伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Hyper→Highspeed→Genius 感想

ういんどみるの「Hyper→Highspeed→Genius」の感想です

ヒロインは10人、昨今のヒロイン少子化を考えるとかなりの数です
実際はメイン4人、サブ6人という感じですがEDは完備されています
3つの学園にそれぞれメイン1人とサブ2人が、後1人は……言うまでもなく
最初に3つから学園を選択するなど、構成は少し特殊であるものの
基本的には選択肢でヒロインを決定していくタイプのADVです

1シナリオ11~13話ぐらいの構成となっており、1話20~30分前後の長さです
OPやED、次回予告演出はないものの良くある1クールアニメを意識したタイプ
1話1話の尺がそこまで長くないため、テンポ良く読めるようになっています
サブヒロインのシナリオでは11話や12話と多少短く終わるようになっています

残念ながら?ハーレム展開などはなし、1つだけ複数プレイはありますが
あらすじや設定の一部を見て期待する男子諸君の意思に反して
ヘタレとは言わないまでも主人公は純情な男子であるため、普通の恋愛をします
むしろHシーンの数は昨今の流れに逆らうように控えめな回数になっています

1シーンの長さは2回戦、3回戦ありと濃く描かれている節は見られますが
ヒロインが多いとはいえ流石にメインで2回、サブは1回だとしょんぼりです

さて、この作品ですが、主人公「明智久司」の設定に変化球を加えたように
過去の作品では見られなかった世界を幾らでも暗くできるような設定が
結構見られる作品となっているのですが、本編中ではそれに逆らうように
徹底的までにそういった暗くさせるような描写を避けいるような気がします

よって、ポップな雰囲気に反して、世界観は結構危うく、暗い影を持つモノの
プレイをしてみると結局は、第一印象で受けた雰囲気と変わりのない優しいです
守護者と人の対立構造の描写などが事細かに書かれているワケではないです

そんな、料理する人次第では幾らでもダークな展開に出来そうな話なのですが
料理したのは「ういんどみる」であり、ジャンルはピカレスク風「純愛AVG」です
良くも悪くも気軽に楽しめるキャラ萌えを重視した作品として仕上がっています
身体の関係だけもってヒロインを利用したり、時には鬼畜な事をするゲーム
とか期待すると間違いなく肩すかしを受けてしまうゲームではないかと


ただ、今回はメインとなるシナリオが多少凝っているような印象を受けます
どこまでも読ませるという程の強烈な吸引力は流石になかったモノの
テンポの良さもあって、最後までだれることなくプレイすることが出来ました
シナリオも、細かい部分を気にすれば突っ込み所満載であるとは思いますが
このブランドのカラーを考えるとこれぐらいがよい塩梅かなと思いました


それはともかく、この作品の本質はやはり萌えありヒロインでしょう
10人もヒロインがいますが、ぞんざいな扱いの娘はおらず、見せ場があります
10人いながら捨てキャラはどのヒロインも可愛く好きになれました

残念な部分は、水無月学園のサブヒロイン二人の個別の扱いが多少軽いこと
最初は10人いればどれか当たるだろうというのノリでプレイしましたが
贔屓したいヒロインは絞られるモノのハズレと思うヒロインはいませんでした


取っ掛かりは少し冒険に出た毛色の違う作品と印象を受けるかも知れませんが
なんだかんだで、いつものノリで楽しめる作品になっているのではないかと
よって、良い意味で「いつものういんどみる」として楽しめると思います
そんなわけで、ういんどみる作品の雰囲気が好きなら楽しめる作品かと思います
ピカレスクとかそう言った言葉に引かれた人には多分あわない作品かなと思います

以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

はらハラしちゃう! 感想

朝霧姉妹編って今後継続するシリーズなんですかね

アトリエかぐやの「はらハラしちゃう! 親にはナイショの子作り生活 朝霧姉妹編」の感想です
何処までがタイトルか解りません、同日発売の「おさこん」と同じく低価格路線となっています
こちらはヒロインが2人で、メイン扱いされるヒロインは1人となっています

平凡な学生である朝霧晴貴は学園のアイドルである先輩「琴子」に告白され
憧れていたこともあり、つきあい始めることになります
しかしその矢先に、互いの親が再婚をすることになり姉弟の関係となります

それでも、義理なら結ばれることは出来ると思いきや、両親の好意から
養子縁組まで予定、こうすれば結ばれることすら禁忌となります
そんなわけで、先に既成事実を作ってそれを阻止するゲームです

最近の血縁でもあっさり結ばれるゲームと比較して真面目かと思ったら
斜め上の解決方法を提示する辺り流石だなと思います、憧れませんが

ひたすら、ヒロインとイチャイチャラブラブするメインルートの他に
琴子の妹で、義妹となる「深結」と関係を結ぶルートがあります
これは琴子との関係に隠れて更にと言うことで少し暗い展開になります
ハーレムへも分岐しますが、ひたすらお気楽を期待すると少し厳しいかも知れません

ヒロインは
TPOわきまえず、隙さえあれば、ひたすらベタベタしたがる学園のアイドル「朝霧琴子」
初対面から反抗的で毒舌をかましてくる琴子の妹である後輩の「朝霧深結」
の2人になります、もう1人立ち絵のある琴子の親友「甘原出雲」という娘も登場しますが
Hシーンなどはなく攻略の対象ではありません、正直容姿は一番好みですが……


実質、ヒロインは2人ですが琴子だけをメインヒロインに据えた内容になっています
深結のシナリオと結末は多少罪悪感を覚える内容になっており
Hシーンでの雰囲気もちょっときつめな内容が多いです(雰囲気程度ですが)
扱いも少し弱めで、深結目的ではらハラするなら物足りない内容です

その分、琴子にエネルギーが集約しているので、ベタベタ甘えてくるお姉さんが好きなら
要素が分散していない分、十分に素直に楽しめる内容になっているのではないかと思います

【Hシーン】
琴子:11
深結:6
2人:2

Hシーンについてはやはり全体的に尺が短くなっています
はらハラが目的なので奉仕的なプレイはかなり短めです
琴子は基本的に甘甘プレイ、タイトルらしいプレイは1シーンのみです

深結は最初だけ足による深結のリード、以降は晴貴のリード
多少ヒロインを言葉で責めるようなシーンが多いです高速逆転プレイ

3Pは2シーンありますこちらは尺がそれなりと言うところです


【全体通して】
おそらく、分量的にはおさこんに軍配が上がるんですけど
ゲームとしての完成度といいますか纏まり方ではこちらが良かったですね

ただ、出雲が攻略できない不満とか考えるとやはりおさこんのフォローも悪くなかったと
そんな我が儘なことを考えていたり、欲望というのは果てることがないのでdす

さて、この作品は良くも悪くも、琴子オンリーゲーであります姉妹編ですけど姉重視
特に期待はしていなかったのですけど深結さんの扱いはかなり微妙なところ
これが良い人もいるでしょうし、逆に不満な人もいるでしょうねという感じで

システムとか環境はコレで良いかなと思います、背景使い廻していますが
変に拘ってお金かけるよりも作品の内容をというのが意見なので不満はなし
Hシーンは数がもう少し減らしても良いので各シーンの尺がもう少し欲しいところです

琴子はヒロインとして気に入ったのでこの作品は楽しむことが出来ました
やはりヒロイン多くして色々やるよりも、集中型の方が良いのではという印象です
かぐや名物の肉食系な姉はいないけどこの姉はこの姉でありかなと思います


さて、今回の低価格路線の2作品はどちらもそれなりに不満点があるモノの
値段を考えて割り切り部分を割り切れば悪いモノでもないかなと
私自身この価格帯の折り合いが上手くつけられていない部分もあるでしょうが
このクオリティで好みの路線の作品が出るようなら手を出そうかなという感じです

そんなわけで、毎日がM!2でもどうですかね、駄目ですか、そうですか

PageTop

おさこん ~幼馴染みとイチャラブ新婚生活~ 感想 

これは少し単純にしすぎかな
ということで感想の構成も単純に行きます

アトリエかぐやの「おさこん~幼馴染みとイチャラブ新婚生活~」の感想です
2本同時に発売された低価格路線作品の一本になります、DLにも対応です

作品は非常に解りやすいモノとなっています
主人公「守時馳夫」のことが大好きな3人の幼馴染みの中から
誰と過ごすか選んでイチャついたり、HしたりしているウチにEDへ行く構成は
ミドルプライスとして同じくアトリエかぐやが出した「すぷらっしゅ!」そのままで
それをもう少しスケールダウンといいいますか、廉価仕様にした作品です

ヒロインは3人
馳雄をお兄ちゃんと慕う世話焼きの従妹「足原菜穂」
少し嫉妬深い巨乳のお嬢様「白金せれな」
小悪魔的な性格のグラビアアイドル「蒔枝璃緒」

全員が、過去の段階で主人公に惚れおり、積極的にアピールしてきます
それに対して、主人公がヒロインと接していくウチに、惹かれていくという形
主人公自体学園でも人気のある人物で、運動神経も良いなど特に欠点はなし
余計なことは考えずヒロインと仲良くしてくださいという作品になっています

余計ないことをなくしすぎたせいか、ヒロインと結ばれる過程が非常に短く単純
選択肢を2回選んだだけで軽い性的な接触があり、3回目、4回目には結ばれます
そのままイチャイチャしているウチに順風満帆のままEDと言う構成です
ヒロインを選んでからの展開が非常に短く新婚生活分が殆どない気もします
何故か璃緒だけ多少山場アリ、それにしても気にとめるほどではないかなと

Hシーンは回数だけ見れば値段の割には悪くないというレベルかと思います
ただし、従来のアトリエかぐやのモノと比べると1回が非常に短いです
まともに長いのは終盤の1,2回ぐらいではないかなともいます
基本的にプレイが1回で終了してしまうため、普段のアレを期待すると弱いです

【Hシーン】
・菜穂:7
・せれな:7
・璃緒:7
・3人:1

プレイは手、口、胸の奉仕プレイが少しずつ
後はコスチュームの差異はあるモノの普通のプレイです
基本一回戦で尺は短め、ハーレムと終盤のシーンだけそれなりの尺です

また、ハーレムはヒロインを5回ずつ選択すると分岐します


【全体通して】
この値段にたいして、このボリュームというのをどう感じるかでしょう
1作品としてみたら間違いなくあっさりクリアしてしまうゲームですので

ヒロイン3人、ハーレム有りというのはよくばりであるような気がしますが
尺的な部分を見ると物足りない感じが強かったです、特に分岐後のあっけなさが
短い作品の中にかぐや的な要素を詰めすぎたかなと言う気がします
正直ヒロインの数やHシーンを減らしてもいいので、1つ1つを濃くして欲しかったです

共通ルートといいますかプロローグの流れは結構面白かったので
それ以降、3人の絡みは告白イベントまでないのが残念なところ
変に単純化せず、3人の絡みはもう少し書いて欲しかったですね

ただ、初心者向けのエロゲーとしては手を出しやすいのではないかと思ったり
見た目で気に入ったヒロインと難しく考えずイチャイチャしたりHしたりしたい
本当にそれだけのゲームになっていますので、それ目的なら
それがサブタイトル通り「新婚生活」かと言われると微妙に謎ですけどね
もうちょっと煮詰めて欲しかった作品です

PageTop

2011年6月4週の私

まあ、いつも通りです

20110624.jpg

6本ですけど廉価2本に、FD1本ですから
数ほどは時間が掛からないはず……多分

取りあえず箱が大きいのはともかくとして
黄色い帯を綺麗に元に戻す自信がないのですが
いつもこの帯を見て思うんですが嫌がらせですかね

あとHHGは意外と箱が小さいですね
弁当というより、クッキーとかのおみやげの箱みたいです

取りあえずごはんでも食べながらインストールして
最初にプレイするゲームを決めようかと
多分、おさこんですが

PageTop

どうして抱いてくれないのっ!? 体験版 感想

chococoの「どうして抱いてくれないのっ!?」の体験版感想です

【プレイ時間】1時間
【Hシーン】なし
【内容】導入部

勝手に「どうだい」と略していたのですが
ファイル名見る限り「どうだくれ」なのでしょうか
どうなんだそれ

舞台は玩具島と呼ばれる日本の最北の人工島にある学園都市です
最先端の科学で管理されており、とくにIT技術に力を入れています

そんな学園で生活する学生の1人「真田春人」はノリが軽く
女性と見れば直ぐにがっつく肉食系で出会って直ぐに告白する程
その癖もあって665人の女性に振られていました

そんな彼のクラスに「高天原美鈴」という女生徒が転入してきます
直ぐに告白するもやはり玉砕、ついに666人に振られることに

振った後に、その事実を知った美鈴は、春人に対して
「彼女が欲しいのか、交尾がしたいのか」
と、問い、それに対して春人は、彼女が欲しいと応えます
それを受け美鈴は自分の持つ異性を引きつける「魅了」の魔法を与えます

魔法の使い方を知り、だんだんと女性と仲良くなっていく春人
絶好調の春人を前に美鈴は魅了の魔法の欠点を伝えます
それは魅了の魔法で仲良くなった女性と交尾すると
その女性から存在そのものを忘れ去られるという恐ろしい欠点で……


近未来的な設定で「プログラミングコンテスト」などのワードが出てきて
ヒロイン二人はその能力に優れ、春人もデバッグ能力に秀でるというと
なんだかネット社会的バリバリのイメージを受けるのですけども
いきなり魅了の魔法とかの話になったでござる、デバッグ能力の意味とは?

タイトルの過激さの割にHシーンは遠そうな設定になっていますし
魔法とITの設定と言い、全体的に纏まりがないような印象を受けます
春人のノリの良いキャラクターと、ヒロインとの掛け合いもあり
コメディとして楽しめそうですが、シナリオの本筋については気になるところ
タイトルに相反して純愛押しの話になりそうな印象ですね


【ヒロイン】
・高天原美鈴
春人のクラスに転入してきた少女、何故かじぶんを「みりん」と言う(みすずが正式)
気が強くクールな性格で、春人にたいしても初対面からずばずばと突っ込んでいく
厳しい突っ込みが多いが、落ち込む姿を見るとフォローしたり根は優しい
春人に自分が魔法使いであることを明かし、魅了の力を授ける、その真意とは
時々何かに語りかけているような節もあり、色々と謎が多い少女
あと、魔法使いの帽子被っているときちょっと不安定に見える


・藤沢蛍
春人の世話を焼いてくれる幼馴染み、家事万能で成績も優秀な女の子
言動の端々に春人へのあからさまな好意が見られる部分がある
玉砕確実の告白を生暖かい目で見ていたが今回の件を受け意識するようになる
プログラミングコンテストの去年の優勝者と言うことで有名人
本編にどの程度その設定が関わってくるかは未知数ですけども
近すぎる存在故か、魅了のために必要な欲情が出来ず、そもそも利きにくい

・輿の宮卯月
春人の先輩にあたり、図書委員をしている厳格な家風のお嬢様
魅了の魔法発動の最初の犠牲者となる、元の性格もあるのかかなり積極的に
しかし、男性の免疫はないので、魔法が切れると一目散に逃げ出してしまう
妄想たくましいお嬢様という設定らしいですが体験版では情報不足ですね

・三島璃乃
明るく前向きな性格で社交的な瑠花の妹、学園のアイドル的存在である
人当たりの良い性格を演じているが本当は我が儘な性格である
魅了の魔法に掛かることで、その本性と素直に慣れない性格がまざり
春人に対しては辛く当たってしまうようになる魔法で作られたツンデレ

・三島瑠花
三島財閥の長女で双子の姉、蛍とは親しく、プログラミングの手伝いをしている
ぼーっとした見た目だが頭の回転は速く、優等生でプログラミング能力も優秀
璃乃と同じく魔法に充てられる事になるが、こちらの反応は非常にわかりやすい
また、璃乃と違いプロポーションにも恵まれている




【全体通して】
最先端IT技術の集う学園都市と女の子好きの主人公と魅了の魔法
と、欲張りな設定のドタバタ恋愛劇と言うところでしょうか
体験版の内容では正直魅了の魔法程度しか深く語れていないような
ヒロイン自体は全員登場していますけどね、美鈴と蛍がメインだけあって
出番が多く、魅了の魔法の餌食となる3人はまだまだ、弱い印象です

正直色んな設定に触手を伸ばしていて、どういう流れになるのか想像できないです
ギャグよりのシナリオになるとは思うのですけど
やっぱりストーリーなどでも語られるとおり恋と愛と性欲がテーマでしょうか
いくつか気になる部分や不安点はあるモノのノリは良かったので優先度高めの検討で

PageTop

D-EVE in you 体験版 感想

Twinkleの「D-EVE in you」の体験版の感想です

【プレイ時間】2時間
【Hシーン】あり
【内容】共通ルート前半

弱小の芸能プロダクションである「ヒウラプロモーション」
かつてはトップアイドルを輩出したモノの今ではアイドル1人もいない状態
そんなヒウラプロにアイドル養成機関である「鳳凰女子学園」の教室を受け持つ
話が舞い込んでくる、これを転機と張り切る社長の「火浦諭吉」だが
直前に披露で倒れてしまいその息子である「火浦錬」が教室を受け持つことになる

錬が受け持つ教室は4人、誰もが高いアイドルとしての素質を持ちながらも
何らかの問題を抱えているという曰く付きのメンバーで固められていた
そんな一癖もある二癖もあるアイドル候補を前に新米の教師である錬が奮闘してきます

体験版としてはプロローグとしてアイドル候補4人との出会いと
他に溶け込めずキツイ言動をしてしまう「遊佐祥子」のエピソード
高い素質を秘めながらも競争を嫌っている「生方由芽」のエピソード
が展開されます、今後残りの2人のエピソード→個別という感じでしょうか?
クリア後は詩音と祥子のHシーンが閲覧できます

2人が中心ですが、メインヒロインは勿論サブキャラクターの個性なども
しっかりと描かれており、登場の機会がほとんどなかった「花井瑞姫」と
おそらく一番メインっぽい位置の「紅月詩音」以外のキャラを掴むには充分です
詩音と瑞姫はメインとそのライバル(?)ということで出し惜しみされたと言うことで

お話は未熟ながらもアイドル育成に対する情熱は人一倍ある錬が
才能がありながらもアイドルとして問題を抱える少女と向き合って乗り越えていく
と言う感じです、解りやすい存在として最初反抗的な「祥子」がいるモノの
「由芽」も問題を抱えていたように他の2人も何らかの欠点が存在するのでしょう
錬はアイドル候補生を前に変にへりくだることもなく、かといって高圧になることもなく
正面から向き合っていく結構熱血なタイプで、様々な問題が起きても
特に不快になることなくプレイすることが出来ました

おそらくこの4人の個別エピソードをやった後
個別ルートへと分岐するような構成かなと
個別前に分岐前のイベントぐらいはありそうですけども

サブキャラは、他のプロダクションのアイドルとプロデューサーという構成です
基本的に各ヒロインに1人対となる?関係キャラクターがいるという感じです
唯一「武岡美波」はそういった相手はいないモノの別プロダクションの社長令嬢という立場
その辺りから不和が発生するのではないかと思ったりします


【システム】
・画面は16:9
・SD絵演出有り
・キャラ別音声変更あり
・キャラ別のテキスト色変更有り

ヒロイン
■紅月詩音
多分、メインヒロインで、錬の幼馴染みでもある少女
去年は学園で主席だった、元はタケオカプロに所属しており
そこに所属する花井瑞姫と仲が良かったが、何故かヒラプロの教室に来る
アイドルとしてはともかく日常ではドジッ娘というか鈍くさい部分がある
体験版ではとにかく個性豊かなメンバーを前に目立たず語るべき点がない


■遊佐祥子
容姿やスタイルが良くビジアル的に生える少女
しかし、音痴であるという欠点を持っており、苦い思いをしている
面倒見が良い部分もあるが、基本は言動がきつく、人に辛く当たることがある
自信過剰気味で、上手くいかないと明らかに不機嫌になるという欠点が見られ
ヴァンガードのプロデューサーにアイドルには向いていないと評される
最初は何かと錬に突っかかり、メンバーの輪を乱してしまうなどキツイ部分が多いが
徐々に丸くなって周囲からツンデレさん扱いされるようになっていく


■武岡美波
名前の通り、大手プロダクション「タケオカプロ」の関係者というか社長の一人娘
その美波が何故弱小のヒウラプロに所属することになっているかは謎である
初対面から錬を気に入ったのか、何かとスキンシップを要求しスルーされて喜んでいる
そんな普段の言動はあるものの、他のメンバーのことを良く見て行動しており
孤立しがちな祥子とも唯一話す事が出来ていた、その適正からリーダーになっている
また、他のヒロインのスタイルがよい中で背が低く平坦な体型をしているのも魅力
メインエピソードはないモノのその言動から一番目立っている、詩音も見習え


■生方由芽
マイペースで明るい性格の少女、立ち絵で見ると凄く大きく見える
初見は2m位あるんじゃないかと思ったものの、171cmらしい
でも、登場キャラの中では(男含め)二番目の背の高さだったりする、ってか平均身長高い
努力家ではないが、天才肌で一年時は詩音や瑞姫すら越えるほどの成績だった
しかし、競争を嫌う甘さを見抜かれ現実を突きつけられることで気を落としてしまう
錬と出会い、そのやり方が気に入ったのか再びその才能を見せつけることになる


【Hシーン】
紅月詩音と遊佐祥子で1シーンずつ


【全体通して】
主人公、ヒロイン、サブキャラともに好感触です
王道のアイドルモノというには前例があまりないですけど
ド真ん中直球の綺麗なアイドル育成物語という感じですかね

ライターの尾之上さんの書くツン系のキャラは時々やりすぎに感じて
苦手なことが多いんですけど、祥子については錬も負けじと正論で返し
しっかりと問題点を示しており、エピソード後軟化しているので問題なく
ヒロインとしては現時点で不安要素などはないです

このまま王道をひた走るような内容なら楽しめそうだなという印象です
7月勢ということで、他の出方次第ですが結構優先度高めの検討と言うところです

PageTop

えぬ

年に1回健康診断というイベントがあります
流れ作業で社員の健康をチェックしていき
余程致命的でもない限り診断用紙が数ヶ月後に返ってきて
それでおしまいという、特に語るべき所のないイベントです

私の場合そこから、再検査命じられるのですけど
再検査項目とは別に非常に苦手意識を持っている検査があります
流石に注射怖いという年でもないですから血液検査は良いのです
……そろそろ検査結果が怖い年になりそうですがそれは置いて

苦手な検査は仮にカテゴリーNとしましょう、うん、何の検査か解らないよね!
そのカテゴリーNが苦手なのです、他は流れに身を任せればいいのですけど
これだけはそうも行きません、運が悪いとTルームで延々と立っていることに

そもそも、健康診断の注意事項を真面目に守ると難しいのは明らかなのです
前日の夜中からは飲食を禁止というやつに加えて時期的に夜は暑く
寝汗などで水分は奪われていきます、朝に過ちを犯したけどそれは置いておいて

そんな状態で挑むカテゴリーNは、「い○りのゆびわ」もなく
MPが切れた状態でのボス戦に挑むぐらい無謀な行為というのは言うまでもなく

正直に、カテゴリーNの適正がないことを伝えて先に別の検査を受け
そこから、カテゴリーN適正となるまで待とうとしたのですが
早くも健康診断に来た方々とはお別れの時間がやってきましたという状態に
小さい職場だと終わるのはやいので切り上げも早いのですよね

あと、1時間ぐらい頑張れば適正が生まれる可能性は高かったのですが
流石に「私の覚醒にあと1時間必要です待ってください!」と言うわけにもいかず
別の機会に何とかならないかと交渉をすることにしました、総務の人が

結果としては
「無しでいきましょう、カテゴリーNの結果は出ないですけど良いですよね」
とのこと、確認されていますが「駄目です!」と言っても仕方ないですし
「やり遂げてみます!」と燃える場面でもないので迷わず了承することに

なるほど、こう言う対処もあるんですねと納得できるような出来ないような
他の検査が既にアレで再検査確定なので今はなくても良いことにした
とかそんな怖い想像もしましたけど、自分を信じることにしました
カテゴリーN適正のない私だけど人間の価値はそれだけじゃないはず


そういえば50万アクセス行きました、何か記念にと考えましたが面倒なので
この雑記を50万アクセス記念とすることにしました、ご静聴ありがとうございました

PageTop

女装山脈 感想

注意:このゲームに女性は出てきません

脳内彼女の「女装山脈」の感想です
何だか解らないけど脳内って凄いよね

と言うことで、ヒロイン(?)が全員男の娘であることがウリのADV
攻略対象は3人でBADあり、ハーレム有りの構成はいつもの脳内彼女
廉価作品と言うこと江ボリュームは少なめに感じるかと思います
特に体験版をプレイしているとその傾向は強くなりますね

設定からして色々無茶なので伝奇要素というかファンタジーな要素がいくつかあります
尺の短さも相まっていつもよりシナリオがしっかり纏まっている感もあり
根本的な設定に目を瞑ってしまえばシナリオも王道な展開が多く
ヒロイン達を受け入れることが出来るならそれなりに楽しめる作品かと

