伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

りんかねーしょん☆新撰組っ! 感想?

りぷるの「りんかねーしょん☆新撰組っ!」の感想です

【概要】
本作は簡単に言ってしまえば、超古代文明に封印された魔王が復活するのを
超古代文明で魔王を封印した戦士の転生体が阻止しようとするお話です
端的すぎて本質については語っていませんが、大体そんな感じです

とすれば転生ネタを利用した王道の美少女戦士バトルモノとして語れそうですが
本作は、「転生」という要素に加えて「並行世界」という単体でも非常に厄介になる
別の大きい要素を持ち込みました、それがこの意欲作にして問題作になるわけです


【あらすじ】
地方で生活していたが、学園が廃校するという事で東京特別区の御門市にある
わけありの「御門学園」に編入させられる事になった主人公「沖田祐実」

編入初日の登校中、祐実を知っているそぶりを見せる少女「一文字菊」と知り合い
道中で「魔物」に襲われるも、菊と瓜二つの少女の呼びかけを受けて2人とも覚醒します

御門学園は嘗て世界を全滅寸前に追いやった大魔王が封印されていた地に建っており
その復活をもくろむ「玉藻」という魔物によって何度と無く攻撃を受けていました

その封印を守るために、嘗て大魔王を封印した戦士たちの「転生者」が集められたのが
「まじかる新撰組」であり、政府などの組織に属さず戦いを続けているのでした

その転生者には祐実がお世話になった2人の姉「近藤弓枝」「土方時音」がおり
その縁や自身も転生者であることから、同じく覚醒を果たした「一文字菊」や
事件の道中でついてくることになったアンドロイド少女「ミシュリーヌ・ブリュネ」
と共に、まじかる新撰組に属し、玉藻と戦っていくことになります

果たして、まじかる新撰組は玉藻の猛攻を防ぎ大魔王の復活を防ぐことが出来るのか
そして時折、祐実の頭に現れる異なる世界の記憶の意味するところは?



【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定有り
・シナリオロック有り

特筆するべき機能はないかなと思います
最近のゲームですので古さも特にないです
2009年に発売された作品という事で現在から見ればさすがに過去の作品という感じですが
ゲームのフォーマットしては現代のそれと殆ど変わらずプレイすることができます
ヒロインはオマケ程度であっても名前ありは殆ど攻略できるようにはなっていますし
プレイする上で便利なシステムは無いですが不便に思うような仕様はありません

攻略要素も弱く基本的には、一度の選択肢でヒロインが決まれば後は読むだけです
Hシーンもメイン勢なら3回ずつあるなど少ないわけではなく最低限のレベルはあります
読むだけのゲームが駄目な人はともかく、とりあえずは足回りの部分では問題ありません


【音楽】
殆どが有名なクラシック曲のアレンジで構成されています
「G線上のアリア」、「新世界より」、「革命のエチュード」など
バリエーションは少なく、使いどころが適切と思えない場面もあります
雰囲気とミスマッチな部分も多く、逆に緊迫感を損ねる事も

ハリウッド映画ぐらい映像のハッタリも効いていれば良かったのですが
如何せん平均的なAVGの演出に留まっているのでアンバランスです
繰り返して何度も使われるのも、微妙なところで、滑稽に感じる部分も


【雑感】
タイトル

この作品は、タイトル画面から先制攻撃を仕掛けてきます
ゲームを開始するのは「START」ではなく「RESTART」です
この時点で、他とは違う何かを作りたい感を強く感じると思います

少々自己主張が強くむき出しすぎる感じもするこの表記ですけど
シナリオを通してこの表記を納得させるような何かを提示してくれるのなら
この表記も作品に必要な演出として立ち上がってくれるのだと思います

さて本編ですが、難解且つ独自の設定と見慣れない専門用語の大量に存在しており
そのことごとくが説明不足且つフォロー不足という上級者仕様になっています
せめて用語集でもあればと思うのですが、そんなものとは甘えといわんばかりです
つまりないです、後にキャラクターの設定説明画面に記述が追加されていくので
そこである程度の補完は測れるのですけど、細かい単語はフォローがありません

とても親切とは言い難い過去描写の挿入の連続とミスリードを促す為の演出
更にお世辞にも読みやすいとは言いにくい(破綻した)文章等隙の無い構成で
多くのプレイヤーを挫折に追い込んでいきます(それを目的にしているとしか思えない)

