fc2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

台場のガンダムさん

ネット界隈をうろついた方には耳がタコであろうお話
美少女ゲームのことばかり語る二次元の住人が扱う題材でも無いですが
とりあえず、ネタもそれほど無い時期ですので、書いてみようかと

事の発端は、整体師さんが話題にされたことが始まりでした
「お台場のガンダム見に行きました?」とかそんな感じで
「明日にもどうですか?」と連休が暇なことを見破られたりしましたが
別に意地を張る相手でもないので、前向きに検討することにしました
「ご飯はコンビニの方がマシですよ」と、心強いアドバイスを背にいざ、お台場

五反田の近くに現在住んでるのですけど、同じ品川区のはずなのに
その行きにくさは尋常ではありません、Vの字に移動しました
もしかして、台場駅にこだわらなければ良い移動があったかも知れませんが

到着は真っ昼間、アドバイスを参考に駅近くで気楽な昼食と思ったのですが
台場というのはそういう街ではないようで、昼食はあきらめることにしました
歩いて5~10分ぐらいで会場の潮風公園なる場所に到着しました
標識を見て道なりに歩けば迷うことなく到着できますね、人の流れもありますし

ただの公園としては異様なごった返しですが、歩くには苦労することもなく
公園に入って5分ほど歩けば一次接触が行えます

一次接触

大体の人が最初に見るガンダムの姿がこんな感じではないかと
ちなみに右に見える飛行機はトリアーエズではありません

さらに少し歩けばあっさりと会場に到着
スタッフがいますけど、警備員がいて、入場制限ということもなくあっさり入場
遠くからガンダムを見て少しずつ近づいていく様を想像していたので軽く拍子抜け

横から

ただ、接近するには、列がありまして、順番待ちをする必要があります
全体をしっかりと拝んだり、迫力を体験するだけなら並ばずとも十二分と言う感じですが

目が光ってる

こちらは並ぶ前に撮ったもの、迫力がないのは携帯と撮影者の性能がないため
目が少し光ってますアニメだとべたな黄色ですけど、赤い光も見えました

ななめ

並んでる最中に撮った写真、携帯と撮影者が未熟ですけど迫力という意味では
この位置辺りが最高潮なのではないかと思います

では、何をするために並んでいるのか?

つまさき

見えた!

足をなめるように見るとか股間を見上げるために決まってるじゃないですか!
日本人はやっぱり変態だなぁ……ごめんなさい、でも大体あってると思います

最後の去り際に撮った、後ろから見上げた感じのアングル

後ろから見上げる

右下に写る脂肪のかたまりが邪魔ですけど、それは端に置いておいて
メカメカしさ求めるなら正面より、後ろからだなあと思ったり


この一連の流れで所要時間は10分ほど、正直あっさり終わりました
天候が悪かったり、食事時間だったりで、人が少なかったんでしょうか
尤も、写真撮るか触るか位しかやること無いので
人が多くても適当に人数を捌けたりするんですよね


限定

グッズとか売っている店があり、目玉になるのが限定仕様のプラモとパンフレットですかね?
プラモデルは1500円と言うことでこの際もっと豪華仕様にして欲しかったなと思ったり
この日は昼の時点で売れ残っているのは限定プラモ、パンフレット、バッヂぐらいです
前者2つは結構な数が用意されているのですかね、プラモは購入制限はされてますけど
エコプラとか他グッズの類の殆どはその時点で売り切れとなっていました

特に物欲はなかったのでグッズコーナーには並ばなかったのですが、列はかなり長く
まともに並んだらメインのガンダムに接近するより、よほど時間を取られそうな感じです
私が並んで回ってくる頃にはそれこそ、プラモ含め殆ど何もないとかありそうでしたね

結構適当な時間に行ってもガンダムを見ることは苦労しませんでしたが
グッズが欲しいなら開店時間とか考慮して動く必要がありそうですね
このあたりライブ会場と似たようなノリだなぁと思ったり

おしぼり

消耗品でくだらないアイテムでしょうけど、このおしぼりには惹かれました
いや、くだらないものほど惹かれる性ってあるじゃないですか?


