伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ひのまるっ! 体験版 感想

私は「Dies irae」をプレイする系の仕事があったのだが
ふと薦められた体験版をプレイしている自分の姿があったいるす
怒りの日が終わったら2009年の総評するんだって
そんな風に思っていた時期が懐かしい




そんなわけでWHEELの「ひのまるっ!」体験版です
詳しくはこの辺りを見ればいいと思うよ
要は余計な日常描写を排除して美少女ゲームにありがちな冗長性をなくし
ウリとなる笑いや萌えを楽しめる構成を目指しているという感じでしょうか


【プレイ時間】1.5時間程度
【えちぃ】EXTRAで4(3?)ヒロインのえちぃが閲覧できます
【内容】4話までプレイが可能+EXTRAのえちぃ


宣言通りか、余計な前置きはありません、生徒会の投書に
カレーにはご飯が良いかナンが良いかというものが来ます
細かなキャラ紹介や舞台説明はありません会話で察してくださいと言うノリ
実際察する事はそう難しくないので、悪い手法ではないのかと

基本的には生徒会長「鷹城日乃」の突飛な行動に悩まされるお話
お話の内容はカレーにアイスだったり、たぬきのメイドだったり
ぬいぐるみについてアンケートしたり、幼なじみがロリ化したりする内容
話の内容はともかくヒロイン自体はオーソドックスかなと思います
萌えについては今のところそれほど語る部分もあらじと言うところで
笑いについては、突っ込み所満載の脱力系で、笑いより先に突っ込みが入る感じです

力を抜いてみられる脱力系アニメのようなノリでプレイするのが良いのでしょう
多分制作側もその辺りを目指して作成しているのでしょうし
一話自体は体験版の範囲ではだいたい20~30分であっさり終わる内容です
ネタとして落ちていない気もしますけど終わるので仕方ないね

ウリを見ると13話構成で7話から13話が個別ルートということを鵜呑みにすれば
なんだかんだでそれなりなボリュームになるのではないかなと思います

【ヒロインとか】
・鷹城日乃
トラブルメーカーな生徒会長様、基本的には事件の引き金になる人
見た目こそは落ち着いた大人の女性と感じるモノの
その実態は意外に子供っぽく、悪戯好きで、結構根に持つタイプ

・桜橋町子
ちょんまげ担当で武士キャラ、会長を尊敬している
可愛い物好きという設定には何の驚きも感じないぐらいお約束
男が苦手という設定だが体験版範囲では一番主人公としゃべっている

・菱木奏
早生まれの同級生、遅生まれの主人公は彼女を姉と呼ぶ
弟好きの甘い姉という完成された属性ではあるが
話の流れで魔女ッ娘に変身できるという変な属性が付加された

・ルル・セアブル
魔女ッ娘に変身した奏の姿、容姿が幼い
体験版の範囲で一応登場するモノの活躍の機会はない
因みにヒロインは奏と別枠扱いであるように思われる

・大友雪那
すみません、体験版の範囲だとほとんど活躍しないんですよ
昔は「にぃにぃ」と呼んで慕っていたらしいが今は疎遠

・春巻晴菜
200年の時を超えて恩返しに来た自称「たぬき」
恩返しをしようとして大友家で大惨事を起こす
町子をライバル視しており「ちょんまげ」と呼ぶ、胸では勝っている
この作品におけるトラブルは大抵このキャラが起点となっている

・パンダライオン
体験版範囲ではアイキャッチで登場するのみ
どこかで見た事あるな


話の内容はシュールだったという記憶はあるモノの
キャラ事態はコレといって飛び抜けたヒロインはいない印象
体験版範囲では日乃と町子のコンビが目立っている感じがありましたね


【えちぃ】
EXTRAで「鷹城日乃」「菱木奏」「ルル・セアブル」「大友雪那」のえちぃが鑑賞可能
奏とルルで多少重複感があるのですが……えちぃ担当って事ですかお姉ちゃん?


【全体を通して】
やっぱり、余計なモノと思っているけど
日常描写って意外と大事じゃないかなと気づかせてくれた作品
冗談はともかく、ノリが合うなら結構悪くない作品ではないかなと
笑いと言ってもかなりシュールな路線なので好みは分かれるかと

セールスポイントに書かれるとおりなら私もそれなりに楽しめそうだなと期待しつつ
2月勢の出方次第では購入もやぶさかではない感じです




この作品が体験版感想の記念すべき100本目になりました、わぁい

PageTop

幻月のパンドオラ 感想

年末年始の番組はつまらないと言いつつ
笑ってはいけないなり、格付けなりを楽しむ家族は
なんだかんだ言って年末年始の番組が大好きです

そんな事を思っているうちに気づけば東京
Uターンラッシュ対策にそろそろ指定席も考える今日この頃です




さて、クリスマスに購入したQ-Xは「幻月のパンドオラ」の感想です
前々作「こころナビ」とデビュー作「たいせつな歌」と世界観を同じくするこの作品
ゲストとしてヒロインが登場しています、その扱いにどう思うかと言う部分がありますが……

ゲーム内容はオーソドックスなADVでヒロインは3人、隠しなどの要素はありません
物語としてはかなりファンタジー要素が強めとなっているので、注意の程を
サブキャラとして魅力的な女性が結構登場するモノのえちぃ以上の関係は望まない事
上のゲストヒロインも併せてそこに巻き込まれる為、クッションがあるとはいえ
過去の作品のファンである人で、そちらに対して耐性がない方はおすすめしにくいです
ファンサービス的な部分が多少滑っている気もしますが、それもQ-Xらしさかなと思いつつ

完全にえちぃ路線ともならず、プラトニックにもならないと、中々薦めにくい内容ですが
イチャラブなどの部分は抑えられているため、そこに期待するのはありかなという作品です


以降は、ネタバレを含めた感想となります



続きを読む

PageTop

月染の枷鎖 体験版 感想

新年一発目のプレイになります……何やってるんだ

ひよこソフトの「月染の枷鎖」の体験版感想です

【プレイ時間】3時間程度
【えちぃ】なし
【全体】物語の導入部

ノベルゲームです

養父の転勤について都会の学校から田舎の学園に転校してきた「鏡蓮耶」
幼い日に亡くした母親と関係があるらしい田舎で
全く知らない父親のことが解らないかという期待を持っての行動でした

便利な都会から不便な田舎で戸惑いを覚えつつも
クラス委員の「笹百合小夏」、「錦悠莉」、「柊なずな」
といったクラスメイトと仲良くなっていき
何とか学園と田舎での生活を過ごしていきます

特に一度の諍いがあったモノの幼い頃に親を亡くした
互いの共通点から仲良くなった、「柊なずな」とは親しくなり
一緒に父親の消息について探していくことになります

父親探しの消息を探す過程でこの町に伝わる穏やかでない話を耳にします
それは44年周期の災害についてで、今年はその周期にあたる年となるようです
その過程で謎の少女と接触したり、「笹百合小夏」と姉の「笹百合柚子」と仲を深めていきます

父親の情報が掴めないままに、この町にある祭の日が訪れます
いつものクラスメイトの仲間と共に祭を楽しんでいると
必要な儀式と言うことで神殿に向かって祈りを行います
儀式はそれだけと言うことで、皆で出店がある場所に戻りますが
財布が無いことに気付いて蓮耶だけは神殿に戻ることになります

神殿に向かうとそこには謎の少女がいました
不思議な少女から聞かされる神殿に対して行う祈りの真の意味
そして、雨音と名乗る少女、それが惨劇の幕開けでした


正直長いのですけど、結局核心に迫れてないのですよね
「惨劇の幕開けだった」と体験版は終わるのですけど
失礼ですけど惨劇が起きてから体験版を終えるべきだったのでは?と

プレイ時間からして結構話が長いのですよ
体験版中では「柊なずな」との最悪のファーストコンタクトから仲直り
更には「笹百合柚子」「笹百合小夏」姉妹と仲を深めるイベント
勉強に集中できない柊なずなとのテスト勉強と、テスト後の打ち上げ
父親と母親について、町に残る44年前の災害について
そして、海辺で会う謎の少女との接触、そして祭での会話

と、情報量が非常に多いのです、全体の流れに書くと無駄に長くなる程
果たして本編に必要な情報がいかばかりかと言うところですが
しかし、そこまで丁寧に前置きを書いて本題がここからはじまるよ
と言うところでこの体験版は終わってしまいます

「惨劇がはじまる」と言われてもまだ何もはじまっていないので
具体的何が起こるのか解らないのですよね、言葉だけで先行してしまっている
コレについては、惨劇自身ではなく鎖で縛られた日本人形に対して
大袈裟なまでに恐怖を抱いている場面でも感じたのですけど

今後起こるであろう惨劇についてギャップを持たせるために
敢えてのどかな雰囲気を書いていったと考えることも出来るのでけど
時間にして3時間を超えるこの量、小説なら既に一冊分です
前置きにしては少々長すぎるのではないかと言うところです
長くするにしても最悪「惨劇」を一部だけでも起こして興味をかきたてて欲しかった
焦らされるだけ焦らされてこの体験版の終わり方はどうかなと
一番気になるミステリー部分が体験版で体験できていないですよと


それは置いて日常部分でも、田舎転校モノ(?)の基本が抑えられた展開かなと
都会と田舎のギャップに戸惑いつつも、田舎の良い部分に目覚めていく展開
クラスメイトと仲を深めつつ田舎ならではの生活を満喫していきます
ここについては、特に思うところはないですね、後半の展開的に
笹百合姉妹の存在意義は果たしてあるのかというのが現在の印象ですが

気になったのはSD絵での演出、ちょっと違和感を覚えますね
文章の背景として全画面で表示されるのもありますけど
この作品の雰囲気としてこの絵はかなり外れているのではないかと

主人公は結構思考が忙しいタイプですね
言うところは言う、余計なことも言う、空気は読めないと言うところ
お利口なキャラが増えた現在、少し懐かしさを感じるタイプの主人公ですね

【ヒロインとか】
ヒロインとしては「謎の少女」「柊なずな」「笹百合柚子」「笹百合小夏」の4人?

■謎の少女
体験版の終盤で「雨音」と名乗りますがそれが本当に名前かは不明
物語の中心となる人物ですが現時点では不明な部分が多いです

■柊なずな
金髪ツインテールで○学生と見間違えてしまう程小さい女の子
基本的に学園では猫を被っているが、蓮耶に見せる沸点の低い方が本性
体験版序盤では行き違いがあって険悪なムードになってしまうが……
勉強が得意でなく、テスト勉強でも集中力が続かない
蓮耶の後ろの席に座っており、そこでの豊かな表情が体験版での見所か


■笹百合小夏
なずなの親友と紹介されるクラス委員、眼鏡ッ娘、一応ヒロインと思われる
一癖ある友人グループの中でも唯一真面目なキャラクターである
しかし、隙が多く、そこを蓮耶達に付け入れられている
どうも、同じ友人グループの「錦悠莉」を好いている節があったけど
なんか体験版終盤は蓮耶とフラグ立ってませんかコレ?


■笹百合柚子
小夏の姉と紹介されるなずなの親友の姉の司書さん、遠いよ
キャラ紹介の位置的には小夏より上にありますので、多分ヒロイン
なずなを気に入っている節があり、なずなの前だと壊れる
年上キャラでありながらそれを感じさせない脳天気な人


実質は、「謎の少女」と「柊なずな」が物語の中心ではないかと
しかし、体験版では完全になずなの為の物語になっています



【えちぃとか】
そんな雰囲気まったくないよ


【全体を通して】
特に気になると言う程でもないのですよね、ずるずる読んでいたと言いますか
何となく最後まで読んでいって最後のシーンまでずるずる読み終わったと言いますか
3時間強のプレイ時間で特に読めない部分もなかったのですが
強烈なまでの何かというのも特に感じなかったのですよね
ちょっと個人的にはパンチが弱めカナという感じで余程評判が良くない限りと言うところ

PageTop

エヴォリミット 体験版 感想

「初みくじ」の「じ」が隠れて「初みく」に見えましたた
それはともかくとして、今年もよろしくお願いします

かぐやの新チームに微妙に期待して、今年もがんばろうかと


さて、propellerの新作「エヴォリミット」の体験版感想です
今回はメインヒロインと攻略できるヒロインをあらかじめ開示してますね
……攻略できるんですよね?


【プレイ時間】2時間
【えちぃなど】なし(パンチラぐらい)
【内容】物語の導入部

何者かと対峙する2人の少年少女達の記憶が断片的に描かれます
場面は映り、医療室で少年が目をさまします
目の前には「鷹星カズナ」と名乗る同年代の少女
彼女との会話で自分が記憶を失っていることに気付く
カズナによって名前「不知火義一」と言う名前だと知らされる

義一と同時期に目覚めた少女「一条雫」と共に
カズナからこの世界は義一達が生きていた時間とは大きく変容している
ということを知らされる、その一つが「パッチ」という石の存在

人々はパッチという石の恩恵を得て超人的な身体能力と特殊な能力を得ていること
更に、今は義一達が生きていた時代から100年経った2140年であることが知らされる
パッチによって大きく変容してしまった世界の様相に対して2人は戸惑います

場面は映って、義一がいる街は離れた荒野
軍部の部長であるリーティアがバルバロイという機械の軍団を迎えていました
100年前から何度となく進攻してくる敵をパッチの力で排除してきているとのこと
しかし、義一達が目覚めた影響か、100年間全く手段を変えてこなかった
バルバロイとの戦いの最中に人間と思しき存在を確認します
暗雲は立ちこめるモノの体験版の範囲ではこれ以上語られることもなく

場面は戻って義一と雫はカズナの言ったパッチ以外の変容について考えていました
それは普通なら2人が気付くべき事で、解っているなら質問するはずとのことで
パッチ以上に、疑問に思うことはあるのだろうかと悩むことになります

考える中で気付いたこととして、義一の生活する街から機械が消えていることや
街が新しい割に、建築様式が中世のような古さがあるこことなどに気付きます
バルバロイの存在を知り、街に機械が無い理由を知りますが、それが変容ではないとのこと

カズナに図書館へ連れてこられ、そこで地理と歴史について雫と調べ
完全ではないモノの記憶を思い出します、カズナの言う変容もそこに含まれていました
彼らが語る記憶の内容や変容についてはプレイヤー側に情報が少ないモノの
それは今後明らかになっていくのかなと言うところで体験版の終了します

完全にエヴォリミットの世界観を説明するのに徹していますね
バトルものに発展していきそうな予感もしますけど、この時点では
バルバロイという機械を相手に圧倒している程度のモノになっています
ヒロインのキャラクターはある程度掴めるモノのヒロインとしての活躍は
これからの話になっていくのではないかなと思います

このパターンだともう少しお話しを進めた第二弾があるのではないかと
こう言うのに限って存在しないというパターンもまたありますけどね


【えちぃとか】
ないよ、うん、パンチらぐらい、露出もほとんど無し
まあ、えちぃとか期待してここには手を出さないですけどね


【気になった点】
ヒロインの髪が硬そうです、いえ、個人的な好みです


【購入検討】
パッチの存在からして、能力バトルものとなりそうですが
と言いましても現時点では導入部分だけなので何とも言えず
ヒロインは悪くないと思いつつもそれ程強く惹かれる程でもなく
十分に期待しつつも、今後の情報次第かなと言う感じです

発売日すら良くわかってないので、以降の情報に期待します

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。