伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

美少女ゲーム感想インデックス

続きを読む

PageTop

引越のお知らせ

突然ではありますが、引っ越します

同じようなジャンルでFC2においてブログを書かれていた方が凍結を受けており
「伝統攻撃」は現状問題ないとはいえ、今後同じ処分を受けないとは限りません
表現なども制限があるため、綱渡りの経営を続けるのは精神衛生上も良くない
と、いうことで、引っ越しを決めました……1ヶ月前ぐらいに

リンク張替えなどの作業は進んでいませんが、以後は以下のブログを更新していきます

伝統攻撃2

リンク張替えは5月中ということご勘弁ください、一応トップのインデックスは直っています

また、8周年+引っ越し記念ということで、新ブログに記事を書きました

放課後の不適格者 感想

よろしければ、どうぞということで

これまでの記事を削除するつもりはないので、必要であれば引き続きこちらもご利用ください
ご不便をお掛けしますがよろしくお願いします

PageTop

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~ 感想

【ブランドHP】BaseSon

【概要】
「新田剣丞」は母親を事故で亡くし、伯父「北郷一刀」に引き取られ育てられていた
ある日、蔵で見つけた刀を手に取ると意識を失い、全く見知らぬ世界で目が覚める事になる
目覚めた剣丞の目の前には少女がおり、少女は自らを「織田 三郎 久遠 信長」と名乗り
剣丞を自分の夫として迎えようとする、それは、利用価値を見出してのものだったが……

話を整理すれば、剣丞が歴史の知識で知るところの戦国時代を思われる時代
しかし、名の知れた武将達の多くが何故か女性であり、出来事も細々と違っており
鬼と呼ばれる異形が存在するなど、一般に知れ渡る戦国時代とは大きく違っていた

蔵に眠っていた刀だけを持った状態で、この世界にやってきた剣丞を待つものとは



【システム】
・画面16:9
・キャラ別音声設定
・シーンジャンプ
・イベント回想

ゲーム自体は一本道なので選択肢まで戻るようなものはありません
回想はHシーンの他にイベント単位で回想できるものがあります
やり直すにもトンデモナイ時間がかかるので助かる機能になっています


【仕様】
シナリオは一本道で選択肢などはありません、合戦などのミニゲームもないです
本編シナリオと幕間のシナリオを追っている内にEDまでたどり着きます
本編クリア後にタイトルの「はじめから」で「北条編」が選択できるようになっています

本編の合間合間に幕間がありヒロインとの交流がメインとなって描かれています
基本的は必須イベント以外は幕間は強制ではありませんが、特に見る制限はないため
手間などを考えると、毎回全て見たほうがコンプリートの意味合いでは楽かと思われます



【雑感】
今となっては散々手垢のついたテーマである、戦国武将の女性化モノとなっています
とはいえ、1ブランドの1作品でこれだけのヒロインを詰めるのはさすがといところ
戦国時代の出来事をある程度沿う部分はあるのですが、各勢力を潰していく展開にはなく
鬼という正体不明の敵を相手に戦っていくのが最終的なメインとなっていく作品です
よって、戦国時代を舞台にした歴史モノという視点では非常に弱いモノになっています

勿論、各武将のエピソードなどを拾って、キャラの個性を活かしたイベントはあるものの
戦国時代のメインとも言える部分の国同士の戦いというものが殆ど存在ない構成なので
熱い国同士の駆け引きや合戦などを期待すると全体的に薄味に感じるようなっています

どちらかというと、個性豊かなヒロインの囲まれたハーレム的シチュを楽しむのがメイン
ヒロインが気に入り、ヒロインに慕われて、ヒロイン可愛いできるのが良ければあり
戦国時代をテーマとして扱った作品としては少し本筋とそれすぎている感もありまして
あくまでその時代の個性的な人物をヒロインとして扱う為に選択されたテーマにすぎない
ぐらいで解釈するのが良いと思われます、繰り返しますが歴史モノとしては弱いです


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

【雑記】祝・8周年

8周年は豪華3本立て!
・FC2からLivedoorへの引っ越し
・特別編「放課後の不適格者」感想!
・なんか雑記

の予定でした……いや、最後豪華じゃないや

結果
・FC2からLivedoorへの引っ越し→全く進んでません
・特別編「放課後の不適格者」感想!→まだ1周目です
・なんか雑記→やる気がでない

失敗した、失敗した、失敗した、ということでなんとかゲートを思いだしつつ
最近の伝統攻撃をよく表している体たらくぶり、最後が特に酷いですね

そもそも、その前のステップで終わらせておくべき戦国†恋姫Xの感想終わってない
ということで、まあ、なんていうか、土日の内に頑張りますということで、ハイ


というわけでその場のノリで雑記だけ書きます



続きを読む

PageTop

ウィザーズコンプレックス 感想

【ブランドHP】ういんどみる

【あらすじ】
全世界に魔力を持つ「魔女」の存在が確認されてから幾数年
呼び名通り女性のみが持つとことが常識と思われていた魔力を宿す少年「東雲蒼」が現れる
蒼は姉の計らいもあり、魔女たちの学園「国立御久仁学園」に入学することになる

国立御久仁学園は2つの塔からなる特殊な建物の学園と知られており
国内の学生が集まる「東学舎塔」と海外からの留学生が集まる「西学舎塔」に分かれていた
東学舎塔にも西学舎塔にも生徒会が存在して、行事などを取り仕切る役割を持っていた

2つの生徒会は新年度に通称「魔法生徒会大戦」と呼ばれる生徒会監査に参加することになる
勝利した方が大きな権限を得る為に、周囲の学生からプレッシャーを掛けられる立場となる
蒼はその意味がわからず前年度の会長によって、生徒会のメンバーとして選ばれてしまう

東塔の会長に選ばれた竜胆ほのかのリーダーシップのもと、学生行事として参加していく蒼達
しかし、西学舎塔の面々の必死な姿と、周囲の空気によりこの行事のもつ意味を知ることになる

蒼達、東学舎塔生徒会の面々は魔法生徒会大戦の戦いを通してえるものとは?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定
・前の選択肢へ戻る/次の選択肢までスキップ

E-moteなどはないですが、画面演出は小物やエフェクトを使って割りと凝っています


【仕様】
ヒロインは4人、ルートロックはなし、クリア後にサブヒロイン4人のシナリオも開放
選択肢自体はわかりやすいので、目当ての子を贔屓すれば自然と分岐出るかと思います

ヒロインクリア後にアナザーストーリー解放、サブは一人でもクリアすると全開放
メインのアナザーは攻略したヒロインのものが開放される仕組みになってます
メインのアナザーはHシーンに特化したもので短め、サブはミニシナリオとなっている


【雑感】
現代ながら魔法要素がある学園モノ……学園成分は少なく魔法生徒会大戦がメイン
西学舎塔の生徒会とは対立関係にあり、妙にライバル視してきたりとギスギスした部分も
いつものふわふわした優しい雰囲気の作風を期待すると引っかかる作品かもしれません

ヒロインも攻略対象のヒロインとして見るとどの娘も魅力的なのは勿論なのですけど
そうでないルートはヘイトを集める展開もあり対立構造からピリピリする部分があります
山場では結構面倒なテーマを取り入れており、作品の雰囲気を変えてきた感があります
そこが好みが分かれそうな展開となっており、合う合わないが出る部分になっています

いつもとは少し毛色の違う部分があり、その点で結構好みの別れる作品となるかと


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop