伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

南十字星恋歌 感想

すたじお緑茶の「南十字星恋歌」の感想です

【あらすじ】
日本でバイトに明け暮れていた苦学生「砥部亮輔」は天才的な頭脳を持つ双子の妹により
南の島国「グインベル公国」に、そこの学園の特待科の学生として招かれることになる
グインベルに訪れてた亮輔は、ふとしたきっかけで「布志名香乃梨」と知りあうことになる

香乃梨は日本人と公国の王族の間に生まれたハーフで、国内外で人気の高いお姫様だった
初対面時のトラブルで完璧なお姫様以外の1人の少女としての一面を知ることになった亮輔
互いを意識して別れたが、学園でクラスメイトとして再会し奇妙な縁が生まれることに……

そして、学園で亮輔を待つものは香乃梨との再会だけではなかった
香乃梨の親友であり、香乃梨を守る小さな騎士の少女「エリーゼ・ローゼン・タール」
天才的な頭脳を持つが、ぐーたらで生活力が全く無い見た目の派手な先輩「楢岡魅月」
かつて祖父の下で同居していた、少しトゲのある態度を見せる従妹「波佐見都」
好奇心旺盛で渦中の亮輔に興味を持ち接触してきた人懐っこい後輩「堤咲也」
と、次第に賑やかになっていく南国での学園生活を満喫していくことになる

しかし、一見穏やかな南国の裏では様々な大人の思惑が絡んでおり……


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定有り
・シナリオロックあり

基本は揃っています
スキップも早くバックグラウンドで動きます、選択肢スキップが無くても困らないでしょう
そもそも分岐に必要な選択肢が1回しかないので、あってもなくても感はありますが
シナリオロックは、メインの「布志名香乃梨」のみ、他全員のシナリオを見ていないと
最後まで見ることが出来ないという仕組みになっており、分岐自体は最初から出来ます


【その他、仕様とか】
ヒロインは5人、サブのフォローはなし、香乃梨だけ少し特別扱いで攻略制限があります
分岐の選択肢は11話の1回だけと非常にシンプルです、分岐は17話とかなり後になります
この際最初から香乃梨は選択できますが、他のヒロインを攻略していないと途中EDになります
恋空ほどではないですが共通ルートが長くなっており、対して個別が短めです

その他、このメーカーの特徴としては、立ち絵が画面内を動き回ることでしょうか
そのため、メッセージウインドウがそのキャラのところに現れるようになっています
見た目に賑やかで楽しいですが、長文には向かず説明等では有効ではないタイプですね

主観の視覚に入らないキャラについてはフェイスウインドウで表示されます
ユニークキャラは良いのですが、立ち絵すらないサブキャラは「SOUND ONLY」と表示されます
顔の無いモブもいるのですが学生のみで、おっさんは基本「SOUND ONLY」です
いや、おっさんの汎用キャラぐらい用意してもよかったのではと思うのですけども……

Hシーンは1人6回ずつと結構多め、濃くは無いですが、奉仕的なプレイは結構豊富で
コスチューム含め押さえるべきシチュエーションはしっかり押さえているかなと思います


【雑感】
恋色空模様を意識した作風で、共通長めのボリュームのある作品になっています
今回はヒロインとの関係に力が入れられている感じで、個別も少し長めになっています
そこから見てキャラゲーや萌えゲーとしては光る部分も随所に見られるのですが
恋色の流れを汲む長い共通シナリオ部分がある為、手軽に遊びにくいのが難点でしょうか

ただ、期間が長いだけあってクリスマスやバレンタインといった最近はあまり見ない
ヒロイン全員で盛り上がるイベントが配置されているのは個人的にはありでした
学園を舞台としたラブコメディとしいう感じでは楽しめる作品となっていましたね
尤も、このイベントが発生する頃には既にルート確定済みだったりするので
他の部分でも多々感じることのある構成のまずさをここでも感じる部分がありました

シナリオや結構しっかりとした設定はあるのですが、殆どが主人公は蚊帳の外です
各シナリオの山場ではどうしてもサポートに回るしかなくなっていたりします
それでも有能ならば良かったのですが、かなり後先考えない暴走行為が多くなっており
ヒロインを多少凝り固まったような一般論で諭して相手を冷静にさせるぐらいの役割です
何となくですけど、学園に赴任してきた熱血新米教師に近いイメージになっていますね
悪役も、とりあえずヒロインを困らせる為だけに配置したようなのが多く魅力はゼロでした
と、全体的に盛り上がることの出来ないシナリオという感じになっていました

全体の感触としては、1~2クールのラブコメのアニメを見ているよう感じでしょうか
キャラさえ気に入れば、そのキャラを眺めて愛でることで、長くても楽しめる感じで
最近の最適化された感もある構成の作品とは対極とはいえませんが異なる感触です
逆にキャラクターやノリが気に入らなければ長い共通は厳しく感じてしまうでしょう

そんなわけで本編は体験できないものの、ノリが合うかヒロインが魅力に思えるか
という意味で体験版で感触をつかむのが一番、判断材料としてはよいかなと思います
シナリオの為に灰汁が強くなったヒロインもいますが期待を裏切らないと思いますので……


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

【雑記】2014年10月一人購入検討会

本番は11月!と思ってたのですが10月勢も十分危険でした
ノーガード戦法だと危険なので久しぶりに検討しました


■どうして、そんなに黒い髪が好きなの? [ファイヤーワークス]
黒髪ロングが好きなので……そんな理由で鬼なんとかに手を出した経緯もあった気がする
体験版は多少ノスタルジーを感じる、少し懐かしい雰囲気がしましたけど多分大丈夫
新規ブランドということと、シリアス成分があるので多少博打的な部分もあるかなと思うものの
まあ、そういった冒険も楽しみの一つと自分を騙して挑むことにした秋の夜のこと

■巨乳ファンタジー2if[Waffle]
今回は無印ではなく2の方らしいですそろそろシナリオとか設定把握できないんですが
ここまで付き合ってきた以上は手を出しましょうと、まんまと商法に掛かっている気もします
ある意味お約束を楽しむ作品なのですが、そのお約束がそろそろマンネリになるかも
と思うところはあるのですが、とりあえず巨乳で責められるシーンもありますし押さえておこうかと
因みに公式通販じゃないので、追加シナリオとかについては語れないのであしからず

■トロピカルVACATION[Twinkle]
今月のどうしてそんなにばくちがすきなの?枠……絵は好みです、ハイ
出るまでの過程が色々ありすぎて不安度が凄いのですけど、どうなんでしょう
偶にこういう発掘するための作業をしないと、駄目だよねと思ったのです
……衝動的な買い物って駄目だよね

■天精国取りセックス合戦!![softhouse-seal GRANDEE]
いつもの……同人ゲーで色々手を出してますがBF的期待は皆無ですよ
良くも悪くも安定してる枠ですし、お気軽でお馬鹿な抜きゲーとして期待します
こういう気軽にスパッと終われる作品が無いと疲れるって言う一面もあります

■デーモンバスターズ[MOON STONE Cherry]
原画家の知名度が最近すごいことになっている気がするブランドですね
そういう流行とは関係なく過去作が非常に安定してるので、普通に期待しています
ただ、体験版のコメディ部分が個人的に会わなかったのが気になるところです
本分は抜きゲーですので、そこまで評価には影響しないとは思います「


【惜しくも検討でもれてしまった作品たち】
経済的な理由で、涙を呑んで購入を諦めた2本です、凄く検討しました
気が向いたり時間が空いたり評判が良かったら手を出すかもしれません

■まぞまい-Mな妹のエッチなおねだり-[アトリエかぐや TEAM Gassa-Q]
さどまいなら買った
前2作とも安定しているのですが、方向性的に少し外れているのと
その上で安定しすぎているのが、個人的に少し足りませんでした
さどまいなら買った

■あねよめカルテット[きゃんでぃそふと]
姉モノは好きなのですが、微妙に食指が動きませんでした
デザインと好みなのでその場のノリぐらいの部分もあるのですけど
予約する日付が違えば、結果は又変わっていたかもしれませんし
直ぐに買いにいける場所があれば勢いで当日買ったかもしれません


検討とか言いながら買わない理由を適当に書いているだけの言い訳空間でした
ちなみに金銭的にもアレなのですが、時間的な理由のほうが大きかったりします
今月とか連休あったのに全然進まなかったぐらいですしね……
何はともあれ10月勢は5本を予定しています、ロープライスとかは都度増えるかも

PageTop

【同人ゲーム】DMQ V ~淫乱の花嫁~ 感想

ジャクシークリエイトさまの「DMQ V ~淫乱の花嫁~」の感想です

タイトル通り(?)前作「ドラマラクエストI」とは別の新シリーズになります
ちなみにDL開始当時は「ドラマラクエスト」だけだったんですが……

今回は某ゲームの5が元ネタとなっているわけですが……、元ネタというか
これは、某作品をそのままもってきて、一部を18禁仕様に変えただけでは?
と思うレベルになっており、正直、これ良いのかなと不安になるところです

【あらすじ】
主人公である少年が、パパスと呼ばれる父に連れられた世界を旅していきます
旅の先では、小さな、しかし、少年にとっては大きな冒険が待ち受けています
そして、この旅の先に主人公を待っているものとは……
と、書きましたけど、某5の少年期(時代)とか呼ばれるやつそのままの流れです



