伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

ユリキラー 淫欲に堕ちる百合たち 感想

アトリエかぐや ChshireCatの「ユリキラー 淫欲に堕ちる百合たち」の感想です

【概要】
母校の「九条学園」に一ヶ月前に転勤してきたばかりの新任教師である「相田公平」は
「百合の花学園」という名前ばかりか校風までが変わりはてた学園に不満を覚えていた

男はゴミのように扱われるフェミニズム教育とは名ばかりの女尊男卑社会となった学園
それが百合教育と呼ばれる歪んだ教育方針で半ば意図的に生み出されたものであると知る

学園長に掛けあっても相手にされず、教頭の「瀬里沢巴」に脅されてしまう結果となるが
恩師である「早乙女英理」のアドバイスを得て、自分から学園を変えていこうと決意する
しかし、学園のことを探っているとクロユリと呼ばれる女生徒に襲われてしまうことになる

クロユリに囚われピンチのところを保険医「河合陽菜子」に助けられることになる
陽菜子は公平の悪友「スガ」と関係を持ったことで、男性の良さに気づいた女性であり
そのスガが学園の百合教育を探ったことで失踪した事を受けて、スガを探す協力者として
スガの口から何度か名前を聞いていた公平のことを頼ろうと、接触してきたという

スガは百合教育の秘密について執着しており、学園の正体を追う内に再会できる筈だという
そして、それは公平の追い求める学園が豹変した原因を探る目的と合致することから
公平と陽菜子は秘密裏に結託をして、学園の秘密とスガの失踪に迫っていくことになる

スガの失踪は、陽菜子の見立てでは、教頭の「瀬里沢巴」、その娘で生徒会長の「瀬里沢茜」
主任教師の「志藤真琴」が関わっているといい、公平は彼女らと接触をしていくことになる

果たして、学園を百合教育という名の下に女尊男卑の世界に歪ませた黒幕の正体とは?


ということで、学園の正体をつかむために、学園の有力者達を堕していくことになります
とはいっても、女尊男卑の考えが根付いたヒロイン達に男の良さを教える的なノリなので
陵辱ものという感じはないですね、基本はヒロインと関係を深めていく感じになるので
衝突から生まれる恋愛ものと見えなくもないです、言い換えればいつもの奴ってかんじです


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・「前の選択肢へ戻る」あり
・Hシーン選択肢固定あり


【仕様とか】
ヒロインはメイン格が3人で、それぞれシナリオが2つに分岐します
そしてサブヒロインがそれぞれ1つずつとハーレムの合計9ルートに分かれます
メインのシナリオ分岐条件については、恒例の一途に攻略するか他に手を出すかの違いです
サブの一人河合陽菜子は真琴ルートから分岐可能となっており、選択肢1回で分岐します
もう一人のサブ早乙女英理は全EDを迎えた後に最初から始めるとマップに登場します
それをクリアしもう一度最初から始めるとハーレムルートに分岐できるようになっています

ハーレムルート登場後は、1度別のヒロインを選ばないと英理ルートに分岐できないようです


【雑感】
ヒロインが同性愛の気があったり、女尊男卑的な考えをもつキャラが多い作品ですが
関係を持ってしまえば、いつもの少し(?)狂った世界設定の話を大真面目にやっていく
お馬鹿なノリの作品です、作品自体がコメディってわけじゃないんですけど、お馬鹿です

この作品におけるユリっていうのは、女性同士の絡みをひっくるめていっている感じで
更には百合教育の成果みたいな感じで、その関係が極端な描かれ方をしていまして
あくまで、男の良さがわからない凝り固まったわかりやすい攻略対象的なものです
一般的に言われるところの百合行為的なものを期待すると大きく肩をすかされるでしょう

逆に百合に対するカウンター的な作品かというとそれも違うところがあります
あくまで、学園のシステムがおかしいからそれをどうにかするために、動く感じであり
主人公自体、女性同士の関係に何の恨みもないですし、復讐なども考えていません

学園の秘密を探るために、女尊男卑な思想を持ったヒロインを堕とすという感じで
一応同性愛者という設定はあれども深く絡むのはあまりなく、あっても一部になります
あるにはあるので余程、そういったシーンが嫌い出ない限りは問題ないかと思います
逆に、そちらに期待する方には、明らかに一部ですのでおすすめは出来ないでしょう


と、基本的にはいつもの真面目に馬鹿をやるこのブランドらしい作品という感じですね


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

普通だった俺が調教されてドMになったワケ 感想

Devil-sealの「普通だった俺が調教されてドMになったワケ」の感想です

【概要】
平凡な学生生活を送っていた「鈴原誠」は学園の女王「佐渡瀬奈」に声をかけられる
瀬奈は調教していたおもちゃが壊れてしまった為、かわりとして誠に目をつけたのだという
抵抗しようとするも有無言わせぬ態度や暴力に押されてしまい、強引に従わされてしまい
瀬奈との関係を知り、誘いは控えめながらスイッチが入ると強引に迫ってくる「四葉黒江」
そして、この自体を面白がって加わってくる「姫路桜花」と関係を持つことなっていき……

3人のヒロインが登場して、シーンなどは均等に分けられており、誰が一番ってのはないです
プレイは基本的に女性上位です、ドMというほど厳しいプレイではなくライトな路線ですね

ヒロインはキャラごとに性格が違うのですが、基本こちらを罵倒してくるようになっており
甘やかしてくれるようなプレイやクールに淡々といったバリエーションなどはありません
あくまで、ヒロイン達にそれぞれ罵倒されながらHをする作品という感じになっています


【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定あり
・Hシーン一部アニメあり


【仕様とか】
選択肢は2択が3回あるのみです、各ヒロインのルートとハーレムの4ルートに分岐します
目的のヒロインの呼び出しに応じて他は無視で個別、全員に応じればハーレムです