キャラの言動が見た目どおり幼いのもきつい点ではないかなと思います
これが小さいヒロインを愛でる(あるいは辱める)タイプの作品ならいいのですが
この作品は大雑把なカテゴリーで言えばシナリオゲーで、更に複雑な設定があります
話をスムーズに進めるためには、ある程度理解力のある進行役が必要かと思われますし
同時に、プレイヤーに現状を理解させてくれる纏め役的なポジションが欲しいところです

しかし、残酷なことに多くのキャラが若いキャラクターで占められていますし
プレイヤーの視点となり地の文で話を纏めてくれるのもそれと同レベルの主人公です
大人達は思わせぶりな言動で最低限のキーワードしかつぶやかない役立たずです
要は設定が簡易であるとか難解であるとか以前に文章が非常にわかりにくいのです

レベル2

こことか読んでいて首をかしげた部分です、いえ、意味はなんとなく分かるのですけど
全然複雑じゃないことを説明していると思われるのに悪戯に理解しにくくなっている
テキストの字数稼ぎをした結果なのか、余計な情報を追加することで混乱を招いている
こんな簡単な設定説明でコレですから、より複雑な核の部分については……お察しください


心配になるような事ばかり書いていますがフォローをすれば全シナリオをクリアすると
本作品の大筋については理解できるようになります、なると思います、多分、おそらく
その後、シナリオを見直すと序盤の意味不明な描写も大体は理解できるようになります

しかし序盤にここまで解り難い展開を用意する必要があったのか?という疑問は解けません
序盤の展開は「何がおきているのかわからない、これからどうなっていくんだろう?楽しみ!」
よりも「何が起きてるの?意味解らないんだけど?ついていけない……」となる人が多数かと
私自身もこのネタに手を出すまではそう思っていましたし、プレイ中もそうでした

全てをプレイして大筋は理解できても、設定の細かい部分などは誤魔化されています
終わってみれば最初の抵抗感程に難解な作品ではないと思えるようになったものの
解り難い作品であることを狙っているのではないかと疑うような作品だという印象は変わらず

真剣に考察しながらプレイすればあるいは納得いく回答に行き着くかもしれませんが
数度読む程度では全体の流れと裏の設定を分かった気になれる程度のレベルで終わります

その為、あのシナリオはどういう内容か?については大体は説明をすることができても
あの時の行動の意味は?とか、仄めかされた設定の真の意味は?と深いところを突かれると
結局、解らずじまいというレベルで、なんとも消化不良な印象を受けてしまうのですよね

それこそ真の意味で理解しているのは、シナリオを書いた人のみだと思うのですが
……多分、書いたライターの方は全部の流れ、設定を把握していると思うのです
しかし、私の見る限りでは作品中にそれがアウトプットしきれているとは思えません


初期印象はかなりの難物ですが、最後まで読めば見方は変わってくるかもしれまん
様々な結末を超えて、最後に主人公とヒロインに掛かかる呪われた運命に打ち勝つ……
という平行世界ものにある王道展開と見れなくもありません

しかし、全体的に不親切が目立ち、真っ正直には楽しめないのが難点です
今何が起きているのかということを理解するのに必死で、話を追いにくいのです
あまり読み手のことを考慮せず好きに描いた作品なのかなと思ってしまいます
その不親切さを了承の上で読み込めばしっかり理解できるか?といえば謎ですが
話自体はそこまでぶっ飛んだものではないので、一応の納得は得られるでしょう

因みにタイトルにある「新撰組」部分はオマケですので期待しないように


以下、多分ネタバレになるはずの感想



続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ぽぽたん感想 もとい 少し昔のお話し

ぷちフェレットの「ぽぽたん」は2002年12月に発売されたソフトです
(リンクは残っていないのでリンクはしていません)

もう、そろそろ発売から10年と言うところの作品になっています
翌年2003の夏にはアニメ化され、そのタイミングでDVD版も出ています
その翌年2004年にはPS2版が発売されています、以降、動きはないです

当時のエロゲーからアニメへの道程を考えると異例のスピードで初期からの企画でしょうか
(らいむ色とかあるからそういう流れがあったのかバブリーだったのか不明ですが)
DVD版とFDが々ブランドから出ているものの、以降作品を出していない事を考えても
専用のチームだったとか思わなくもないです(売り上げが芳しくなかった可能性もアリですが)

後にキャラメルダンセンのMADムービーで何故か再び日の目を見るのですけど
あのダンスは、DVD版とPS2版からの追加要素らしいの本作では見あたりません
……いえ、別に良いのですけど、ないと何だか少々寂しい気がしないでもないです


■本題に入る前に
さて、雑記で何度か語ったのですが、中々曲者であるこの作品は
オブラートに包んだ表現で言えば非常に個性的な意欲作に感じました
ともかく、2002の作品を現在の基準で語るのもアンフェアだと思いましたので
2002年の作品と大きく影響を与えるであろう2001年の作品について軽く調べました