【ゲーム部分】
前作同様WOLF RPG EDITORで作られた作品です、画面が大きくなったのがポイントです

話としては5ベースになったわけですけど、基本的なルールは前作と同じです
シンボルエンカウントで、接触したモンスター娘と1対1のセックスバトルを行い
勝てば経験値を得られたりしますが、負けるとそのまま犯されてしまいます

基本的に殴りあうだけですが、相手が服などを着ている場合等はルカニが必須
ルカニ使うまでは攻撃しない敵が多く、こちらの攻撃も無効なので開始の合図的です
前作は一部の敵のみ有効だったのですが、今作は殆どの敵がルカニありきな感じで
とりあえず、そういう儀式的な意味合いがより強くなっているイメージがあります

今作もホイミはありますが、こちらは必須ではなく使う場面が限られます
あたらしくべホイミが現れ、普通の回復魔法みたいな扱いになっていたりします
他にスカラで防御をあげるなど、一応RPGっぽい戦略は取れるようになっています
もう1つ魔法がありそうな空欄がありますけど確認はできませんでした


今回は地域ごとに戦える敵が決まっているので態と新敵との戦闘を避けない限りは
一部の(多分バランスを間違えたか仕様にミスのある)ボス以外は苦戦しないかと
ただ、爽快に雑魚を倒せるわけではなく、ルカニから始まる地味な殴り合いで
テキストの表示速度とあわせてあまりテンポの良いゲームではなかったかなと

前回のように新しい敵を探しながらタイミングよくホイミの唱えるという
意図していないパズルゲームではないですが、バランスがかなり適当なので
前作とは違う意味で作業ゲームになっている感じはありますね

ただ、あっさり負ける機能はありますし、勝てばシーンは回収できますので
とりあえずHシーンを見る事を目的としていれば、これで良いのかもしれません


また、前作は最初の戦闘だけ意味があり、以降は経験値皆無の無意味な戦闘でしたが
今回はわずかながら手に入るようになっています、終盤のザコだと2戦目以降も10!
……因みにその頃には150とか要求されるので10戦以上は必要なのですが
ザコと何度も戦っても鍛えられるけど普通に進めたほうが楽というバランスですね


プレイ時間は1:30~2:00というところかと、無理に経験値貰って稼いでみたり
全部の敗北イベントを見てから進めると考えると時間は掛かるかもしれませんが
普通にプレイすれば短編ぐらいのボリュームで終わってしまうかと思います

某作品で本当にストーリーだけ追って行けばこうなるだろうなという作品です
あまりにあっけなくて、物足りない感じがしなくもないです、ネタは一杯ありますが



【Hシーン】
シーンは雑魚が32シーン、ボスが4シーン、イベントが7シーンとなっています
ザコとボスは元ネタに出るのを全部押さえているのではないかなと思う感じです
色違いの雑魚はこちらでもコンパチ仕様となっています、戦闘時のテキストは共通ですが
敗北後のシーンについてはコンパチキャラでもセリフは変わっているように思います

戦闘は殆ど本番のみ!というか、とあるイベントを除くと本番プレイしかありません
少なくとも前作は、一部には本番以外の責めをしてくる敵もいたのですけども
今回は、決まったように本番行為なので、すこしワンパターンかなと思う部分があります

因みにイベントとして、2人に胸で挟まれて果てるシーンが存在するのですけど
やられているのが主人公じゃないって致命的な欠点があるのですがそれは……

イベント戦については、基本的に作品中の名前のある女性キャラになっています
その中で、何故か成人版のフローラがいたりして、これ絶対選ばれないフラグ……
とか、あとポワン様がいたりします、どこかで見た容姿ですが気のせいでしょう


【まとめ】
前作よりは遊びやすくなった正統的な続編という感じでしょうか
ゲームとして遊びやすくなったものの、面白くなったかといえばうーんというところ
人によってはシーンを見るための手段の為作りこまれても困る部分はありますが……

話が序盤も序盤で終わる為、盛り上がりが無いとか、ザコも無名なのが多かったりして
1作目よりもハッタリが効いてない感じが少し残念に思える部分ではありますね
今後があるのかどうか、微妙なところですが、今後の敵に期待というところでしょうか

シーンも1つのイベントをのぞいて全て本番になったのも少し残念なところです
折角コレだけの敵がいるのですがから個性を持って、敵ごとの差異を見せてほしかったです

絵については言うことはないです、一部ルカニ使うまでグロなキャラがいますが……
責めるときSっぽい顔を見せてくれる部分が好きですね、舌をなめずりするの好きです
しかし、このモンスターの一人で担当されるには数が多いのでかなり労力が掛かるんだろうな
と思うのですが、それを一度だけ倒してそのあとはスルーとなるのはなんとも勿体無い気も
話も敵もボリュームとしては少ないはずなのですが、見せかたで凄くあっけなく感じますね

