜特訓パートの2つに分かれている感じでしょうか
全体的にスポーツモノのど真ん中な展開という印象

本筋には大きく絡みませんが、一年ながら驚異的な実力を持つ「リサ」も
登場し、ヒロインの紹介としては十分な体験版かと思います

皆さんの大好きな「ベルティーユ」も活躍するよ!
と、サブも含め、主要なキャストはそれなりに目立っているかなと思います




【ヒロインとか】

・希咲美桜
留学した当時からの知り合いで、貴弘と仲の良い普通科の少女
普通科で馬もまともに乗れずこの度のジョストに関わる事もないと思ったが
とある事件を境にジョストに関わる事になっていく
温厚で世話焼きな性格で、家事全般が得意である、ただし料理は
時々オリジナルの料理を作って、周囲のモノを困らせている

素直な性格であり、特に貴弘の言葉には信頼を置いており
ジョストの特訓でも素直に聞き入れ、どんどんと成長していく
体験版の終盤でロングからショートに髪の毛が変化することに


・ノエル・マーレス・アスコット
朝の訓練を覗く貴弘に声を掛けてきた少女、美桜とは知り合いである
優勝候補にスィーリアが挙げられる中自分こそが優秀候補であると自信を見せる
去年こそは結果が奮っていないが、見るモノが見ると何かを持っているようである

貴弘に自分のベイグライダーをするように誘いを掛けてきて
それ以降何度と無く、貴弘達のメンバーに関わってくる事になる
体験版時点では一番関係が薄く、目的などが良く分からない
ただ、大切にしている妹がいるとの事


・スィーリア・クマーニ・エイントリー
学園きっての実力者である上級生で、1年生と2年生の時に優勝している
この功績から、今年の優勝候補としても挙げられており、多くの人の憧れの的

貴弘とは、同じくジョストの実力者である兄の関係で面識があり
その縁もあってか、別の理由があるのか、ベイグライダーとして誘ってくる

その完璧すぎる功績から敬遠されがちであるが、結構気さくで親しみやすい
お姉さんと言う感じであるBBAとかいってすまなかった、意外と大丈夫
閑話休題、しかし、現時点では特に隙らしい隙はなく、ヒロインとしての
アピールはこれからと言うところでしょうか


・リサ・エオストレ
一年生ながらその突出した腕が噂される少女
事実その実力は高く、二年生の実力者を上回る腕前を持つ
性格は、物静かで大人びて冷静に見えるが、子供扱いされるのを嫌う

他の人とはある程度うち解ける事ができるが、何故か貴弘にはかみついてくる
クラスメイトであるフィオナとは常に一緒にいるがフィオナの存在が
リサにとって余りよい影響を与えていないのではないかと懸念されている

体験版では、貴弘とはうち解けて折らず、まだまだ見えないヒロインです




【Hシーン】
SPECIALでノエルとのHシーンが見られます


【全体通して】
漸く出た体験版ですが、内容自体は非常に手堅い内容かと
シナリオはある部分で引きますが、そこまで強烈というわけではなく
ただ、お約束にタイして素直にお話作っているかなと言う所

ヒロインとしては、美桜のジョストに関わるイベントが中心となる為
美桜が贔屓気味で、他のヒロインはまだまだキャラ紹介程度のレベル
この時点では、メインサブという明確な差は余り無く
サブヒロインモしっかりと動いているような印象を受けました

メインヒロイン4人は、スィーリアの第一印象がアレでしたけど
どのヒロインもしっかりと魅力的に書かれていたと思います

このままジョストを中心とした話を書いていくなら
爆発的な面白さはないものの、手堅い作品となりそうな予感です
雰囲気などが気になれば、楽しめるのではないかなと思います

PageTop

途中経過

プリンセスXの攻略が多少ややこしかったので
埋め優先で集中的にプレイしました……

これはモンスター娘と別ベクトルで人を選ぶ作品かなと
1つだけ言うとナージャとプロ娘以外は期待しない方が良いです
ちゃんとした感想は、明日にでも掛ければと

てぐす御前……

PageTop

2011年9月4週目の私

そんなわけで2本

P1000745.jpg

5週目を考えると物量的に前座も良いところですが
既に先月、先々月より多いという……まあ、仕方ないですが

取りあえずプリンセスXから始める事は解っていた事と思います

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。