伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

【雑記】一歩踏み出すとき

やっぱり8本は無茶がありましたねと言うことで……
というより忙しい時期にゲーム系2本は無茶だったようですが

最近気付いたら時が過ぎていたと言うことも多いのですが
気付いたら私が積極的に集めていた漫画が2本終わっていました

■ローゼンメイデン

ローゼンメイデン 10 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/04/18)
PEACH-PIT

商品詳細を見る


こちらは完全に過去形でして、気付いたら終わってました
BIRZ時代からいざこざを越えて……結構長いようでそうでもない感じですね
ということで10巻を見て漸く、ローゼンメイデンの完結を見ることが出来ました

10巻ですが最初のエピソードのが結構ツボですね、こういうの見たかったです
水銀燈を引っ張る金糸雀とか、人形達の微妙な力関係がツボに入りましたね
ココに来て漸く陽の目を見たといえば失礼ですが、感慨深いものがあります

あとは翠星石のところとか色々インパクトのあるシーンはあるのですが
一番はやはりやたらとカッコいいJUM君でしょう、巻かなかった僕がアレなので
それとの対比で人形関係に関してはとにかく頼りになる存在になっている
というのがローゼンメイデンでの印象ですね、これは青年誌補正とかでしょうか

全体的に巻かなかったJUM君はこの物語を見て成長していく一般人枠でしたね
最後の雪華綺晶のシーンでは決めましたけど、それ以外は基本地味でしたね

真紅の扱いについては、色々思うところはありますが、彼女の願いどおり?
アリスゲームが目的ではなく集って仲良くやれているようで何よりです
さらっとデートとか言うあざといドールもいましたがスルーしておきましょう
この物語では語られませんが、純達の手で真紅は目覚め、再び集うのでしょう
そして、多分目覚めの一発はビンタであると……流石にもうやらないかな


そういえば終盤についてはJUM君の服装とかを始めとした演出においては
2期のOPとなった「聖少女領域」のアニメーションを彷彿とさせる場所が多いなと
アニメにはあまり恵まれなかった感じですけど、OPとEDの雰囲気については
原作のそれに負けず劣らず雰囲気が出ていた部分ですよね、今でも見たりします
……似ている云々は勘違いの可能性が多々あります、多分勘違いです



■神のみぞ知るセカイ
こちらは雑誌連載が終わったばかりですね、コミックコーナーに行ったら
次巻完結と堂々かかれてて、もう終わってたっけ?とサンデー読んでみたら
何事もなく続いていて驚いた記憶がありましたけど、今度は本当に完結です

最後にヒロインとして選ばれたのは……ということであの娘ですけど
唯一感情を揺さぶれた相手ですし、桂馬から見れば彼女以外にはいない感じでしょうか
終盤付近で同じ位置に立った天理がいるのですけど、これは過去編で常にいたことが
逆に仇になってしまっている感じですね、そこを踏まえたのか再会時から遠慮気味でしたし
どのあたりから仕込まれたかはともかく、女神編終盤を見れば納得できる結末です

ただ、過去編については完全に天理とドクロウの独断場ですし完全にヒロインしています
ハクアについては女神編で完全に役目を終えた感がありましたねお疲れ様でした
サブエピソードも女神たちが中心にドタバタしていましたし、彼女の影はありません

女神たちとそうでないものたちの線を明確化して、退場させたかに見えましたけど
逆に言えば、桂木桂馬がどちらの位置にいたかという話なのかもしれません
関係なく、もっと単純な部分での話かも入れませんしね、それこそ神もとい桂馬のみぞ知る

しかし最終回でもドクロウと天理は輝いていました、輝きすぎたのかもしれません
クソゲーみたいなセカイで生きていくと決めた桂馬には、相応しくないのかもしれません

尤も、これが仮に桂木桂馬視点のギャルゲーだとしたら、シナリオの構成に首をかしげますが



方やまだドールのある日常は変わらない、方や女神はいれどリアルで生きていく結末
と、対照的といえば対照的な結末になった感じですかね、ただどちらも一歩進んだ感じでして
それに習い、私もエロゲーばかりの日々からしばらくの間抜け出してみようかと思います

手始めにエロゲー以外……つみかけのスパロボなどやってみましょう
とりあえず次のエロゲー発売日まで!






4月末のエロゲー発売日まで……あと1日

PageTop

BALDR SKY ZERO 2 感想

戯画の「BALDR SKY ZERO 2」の感想です

BALRD SKY(以後「無印」)の前日譚?にあたるBALDR SKY ZERO(以後「1」)の続編です
特にアナウンスがなかったのですが、何事もなく分割されていました
公式のホームページでヒロイン紹介の部分などを見れば推理は可能でしたが……
今回の感想は1から語ると長くなりすぎるので、1の前提知識はありきで語ります


【あらすじ】
眠りから目を覚ました男は悪名高い傭兵部隊「フェンリル」の分隊「スコール」に拾われ
「エドワード」と名づけられて、傭兵としてSAS(東南アジア州)を部隊に戦っていくことになる
持ち前の適応力の高さでスコールになじんでいくことになるエドワードであったが
スコールにに所属する隊員の多くは若いながらも過去に何かを抱えていた……

中でもエドワードが任務中に出会った記憶のない電子体幽霊の少女「マレル」は
州政府軍を始めとして、SASに存在するあらゆる組織から狙われている程であった

深く関われば間違いなく厄介事に巻き込まれる事は必定の曰く付きではあるが
惚れた相手にはとことん御節介であるエドワードは、マレルに近づいていくことになる
例えそれが、SASはおろか世界全体を巻き込む、大きな事件の引き金であったとしても


【システム】
□足回り
・画面は16:9
・音声別キャラ設定あり
・共通シナリオのスキップあり


他、システムボイスやフォントや文字の色など設定など細かいところは弄れます
前作からだった気もしますが、シーンスキップは共通部分だけなのですね
今回は非常に個別からが長いので、周回を考えるとスキップしたかったのですが

これも、今更ですが、フローチャートもなくなって埋める楽しみが減りました
どこかで分岐すると言うのがわかりにくくなったのは少し面倒な部分かなと

以前はシステムが最先端だった印象ですが、最近はそんなこともない印象ですね
足回りにしては、もう少し進行に便利な機能がほしかったなと言うところです

シナリオ分岐については相変わらずの、キャラ選択で一発分岐だったりして
そのあたり、過去にあったプレイヤーの選択による分岐を考えると物足りないですが
その分、シナリオにまとまりとかが生まれたともいえるので、よしあしかなと思います


□ゲーム部分
ZEROから3Dになりました、説明するとキリがないですし語れるほどの実力もないので簡単に

ゲームの難易度はNORMALという範囲で言えばかなり高めの設定になっています
個別からはじめると敵の物量におされて、知らぬうちに体力が削られます
意地悪な地形が多く、完全に沈黙する誘導ミサイルさんとかいたりしますし
武器育成を考えながら、貧弱な装備でいくと、かなり苦戦する可能性があります

前作から言えることですがザコを倒しても回復しないので、数が多いと厳しいのですよね
そのままボス戦になってしまって、体力の低い状態で挑まされる事もしばしばあります
1つ2つ、信頼できる武器を持ち込むと良いでしょう……持てる武器が少ないのが難点ですが

ボスも、以前倒した相手も地形を意地悪にしたりお供をつけたり難化しています
この地形とか取り巻きの悪意は、正直ミッションモードの延長だなぁと思ったり
システム上手く利用することで、そこそこ張り合えるようなりますので、色々試しましょう

今回はチャージブレイクが暴発する強めの武器だけでなく、補助効果を持つものが増えました
この効果がなかなかに強力で、ゲームのプレイを楽にするための手段として役立ちます
組み合わせで色々な戦い方が出来るので、プレイスタイルによって色々変えることが出来ます
遊び方に幅ができて、ただの使いにくい大技枠から大きく進化した部分かなと思います

ジャンプについては、今回あまりいらないような、とあるボスでだけ重宝しましたけど
それも装備が揃っていればごり押しできますしね、ただ、戦いの選択しにはなったかなと
ミッションモード(後述)では使い慣れて無いといらいらする部分もあるのですけどね

