伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

真面目と囁かれるオレを幼なじみの理彩が性的な意味も込めて陥落していく話 感想

シリカゲル
「真面目と囁かれるオレを幼なじみの理彩が性的な意味も込めて陥落していく話」
の感想です

【あらすじ】
ハルこと「湯上春孝」は学園では学生会副会長を務めるちょっとした有名人である
ハルはラッキースケベに遭遇しやすい体質を持ち女子とのトラブルが非常に多い為だった
とはいえ、屁理屈ともいえる理論武装と、持ち前の処世術により問題に発展していなかった

しかし、そんなハルのラッキースケベを認めずに問題視する女性が一人……
クラスメイトであり幼なじみでもある「高藤理彩」は個人的な理由で認めていなかった
理彩はラッキースケベによって犠牲になる女生徒を減らすという名目の下で
ハルの矛先を自分だけに向けようと、なにかと付きまとっていくことになる

ハルはその性格から理彩の行為を煩わしく感じていたが、やがて惹かれていき……


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別の音声設定あり

最低限……ですけどルート固定の一本道なのでこれ以上もいらない感じですね
あと少し細かいところでセーブロード等のメニューボタンを教科書の栞で表現
メッセージウインドウが英語の単語帳みたいな形になっていますね
加点や減点はありませんが作風にあわせて形を変えるというのは結構好きです


【その他、仕様とか】
本作は3部作になっており、冒頭に登場する3人のヒロインのうち
今回攻略できるのは素直になれない幼なじみである「高藤理彩」となります
タイトルからして名前ついてますし、この辺りの作品に手を出す人が
わざわざ勘違いして手を出すことも無いと思うのですけども……一応ね


【ヒロイン】
■高藤理彩
ハルの幼馴染であり、ラッキースケベ体質を問題視している数少ない学生
幼なじみだが同じクラスになったことは少なく、ベタベタした関係ではなかった
ハルを危険視することなどから口うるさく注意してくるが端から見ると
それはハルへの好意が透けて見えるほど解りやすいツンデレ行為である

威勢よくハルに突っかかっていくが深い考えはない為あっさり論破される
基本的に真っ直ぐというかおバカな為、冗談めかした発言を否定しつつも真に受けて
そのまま突っ走っていき、段々と大胆な行動へ移っていくことになる……

ラッキースケベの被害者をなくすために、という建前でハルに近づいていき
被害を減らす為に、理綾がその被害を一身に受ければいいというハルの提案を受け
ネットの情報等で得た、様々なラッキースケベシチュ?を実践していくことになる
過激になっていく行為と、隠せなくなってくるハルへの想いはなかなかに可愛いです


【Hシーン】
相手は理彩のみで、全部で8シーン
自慰と口のみで1シーンずつありということで本番まであるのは6シーンになります

基本的には場所と服装を変えてバリエーションをそろえている感じになっています
ロープライスですし、回数などには特に不満はなく、濃い抜きゲーとは言えませんが
陥落していく話というタイトルに対してそこまで名前負けしてない程度にはあるかなと

陥落と言いますけど誘惑シチュとしてはどうなのでしょうね
一途に奉仕してくれる理彩に素直になれないながらも惹かれている様は見えますが
精神的優位は譲れないと意地を張って、理彩の優位に立とうとするのが難点です

結局のところ落ちてるジャンといえばそれまででそういうプレイを楽しんでいるものと見れば
色恋沙汰なんてめんどくせぇで済ませそうなハルが……って辺りを楽しめるなら或いはです
精神的優位に立つヒロインは残ったヒロインの先輩にかけてみるしかなさそうです

あと、細かいことかもしれませんが5シーン目は、前戯の時と本番で下着の色が違います


【まとめ】
所謂ヒロインが主人公(男?)を攻略していくタイプのお話になっています
お馬鹿で純粋な暴走ヒロインの理彩がぶつけてくる様は可愛かったですし
ネットの情報から大胆な行為を仕掛けていき、結果的にハルを落すという流れは
エロありきのコメディとして結構悪くない展開ではないかと思いました

しかし、本作は攻略される対象であるハルに多少の問題点が存在します
ハルは「俺は面倒くさいことが嫌いだ」の自己紹介から始まる今時な男の子です
要領がいい口が上手いという本編ではあまり感じ取れない設定の下ぶれない子で

シナリオの間ずっと、己の正当性をかざして、愚痴や悪態をついてる印象です
真面目はおろそか周囲に嫌がられないどころかすごいヘイト稼ぎそうな子なんですけど
という感じで、この主人公の性格が合うか合わないかというのはとても重要です
何故なら付き合っていても、キャラをぶれさせずめんどくせぇと言うわけですから