■2001年の話題作
当時を端的に語れば非常に業界が元気だった年といえるのではないかなと思います
2001年で有名どころは「君が望む永遠」「みずいろ」「大悪司」「秋桜の空に」「家族計画」
「はじめてのおるすばん」「水夏」「鬼作」というところ多いですね、多いと思います
いまでも風味とか使ってしまうのですけどかな坊の方は某ひぐらしにお株を奪われた気もします

最後に上げた「鬼作」ですが、Fateまで売り上げトップを持っていた「臭作」のシリーズだけあり
その年の売り上げトップを持って行っています、今の時代だと考えられない結果です

売り上げで言えば「Piaキャロットへようこそ!!3」も見逃せない作品でしょう
話題性のあるシリーズだったので売り上げがあったのもありますがそれ以上に印象的なのが
メインヒロインがとある特殊な仕様になっており、色々と非難を受けていたことでしょうか
この頃には既にゲームとして奇を衒った作品は失敗すると色々言われる時代になっていましたね
あとコンテストのエントリーナンバー2番の娘が後々……いや、コレは語るべき事じゃない

思い出深い作品は「ねがぽじ」「メタモルファンタジー」「未来にキスを」など話題性を欠きません
後に名前を残す作品が非常に多く、記憶に強く残る年だったといえるのではないかと


■2002年の話題作
2002年も話題性なら欠かない内容になっています
「うたわれるもの」、「D.C.」、「エスカレイヤー」、「水月」と言ったやはり有名どころが並びます
因みにこの年の売り上げNo.1は「妻みぐい」でまだまだ抜きゲーの強い年だったようです
売り上げを見ると「いきなりはっぴぃベル」もベスト10に入っておりこれは純粋に驚きですね

また、とらいあんぐるハート 1・2・3という1時代を築いた作品のセットも出ていますね
当時のHDDを考えるとかなり常識はずれの容量だったように覚えています約10GBですっけ
派生作品としてまだ生き続けている事には驚きを感じますね因みに3は2000年の作品です
フィアッセ放置して忍がちゃっかり側にいる事に驚きを感じたのを覚えています、ファイエル!
なのはさんは12年選手なんですね、そら社会人になってしまうわけですわ

この年は売り上げこそ強豪ではないモノの話題性の強い作品がいくつもあります
「腐り姫」「BALDR FORCE」「ロケットの夏」「Hello,World」「それは舞い散る桜のように」などです
「BALDR FORCE」は売り上げがそこまで多くない作品ですが話題性は非常に強い作品でした
私自身、あの作品の幻影を追っ手色々と痛い目に遭っている記憶があります、リベリオンとかね


■思い出話
あと全く話題性はないですが「屈折」という作品が個人的に思い出深いゲームになっています
個別ルート1時間程度という超お手軽ゲームになのですけどね、メインヒロインがお気に入りで
とあるROのとあるLokiサーバーで同姓同名のキャラクターを見たとき思わず
「屈折の?」と聞いてしまいそうになりました、そのエピソードを覚えている程記憶に強いキャラです
直ぐに手が動かず話はそこで終わったのですが、あの時メッセージ出していたら……
多分、特に何もなかったと思います、同姓同名があってもおかしくない名前でしたし

閑話休題、因みに当時としては「フローラリア」「結い橋」という作品が出てきたのも特徴かと
「萌えエロ」と呼ばれ、萌え要素以外にエロもある程度力の入れた作品が生まれており
このあとエロイッカイズツの悲劇が段々と改善されていくようになった記憶があります
今となっては作品によっては下手な抜きゲーより回数が多いとかそんなのもありますね
その土台を築いたのもこの年代ぐらいになるのではないかと思います、異論は全面的に認めます


ところでなんの話でしたっけって2002年の末に発売しアニメ化もしたあの話題作の話ですよ
さて、2001年と2002年を作品と私の記憶だけで顧みて、フォローポイントを考えたのですが
失敗でした、話題作とはいえ、他の作品が粒ぞろいすぎて意欲作の一言で片づけるには
この作品の内容では言い訳が聞かない年代のようです、生まれた年が不幸でした


■本題
さて、ぽぽたん、本題です、このゲームは普通の選択肢だけで解決するADVとは違って
マップを歩き回るってキャラに会いに行くという要素を取り入れています
会った先でイベントが進行して、規定の期日までにフラグが成立していれば分岐します