武装はあまり増えていないです、ただ、Lv2以降も一部を更に強化できるようなりました
弾数が増えるだけだったり、リロードが少し早くなるだけだったりするのですけど
ただ、溜まっていくフォースをあまらせるよりは良いかなと思うシステムですね

本編以外にもミッションモードという名のゲームのやりこみ要素と
本編以外のHシーンを補完する、妄想極秘ファイルが入っています
基本的にこの辺りは、FDに入ってくる内容なのですけど、既に入ってます

ミッションモードは本編以外でもフォースが稼げるよと言われるのですが
ミッションモードの難易度をクリアできるレベルなら、本編で稼ぎ済みですよと
前作の特典もこのモードで回収できるので気になる人は手を出してみても良いかなと



【雑感】
前作の欠点をしっかりと補って、完成度を上げた作品になっています
ヒロイン2人ですが前作よりもボリュームの大きい作品になっています、腰を据えてやりましょう
1で感じた、テキストの癖の強さは相変わらずあるのですが、薄まり読みやすくなった印象
皮肉の応酬も流石に話の規模が大きくなると言っている余裕がなくなったという説もありますが
ボリュームの面ではともかく、1よりは全体的に馴染みやすい内容になっているかなと思います

ゲーム部分は先に語ったように難易度が高めとなっており、ボリュームもありますし
シナリオも複雑な設定がバカバカと出てくるは長いはで理解に時間のかかる内容となっています
よって、短期的にプレイするのではなくじっくりとプレイするのに向いている作品かなと思います

1だけでは物足りなかったけど、作品のノリが気に入っていた人にはずばりオススメですし
少し引っかかる部分はあったけど気になると言う方にも十分楽しめる作品かなと思います

スカイと名乗りつつスカイとは大きくノリなどは違いますが、コレもバルドシリーズとして
十分に遊べる美少女ゲームとしなった作品であると思いますので、シリーズファンはどうぞ


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

【雑記】2014年4月一人購入見当会

今月も始まりました……バルド残していますが先にやっておきます
予約済みで既に見当がついているので見当会です、誤字じゃありません!

サブタイトルは長いし恥ずかしいので略します

・デモニオン2[アストロノーツ]
前作がそこそこ楽しかったので今作も手を出します
基本的には、主人公がヒロインをやっちゃう話なので「逆~系」はほぼ期待できず
もしかしたら魔族の一部の人がBADでとわずかに期待しています、期待しています

実は1月の時点で予約済みで、3月勢のはずだったのですが……ここに移動
最近のアストロノーツの不安定さから不安はありますけども結果的に助かりました
大御所2本は手を出さないので、4月勢唯一のゲーム勢になります


・しゃぶらレンタル[アトリエかぐや Honky-Tonk Pumpkin]
4月の本命です(真顔)、基本的に一番の期待チームなのは確かですけど
いじらレンタルは好きだったので、コレも大丈夫なはずです、根拠は無いです
最近復調気味のアトリエかぐやとトラブル続きのアストロノーツ対決再び!
ジャンル違うので流石に比較するにはいたりませんね、はい


・イジめてあげるっ![SPINDLE]
モン娘ハートのところですね、購入理由はタイトルがすべてです
姉の方が責めは「 烈」らしいですけどゼオライマーか何かでしょうか?
コレに限らずソフトは少なめなので安めでMなのは積極的に狙いたいですね


・PRETTY×CATION[hibiki works]
前作のLOVELY×CATION2(の先輩)がよかったので、そこそこ楽しみにしています
実は戦女神との2択と言うよく解らない選択だったのですが、年をとったのです
そこそこ遊べる部分もあるので、連休中はこの子とデモニオン2やね


4本と3月勢と比べて大人しめというかソフト自体控えめですし、仕方ないね
世間的にはアリスとエウシュリーの一騎打ちでしょうか、P×Cもそこそこですかね
伝統攻撃的にはアリスと相性が悪いらしく基本スルーだったりします

同人界隈で色々でそうですし、そこで補充するイメージですかね……でるよね?

PageTop

英雄*戦姫GOLD 感想

天狐の「英雄*戦姫GOLD」の感想です

最初に言っておくべきこととして、無印はプレイしていないです
その上でGOLDは完全番的なものと思って手を出していました、違いました
ということで、前作を踏まえての感想などは出来ませんのであしからず

【あらすじ】
ジパングの主要都市の1つの仙台の領主である「伊達政宗」に浜辺で男が拾われる
男は「チハヤ」の名前以外の記憶を失っており、ジパング人であるかも怪しかった
現在ジパングの王は鎖国を強いており、チハヤがいつ追い出されるかもしれない
という建前の下、伊達政宗と共にジパングを征服してしまうことになってしまう

ジパングの王「ヤマトタケル」を倒したことで、鎖国は解けることになったが
ヤマトタケルが鎖国していた理由は現在何者かにより世界中が混乱しており
それに巻き込まれことで、ジパングに眠る魔物が復活をするのを恐れた為だと言う

鎖国が解けて直ぐ、USAから救援の要請を受けてチハヤ達は現実を知ることになる
その混乱において、後ろから糸を引いていたのはテンプル騎士団と名乗る謎の組織
闇の玉というアイテムで、英雄たちの心を操り、世界を混乱させていのだった

かくして、闇の玉を回収して世界の混乱を収める為
ジパングに眠る魔物を退治する為に戦力を世界各地の英雄の力を借りる為
世界の破壊を願う悪夢にうなされるチハヤの記憶の手がかりを見つけるため
世界各地を飛び回ることになるチハヤ達……その先に待っているものは?

あ、ジパングに眠る魔物については正直おまけ要素です

【システム】
■システム周り
・画面は16:9
・難易度選択あり
・実績(トロフィ)あり
・周回要素あり

パッチが出ているので充てておきましょう

最低限というべきか、キャラ別音声はキャラが多すぎるので、あってもなくてもですね
フルボイスではなく、イベントで喋るシーンもあれば、喋らないシーンもあったりします
イベントで一人は喋るものの、他は喋らないと言うこともあったり、中途半端な印象です

難易度はNORMAL, HARD, VERY HARDがあり、2周目からはNIGHTMAREが追加されるようです
基本的に実績(後述)に差が出るぐらいで、イベントの回収などではNORMALでも十分です
NORMALでもそこそこに難易度があるので、がっつりしたい人以外はNORMALからでいいかなと

実績はCSのRPGとかでよく見るやつですね、大ダメージなどのプレイ内容が評価されます
これらはポイントとなって、周回時(後述)のおまけ要素を入手する時に使うことになります
因みに、一度使うとなくなるらしく、一度使ってゲームを始めた後もう一度始めると
ポイントが減った状態から周回のおまけ要素選択が始まると言う罠のような仕様があります

周回要素はする一度でもエンディングを迎えた後、最初からはじめると選択できます
実績で手に入れたポイントを元に、兵力や資金や古代英雄の参戦などを選べます
完全に前周のデータを受け継ぐ事は出来ない仕様となっている為、注意が必要です


■ゲーム部分
・マップパート
所謂地域制圧型シミュレーションみたいなものですが、戦略要素は殆どありません
基本的にこちらから相手の地域に仕掛けるまでは戦いが始まらない為です
戦いが始まっても、相手から攻めてくるのは希ですので、ドンドン進めていくのみです

序盤が終わると攻めていく地域が選択できますが、中には全く歯が立たない地域もあります
その為、自由度があるように見えて実際そこまで自由度はなく一本道になっています
そもそも、最終的には全地域を攻略することになるので、攻略の幅も何もないのですが……

・イベント
占領した地域ではイベントが発生します、キャラあり気のイベント殆どなので
多くの場合は英雄が新しく仲間になったと気はというのが多いです

見るための条件があり、各英雄の持つ特性(海賊なら船等)を揃える必要があります
イベントに一度でも参加させるとそのターンは他のイベントには参加できませんし
相手に攻め込まれて戦闘になってもその戦闘出ることが出来なくなります

戦闘中には相手から攻め込まれることもあるため、あまりイベントに人員が避けずに
基本的に各地域を制覇してからイベントを回収すると言うことになりがちです

よって、一度地域を制覇すると一度に10や20のイベントが発生する事も少なくありません
ヒロインによっては何段階も続くイベントなので、数時間イベント閲覧になったり
シミュレーションゲームをやっている気がしない時間を過ごすことになる場合もあります