導入部やら語りやらでタイトルやらでライトノベルのそれを意識したタイトルだとは
思うのですけど、ここまで癖のある主人公をお出しするのはいかがなものかなと思う次第
ヒロインやラブコメとしての展開自体は結構好みな部分があるので好けども……

本作は3部作であり、今回のヒロインはサブ化し、主人公は続投していきます
もしヒロインに難があるなら、今回のヒロインはともかく他のヒロインは……
と希望を抱くことも出来るのですけど、主人公なので今後も避けられないのですよね

そんな感じで、主人公があう、あわないは今後の検討にも左右する重要な要素のわけで
難物な主人公をヒロイン達が攻略していく話なのでこういったキャラ付けなのでしょうが
何より主人公と付き合いが長くなるのはヒロインではなくプレイヤーなんですけど……
という問題点が浮かび上がってくるわけです……加減の問題もあると思うのですけどね

昔、やればできるけど、普段は無気力で平均以下ぐらいの主人公が多く見られましたが
その辺りに反発してか、中途半端に出来る子になっているのが悪い風に働いている印象
全体的に理屈っぽく相手を小ばかにしたような態度をとることが多いので鼻につくのですよね

と、主人公があうかあわないかが一番大きい要素になりそうなゲームですね
キャラ紹介を見る限り沙耶は気になるのですがそこまで付き合うか否かというところです

理彩は可愛いのですけど、採取的にハルの話ばかりになっているという
ハルが気になるという時点ではある意味製作者の狙い通りなのかもしれません

PageTop

恋がさくころ桜どき 感想

ぱれっとの「恋がさくころ桜どき」の感想です

【あらすじ】
美颯学園に通う「浅葉悠真」は、ぶっきらぼうだが面倒見の良い2年生である
父親の教え子であり学園の養護教諭である「佐和田奈緒」の手伝いとして
学園の女子の恋愛相談を受けており、学園ではちょっとした有名人であった

悠真に憧れる女子も少なく、いけ好かないと思った新聞部「月嶋花子」により
21000円の賞金首とされてしまい、一躍話題の人物となってしまうことになる
尤も、張本人の悠真は恋愛に対して関心が薄くドライな反応を示すのみだった

そんな彼の前に現れた不思議な雰囲気を持つ自称恋の妖精「ティナ」
ティナは恋のすばらしさを語り、悠真に対して恋をするように薦めて来る
恋はともかく思うところがあった悠真はティナを家に迎え入れることになる

一方で、賞金首の張り紙を見た生徒会長「神鳳杏」が悠真を興味を持ち
生徒会に迎えようと、悠真に接近をして、あの手この手で周囲を押さえていく

恋の妖精やらめまぐるしく変化していく生徒会やらで騒がしい日常の裏で
悠真は自分の笑顔がぎこちないことについて度々指摘され真剣に悩んでいた
笑わないことで周囲に何か気を使わせてしまっているのではないかと考える悠真

そんな悠真の悩みを聞いて普段ぐうたらな養護教諭は恋をしろという
母親がわりとなっている「浅葉葵」や自称恋の妖精も悠真に恋を薦めて来る

恋をすれば幸せを感じて自然と笑顔になれるかもしれないと考えた悠真は
その足がかりとして、幼馴染の「一ノ瀬美桜」や妹の「浅葉こなみ」
美桜の親しい友人であり風紀委員でもある「月嶋夕莉」を巻き込んで
知り合いだらけになった生徒会に入ることを決心することになる
……尤も、生徒会では過去の事件を受けて恋愛禁止となった直後だったのだが

そんなトラブルがありつつも、悠真は幸せに笑う為に生徒会で活動していくことになる
悠真は恋の妖精のいうとおり誰かと恋をして幸せになり笑うことが出来るのだろうか


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・シナリオロックあり

基本は揃っています、ルートは共通の最後の選択肢で分岐できるので
スキップ系の便利なものはなくても大して気になることはありません

少し細かいことにはなりますがバックログにフェイスウインドウがついています
このフェイスウインドはニュートラルの笑顔で固定されているようになっていまして
シリアスなシーンで過去ログを見返すと何か黒いものを感じてしまうことがしばしばあり


【その他仕様とか】
ヒロインは5人、うち4人の分岐は共通の最後なので攻略要素はほぼ皆無です
ヒロインの1人杏を攻略するとタイトル画面にティナルートが登場します


【雑感】
作品紹介で見る「21000円の賞金首」ですが言葉のインパクト以上の意味は無いです
あらすじの段階で語る内容は尽きており、精々生徒会との最初の接点に過ぎません
といっても導入部はやわらかな雰囲気と、学園モノながら少し変わった設定が見られる
ラブコメディ~イチャラブモノのような雰囲気を持って話が進んでいくことになります

ただし、本作は昨今の作品意欲見られるブランドの長所を活かした、萌え重視、
シナリオ重視、抜き重視などの属性一点特化をされたタイプではありません
恋愛関係を発展させ、その後シリアスとなり乗り越えるスタンダードなスタイルです

「ましろ色シンフォニー」のようなある意味ヒロインとの特化をウリとした作品から
逆行と言いますかスタイルを変えてきた形の作品となっているのがポイントです
故に前作の甘い甘い世界を期待すると少々、面食らう部分があるかもしれません

とはいってもシーン毎の可愛さはありますし、萌えのみを望む場合は辛いですが
ヒロイン達との恋愛を含めての交流を楽しみたい方には、問題ない作品かと思います

シリアスについては、あらすじには出ないもののキャラ設定にある「死神」がメイン
といっても死神一辺倒ではなくヒロインのパーソナリティから来るものも多いです
あまり死生観を語るような思い話は無いですが、すれ違いなどのお約束はある感じです

という感じで、少し特殊な空気だったましろ色のような雰囲気を望むと厳しい作品
しかし、普通の死神が絡む少し不思議な恋愛モノとしてみると大きく外さないでしょう
尤も、設定を使った濃厚なシナリオがあるわけではないので、過度の期待は禁物です

以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

【雑記】2014年7月一人購入反省会

6月の最後の一本に時間をかけていたらそんな時期が近づいていました
気付いて直ぐに通販サイトに向ったのですがアストライアーが品切れのようで
アストレア自体優先順位は低めで、感想も上手く扱えないので様子見します
負け惜しみじゃないです、自分の意思で様子見するんです


■熟バレー[アトリエかぐや Cheshire Cat]
チェシャ猫は最初の印象が微妙だったんですがこれは感触がよかったです
名前は熟カレーからでしょうか、最近親父ギャグが好みになってきました
バカな事を真剣にやるというスタイルは好みでして、こっち方面で固まったら
いい感じにチームで役割分散が出来ていいのではないですかねーと
(もう1つチームがあった気もしますけど……)


■ちぇ~んじ あの娘になってクンクンペロペロ[May-Be SOFT]
お久しぶりのMayBeはおひさしぶりな作風です……前よりこじらせているような
女の子とチェンジする回数だけ明示されても困るんですけどコレはって感じで
取り合えず一般発売してから大人しかったので復活は嬉しい話ですよね

関係ないですがギザ10って未使用以外はあまり価値無いらしいですね


■隠恋ぼ[きゃんでぃそふとマーブル]
君たちは何か誤解しているかもしれないが、自分はそれ程炉には惹かれていないんだ
何故そんな優しい目をするんだ、適当な相槌はいいから聞いてくれないか?
というのはともかく、キャラ数より多いシナリオ担当ってすごい怖いですよね


と、地味に?平均値ぐらいに3本という感じでございます
作品はかなり気を衒った感じになっていますがこういうのもいいですよね
といいますか、どちらかというとこっちのほうがらしいというか……どうでもいいか

7月末は同人ゲーが結構多くなりそうなのでそこでフォローという感じですかね
どうせいつもどおり8月末ぐらいまでだらだら感想が終わらないのですしね……

ハイ、精一杯努力します……といいつついつも出来ていない気がします

PageTop

【同人ゲーム】反逆の妖狐 感想

黒竜騎ナギさまの「反逆の妖狐」の感想です

同サークルから発売されている「フォクシーブレード」の主人公である
妖狐の「ツネ狐」がプレイヤーの相手となるBF……RPG?……となります


【ゲーム】
RPG?なのは基本的にツネ狐と1対1の戦闘を繰り返すのみだからです
基本的にツネ狐とセクロスバトルをして勝利?するのが目的です

■基本システム
戦闘は1対1で行動ゲージが溜まった方から攻撃が出来るタイプです
攻撃を選択しても種類によっては発動できるまでに時間が掛かる場合もあります
そんな感じで、互いに攻撃を繰り返して相手のHPを0にしたら勝利となります

こちらの行動は性技と我慢とアイテムのみとなっています

「性技」「は通常攻撃のようなものは無く技から選択することになります
実質消費0のおっぱいもみが通常攻撃みたいな扱いなのだと思いますけども

技の殆どはTPが必要となります、TPは時間で回復させるしかありません
強い技は最初から使えますが(回数制限もあります)連発は出来ないのです
また、本作では相手を脱がせる概念等は無いので最初から挿入もありです


「我慢」は所謂防御です、相手の攻撃のダメージを減らすのでしょうが1対1ですし
相手の行動が強力な攻撃か軽い攻撃か予想できるタイミングが限られますから
基本的に使うことは無いかとおもいます、TPを溜める為の苦肉の策ですかね


「アイテム」はとあるチートアイテムを使う以外選択する機会はありません


と、基本的に「性技」以外は選ぶ理由の無いコマンドです
性技には回復する技もありませんので、基本はやられる前にやれな戦闘になります


■独自システム
戦闘の独自のポイントとしては射「精カウント」と「性感システム」でしょうか

「射精カウント」は画面に表示されているカウンタが0になると射精するものです
カウンタが減る条件は相手の攻撃を受けたときか、挿入系の技を使用したときです
射精すること事態にデメリットはありませんが、こちらの攻撃のタイミングで出すか
相手の攻撃のタイミングで出すかで、大きく意味合いが変わってくることになります

こちらの攻撃のタイミングだと敵にダメージ、敵の攻撃のタイミングだとこちらがダメージ
という性質から、いかに上手くこちらの攻撃のタイミングでカウントを0にするかになります
この部分を押さえておけば、勝ちの確率はぐっと上がります、知らないとかなり厳しいものです

「性感システム」はこちらが攻撃していくと攻撃回数に応じて相手が感じていき
ステータスが下がるものになっています、強力な攻撃ばかりでなく手数で責めるのもあり
っていうところでしょうかね?追い詰めていくとグラフィックや攻撃方法も変わります
因みに追い詰めすぎると、覚醒するのですが、1回しか見たこと無いのですよね


■勝利と敗北
勝利するとそのままEDに行きスタッフロールの後ゲームが再開
敗北するとツネ狐主導のおしおきHが始まり、その後主人公のHPが上昇します

この話を見ると何となく気付くと思います、勝利するメリットがありません
基本的にこのゲームの目的は敗北をして、相手にオシオキHをしてもらうものです

よって、Hシーンが目的なら射精カウントとかは覚える必要がなかったのです
上手く相手の攻撃のタイミングで射精カウントを0とするプレイは可能ですが……

クリアしたところで簡素なエンディングとスタッフロールがあるだけですし
基本的には、ツネ狐をどうやって倒すかではなく、どうやって負けていくかになります
すべてのオシオキを見るには通産で、12回敗北ける必要があります、敗北の為の人生

ただ、自爆コマンド的なものは無く基本的に相手の攻撃を待って負けることしかできません
しかも一度負ける毎にHPが上がるので、負けるための手間が増えていくことになります
そう、本作は負ける毎に難易度が上がっていくというバランスのゲームなのです(違います)

純粋に面倒だと思った方にはこれ見よがしな位置にチートアイテムがあります
使用すると即敗北する効果を持ちます、これがチート扱いな逆転感覚が反逆の妖狐のウリです



【Hシーン】
戦闘中にツネ狐が行ってくる「せめられスキル」と敗北時の「オシオキH」があります

「せめられスキル」は基本的にランダムですが、設定で使用する技を制限できます
この設定は「ひたすらせめてもらう」Mモードで有効になる設定となっています
一応、使用する技に制限を加えるとお目当てのスキルが見やすくなります
また、前作のフォクシーブレードを持っていると5つスキルが追加されるようです

「オシオキH」は敗北する毎に決まった順番でシーンを見ることが出来ます、12回あり
13回目は1回目のシーンとなりループするようになっているみたいです

・せめられスキル:27(+5)
・オシオキH:12

せめられスキルは実質1文ぐらいのものなので、実用度は微妙なところですね
その代わりにせめられスキルでは声優による声が入っているのがポイントでしょうか

オシオキHは敗北後ですので流石に1文とはいわないもののそれでも簡素な感じです
どれも一度出して、まだまだこれからだといってフェードアウトする形ですので
徹底的に絞られるような感じも無いので、かなり薄く感じてしまいますね


と、回数はかなりあるものの、どれも薄めなので、脳内での補完や増強が必要かなと
そのあたりを上手く利用できる方には、甘めの受けとしてありではないかと


【まとめ】
非常にシンプルであっさりですが、100円というのはサービスが過ぎる気もする内容です
ただ、わがままを言うなら、値段は高くてもいいから、もう少し肉付けして欲しかった
という部分もありまして、お得だと思ったものの満足とは言いがたいプレイ後感です

素材自体は豊富ですので、甘めの受けHが好きな人か想像で補えるならオススメできます
あと、担当している声優さんの言葉攻め(という程激しくない)目当てもありでしょうか
取り合えず気になるならば間違いなくお得な作品ではあると思いますのでお気軽にどうぞ

PageTop