さて、ガンダムについてですけど、写真がアレな為説得力無いですけど
感想としてはそれこそ有り体に「すげー」とか「格好いい」としか言いようがありません
最初近くで全体像を見たときは思わずニヤニヤしてしまいました
警備員に突き出されなかったのは、多分、そのときが幸運だっただけです

18.0mって言われると実感沸きませんけど、実物見るとすごく大きいです
これが動いて、戦うとか、敵の攻撃を避けるとか考えた人バカだろう……としか
それぐらい、想像以上にとんでもない設定の代物だなと実感しました

あと、「格好いい」について、RX-78-2のドノーマル「ガンダム」って
今までデザイン含め「格好いい」と思ったこと無かったんですよ
アニメだと面長だったり、マンガだとスーパーロボットだったり色々あるじゃないですか
派生のガンダムであれが格好いいとか、アッガイ可愛いとかはあったんですけどね
普通のガンダム自体は偉大なる存在であると思いつつ格好いいって感情はなかったです
しかし、実物見て、これは普通のガンダムさんも見直さなきゃなと思いました

もったいないことに8月末までらしいですけど
そこまでに良いデジカメを手に入れてもう一回見に行こうかなーと思いました



そういえば、ご飯は焼きそばとか普通の屋台料理で
ガンダム焼きとかそういったものはなかったですね、こちらは少々残念でした

PageTop

神楽道中記 体験版 感想

実はまだ発売されていない雑誌のアレなのですが
タイミング的にアレなので多分内容も差がないでしょうし
普通と同じ扱いででぼの巣製作所の「神楽道中記」体験版の感想など

まあ、来週(今週?)末発売なのですけどね
ローグライクと言うことで少々様子見をしてみようかと
ゲームとしてはADV+ゲームパートという感じです

ゲームのシステム周りとしてはプレイした範囲では
最低限のレベルは出来てると思うのですが……

続きを読む

PageTop

シグナルハート 体験版ver01 感想

よっきゅんは可愛いなぁ
神のみぞ知るセカイ5巻のメインヒロインはよっきゅんだよね

さて、Purple softwareより9月発売予定の「Signal Heart」の体験版となります

7月の月末に発売予定だったメモリアがSignal Heartの元の発売日に移動し
押し出される形でこちらは9月末発売となっています注意のほどを

体験版を終えると「Ver.02を鋭意制作中」とのことで
今回は導入部だけの軽めの体験版となっています、それでもたいした容量ですが
Ver.02がどういうアプローチの体験版となるかは知りませんが
発売も結構先ですし、Ver02まで待つというのも手かも知れませんね
その為か現時点ではセーブロードが出来ない状態になっています

さて、Ver.01では物語の導入部とEXTRAがプレイできます
EXTRAはえちぃでヒロイン4人についてそれぞれ見ることが出来ます
と言っても導入部だけですので過度の期待はしないように


本編系のネタバレは一応程度に隠しておきます

続きを読む

PageTop

夢みる恋の結びかた 体験版 感想

脳内彼女の新作の告知来ましたね、嘘つきとお嬢様学園がキーワード?
うーむこちら側への供給があるかも現時点で読めないので
とりあえず雑誌待ちと言うことになりそうな感じです

プリ☆さらも情報が来たようですね、さらさらささら勢はメインがいないのですけど
ゲームとしての評判がアレだからキャラごと切り捨てなんですか


さて、あてゅ・わぁくすの新作「夢みる恋の結びかた」の体験版感想でも

ワイドなのかぁ、とそろそろ驚くのに飽きてくる頃かも知れません
例によってワイド画面です、このメーカーを触るのは初めてですけど
システムは結構堅実と言いますかしっかりとしたモノになってますね
バックログがシーンごと戻るのが一番印象的でしょうか