・戦闘
イベントの中には戦闘が発生する場合もあります、むしろコレが一番主要なのですが
細かいルールはOHPとか見れば良いのですが、フィールドは6×3のマス目上になっており
プレイヤーはそのうちの左側の3×3の中に仲間たちを配置することになります
プレイヤーは出撃時は最大6人まで選択することが出来るようになっています
相手は最初から9人の場合もあり、後方に控えるのはそれ以上と多少不公平な部分もあります

チハヤが英雄召還を覚えると7人目以降も召還できるようになりますけども
そもそも6人の時点で互い外同時に邪魔しあうこともあるため、使う機会は少ないです

基本的にはそのフィールド内で速さの順番などで決められた攻撃順に動いていって
あとはキャラクターごとの攻撃範囲にあわせて攻撃をして相手を全滅させます
こちらより先に相手を全滅させると勝ちと言う非常にシンプルなモノになっています
たまにターン制限があり、ターン内に全滅できないと強制敗北な場合もあります

ダメージ計算などは詳しくは見てないのですが、各キャラクターのステータスより
基本的にものをいうのは兵力(HPがわり)であり、ステータスはその次という感じです
どれだけステータスに恵まれたユニットでも兵力が足りないとただの役立たずになります

兵力を上昇させるのは戦闘に勝ってボーナスを得るか、資金を使って上昇させるかです
資金はこれかイベントか回復か合成でしか使わない、余裕があればドンドン上げましょう
資金で上げられる兵力は9999が限界となっており、それ以降は戦闘ボーナスになります

ただし古代英雄と言われる方々は兵力(青いです)を戦闘のボーナスだけでしか上げられません
一部の強力な古代英雄はそれで良いのかもしれませんが、弱い子はどうしようもなくります
回復についても戦闘中にヒミコなどの業を使うか、自然回復(毎ターン5%程度)のみになります
単体の性能は高いのですがかなり癖のあるユニットたちという解釈でいいと思います
それこそアトラスやアキレスの反則級の性能でもない限り使う気になれないかたがたです

因みに、戦闘で減らされた兵力は古代英雄以外はそのまま攻撃力に影響します
また、後半になると兵力が10000程度あっても相手の技の一撃で倒されることがザラです
よって、戦闘は基本的に相手に攻撃される前に一方的につぶしてしまうことです
一部の超強力なスキルを除けば、そんなことやる前に攻撃するのが基本戦法になります



【全体通して】
シミュレーションゲームというよりも、簡単なゲームがのったハーレムキャラゲーという印象
お気軽というのはボリュームは凄いですけど、それが段々と面倒に感じてしまう部分が難点です
仲間となる英雄の数で言えば60を越えるわけで、それについて大体イベントが用意されています
その殆どが、ちょっとしたキャラ紹介と、チハヤに惚れるまで、惚れて愛の告白(→H)をするまで
といった流れになっています、一つ一つかなり短いのですが、この数だと非常に疲れてきます

150を越える地域もほぼ全て戦闘で占領する必要があるというのもかなりうんざりする部分です
全部入れたのは結構なのですが、全部楽しむダメのモチベーションを保つ材料に欠けていました
進めていくうちに、占領していくのも、メンバーを組むのも、イベントを消化するのも
全て作業に面倒な感じてきてしまうという、ボリュームが悪い方へ悪い方へ効果がありました

ヒロインについては、多少のキャラ被りはあるとしても、どれも個性的に描かれているかと
服装などで差別化している気もしますが、しっかり描き分けられているのも流石と言うところ
ほぼ例外なくチハヤに惚れますし、主人公がモテモテのハーレムが好きなら良いかなと

Hシーンについてはキャラが多いので回数は凄いですが薄いです、殆ど処女喪失のみです
ヒロイン毎に上手く個性わけされていたら……とにかくHシーン目的には非常に弱い作品かなと

と、ヒロインが気に入り、皆にちやほやされるハーレムモノがほしいという目的ならありで
歯ごたえのあるSLGや、いろんなHが楽しみたいという目的ならなしかなという印象です


以下、Hシーン内訳と、ネタバレも含む感想になります



続きを読む

PageTop