・移動先を方向で指示してMAPを移動します、微妙に動作が重いです
 また、このシーンではセーブとロードが出来ません

楽しいマップ移動


・フロア毎のマップと現在位置は見る事が出来ますがそれ以上の機能はないです

楽しいマップ移動2


新しい事をやろうと言うより昔懐かしのコマンドADVの移動に近いような印象を受けます
作品のテーマとも合わせて、どこか懐かしいモノをと考えた部分があるのかも知れません
中途半端ですし、プレイの支障にしかなっていないような気もするのですけども


■作品全体
ヒロインは9人?Hシーンのないウナギを除くとすれば8人がヒロインとなっています
攻略に制限があり、3姉妹とメイドのアンドロイドのメアーを除いては攻略順があります
MAP移動による不透明な好感度のわかりにくさもあって攻略は難しい部類に入りそうです
精神衛生に良くないので愚者の館様の攻略を参照させて頂きました、CD版も使えます

CD版とDVD版のゲーム上の大きな変更点として探索の終了の有無があるようです
このゲームは特定の行動回数分、マップ内を歩き回る事が出来るのですけども
CD版では目的地がない場合は無為に移動するなどして時間を潰して
次のイベントへ進めなければなりません、非常に面倒な作業であるといえます

攻略などを参照すると、目的を果たすまで最小のステップで迎えるのでやる事がなくなり
無駄に階段を上下した廊下をウロウロしたりするハメになります、タノシイデス

ヒロインは多い為か個別のシナリオは短く、あっけない結末のモノが非常に多いです
恋愛の困難を乗り越え、一通りイチャついた後再び困難があり最後にイチャつきクリア
ということもなく、問題発生→解決→Hシーン→ENDという構成が多く目立つモノになっています
全てではありませんが、最近のゲームの殆どが持っている個別シナリオの尺を期待すると
間違いなく物足りないボリュームであるモノが殆どではないかと思います

作業感が強く、長く感じる共通ルートのMAP移動作業より、個別の方が短いのではないかと
思ってしまうシナリオまで存在します、個別ルートに至っても、短い分濃密という事もなく
結局何を言いたいのか分からない結末を迎え、簡素なエピローグで終わるモノが多いです

設定が色々と詰め込まれているとは思うのですが日の目を見る事もなく終わる事が多々あります
全ては最終シナリオのネタ仕込みの為と見る事も出来ますけど、結局その殆ど放置されており
情報収集に覗いたwikiに書かれているキャラ説明を読んだだけでシナリオで語る事の半分は
終わってしまっているような程度の軽く各キャラの世界の設定に触れる程度の内容が殆どです

最後のシナリオである程度のバックストーリーが語られますがそこが唯一解決された部分で
他にも説明されていない事がある気もしますが、基本は放置の方向で突き進むゲームでした

この辺りの設定資料などが存在したらかなり分厚い資料になるのではと思わなくもなく
ほのめかすような描写も多いのですけど、強い吸引力のあるシナリオであるかは別の話です
終わってみればなんだったのかと残尿感を残す者の強く求めるほどではないのですよね

もう少し上手く膨らませれば、興味の惹かれるシナリオになった気もするのですけど
普段は落としドコロの分からないキャラ同士の会話のドッヂボールと称しても良いような
個性の押し付け合いになっており、あまり真剣に語る気もないように感じられます

ぽぽたんで世界を作り出して、別作品でゆっくり拡げているという考えがあったのかも知れません
結果として見れば、ぽぽたんの世界のチュートリアルをしつつヒロインの交流を軽く描くのみで
以後何も音沙汰のない、中途半端さが拭えない作品として終わってしまっているように感じました


以降、何年も前で興味ないであろうゲームの中身の話など



続きを読む

PageTop

ぷちチェリー 感想 小夜編

この感想が書き終わったらOS再インストールするんだ

長かったぷちチェリーヒロインとの戦いもコレで最後となります
最後は千晶などと比較するとインパクトは弱い、小夜編
ただ、締めくくりにプレイするべきシナリオかなーと思います

そんなわけで、小夜シナリオ、始まります……

続きを読む

PageTop

ぷちチェリー ~あなたといる季節~ 千晶様編 感想

表記が変?
いえいえ、間違ってませんよ




さて、千晶シナリオの感想に移ろうかと思います
皆さん準備は良いですか!

いいえ


続きを読む

PageTop

ぷちチェリー感想 瑠維・詩乃編

これは千晶の物語ではない

さて、ぷちチェリー感想第二章は千晶があまり関わらないシナリオ
瑠維及び詩乃のルートとなります、2人まとめてですけど
シナリオ的に表裏?の関係にある彼女達には必要な措置です

それでは早速、3人の恋物語を始めましょう

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。