物語の序盤とヒロインの1人紗々弥のえちぃが見られます
詳細は多分ネタバレ含むのでいつも通り隠しますです

続きを読む

PageTop

Primary~Magical★Trable★Scramble~ 感想

気づけば7月の第2週が終わっていました
Sky Fishの「Primary~Magical★Trable★Scramble~」の感想になります

正直、もっと早めにこの作品の感想を書くつもりだったのですが
個人的なSkyFishの印象からあっさり終わるかなと思っていた結果がこのざまです

ネタバレ分を含むので一応形程度の隠しを行います

続きを読む

PageTop

ちゅぱしてあげる 体験版 感想

久しぶりにポップン触ったら15000~20000ぐらい点数下がったでござる
いやー、ミク判定になれると他の音ゲーが不調になりますねぇ
音ゲーって結構ありますけどリズムに併せてドンピシャリな判定は
なかなか巡り会えなかったりするのですよね、故意にずらされている場合もあるのですが
そのあたりの設計思想は解りますけど、やっぱり共通が良いですよね

さて、アトリエかぐやHTPの新作「ちゅぱしてあげる」の体験版感想です

毎日がM!は素人にも玄人にもお勧めしがたい内容でしたけど
艶女医以前のアトリエかぐやBYのような作品を期待するなら
やはり、このチームに注目していきたいなと思ったりする今日この頃です
しかし、絵師の力をいやってほど知らされるのが現実だったりするのですよね

続きを読む

PageTop

ナツユメナギサ 体験版 感想

最近は、美少女ゲームをやったり、仕事がたまったり
無駄に動画見たり、水着集めたりと色々忙しいので
なかなか本を読む暇もなく、しかし、買うのを止める出もなく
どんどんたまっていく一方だったのですが、地味な努力もあって
現時点で残る相手は3本となりました、一気にたたみかけましょう

さて、残った相手はこちら

TS390094.jpg



……SAGA PLANETSナツユメナギサ体験版の感想になります

続きを読む

PageTop

初音ミク -Project DIVA- 感想

週末から今にかけてまでずっとこればかりしてました
SEGAより発売されました初音ミク -Project DIVA-の感想です

ゲーム的には初音ミクのファンアイテムとしては優秀で
音ゲーとしてはそこそこな出来のゲームと言うところでしょうか
個人的に音ゲー目的で買ったのですけど、そちらの要素は
決してすばらしいできというわけではなく、欠点ありの
音ゲーとしては非常に平凡な内容であるのは確かだと思います

ただ、それでも時間を忘れてなんだかんだで楽しんでしまったのは
と言う事実に対して色々思うところがあるのですけど、それは後に置いておいて
まずは、作品の説明などをしていこうと思います

【リズムゲームパートについて】
基本的には、初音ミクを元に作られた曲でリズムゲームをプレイします
画面に現れるターゲットに画面を飛び回るアイコンが重なったとき
アイコンに対応するボタンをタイミング良く押すことで得点が入ります
この得点を曲終了までに一定以上貯めているとゲームクリアー
得点が足りない場合や、ミスを重ねてゲージを失った場合はゲームオーバーです

タイミングの良さによってCOOL、FINE、SAFE、SAD、WORSTの5段階で評価され
FINE以上でコンボが繋がると言ったシステムになっています
一定のコンボ数を重ねると同じ判定でも得点が上昇しよりクリアに近づきます
この辺りは、多くのコンボ重視音ゲーで見られるシステムになっています

初音ミクの特殊要素としてChance Time(CT)という曲の特定のパートで
起きるボーナスタイムがあり、その部分で上手くコンボをつなげると
他のパートでは得られないような得点を獲得できるようになっています
CTのコンボによる得点倍率はCT突入時が1コンボであるため、
そこまでつないでいてもそうでなくてCTをつなげば同じだけボーナスがもらえます

このCTのボーナスが点数に大きな影響を与える為
そこまで何度もミスをしてCTでつないだ場合とそこまでずっとつないで
CTの中盤辺りでコンボを切ってしまった場合を比較してみると
前者の方が得点で上回るという事がしょっちゅう起こりえます

そのような莫大なボーナス補正であるため、このリズムゲーは
「CTゲー」などと多くの方に言われる結果となっています
他がどんなに不調でもCTをつなげば好評価が得られ
他がどんなに好調でもCTで切ってしまえば評価が下がる
なんともCTにかかる比重が高いゲームとなっています

クリア後の評価はPERFECT、GREAT、STANDARDとなっており
PERFECTはコンボをつなぐことで得られる評価で
GREATとSTANDARDは得点によって評価が分けられます
ゲームの要素を解放するにはGREATを取る必要があるものもあり
これを取得するために多くの人は何度もプレイすることになるでしょう

公式にゲームでプレイできるのは32曲+4曲
そこにゲーム中で使用される曲がピアプロ曲が7曲
さらにエディット用に曲だけ用意されたモノが7曲
一応ゲーム中に収録されている曲は50曲となります

ただ、他の14曲はエディットなどを行わない限り現時点では遊べず
実際のプレイできる曲は36曲という感じになります
そのうち4曲はリンとレンに謳わせたバージョンで
譜面的な違いは全くなく、ゲーム的には殆ど分ける必要がありません

最初に解放されている曲は少なくクリアする事に増えていきます
1曲クリア事に増えていくため同じ曲を何度もすることにストレスを感じる
と言うタイプの方にも手軽に解放できるようになっています
唯一、レンとリンバージョンの解放には同じ曲を2度3度プレイする必要があります

難易度はEasy、Normal、Hardの3段階で
最初はEasyとNormalのみ解放されており
NormalでGreat以上の評価をとるとHARDが出ます

Easyはlevan polkkaを除いて○ボタンのみ使用します、多分4分まで
Normalはlevan polkkaを除いて○と×ボタンのみ使用します、多分8分まで
Hardは4ボタン全て使用します、16分まで使用されます
「○分まで」というのはしっかり調べていないので印象で語ってます

基本Easyが一番簡単ですが、基本コンボゲーな為に
焦れてミスが出やすく、コンボ数が少ないEasyの方が苦手な人もいるようです
また、解放の殆どは難易度Normal以上が条件であり、
なれたらNormalをプレイするのが良いのではないかと思います

難易度は5段階とみせかけて7段階あります
6と7は1曲ずつに与えられておりゲームとして別格扱いです
ただ、5以下は基本的に個人差炸裂の難易度となっています
人によっては4などより2の方が難しいとかざらにあると思います
難易度表記は参考程度……にもならないぐらいの適当という印象で良いかと

リズムアクションという名目ですけど判定的には後ろにずれ気味です
ボタンを押すことで音が鳴るのですが、鳴らした方がタイミングが不安になります
鳴らさない用にも設定で出来るので、そちらの方がやりやすい人もいるでしょう
また、ゲームの性質なのかラグが起きる場合もあり時々判定が安定しません

基本コンボをつなぐことで高い評価が得られるゲームなのですが
この微妙な判定のため、ある程度音ゲー慣れした人でもコンボは切ることがあり
そのあたりで微妙にストレスがたまる部分もあるのではと思います

この要素とCTにおけるボーナスの偏りは、こなれていないと思う部分であり
今後改善の余地があるのではないかなと思う部分ですね
「今後」があるのかは知りませんが、個人的に「音ゲーとしてそこそこ」
と発現したのはこちらの部分が非常に気になったためです

難易度についてはファンアイテムと甘く見れば非常に難しく
音ゲーである程度なれた人でも結構楽しめる部類だと思います
ただ、KONAMIやNAMCO、DJMAXでならした人が求めるような
少しがんばったぐらいではどうにもならないレベルではないので注意
やりごたえは十分あるモノの難易度重視の方には物足りないできかと

ルール上ある程度音ゲーの経験があるとあっさりこなせるモノの
このゲームに対して圧倒的優位があるモノでもないと思います
基本的に親指のみで叩くゲームな為、スキルというスキルが存在せず
ある一定のリズム感と画面慣れすればそれほど差がないゲームとなっています

上記の判定の問題もありますし、音ゲーマーならCOOL率90%↑当たり前
とかそういう自体にもならないと思いますし、難易度の上限もそこまで高くなく
基本初音ミクというリズムゲームに対する慣れが成績を分けると思います

また、一曲一曲が市場に出回ってる音ゲーと比較すると長く
かつコンボゲーなので集中力が要求される場面も結構あります
全てPERFECTを取るにはそれなりのやり込みが必要であるとも割れます


