伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

星空のバビロン -迫り来るコズミックすけべおねえさんズ- 感想

【ブランドHP】One-up

【概要】
宇宙世紀2068年、人間の男の殆どは癌細胞に侵され死亡し、圧倒的に男性比率が低い時代
癌細胞に適応した貴重な男性である「天之川銀河」はアカデミーの航宙科の学生として
最新鋭艦「バビロン」の最終試験のクルーとして乗り込むという実習を受けることになる
その裏で、男性である銀河は、子を残すためのファーマーとしての役割も期待されていた

そんな実習の突如現れた謎の敵「コズミックレイス」に問答無用で襲撃されることになる
なんとか敵を退ける事に成功した、銀河たちのもとにコズミックレイスのクイーンが現れる
「オリヒメ」と呼ばれる少女はアストラルと呼ばれる上位存在であり、オリヒメの力を狙う
「ドクター」と呼ばれるアストラルを狩ることのできる存在から逃げてきたのだという
そのドクターが現在の男性死滅の原因であることもわかり、目的はドクターの打倒となる

ドクターに対向する手段が月にあることが分かり一路月に向かうことになる銀河達
しかし、ドクターやドクターに洗脳されたコズミックレイスたちが立ちふさがることになる
また、コズミックレイス達は、繁殖の相手として人間の雄である銀河も狙っているようで

……果たして、銀河たち立ちふさがる敵を退け、ドクターを倒すことができるのだろうか



【システム】
・画面は16:9
・Hシーン後のぶっかけ設定あり
・ヒロインごとの毛の設定あり

モード設定が結構独特ですね
CONFIGは別のダイアログが出てそこで設定するタイプ、音声はキャラごとにできません
SYSTEMからは「タイトル画面」と「ゲーム終了」と「モード切り替え」が選べます
モード切り替えはヒロインごとの「毛」の設定と、フィニッシュの選択肢固定です
中か外かではなく、更に出すかで、更に出すを選ぶと体中液まみれになるようになっています
毛は選べるけど音声は選べないのは多少、かなり独特の設定周りになっていますね



【その他、仕様とか】
ヒロインは7人+1、珍しく隠し的なヒロインが居ます、シナリオ上絶対登場しますが
ヒロインの分岐はシナリオの節目に現れるマップ選択シーンで「バビロン」を選ぶこと
「航路を進む」を選ぶと次のシナリオに進むので注意が必要となっています

バビロン内で更にヒロインの選択肢があり、そのヒロインを選ぶとH付きのイベント
ヒロイン毎に3回まであり、3回目を見ると、シナリオ最後の選択肢でヒロイン選択可能に
そこでヒロインを選択したヒロインとのエンディングという形になり後日談が登場
メインシナリオ中にヒロインの個別エンドが流れることはない仕様となっています

共通部分が多いため、周回プレイはキツイですが一応1周で4人まで同時攻略可能で
その方法も難しくないので、一途に行かず2人ぐらいを同時に攻略するのがよいでしょう

また、本作は多少のゲームパートがありますが、こちらはボタンひとつでクリア可能です
逆に敗北も可能で相手が女性の時は、負けるとそのままHシーンになりGAME OVER
復帰は簡単ですし、回想回収のためには負けておく必要があります、敗北Hの基本ですね


【ゲームパート】
要は艦隊ゲームです、相手の艦隊の数と大きさがわかっているので、マスを砲撃して
砲撃したところに相手の艦がいるとダメージが与えられるので、繰り返し全滅させます
進むほど敵の数が増え、範囲も広くなりますが、お助け的な技がいくつも存在します
技を駆使しつつ、上手く候補を絞れば、多少運はあるもののそこまで、難しくないです

更に、先に書いたとおり、このゲームパート勝つも負けるもクリックひとつで可能です
さすがに周回のために何度となく戦うのはだるいので、助かった仕様ではありますね



【雑感】
タイトルやキャラの設定があれですが意外としっかりとしたスペースオペラでした
ミニゲーム的なゲームパートの必要性は疑問ですが、飛ばせますし良い暇つぶしかなと
ヒロインが多く、それとは別に本編があるため、各ヒロインの話が結構薄めです
最低限という感じなので、ヒロインとの関係に重点を置く方には弱いでしょう

Hシーンはしっかりありますので、そちら目的だとそボリュームも結構満足できるかなと
スペースオペラ風味な美少女ゲームで、抜き重視の作品というところではないかなと


以下、ネタバレを含む感想

続きを読む

PageTop

【雑記】2015年7月購4週目の私 それから

20150725.jpg

届きました、ということで、この子が7/24勢唯一のやつです
一人過激な格好をしたキャラがいた為、何故か同梱されていたPH2の何かでごまかしました

本作、SLGもどきがあるのですが、チュートリアルを触っても何が起きたのかわからず
現状かなり戸惑っていますが、テキストは結構読みやすいので多分大丈夫です

PageTop

【雑記】2015年7月購4週目の私

宅配便が来るまでに帰れない私

20150724.jpg

というだけというのもアレなので内緒で買っていた補給物資
フォローしてる方が結構評価していたので、手を出してみました
個別直前まで進めましたが現状かなり好感触ですね

どう見ても中心人物でヒロインだと思っていた人が選べない罠がありますけど

これも今週中と考えていたのにグダグダ伸びて
忙しいだけが理由ではないのですが、いろいろ後手後手に回っています
来週はとある理由によりほぼ確実に当日受け取れるので問題ないかなーと

ということで、また明日

PageTop

【体験板】おお勇者よ、イッテしまうとは情けない! ぼうけんをはじめますか?バージョン 感想

【ブランドHP】Luxury

【プレイ時間】30分
【Hシーン】あり(5シーン)
【内容】シナリオ導入部

【体験板の内容】
魔王征伐の旅に出ていた勇者「ユーシア」はついに、魔王の城に挑もうとしていた
仲間が後方を引き受ける中、単騎で進む勇者の前に現れたのは魔王軍副官「マグダレーナ」
マグダレーナの妖艶な姿に戸惑いつつも、戦闘では相手を圧倒していたユーシアだったが
罠にかかり身体を動けなくされてしまい、性的に襲われて呪いを掛けられてしまう

呪いを受けたユーシアは年齢が若返り可愛らしい姿になり、力も殆ど無いLv1に戻されていた
なんとか、仲間たちと合流して力を取り戻すために手伝ってもらうことになるのであるが
かつては一人でなんでも出来ていたため、恋心をや劣情を抱きつつも手を出せずにいた
3人の仲間たちは勇者の協力を受ける裏で、色々と企んでいるようであった……

果たしてショタ化した勇者は無事に元の力を取り戻すことができるのであろうか?

体験板では序盤の力を奪われるまでの流れと再会した仲間の邪な思いが爆発するまで
そして、自由選択による1回目のイベント(=Hシーン)が見られるようになっています
選択後のHシーンを終えるとタイトル画面に戻りますが、2周目はスキップが出来ます
いきなり最初の選択画面に映るため、他のシーンを見るのにそこまで苦労しないかなと


【ヒロイン】
■アメリア・クアーズ
勇者パーティの戦士、前線で肩を並べる相手であると共に異性として意識をしていた様子
日に強くなるユーシアに対して、置いていかれるのを感じ、遠慮気味になっていた
再会した勇者は力もなくし、可愛くなったことで、母性愛と好意が爆発することになる
姿格好は大胆で、恵まれた体型をしているが、パーティ中では一番初心でテクニックも低め
ユーシアのことは匂いでわかる様子

■レーナ・コスケンコルヴァ
勇者パーティの魔術師、素直になれないがユーシアへの好意は、他からは透けて見えている
素直になれない態度からユーシアには伝わっておらず、恋人気取りの態度が良く空回りする
元からい庇護欲のような物を持っており、頼りなくなった勇者を見てその思いが加速してしまう
キツイ言動などで、はっきりしないユーシアに多少乱暴な形で意地悪なプレイで迫ってくる
ユーシアのことは声でわかる様子

■クロエ・カルバドス
勇者パーティの痴女のような格好をした僧侶を担う痴女、おっとり天然タイプの淫乱聖女
アメリア、レーナのユーシアへの思いに気づいておりそれをからかうなど余裕が見られる
恋人となるよりは、Hな関係を結びたい様子で、隙の出来た今のユーシアで遊ぼうとしている
その姿格好は伊達ではなく、Hのテクニックに秀ており、ユーシアをあっさりと骨抜きにする
ユーシアのことは味でわかる様子


■ルクミニ・アムルット
商魂たくましい関西弁の商人
ユーシアが街の移動アイテムに相場を大きく上回るお金を払ったことから無知な金持ちの息子
と考え、商売のカモとしてターゲットを絞り追いかけようとする、体験板の出番はそれだけ


■マグダレーナ・ベルヴェテール
魔王軍の副官を任される妖艶な女性、1体1で相対したユーシアを罠に嵌め、呪いをかけた
呪いをかける際に、童貞を奪われることになるが、ヒロインとして活躍するかは不明
ユーシアが自分の敵であるかという問いに含むような回答を見せており、何か思う所がある様子


【Hシーン】
アメリア:1(手+口)
レーナ:1(素股)
クロエ:2(手、本番)
マグダレーナ:1(本番)

プロローグ中にマグダレーナに呪いをかけられるシーンとクロエに手で散々やられるシーン
最後の選択肢でヒロイン3人をそれぞれ見られます、こちらは一度見ると体験版が終了します
基本的におねショタ的なプレイで、ユーシアがヒロインたちを責めるようなシーンはありません
ただ、お決まりの巨根設定もあり、アメリアを筆頭にヒロインは感じていくようになるのかと



【全体を通して】
本作は非常に解りやすいおねショタというかショタで体験版範囲では受けが中心です
とはいえ、商業ですしバランス的に、次第にH慣れした主人公が「がんばって」相手を感じさせる
などというシチュに移行する可能性は大いにあり、予備軍は結構多いので受け一辺倒ではないかと
しかし、体験板の範囲でも結構ショタ受け方面だとツボを押さえたシチュが多い作品ですので
完全なものでないとしても結構楽しめる作品となるかなーということでほぼ購入は確定です

Luxuryの「魔王のくせに生イキだっ!」に続くシリーズとなるのでしょうかね
流石にこれはシチュがニッチ過ぎて、シリーズとしにくい印象があるのですけども

PageTop