しかし、冒険したジャンルですが、最後のラインに踏みとどまったのでしょうか
微妙な部分で躊躇と言いますか、越えていない一線というモノがあります

■各シーンでは極力相手のを見えにくくしている傾向にある
……といっても下着のシーンだけはやたらと強調するのですけども
裸になると逆に構図なり、色なり(保護色?)で隠しているように見えます

■相手に掘られるシーンはない
1シーンぐらいあると思ったんですが、コレもありませんでした
受けHの多い脳内彼女なので或いはとおもったのですけども


正直私はコレ系のゲームの文法を全く知らない人間なので
こういったキャラの求められる描写というのが良く分かっていません
前者にしても見えてもいいけど極力解りにくい方が……という方もいるでしょうし
後者に至ってはやられるのは以ての外という方は多いと思います

その辺りを意識したギリギリの線引きがコレなのかな思いつつ
そう言う意味でチカラ加減の難しいジャンルだなと感じました


設定はヒロインが全員男の娘で子作りを迫られるとぶっ飛んでますが
そこを除けばお話自体は不思議なチカラ要素が思いの外強い以外は
小さく纏まったいい話カナー系のお話として読むことが出来ます
まあ、ぶっ飛んだ設定が一番の問題点でウリなので無視するのもアレですが

廉価作品ですし、このジャンルに大いに興味がある人は良いのではないかと
また、そこまで男って言うところは強調しないので脳内補完できる人ももしかしたら
と言う感じの作品ですね、まさに脳内彼女って感じがします、多分違います

別視点として、受け需要から考えるといつもより弱めかなと思いました


以下、ネタバレを含む感想



続きを読む

PageTop

おみゃーらのせいだ

実は何食わぬ顔で今日に「アレ」を買ったと報告するつもりだったのですが

……パッケージ売り切れてました……えーと、どうなっているんだ

そのあまりの惨状に

ああ、「美少女」ゲームじゃないから別コーナーにあるのか

と思ったりしたのですが、現実は残酷なのですね
勇気が無くて店員には尋ねてないので真相は闇の中ですが

私のようにネタ目的とかで買おうと言う方も相当数いると思いますけど
この好評(?)を受けて、脳内彼○が合間合間にコレ系を出すようになり
最終的には専用ブランドになるのだけは嫌だなーと思いつつ

買えないなら落とせ(DLすれ)ばいいのよと偉い人は言いました
でも同人じゃないとアダルト商品って年齢認証で面倒だったような……
このためにクレジットカード投入して友達に噂されると恥ずかしいし……

と思ったのですがBitCashEX便利ですね
パッケージで場所取らないし、音楽みたいなbpsで悩むこともないし
機会があればこちらで買っていっても良いかなと思ったり思わなかったり

そんなわけで、やってきます

あと、今回美少女ゲームの雑記じゃないのは態とです

PageTop

専用

最近、肩凝りが酷く自分専用の枕が欲しいなと思いました
RmG専用低反発枕とかそんな感じのアイテムが必要な時期なのです
いきなりオーダーメイドに手を出す気満々ですがどこが良いんでしょうかね

専用と言えば、抱き枕カバー(専)用枕というのにも興味があります
本人の望む望まざるに関わらず予約購入しいると増殖するんですよね
そんな感じで見たこと無いのですけどハンズとかに行けばいいのでしょうか

そもそも抱き枕(専)用カバーが正しいのではないかと思いつつ
「抱き枕カバーにあう枕ってありませんか?」
と何気なく店員さんに訪ねると一発アウトの罠だと最近気付きました
この世は罠に満ちていると思うのです、先に気付いて何よりです

○○専用というとシャア専用が一番先に浮かぶのは仕方ないことで
それに習ってシャア専用低反発枕って言うと18禁なイメージしかありません
汚れたのは枕のイメージか、シャアのイメージか、私の脳内か

そんな感じで枕の新作体験版の感想書こうと思ったけのですけど
前置きが長くなってしまったので今日はなしで6月の購入検討でも

・舞○のメルト
・R○WRITE
・Hy○er→Highs○eed→○enius
・なでしこ○リップ
・お○こん
・はら○ラしちゃう!

フルプライスの数は控えめとはいえ意外と多い感じになりました
個人的に好評だった「もっと、~」のFDも視野に入れたのですが
キャラ的にはどうかなーという意識があったので目下は回避
今後の評判次第という感じになるかと思います

最近、月末に買いすぎて中旬まで捌ききれず
体験版放置が増えているので、頑張りたいところです、多分無理ですけど

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。