続きを読む

PageTop

【雑記】2015年2月4週目の私

物語が動き始める2月です、検討の時も似たようなこと言った気がします

20150227.jpg

ユリキラーがパッケージにアウト、キシカノがぎりぎりセーフぐらいでしたが
伝統攻撃は健全なサイトを自負しているので仕方なく隠すことになりました
サノバはビッチちゃんの服がビッチだったので見えてはいないですが自主規制

といいつも隠すアイテムがなかったので秋葉原に行った時に買った
キトゥンフィリアの予告漫画で隠すことにしました、他は殆ど裸でした

左下のは光源が気になるので、対策しようと考えて諦めたものです
黒ければいいだろうと探した結果ヤ○マンのカードバインダーになりました
あまり効果はなかったようです、フ○ーダはSFCなのにロードが気になりました

というわけで4本です、例によってユリキラーからと言いたいところですが
「普通だった俺が調教されてドMになったワケ」を優先します
それが生きるってことで、戦うってことだからです、がんばるぞい

PageTop

【同人ゲーム】もう許してッ!射精管理お姉さん 感想

ディーゼルマインMfさまの「もう許してッ!射精管理お姉さん」の感想です

【概要】
「藤堂彰人」は「綾崎結衣」のことが気になっており、気がつけば目で追っていた
そして結衣もまた、彰人のことを気にしていたことを知り、図らずもいい雰囲気となる
その流れで一緒に帰ることになった2人の前に、結衣の姉である「涼子」が現れる

彰人は大人の色気を持つ涼子を前にして、結衣以上に強烈に惹かれていくことに気づく
涼子に誘惑されるも、彰人は興奮のあまり何もしないまま達してしまうことになる
それを受けて涼子の態度が途端に冷たいものとなり、焦りを覚えることになる彰人
涼子のことで頭がいっぱいになり、他にかまっている余裕もないほど追い詰められていく
涼子からの快感が忘れられず、快感と引き換えに射精管理されることなった彰人の運命は?


【ゲーム内容】
結衣がおまけで、涼子がメインヒロインであるというのは言うまでもないです
ただし、EDは3種類のうち1つは結衣EDとも言えるものです、ハズレルートみたいな扱いですが
選択肢は3回で、結末を除けば一部シーンがあるかないか程度ですので基本は読むのみです

作品としては涼子の誘惑を受け、快楽を引き換えに、どんどんと逆らえなくなっていく
という感じで、結構丁寧に涼子に身も心も管理され行くまでの流れが描かれています
涼子に逆らえない反動か、周囲にはストレスから当たり散らす辺りのリアルさといいますか
基本的には自制の効かない猿みたいなキャラで好みはすごく分かれそうですね

シナリオとしては涼子の射精管理の手腕よりも、主人公の理性の弱さや単純さが目立ち
余裕がなくなり、おかしくなる主人公の惨めな姿のほうが方が印象に残ってしまいました
Hシーンを除けば学園で、早く期日が来て欲しいぐらいしか考えていない子なので
こんな話になるのは仕方無いとは思うんですど、その辺もう少し手心が欲しかったですね


【Hシーン】
涼子:15
結衣:2
涼子+結衣:4

涼子は、手、口、胸、顔面騎乗、聖水、素股、ペニバン、逆アナル、本番
本番シーン自体は結構あって、騎乗位いがいにもバックや座位などノーマルなのもあり
結衣は、口、本番とノーマルなプレイのみです、あまり責められる感じもないです
3人でのプレイは、双頭バイブでのレズとW胸ズリ、並べて順番に、顔面騎乗位+騎乗位
最後の1シーンの部分は全シーン(全ED)を見た後は、恒例のEXTRAでのシーンになります

主人公の余裕が無いことが一貫しているものの、結衣のシーンや一部の本番では
ヒロインも感じてのノーマルなプレイになっている感じもありますが基本は受け傾向です


【まとめ】
年上相手に誘惑されてそちらに心奪われるというのは寝取られの王道的展開ですが
逆寝取られ自体がマイナー路線なので、あまり見たことのない気がするのは仕方ないですね
しかし、姉の方に心を奪われるまでの流れが早すぎて、とにかく快楽に弱い子になっています
寝取られヒロインが端からバカに見えるが如く、この主人公はかなりアレな子になります

Hシーンのテンションも高く、後半はかなり開き直っている感じで、必死さが痛々しいです
その視点でシナリオを見ることになるので、正直そこが厳しいようなら中々キツイ作品です
基本周囲に当たり散らして引かれるのと、涼子に必死に懇願してばかりですからね
涼子そんな姿が可愛く見えるらしいのですが、そうでもないと話成り立ちませんからね
こういったジャンルがあまり存在しない理由に気づかせてくれた作品といえるかもしれません
と、主人公が気になるというか、嫌なことを改めて認識させてくれた困った作品です

ヒロインにリード、あるいは責めてもらうシチュとして見てもボリュームは結構あります
プレイは比較的ノーマルな受けシチュですが、良い雰囲気になった子がいるのに裏切る
という逆寝取られ的な展開が加わることで、この作品の個性になっている感じでしょうか

とは言っても、主人公が何度か開き直っている通り、別に恋人同士になったわけでもなく
いい雰囲気になったその日に姉を見て心を奪われている感じにしか見えないので含蓄がなく
単に性欲が旺盛な男が欲望のまま都合の良い方に流れていったといえばそれまでですが

これぐらい、欲望に正直なキャラのほうが理解できるという方にはいいかもしれません
基本的にはヒロインに誘惑されて、相手の思うがままに管理されるみたいな路線の作品で
軽く洗脳みたいな部分も入っており、そういったシチュでピンと来る人には良いかなと


PageTop