【エディットモード】
自分の好きな音楽にリズムゲームが作れる夢のモードです
しかし、さすがにDDRの用に気楽に作成することは難しいです
慣れとかなりの根気が必要なエディット画面になっています
といってもかなり触りやすくはなっているのですけども

どもうPSPというインターフェース故所々に使いにくさがあります
1つのエディットを完成させるのにかなりの労力がいるでしょう
気軽に曲をぶち込んで譜面作成とはさすがに行きません

また、譜面にはBPM60~240まで1小節に8つまでと制限があり
何でも好き勝手に譜面を作成することは叶いません
音ゲーの曲で高難易度譜面を作ろうとした方ご愁傷様です
……うん、私のことなんですけどね

尤も乱打と連打で難易度を上げるだけがこのゲームの本質ではなく
ダンスや曲とのシンクロ計った譜面演出など別の面で腕の見せ所です
自分だけのオリジナルリズムゲームを完成させましょう……私はあきらめ気味です


【モジュールコンバート】
ミクのコスチュームを替えます、キャラが変わるモノもあります
曲の解放よりも難しい、面倒な条件が用意されており
全てを解放しようと思えばかなりの槍込みを要求されます
具体的に水着が全32曲でGreat判定1回かStandard判定5回以上となっており
それをキャラクター分用意しなければなりません

特に、初音ミクは初期モジュールのみ対応という親切さで
結局殆どの曲をやり直した方は非常に多いかと思います
また、5回以上クリアという条件は同難易度でしか認められないというモノで
この辺りの妙な不親切さがこの作品の気になる部分の1つとなっています


【ミクルーム】
これは少々残念なモードと言いますか
非常に自由度の少ない動きの少ない環境ソフトです
ミクの動きを眺めたりするわけですが、動きが少ないです
カメラも動かせませんし、こちらかアクションを起こせません
多くの人にとっては意味を見いだしにくいモードではないかと


【ミク分】
よくここまでがんばったなぁと思います
PSPのポリゴン性能でありながら非常に魅力的にミクが描かれています
ポリゴンの綺麗さも層ですが表情の1つ1つともて生き生きとしていて
技術以上になんだか愛情を感じるできになっているかなと思います
キャラとしてミクを気に入っている人は勿論、何となく気になる程度の人でも
PVの一つ二つぐらいはまってしまうのではと思うぐらいですね
このゲーム音ゲーのおもしろさもありますがPVとミクの魅力も非常に高く
この二つが合わさり上手くプレイヤーを牽引しているのではないかと思います


【まとめ】
最初に言ったようにそこそこな出来の音ゲーと優秀なファンアイテムですね
正直音ゲー部分だけとってもここまであそべるとは思ってませんでした
所々荒削りな部分や融通の利かない部分もありますけど
その欠点に勝って楽しめる部分がこの作品にはありましたね
ひさしぶりに(バトルユニバース以来)PSPで強くはまったゲームです
音ゲーに飢えている人かミクに興味のある方はどちらもおすすめ出来る作品ですね

PageTop

ANGEL MAGISTER 体験版感想

水着をそろえていたら色々おろそかになってしまいました
怖いなぁ、本当に怖いなぁ
そんなわけでmanaの新作「ANGEL MAGISTER」の体験版感想です

絵師にゼロの使い魔で有名な兎塚エイジ氏がおり
少々注目していた作品ではあるのですが果たして……
ライターは味塩ロケッツ氏ということで同日発売の
「終わりなき夏、永遠なる音律」と同時なワケですけど果たして?

続きを読む

PageTop

初音ミク -Project DIVA-

4時間継続してプレイして、エンディング迎えました
連続プレイすると右手と目に優しくない感じのゲームですね
音ゲーとして見て欠点はありますが十分プレイできますし
ゲームとして結構遊べる部類にはいるのではないかと思います

まあ、あくまで音ゲー好きの意見と言うことで放置してください
色々とやり込み要素もあり、素材も結構豊富で
初音ミクファンアイテムとしても悪くないのではないかと思います

Amazonさんでもねんどろいどぷちがついてきました
ねんどろいど初体験ですけど、これぐらいなら手軽で良いですね

そんなわけでプライマリー進んでいませぬ
週末には体験版と併せて感想が書けると良いなと思っていたり

PageTop