遊べるゲーム目的なら、前作同様微妙なところで、あくまで絵とエロアリ気かなと思います
最も前作と比較すると、遊びやすくなっていますし、Hシーンを見る目的なら悪くなくて
某RPGのキャラクターの名前がつけられた女の子達にHなことしたい、されたいならあり
テキストとしては基本的に負けの方に比重が掛かっているのでされたい成分多めが良いです

元ネタを顧みたら、序盤も序盤なのですが、次は最も重要なイベントのある青年編……
と考えるのが普通でしょうが、これが果たして本当にそのまま、全うに進むかは疑問です

アナウンスとかないですし、そもそも、これは元ネタがそのまますぎて色々危険です
実際にやるとしたら3部作か4部作ぐらいになりそうですけど、計画が長大ですし
この物語が元ネタどおり、親子3世代に渡る物語的なのになるのかは不明ですからね
そのままゲ○さんに負けて奴隷となって終わるゲームとなる可能性もありそうだなと

と、色々思うところもある作品でした、続編自体は期待してはいるのですけどね
閑話休題、元ネタを考えれば完結してないものの、単体でしっかり遊べますので
可愛いモンスター風女の子に犯されるショタRPGみたいな感じで楽しめるかと……

PageTop

なないろリンカネーション 感想

SILKY'S PLUSの「なないろリンカネーション」の感想です

【あらすじ】
大学三年生の夏のこと、「加賀見真」は亡くなった祖父から家を譲り受けて
念願の1人暮らしをはじめることになる……しかし、祖父の家には先客がいた
金髪の自称座敷童の少女「伊予」と、鬼を自称する和服の女性「桔梗」
伊予達は真のように「霊視」の能力を持つ者にしか見えない存在だという

真は祖父から家と土地だけでなく、霊視の力と従えた鬼の力によって
従えて町に彷徨う霊たちを常世へと送る加賀見家の「お役目」も引き継ぐことにる

お役目を果たして行くことで加賀見家の当主としての自覚に芽生えていく真……
そして、お役目を果たすうちに思わぬ大きな事件に関わっていくことになっていき


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・シーンジャンプあり

基本は揃っており+αとして選択肢or未読or日付の頭のジャンプが使えます
共通が長いのでかなり便利に仕えます、これがより一層あっさり風味を出していますね
偶にバックグラウンドで作業しているとアプリケーションが落ちることがあったり
多少アプリケーションの処理が重いのかなというぶぶんがったりしましたけども
普通にプレイするぶんにはなんら問題のないシステム周りだと思います


【その他、仕様とか】
ヒロインは4人?、EDはメインだけ2種類あって5つとなります、キャラ数とあわない?
と、まあ、ネタバレをしてしまうと真に仕える鬼3人については個別のEDはありません
また、メインヒロインの1人に大きな役目を背負わせている為、扱いの差が大きいです

基本的に一本道のシナリオに、途中展開が幾つか派生し終盤で個別分岐があるタイプ
個別シナリオとしてみると、シナリオのボリュームとしては控えめというべきでしょうか
回想はHシーンだけでなく、イベントシーンも登録されるタイプになっています
Hシーンか解りにくいシーンもあるので、こちらは分けてほしかったところですね


【雑感】
笑いあり涙ありのホームコメディ!……コメディ?……涙の質が違うような……
コメディ部分もシリアス部分もは面白かったですよ、純粋に笑いも泣きもあります
ただ素直にパッケージやタイトルのデザインの明るいイメージかというとさにあらず
あまり想像できない展開が待ち受けている可能性も……と少し特殊な涙成分も

そして気になるのは、良く出来ているのに、出来ている故、色々足りなく感じる部分
何よりボリュームという点でしょうか、長ければ良いわけではないのですけども
本作としてはフルプライスで見ると少々ボリューム不足な作品かなと感じました

ヒロインの攻略数も限られていますし、実はかなり1人のヒロインを重視した内容です
パッケージの賑やかさに惹かれたというなら少々期待はずれに感じてしまうかも……
と、フルプライスで色々な鬼(妖怪?)を従えて鬼含めて好きな娘と結ばれていく
みたいなラブコメを期待すると物足りない作品になってしまうかなと思います

ただ、この辺りもっとこの世界を楽しめたらという反動な部分もあります
体験版で雰囲気を楽しめた方なら、そのままお勧めできる作品かなと思います


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop